FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年03月27日[Thu]

神戸屋--宇治金時パン。

神戸屋--宇治金時パン。


神戸屋、今月の新作の“日本茶めぐり旅シリーズ”ッ!
これには、流石の“光GENJI”も、魅力的なものばかり集めてしまうかっ、、!


♪鳴らないで~~ぇっ、鳴らないで~~ぇっ、
 カミナ~リは、大嫌いっだ~よ~~ぉっ、
 雨ひどくなるばか~りっ、酷~じゃぁな~い~か~~ぁっ、

 “み~どり(緑)”っへっ、行~くけれどっ、
 “宇~治、、パン”はっ、欠席さっ、
 宇治茶~とつ~ぶあ~~んっ、

 魅力的~なぁ、パ~ン、ばか~りっ、
 も~とめて(求めて)ぇ、し~ま~う~よ~~ぉっ、
 “宇治、、パン”は~ぁ、“み~ど~り(緑)”にな~いっ、
 こ~の日の~ぉ、菓~子~パ~ン~~ッ!♪

いまは懐かし、“光GENJI”が、壊れそうなものばかり、
集めてしまうのなら、この日の独身は、雷鳴とどろく中、
魅力的な菓子パンばかりを脳裏に満載にし、
ハンティングへとまい進してしまうってもんです。

ここ最近の独身の朝は、めざまし、ではなく、
己のお鼻の渋滞による呼吸困難で、叩き起こされる日々が続いています、、。

就寝から、アラームが鳴るまでに、毎度、
3~4回は、軽い呼吸停止で目覚めるわけですが、
この日は、3時、4時、6時、7時半と、
4度にわたって、強制起床させられます、、。

これは、パソコンの強制終了とおんなじくらい、
テンションがもり下がるってもんです、、。

そのうちの6時に、ぶずずずっとお鼻をかみ、
ふっと、呼吸を整えていると、独身の耳に、
なにやら、騒がしい音が聞こえてきます。

窓の外に注目してみると、どうやら、
情熱的な雨が、どどっと降っている模様です。

そうこうしていると、じきに、
ごごごっと、遠雷が聞こえてきます。

この日は、花粉症の症状も、ずいぶんと楽になると、
軽く安堵しつつ、ふたたび眠りに就く独身です。

しかし、7時半ころ、またしても呼吸停止で目覚めると、
カーテン越しに、明るい光が差し込んできます。

どうやら、雨雲はさっさと過ぎ去ってしまったようです。

さて、連日、ちっとも熟睡した感のない独身ですが、
この日は、ある菓子パンを求め、“緑のスーパー”へと参戦すると、
しかと決めています。

その菓子パンは、神戸屋の“日本茶めぐり旅シリーズ”の、
宇治金時パン”です。

実は、独身は、“宇治金時、、”とは、
数日前に、すでに初顔合わせを果たしています。

そのときは、木村屋の“黒のMACCHA”狙いで、
“緑”へと訪れたわけですが、“宇治金時、、”が、
100円で特売されているところに遭遇です。

前々から、“宇治金時、、”に興味もりもりだったこともあり、
目の前の“黒の、、”から、ささっと視線をはずし、
すっかり“宇治金時、、”のトリコとなってしまいます。

しかも、100円特売に加え、云わゆる“おつとめ品”には、
さらにお得な1割引シールがぺったんこ、されているではありませんかっ。

これはもう、“宇治金時、、”をハンティングしてしまえと、
独身に云っているようなものですっ(?)。

そこで、盛り上がりそのまま、ぐわぁっしっと、
“宇治金時、、”をワシづかみするわけですが、
そんな好色独身おんなを、軽蔑するかのごとく(?)、
“黒の、、”と視線がばちっとガチンコします、、。

