FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年03月15日[Sat]

Pasco--ふんわりイチゴぱん。

Pasco--ふんわりイチゴぱん。


Pasco、今月の新作っ!

これには、流石の“広末涼子さん”だって、
5秒と待たずして、マジでガッついてしまわれるかっ。


♪見った目じゃないのよっ、菓っ子パンッ、はっは~~~ぁっ、
 見った目と裏腹じゃないのっ、ほっほ~~~ぉっ、
 シンプルだっけならいいけどっ、ちょっと、
 ダッサダサ過ぎるの、袋がっ、ほっほっほ~~~~ぉっ♪

明菜さま”が、なみだは飾りじゃないのよと、
思わずご立腹されてしまうのなら(?)、この日の独身は、
見た目とは裏腹な、この“ふんわりイチゴぱん”に、
思わず感服してしまうってもんですっ。

この日は、翌日に雨をひかえているせいか、
とってもいいお天気で、気温も、ぐぐっと盛り上がりを見せつけています。

こんなお天気のご機嫌がよろしい日は、
こちらまで、すかっとしたこころ持ちになるところ、
ですが、この時期、独身は、そのようなきもちには、
到底なれない事情ってやつがあるのです、、。

それは、毎年、おなじみの、“KA・FU・N(花粉)”です、、。

独身が、花粉の許容範囲を越えてしまったのは、
空気とお水が、ちっともおいしくない、都内に存在していたころです。

花粉と環境に、どう因果関係があるかは、知りませんが、
それ以来、欧州時代をのぞいて、意地悪な花粉の攻撃に、
毎年、さいなまれ続けている独身です。

たいてい、朝は、鼻がお汁の渋滞を起こして、
軽い呼吸困難で起こされるのが常だったりするのですが、
この日は、とくに渋滞状況がひどく、睡眠までも妨害されたのです、、。

これは、“みのさん”のお気に入りの予報士の“根本くん”に訊かなくなって、
己のからだの状況で、その日の花粉の飛散具合はわかってしまうってもんです、、。

そんな日は、つい、ハンティングをやめてしまいたいこころ持ちになるのですが、
この日、独身には、そうは出来ない理由ってやつがあるのです。

それは、週1の、“オレンジのスーパー”のパン割引です。

この日を、うかうかっと見逃してしまえば、
また1週間も、待ちぼうけを喰らうハメになるのです。

と云うわけで、ポケットティッシュをしかとお供させて、
いざ、“オレンジ”へと出発します。

しかし、いくら独身の、ハンティング欲がもりもりなところで、
花粉が、空に舞い踊る情熱には、抗いようがありません、、。

これには、“よさこい”大好物の“広末涼子さん”だって、
思わず圧倒されてしまうってもんです(?)。

“オレンジ”に到着する前に、すでに独身は、
くしゃみ、鼻汁で、益々見苦しい独身おんな(!)へと化しています、、。

お鼻をうずうずっとさせつつ、半泣き状態で、
なんとかお店の中へと進入します。

先週は、特別3割引きだったので、独身の中で、
(今週も3割だといいな~ぁ。)
などと、淡い期待を抱いていたのですが、
そう、世の中、甘いものではない模様です、、。

今週は、いつもの2割引と云うことが、さっさと判明し、
ささっと菓子パンの捜索を開始します。

まず、独身の視界に突入してくるのは、
Pascoの今月の新作、“ふんわりイチゴぱん”と、
ふんわりクリームぱん”の2種です。

実は、この“ふんわり、、”とは、
これがお初の出逢いではありません。

はじめてお目にかかったのは、弥生になってすぐの、
黄色のお店”の98円特売日です。

そのとき、いちごジャムとクリームが盛り込まれていることと、
ここ最近、神戸屋のクリームパンを頂いて、
めっきりクリームパンに興味盛り盛りと云うこともあって、
すっかり“ふんわり、、”2種に魅了されています。

しかし、実際には、“ふんわり、、”をシカトして、
神戸屋の“あずきとミルクと宇治抹茶”を優先しています。

そして、そのわずか数日後、先週の“オレンジ”の3割引きでも、
“ふんわり、、”2種と再会しています。

そのときも、いちどは手にして、
ハンティングしようと云うこころ粋にはなったのですが、
実際には、“ランチパック”の新作、“ダブルミルククリーム”を優先しています。

