FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年03月12日[Wed]

フジパン--大福みたいなホイップあんぱん。

フジパン--大福みたいなホイップあんぱん。


フジパン、今月の新作っ!
これは、“キューティーハ二ー”以上に、流行ってしまうかっ!


♪如月、見つけた“大福、、ぱん”っ、
 弥生の、新作、“大福、、ぱん”っ、
 とっても魅惑なパン~~ッ!
 だ~ぁってなんだかっ、だ~ぁって、
 もっちりなんだも~~ぉんっ、

 おねがい~ぃっ、おねがい~~ぃっ、
 魅了しない~で~~ぇっ、
 独身~~っ、ここ~ろ~~ぉが~~ぁ、
 うずうずしちゃ~ぁうの~~ぉっ、

 いやよっ、いやよっ、だけど見つめちゃうの~~ぉっ(じゃじゃじゃっ)
 “、、あん~~ぱん”っ♪

この頃はやりのおんなの子が、お尻のちいさなおんなの子、なら、
先月末頃から、ずっと、独身のこころに居残りしている菓子パンは、
フジパンの今月の新作、“大福みたいなホイップあんぱん”ってもんです。

あれは、いまだ、寒さきびしい、如月末のこと。

独身が、毎度のように、新聞を見つめつつ、
朝ごはんを頂いていると、あるお店の折り込みちらしに視線が留まります。

それは、“イトーヨーカドー”です。

端から端まで、きっちりと広告のお得な情報をガン見していると、
おつぎに、独身の視界に留まるのは、ヤマザキの菓子パンフェアと書かれた一画ですっ。

そこには、ヤマザキのおなじみの菓子パンに混じり、
いまだ、独身が出逢ったことのない、新作と思われる菓子パンが参戦していますっ。

しかも、お値段がおひとつ98円と云う、
なかなかのお買い得な設定となっています。

これは、特売、安売り大好物の独身にとって、
有益な情報と云えます。

と云うわけで、その日の独身は、
こぞって“ヨーカドー”まで遠征し、フェアの菓子パン、
フルーツサンド りんご&ホイップ”を無事、確保しています。

実は、そのとき、独身は、あろうことか、
大好物の特売を目の前にして、ほかの菓子パンに誘惑されているのです。

それは、フジパンの弥生の新作、
“大福みたいなホイップあんぱん
”です。

もっちり系の菓子パンにも、めっぽう弱い独身ですが、
“ほにゃららみたいな、、”のような、なにかを模した菓子パンにも、
即効、めろめろに魅了されてしまう独身です。

この“大福みたいな、、”は、まさに、独身のツボってやつを、
ダブルでぐいぐいっと押してくれる、魅惑満載のあんぱんです。

しかし、そのときの独身は、当然ながら、
これが来月、つまり、弥生の新作だとは、
ちろっとも妄想していなかったのであります。

独身は、毎月はじめ、各菓子パンメーカーのサイトをチェックして、
しかと、新作の情報を海馬に記憶させます。

この“大福みたいな、、”は、2月の新作情報には、
いっさい、参戦していないことは明らかで、
するって~ぇと~ぉ、これは、ずいぶんとむかしから存在していて、
その日は、ほんの気まぐれに、“ヨーカドー”に登場していると、
独身は勝手に結論づけて、己を納得させたわけです。

とは云え、かなりこころを惹きつけてやまない、
魅惑のあんぱんであることには、変わりありません。

ところが、その日の独身は、
“フルーツサンド、、”と云うターゲットが、しかと決められています。

しかも、お買い得な特売品です。

となると、どこのうまの骨(!)だかわかりゃしない、
“大福みたいな、、”より、お得な“フルーツサンド、、”を選択することが、
賢い菓子パンハンターと云えます。

そんなこんなで、その日の独身は、
“大福みたいな、、”へと欲求を、ぐぐっと押さえ込んで、
“フルーツサンド、、”をハンティングしたのですが、
その、ほんの数日後、弥生に突入して、フジパンのサイトをチェックすると、
なっ、なんと、そこには、“ヨーカドー”でお見かけしたばかりの、
“大福みたいな、、”が、しかと、登場しているではありませんかっ、、!

となると、“ヨーカドー”は、“大福みたいな、、”を、
いまだ、弥生ではないタイミングに、フライングさせていた、と云うわけです。

もし、あの日、独身もフライングハンティングしていれば、
いち早く、そして、誰よりも早く、弥生の新作とランデブーして、
軽く悦~に入っていたことでしょう、、。

そう妄想すると、特売をシカトしてでも、
“大福みたいな、、”へ猛進していればと、
無粋ながら、そう、考えてしまう独身です、、。

しかし、そのまた、ほんの数日後、“黄色のお店”の、
98円特売に参戦すると、“大福みたいな、、”が、
特売ワゴンに、もりっと盛られているではありませんかっ、、!