そうです、、。

その日の独身は、“宇治金時、、”ではなく、
“黒の、、”をハンティングすると、しかと決めているのです、、。

それにも関わらず、いきなり登場してきた“宇治金時、、”の魅力に、
早々にとりつかれる、単純独身おんなです、、。

と、ここで、ふっと“宇治金時、、”のお値段の札を見てみると、
そこには、“宇治金時パン 100円 3/31まで
と書かれていることに気づきます。

と云うことは、“宇治金時、、”とは、
今月末までなら、何度でも、再会出来るわけです。

一方の“黒の、、”は、木村屋と云うことで、
“おつとめ”でない限り、“緑”では、特売されることは、ありません。

つまり、目の前の、“おつとめ”シールがぺったんこされた、
“黒の、、”は、このままシカトすれば、今度、いつ、
また“おつとめ”のときに再会出来るか、保障はありません。

ここは、“宇治金時、、”を先延ばしして、
“黒の、、”を優先するのが、賢い菓子パンハンターってやつです。

と云うわけで、その日は、当初の予定とおり、
“黒の、、”をハンティングすることにします。

それから数日経って、ふたたび“緑”を再訪し、
今度こそ、“宇治金時、、”を確保しようと、
揚々っと菓子パンコーナーへと向かうと、なっ、
なんとっ、そこには、つい、数日前まで、存在していた、
“宇治金時、、”が、消えているではありませんかっ、、!

その代わり、なのか、同シリーズの、
静岡茶の蒸しパン”が初登場していることに気づきます、、。

静岡人としては、“静岡茶、、”もシカト出来ませんが、
この日は、“宇治抹茶、、”のことで、脳内は満載です、、。

美川憲一さん”よろしく(?)、“地獄の果てまでついていく”、
さそり座のおんな”の独身としては、やはり、
“宇治金時、、”と再会出来るまで、どこまでも、
追い求めるってもんですっ。

そこで、独身は、さっさと“緑”から退散して、
“宇治金時、、”を捜索する旅に出る決意をしたわけですが、
あっちこっちのスーパーやコンビニに行っても、
“宇治、、”は、どこにも存在していません、、。

結局、その日は、断念するハメになってしまったのですが、
一夜明けたこの日、独身は、性懲りもなく、ふたたび、
“宇治、、”を捜索するため、“緑”へと向かうことにします。

早朝に降っていた雷雨は、
すっかりあがり、青空が広がっています。

くもり空は、すでに、東のほうへと、
さっさと過ぎ去ってしまったものと安心し、
いざ、ハンティングへと出発、と思いきや、
ふたたび雨が降っていることに気づきます、、。

しかも、数分ほどすると、今度は、
どこどこっと、雷鳴が聞こえてくるではありませんか、、。

独身は、小6のとき、雷雨の中、
ともだち3人と傘をさして下校しているとき、
傘の真上で、ぴしっと、花火が小爆発したかのような、
軽い落雷のような現象(?)に襲われて以来、カミナリが苦手です、、。

こころ内で、
(鳴らないで、鳴らないで、カミナリは大嫌いだよ、、。)
と、“ガラスの10代”よろしく(?)、
あのときの恐怖心のようなこころ持ちで、
いそいそっと“緑”へと急ぎ向かいます。

なんとかカミナリが接近する前に、“緑”に到着し、
菓子パンコーナーへと向かうと、なっ、なんとっ、
この日も、“宇治金時、、”が不在であることに気づきます、、。

確かに、数日前は、今月末まで特売されていると、
しかと値札に書かれていたのに、昨日、今日と、
2日連続で欠席の模様です、、。

ここで、別の菓子パンにターゲットを変更することも可能、
なのですが、ないものに限って、どうしても貪欲に求めてしまうのが、
さそり座のおんなの、独身の性ってやつです。

そこで、雷雨の中、
今度は、“ミラクル100均”へと移動する決意をします。

しかし、雨は情熱っぷりを増すばかりで、
それにお供して、カミナリも、p(ピアノ)から、
f(フォルテ)へと、あきらかに強気になっています、、。

ここは、遠方の“ミラクル”を断念して、
近場の“99円ショップ”へと、急遽変更することにします。

“99円ショップ”は、神戸屋の菓子パンをひいきしていることもあって、
もしかしたら、この日、“宇治金時、、”も、参戦している可能性があります。

カミナリの光におびえつつ、ようやっと
“99円ショップ”に到着すると、そこには、
“宇治金時、、”の姿は、どこにも確認出来ません、、。

すっかり落胆モード満載の独身ですが、
お店を出て、ふっと空を見上げてみると、
すっかり雨があがっていることに気づきますっ。

実は、この日はもう、ハンティングは中止にしてしまおうと、
弱気になっていたのですが、雨とカミナリが去ってしまったとなれば、
ふたたび独身のハンティング欲は盛り上がるってもんですっ。