“ランチパック”の場合は、長年、独身がひいきとしていることもあって、
どんな魅惑の菓子パンであっても、”ランチ、、”をワシづかみします。

しかし、“神戸屋の“あずきとミルクと宇治抹茶”に至っては、
“ふんわり、、”同様、まったくの初顔合わせとなります。

では、いったい、どんな理由があって、
独身は“あずき、、”をまっさきにハンティングしているのかと云えば、
それは、見た目、です。

見た目で菓子パンを比較することは、無粋な行為と云えますが、
やはり、実際のお味と云うのは、頂いてみなければ、
その実力を把握することは出来ません。

となると、どうしても、見た目で判断せざるを得ない場合もあるわけで、
双方を見比べてみると、“ふんわり、、”は、
ダサダサっ気がふんふんっと漂っているように見受けられます、、。

と云うわけで、“ふんわり、、”は、無情にも、
2度にわたって、独身にシカトされてしまったわけですが、
決して、独身の興味が薄らいでしまったわけでは、ありません。

いちごパンと云うのは、決してめずらしいものではないのですが、
いちごジャムといちごクリームの組み合わせは、
そうそう、見かけるものではありません。

一方のクリームパンは、しっかり派ととろとろ派の、
ふたつのクリームが盛り込まれているようで、
こちらも、とっても興味を刺激されてしまいます。

しかし、ここは、ジャムとクリームの組み合わせに期待して、
“、、イチゴぱん”を先取りしてみることにします。

と云うわけで、実に、3度目の遭遇にして、
ようやっと、“ふんわりイチゴぱん”をワシづかみするときがめぐってきますっ。

一見すると、ファミマの“ふんわりシリーズ”と妄想とさせるだけに、
益々期待度は盛り上がってしまいます。

ところが、このあと、独身の花粉症の症状も比例して、
期待度よろしく、もりもりっと盛り上がって、
独身をばっさっとダウンさせてくれるとは、
ちろっとも妄想していなかったのであります、、。

Pasco--ふんわりイチゴぱん。


ふんわりとした生地にいちごクリームを包んで焼き上げ、
 さらにいちごジャムを注入しました
。”

と云うわけで、Pascoの今月の新作、
“ふんわりイチゴぱん
”です。

さっさと生地から頂いてみると、
と~ってもむっちりみっちりとして、
やわらか~な食感であることがわかりますっ。

ふんわり、と云うと、もっと、ふわっと空気感満載で、
どちらかと云うと、しっとりは2の次の生地があったりするのですが、
この生地は、いい意味で、ふんわりの印象がまったくない、
いいしっとりっぷりを見せつけてくれていますっ。

しっとりを軽く超越して、
じっとり、と云っても、過言ではありませんっ。

生地をお口にすると、むにんっと、いい弾力のある食感がして、
そのあと、お口に吸い付いてくるのでは、と云うくらい、
ぴっとりとなじんでくれますっ。

キメも、とっても細やかで、ぎゅぎゅっと引き締まっているので、
やはり、ふんわり、と云うより、~で、案外、重厚な食べ応えとなっています。

生地のお味は、はじめは、ほふっとシンプルな小麦風味がするのですが、
しかともぐもぐしていくと、じきに、小麦がまろやかになって、
やがて、お砂糖の甘味とフュージョンして、旨味として、
じわじわっと染み出てきますっ。

生地がいちご色なので、もしや、生地も、
ほんのりといちご味がするのかと、軽く妄想していたのですが、
そこまで気の利いた菓子パンではない模様です。

とは云え、シンプルながら、
しかと小麦の旨味と云うものを実感出来ますっ。

さらには、じっとりとした水分があるためか、
この旨味が、ジューシーにも感じてしまいますっ。

独身のお鼻も、花粉のせいで、
すっかりジューシー、じるじるっです、、(?)。

Pasco--ふんわりイチゴぱん。


生地の中には、いちごジャムと、
いちごフラワーペーストが詰め込まれています。

まずは、いちごジャムからですが、どぶっと、ぶるっと、
かなりとろみがある、と云うか、どぅるんっとした重みがあります。

まるで、ゼリーを細かくつぶしたかのごとく、
ずぶずぶっとしていて、あまり口あたりはよろしくありません

さらには、どちらかと云うと、いちごの果肉や果汁よりも、
水あめのほうが幅を利かせているようで、それがわざわいしているのか、
水あめが、うまく溶けいらずに、ゼリーのように、
中途半端にゆるくかたまってしまった、そんな印象を受けます。