独身、これは、なんと云う幸運なんでしょうっ。

と云うのは、“ヨーカドー”では、フライングとは云え、
お値段は、定価すえおきの、105円です。

一方で、“黄色”では、特売価格の98円ですっ。

やはり、あのとき、“ヨーカドー”で、
ターゲットの変更を強行すべきではなかったのですっ。

と云うわけで、さっそく“大福、、”をワシづかみしようとする独身ですが、
そのとき、すでに、独身の手中には、神戸屋の新作、
あずきとミルクと宇治抹茶”が、しかとおさめられています。

どちらも、おんなじくらい、独身好みの新作です。

そこで、いっそのこと、1度にふたつをハンティング、
つまり、ダブルハンティングを決行してしまおうかと思うのですが、
ふっと、特売から、通常の菓子パンコーナーへと移動すると、
そこにも、“大福みたいな、、”がスタンバイしているところを発見です。

そして、視線をお値段表に向けてみると、そこには、
31日まで 特別価格 100円”と書かれていることに気づきます。

と云うことは、万が一、“大福みたいな、、”が、
翌週の98円特売から排除されいたとしても、
弥生のあいだ、ずっと100円でスタンバイしているのなら、
その日は、定価126円の“あずきとミルク、、”を優先して、
“大福、、”は、あとまわしにしようと決意します。

そんなこんなで、先週の独身は、“大福、、”をシカトして、
翌週まで、待ちぼうけを喰らう決心をしたわけです。

ようやっと、今週、ふたたび98円特売日がめぐってきて、
毎度のごとく、“黄色”へと参戦すると、そこには、
しかと、“大福、、”が再登場しているではありませんかっ。

ここ最近の“黄色”の特売は、移り変わりが激しく、
先週には、もりっと存在していた特売が、翌週には、
すっかり姿を消している、と云った、なんとも哀しいことが多々、
見受けられます。

そのため、この“大福、、”も、ふたたび特売の対象になる可能性は、
低いものと、勝手に妄想していたのですが、どうやら、
独身の妄想が過ぎていた模様ですっ。

先月、“ヨーカドー”で、フライング登場しているところに遭遇してから、
この日、3度目にして、ようやっとハンティングに至りますっ。

この幸運な再会に、すっかりこころ内で乱舞する独身ですっ。

しかし、このあと、特売ゆえの、
レジの長蛇の列に、たったひとつの菓子パンで参戦し、
なんとも申し訳のないこころ持ちで満載になる、独身なのでありました。

フジパン--大福みたいなホイップあんぱん。


もっちりとした食感の白いパンに小倉あんを包み焼き上げ、
 ホイップクリームを入れました
。”

と云うわけで、フジパンの今月の新作、
“大福みたいなホイップあんぱん
”です。

さっそく生地から頂いてみると、
流石、“もっちりとした食感の、、”と謳っているだけはあって、
むっちりみっちりとした、いい弾力のある生地になっていますっ。

まさに、白玉もちとパン生地の中間、と云った雰囲気で、
もぐもぐすると、お口の中で、生地は、お餅のような、
ねっちり~とした食感になりますっ。

一見すると、キメは粗めで、もっと、ごわっと、
かさついているのかと妄想していたのですが、
実際に生地に喰らいついてみると、実は、
ぴっちりぎっちりとした、密度が高い生地で、
まったくもって、かさついた節はありません。

さらには、密~な生地なだけあって、
さほど厚みのない生地ですが、どっしりと重みがあって、
肉厚~な、重厚感のある食感になっています。

いつもは、へらっへらの、薄いお肉なのに、
たまには、特別に奮発して、ぶ厚いお肉にしてみたところ、
あまりの肉厚っぷりに、思わず、無心で喰らいついてしまう、
そんな感じでしょうか(?)。