そこで、神戸屋を取り扱っている、
主婦の味方のスーパー”へと向かうと、
そこにも、“宇治、、”はいないことが判明です、、。

と、ここで、断念するような、
ものわかりのよろしい独身ではありませんっ。

こうなったら、“緑”のあとに行くつもりだった、
ミラクル100均”へと、遠征してしまおうではないかっ、
と云うことで、くるんっときびすをひっくり返して、
“ミラクル”を目指すことにします。

実は、このときの独身は、すでに“宇治、、”をあきらめ、
別の菓子パンへと、ターゲットを変更しています。

と云うのも、以前、“ミラクル”を訪れたとき、
神戸屋の“懐かしロール シュガーチョコ”と、
練乳シュガー”とお初にお目にかかって、それ以来、
ずっと、独身のハンティングリストに盛り込まれているのです。

“宇治金時、、”には、かなりの魅力を感じていますが、
3月末まで特売している、と云う“緑のスーパー”を信じて、
この日は、“懐かしロール、、”に変更する決意をします。

さきほどの大雨で、すっかり冷え込んでしまったからだも、
一転した晴天と、必死に愛チャリを漕ぐ独身の情熱によって、
もわっと温まっていきます。

雷雨の中、出発してから、実に、50分、
あっちこっちのお店を駆けめぐった独身ですが、
ようやっと、“ミラクル”に到着です、、。

さきほどまで、“宇治、、”のことで、
脳内は満載でしたが、いまは、すっかり“懐かしロール”で満載です。

なんとも単純な独身おんなです、、。

さっさと店内へと進入し、
遠目から菓子パンコーナーを見つめると、
前回訪れたときより、菓子パンの数が、
めっきり少なくなっていることに気づきます、、。

これは、雨の影響なのかと、不安なこころ持ちで接近すると、
なっ、なんとっ、“懐かしロール”まで、不在であることが判明です、、。

これでは、なんのために、ここまで遠征してきたか、
わかったものではありません、、。

と、ここで、ふっと、視線をいちばん下に移すと、
そこには、なっ、なんと、ずっと求め続けてきた、
宇治金時パン”がスタンバイしているではありませんかっ、、!

これには、独身、思わず、
(、、あ、あった、、。)
と、いたって冷静に手を伸ばしてしまいます、、。

いつもなら、こころ内で、カミナリよろしく、
情熱ががff(フォルテシモ)になっているところですが、
思いがけないところでの再会に、軽く動揺、と云うか、
半信半疑のようなこころ持ちになります。

しかとワシづかみして、凝視してみると、
やはり、独身が数日前からターゲットとしていた、
“宇治金時パン”そのものであることがわかります。

神は、“求めよ、さらば、与えられん”と仰せですが、
独身の場合、あまりの情熱的に求めてしまうと、
かえって空回りしてしまう節があります。

しかし、これも皮肉なのか、さっさと断念すると、
ふっとターゲットが登場したりするのです。

この“宇治金時、、”は、まさに、後者なわけです。

なにはともあれ、こうして、独身の雷雨のハンティングは、
なんとも意外な展開で、無事、よい結末を迎えることが出来ましたっ、、。

日本茶めぐり旅シリーズ”なだけに、
この日と、前日と、実に、長旅をするハメになった独身です、、。

神戸屋--宇治金時パン。


ほのかに甘いとろ~り宇治抹茶入りクリームを入れた
 粒あんぱんです
。”