お味のほうも、やはり、水あめのほうに勢いがあって、
じくじくっと、刺すような強気の甘味になっています。

そこに、いちごのつんっとした酸味が参戦してきますが、
手の込んだいちごジャム、と云うより、いい意味で、
チープ感満載の、むかしながらの、懐かしのいちごジャム
と云った雰囲気です。

いちごの果肉もりもりのジャムもお好みですが、
独身は、このような、チープ感漂うジャムのほうが、
お口になじんでしまいます。

なんせ、高級中華を頂いて、お腹を壊し、
さらには、キャビアを頂いたときは、深夜、
ご返却、してしまったくらい、高級食材に、
めっきり弱い独身ですから、、。

Pasco--ふんわりイチゴぱん。


一方のいちごクリームですが、こちらも、ジャムよろしく、
どっぷりぼってりとした、蜜~で重々しいクリームになっています。

お口にすると、どぶんっと舌べろにのしかかってきて、
まったり~、ねっちり~と、お口満載にはりついてきます。

ナイフでカットするとき、ナイフの進みっぷりが悪いと云うか、
べとんっと重みがあって、切りづらいと思っていたのですが、
その要因は、どうやら、このクリームにあった模様です。

さらには、この“ふんわり、、”は、どちらかと云うと、
小ぶりの菓子パンなのですが、実際に手にしてみると、
どしっとした重みを感じます。

やはり、これも、このヘビー級のクリームがゆえんだったわけです。

お味のほうは、と~ってもミルキーないちごで、
こっくり~とした、ミルクの濃厚なコクと旨味が満載ですっ。

それと比べると、いちごは、いささか弱気な節が見受けられるのですが、
とにかく、ミルクが濃く~て、練乳のような、どしっとした深みがあるので、
いちどお口にすると、もう、すっかりミルクのトリコとなって、
いちごのことなど、軽く払拭されてしまいますっ。

とは云え、あくまでも、“、、イチゴぱん”なのだから、
いちごがメインでなければありません。

しかし、そこは心配ありませんっ。

と云うのも、いちごジャムにかなりの勢いがあるので、
クリームのいちごが弱気な分は、ジャムが助太刀してくれています。

ジャムとクリームが相成ると、まずは、
ジャムがぶるんっとお口に進入してきて、
そのあと、ジャムを覆うかのごとく、
クリームが、どっぷんっと押し寄せてきます。

そして、ジャムのじゅわっとした甘味と、
つんっとしたいちごの酸味がしたあと、
ミルクの濃厚なコクが、勢いよくジャムを飲み込んでいきますっ。

なかなか勢いのあるジャムの甘味ではありますが、
それすら、超越しているのが、ミルクと云うわけですっ。

そこに、むっちり~、みっちり~とした生地が参戦してくるわけですが、
生地も、なかなかの存在感と噛み応えがあって、いい意味で、
ジャムとクリームに立ち向かっていきます。

それだけに、小ぶりな菓子パンでも、
かなりの食べ応えがあって、独身の胃は、
すっかり満載、満足、満喫してしまうと云うわけですっ。

一見すると、袋のデザインがダサダサ、なので、
さほど実力がないイチゴパンだと妄想していたのですが、
見た目とは、かなり裏腹な、かなり~のスゴワザを秘めている菓子パンですっ。

このような実力派の菓子パンだと、さっさと悟っていれば、
ほかの菓子パンは、ささっとシカトして、
いち早くハンティングしていたことでしょう。

♪もぉっと、まっえ(前)っかっら~~ぁ、
 “ふんわ~り”のことっ、気に~~してた~~ぁ、
 クリ~~ムにもっ、やぁっと、ワシッづか~~ぁみ、
 する~チャンスッ、逃~せ~な~ぁい~の~~~ぉっ♪
と、流石の“広末涼子さん”だって、この“、、イチゴぱん”を、
5秒も待たずして、マジでガッついてしまうってもんですっ(?)。

これは、もう1種のクリームパンにも、
期待がもりもりっと盛り上がってしまうってもんですっ。

Pasco
ふんわりイチゴぱん

購入価格:100円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:470kcаl
たんぱく質:11.7g
脂質:22.3g
炭水化物:55.5g
ナトリウム:277mg

独身評価:★★★★☆(4.5)

(Pascoの菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ: いちご, ジャム,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

フジパン--大福みたいなホイップあんぱん。  | home |  木村屋--白のSAKURA。