生地のお味は、はじめは、いたってシンプルで、
すっきりとした白パンなのですが、しかともぐもぐすると、
ほんわりと、マーガリンの風味が登場してきます。

すると、マーガリンの、いい酸味が参戦してきて、
やがて、小麦とフュージョンして、じわじわっとコクが盛り上がってきます。

この酸味が、適度な塩っ気も放ってくれるので、
マーガリンのコクを、ぐっと引き締めてくれています。

シンプルながらも、マーガリンが、しかと己の役目を果たしています。

フジパン--大福みたいなホイップあんぱん。


生地の中には、粒あんと、
ミルクホイップクリームが詰め込まれています。

まずは、粒あんからですが、粒あん、とは云え、
お豆がでろでろに、やわらかく煮付けられているので、
あまり、豆豆しいあんこでは、ありません。

そのため、なかなかどっしり、
どっぷりとした、重いあんこになっています。

そこに、皮のしゃりしゃりが参戦しているのですが、
独身は、こしあん派ゆえ、あまり皮のしゃりしゃりっぷりが、
お好みではありません、、。

これが、お豆の存在が、しかと感じられる硬さなら、
皮はほとんど気にならないのですが、お豆がやわ~なので、
そのぶん、皮が余計に目だってしまうわけです。

これは、夏休みに、制服をクリーニングに出したところ、
つい、うっかり登校日を忘れていたため、仕方なく、
冬の制服を着ていったところ、まったく透け感がないので、
周囲に混じると、すっかりぶ厚い生地の制服が目立ってしまった、
そんな感じでしょうか(?)。

しかし、皮さえなければ、適度な水っ気もあって、
あまり重苦しくない、頂きやすい硬さのあんこになっています。

お味のほうは、わりと甘味が控えめなので、
しかとお豆のそのままのお味を堪能することが出来ます。

さらには、たっぷり、どっぷりと詰め込まれているだけあって、
ぐわぁっしっと喰らいつくと、どぉんっと、あんこがお口に進入してきて、
お口の中は、あんこ満載、お豆風味も満載になります。

フジパン--大福みたいなホイップあんぱん。


一方のホイップクリームですが、はじめは、
ほふっと云う、空気感があるのですが、
すぐに、てろっと、とろっと、ゆるくなって、
そのまま、とろけていきます。

ほふっとしているのですが、若干、水っ気が多いせいか、
お口にすると、実は、ゆるめのクリームであることがわかります。

しかし、粒あんと、生地に重みがあるので、
このくらいのゆるさがあったほうが、全体としては、
まとまりがいいのかもしれません。

お味のほうは、なかなか濃厚なミルクっぷりで、
わりとお砂糖の甘味も強めになっています。

むかし懐かしの、甘味のあるソフトクリームと云った雰囲気で、
素朴で、いい意味で、チープ感のあるミルクホイップです。

あんこ同様、もったり、とっぷり、たっぷり詰め込まれているので、
喰らいつくと、生地の切れ目から、もふっとあふれ出てきます。

そのため、もし、このホイップが単品だけだったら、
おそらく、最終的には、クドい甘味になっていたものと妄想します。

しかし、甘味控えめの粒あんと相成ると、
ホイップの甘味が、ちょうどいい甘さになります。

さらには、重厚感のある生地が、
あんとホイップに負けない存在感があるので、
軽くホイップの甘味を丸め込んでいる節があります。

全体的に、さほど、大振りなあんぱんではないものの、
あんこも、ホイップも、そして、生地もどっしりとしているので、
かなり食べ応えがあって、胃に、どんっとのしかかってきます。

いまのいままで、もっちりや、大福みたいな、と謳った菓子パンは、
数多、頂いてきたのですが、しかと、生地のもっちりっぷりを発揮して、
さらには、大福を妄想とさせる仕上がりにしているものは、
これがお初、と云っても、“タンスにゴン”ではなく(?)、
過言ではありませんっ。

しかも、お値段がおひとつ105円とは、
なんとも驚愕な出来と云えますっ。

昨今、小麦の価格が急騰し、菓子パンも、
ぐぐっと値上がりをしていますが、そんな中、
このお味、質で、105円と云うお値段設定は、
キューティーハ二ー”よろしく(?)、独身の中で、
この頃流行のナイスなパン、になること間違いなしってもんですっ。

フジパン
大福みたいなホイップあんぱん

購入価格:98円/定価:105円。

栄養成分値(製品1個当りの標準値):
エネルギー:378kcаl
たんぱく質:7.7g
脂質:10.0g
炭水化物:64.4g
ナトリウム:226mg
食塩相当量:0.6g

独身評価:★★★★☆(4.5)

(フジパンの菓子パンはこちら)
スポンサーサイト


タグ: あんぱん, つぶあん, ホイップ,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

つるし飾り発祥の地、伊豆稲取の“つるし飾りまつり”に行って来ました。  | home |  Pasco--ふんわりイチゴぱん。