と云うわけで、神戸屋の今月の新作、
“日本茶めぐり旅シリーズ”、“京都”の、
“宇治金時パン
”です。

さっそく生地から頂いてみると、と~ってもぎっちり
みっちりと、キメが詰まっていることがわかりますっ。

思わず、“丹念熟成シリーズ”を妄想とさせるような、
キメの細やかっぷりですっ。

と~っても繊細な口あたりで、
お口にご親切な、なめらかで、やさしい生地ですっ。

さらには、しっとり、と云うか、じっとりとした、
じゅうぶんな水分を持ち合わせているので、
お口にすると、ぴっとりと、よくなじんでくれますっ。

このじっとりと、キメの引き締まりっぷりで、
生地は、むっちりとした、いい噛み応え、と云うか、
適度なマッチョっぷりを発揮してくれていますっ。

それでいて、ほふんっと云うやわらかさも兼ね備えていて、
実に、生地のいいとこ取りと云った雰囲気ですっ。

ここ最近の話題の人物で云えば、アメリカ人でありながら、
日本人の血も持ち、さらには、ヒップホップも踊りつつ、
日本の演歌のこころも持ち合わせている、
ジェロさん”のようなものでしょうか(?)。

つまり、この生地ひとつで、生地のさまざまな実力を見せつけられる、
と云うわけですっ。

生地のお味は、喰らいついた瞬間は、
表面の香ばしい風味が、ふわんっとお口満載に広がっていきます。

そのあと、軽くもぐもぐしただけで、
今度は、お砂糖のいい甘味が、じゅわじゅわっと勢いよく登場ですっ。

お砂糖の甘味と云えども、決して生地にお邪魔しているのではなく、
生地に、旨味とコクを与えてくれていますっ。

とってもジューシーな旨味で、
もぐもぐすればするほど、旨味度は増していきますっ。

これが、表面の香ばしさと相成ると、
焦げ甘い旨味へと変化して、益々味わい深くなっていきますっ。

これもやはり、“丹念熟成”そのもの、と云った雰囲気で、
生地だけでも、じゅうぶんに満足、満喫、満々になってしまいますっ。

神戸屋--宇治金時パン。


生地の中には、抹茶入りフラワーペーストと、
粒あんがた~っぷりと盛り込まれています。

まずは、抹茶クリームからですが、一見すると、
どっぷんっと、濃密なクリームかと妄想するのですが、
実際にお口にしてみると、と~ってもてろんっと、
ゆるやかなクリームであることがわかります。

思わず、ずずっと吸い込んでしまうくらい、
とろっとろの、たるったるのクリームです。

うっかりしていると、“ニュートン”よろしく(?)、
地球の引力ってやつを実感するハメになるので、
そのへんは、要注意です。

べっとんっと、お口の中に張り付いてくるような、
そんな重々しいクリームではなく、実に、
なめらかで、クリーミーな口あたりになっています。

お味のほうは、はじめは、抹茶のいい香りがふんっと広がって、
そのあと、たまごの濃厚で、どっしりとしたコクが、
舌べろにのし掛かってきますっ。

かなりの勢いのあるたまごっぷりで、
深~いコクと、まろやかな甘味が、一気にお口を占領してしまいますっ。

そして、マジでごっくん5秒前あたりになると、
抹茶の苦味が、じくっと登場し、ぐぐっと、
クリーム全体に、闘魂を注入し、引き締めてくれますっ。

実に、香り、甘味、コク、苦味の、
すべてのバランスが取れた味わい豊かな抹茶クリームですっ。

これには、連続して大会に出場することを目標としている、
マラソンの“Qちゃん”も、つぎつぎに登場するクリームの旨味に、
驚愕するってもんですっ(?)。

小出監督”ならば、驚愕どころか、あまりの優秀な実力のクリームに、
「いいよ~~ぉっ、抹茶、いいよ~~ぉっ!」
と、笑って喰らいついているのかも、しれません(??)。

神戸屋--宇治金時パン。


一方の粒あんですが、一見すると、わりと大き目の粒が、
ごろんごろんっと盛り込まれているのですが、実際に頂いてみると、
さほど粒々しいつぶあんではないことがわかります。

こしあんに近い、つぶあんです。

独身は、どちらかと云うと、こしあん派なので、
これは、むしろ、ありがたいってもんです。

お豆の、くにっとした食感と、
皮のしゃりしゃり感がほとんどないので、
とってもお口にご親切なつぶあんになっています。

と~ってもどっしりどっぷりと、
実に、濃密~で、重々しいあんこですっ。

いい意味で、みずみずしさと云ったものは、いっさいなく、
まさに、豆度満載、“ビル・ゲイツ氏”も驚愕の(?)、
お豆の独占状態と云った雰囲気ですっ。

お味のほうも、お砂糖の甘味がかなり遠慮気味で、
かなりっ豆豆しいあんこを堪能出来ますっ。

お口にした瞬間から、お豆の突撃を喰らいますっ。

お豆の自然な風味と甘味が、
雷鳴よろしく、どこどこっとお口を攻撃ですっ。

たまに、コンビニから、高級と謳ったあんぱんが登場しますが、
そんなセレブあんぱんにも引けを取らないと云っても過言ではないくらい、
かなりの実力を満タンに持ち合わせていますっ。

まさに、“浅田真央ちゃん”よろしくの、
パーフェクト”なあんこですっ。

これが、抹茶クリームと相成ると、まず、
クリームがてろんっと、荒波のごとく、
お口に押し寄せてきて、抹茶の風味と、
たまごの濃厚な甘味
を放ってきますっ。

そのあと、間髪入れずして、今度はつぶあんが、
どっぷんっと、津波のごとく、お口にのしかかってきますっ。

すると、抹茶の濃厚なコクと、あんこの豆豆しい風味が、
相撲の立会いよろしく、激しくぶつかり合って
お互いに、実力を見せつけていますっ。

クリームもあんこも、たっぷり満載に盛り込まれているのですが、
クリームに、わりと強めの苦味があることと、
あんこが甘味控えめなことが幸いして、
まったくと云っていいほど、クドさや重苦しいことはありません。

それどころか、クリームとあんこの実力が、
互いによって抹殺されることなく、
しかとすべての旨味を感じることが出来ますっ。

独身の鼻汁渋滞のお鼻よろしく(!!)、
旨味の渋滞状態ですよっ。

そして、生地の旨味も、双方に根負けすることなく、
最後のほうで、ふわっと、軽やかに香ばしい風味を放ってくれますっ。

どれひとつとして、旨味に無駄がありませんっ。

生地、クリーム、つぶあんと、欠席しているものはなく、
すべてが、いい意味で、激しい火花をちらしていますっ。

これは、女子フィギュアスケートで云えば、
先日の世界選手権に出場した、“浅田真央ちゃん”、
安藤美姫さん”、“中野友加里さん”が、
こぞって勢ぞろいしているようなものですよっ(?)。

独身は、いろんな菓子パンのお味をお試ししてみたい、
欲張りな独身おんなゆえ、いちどランデブーした菓子パンとは、
めったに再会することはありません。

しかし、この“宇治金時パン”の魅力には、
欲張り独身も、すっかりトリコとなってしまっていますっ。

光GENJI”よろしく(?)、
♪魅力的~なぁ、“宇~治、、”ばか~りっ、
 喰~ら~ぁって~、し~ま~う~よ~~ぉっ、
 こしあんは~、お~ま~め(豆)がぁな~ぁいっ、
 う~まみ(旨味)の~、じゅう~た~ぁい(渋滞)~~ぃっ♪
ってもんですっ(?)。

これは、あと1週間連続して頂いても構わなくてよっ!
と云うくらい、満足、満喫、満々なあんぱんですっ!!

これは、流石の“ジャパネット高田”の社長も、
自信を持って、この“宇治金時パン”をオススメしてしまうってもんですっ(?)。

神戸屋
宇治金時パン

購入価格:105円/定価:126円。

栄養成分表示(1個当りのめやす):
エネルギー:352kcаl
たん白質:8.6g
脂質:9.1g
炭水化物:58.9g
ナトリウム:152g

独身評価:★★★★★

↓“日本めぐり旅シリーズ”はこちらっ↓
あずきとミルクと宇治抹茶

(神戸屋の菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ: あんぱん, 抹茶, つぶあん,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

木村屋--黒のMACCHA。  | home |  神戸屋--懐かしロール チョコクリーム。