FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年04月15日[Tue]

木村屋--アーモンドメープルむしケーキ。

木村屋--アーモンドメープルむしケーキ。


木村屋、4月の新作っ!
独身の貪欲っぷりには、流石の“タモさん”も、違和感を抱いてしまわれるかっ。

(“のっぽパン”、4月26日の復活まで、あと11日っ


♪こっの日の~~ぉっ、“緑”、100円特売っ、
 あっちこっち、そっちこっち、蒸しっパ~ァン~~ッ、

 ハウ~、ドゥユ~ドゥ~ッ!
 ハ~ン~ティン~グ~、い~か~ぁがっ?
 こ~の~日~の~、ど~く~し~ん(独身)は、
 “み~ど~り(緑)”~行~くっ、
 ハウ~、ドゥユ~ドゥ~ッ!
 ど~の~パ~ン、え~ら~ぁぶ(選ぶ)っ?
 と~く~ば~い(特売)~ワ~ゴ~ン~に~は、“も~ちぃも~ちぃ棒”っ!

 迷わ~せ~過~ぎ~る~のっ 蒸~し~パ~ンにっ、、
 どっこの蒸しパン、カム ウィズ ミ~?
 迷って、どっくしん(独身)、あっちこっちウォッチングッ!

 き~む~ら~や(木村屋)~の~パンッ、“アーモンド、、”~~ッ、
 こ~う~べ~や(神戸屋)~の~パンッ、“もちもち棒、、”~~ぉっ、
 い~いっパンッ、い~いっパンッ!いい蒸~~し~~パ~~ァンッ!♪

いいとも青年隊”から、“いいとも少女隊”に代わって、
いささか違和感があるものの、“タモさん”だけは、
何年経っても、変わらずに、お茶の間に笑いを与えてくれるのなら、
この日の独身は、あっちこっちの蒸しパンたちに魅了されまくり、
相も変わらず、優柔不断っぷりを発揮しています、、。

独身には、なんとかハンティングしたいと狙いをつけている、
今月の新作菓子パンを何点か、リストに盛り込んでいます。

そのうち、この木村屋の新作、“アーモンドメープルむしケーキ”は、
はじめて“緑のスーパー”でお目にかかってから、ずっと、
リストの中でも、ランキング上位に居座っている蒸しパンです。

しかし、この“アーモンドメープル、、”を、
しかとハンティングするまで、実に、4度もシカトしています。

と云うもの、木村屋のそのほかの新作には、
独身好みの菓子パンが“緑”に数点存在し、
優先的に、“おつとめ品”からハンティングしていたため、
ずっと定価すえおきだった“アーモンドメープル、、”は、
半ば泣く泣く、後回しすることにしたのです。

そろそろ、“アーモンドメープル、、”と、
もうひとつのターゲットである、“木村屋の宇治抹茶あんぱん”が、
“おつとめ”されているころかもしれないと、この日の独身は、
“緑”へと偵察に出かけることにします。

朝方は、しとしとっと、雨が降り続いていたのですが、
独身がお顔のメンテナンス(!)にまい進しているあいだに、
すっかり雨はあがってしまった模様です。

いささか肌寒いお天気ではありますが、
しかと紫外線対策をほどこして、さっそく“緑”へと出発します。

ささっとお店に到着すると、お店の前に、
なにやら、緑色の旗が風とランデブーしています。

しかと見つめてみると、どうやら、この日は、
ポイントカード5倍の日、のようです。

独身は、“非会員”なので、別段、
この5倍には、関心することはありません。

独身が関心を持っているのは、木村屋の新作が、
“おつとめ”しているか、どうかです。

さっさと店内へと進入し、菓子パンコーナーへと急ぎ向かうと、
そこには、特売ワゴンがスタンバイしていることに気づきます。

そう云えば、“緑”では、週1日、
菓子パンの100円特売
を行っていることを、
いまさらながら、思い出す独身です。

と云うのも、独身の中で、特売と云うと、
黄色のお店”と“オレンジのスーパー”が、
もっとも重要な地位を(?)占めているので、
“緑”のことなど、すっかり忘れ去っていたのです、、。

独身、うっかりにもホドがあるってもんです、、。

特売大好物であるはずが、その特売をシカトしていただなんて、
なっんてうっかりな独身なんでしょうっ、、。

と云うわけで、さっそく特売から捜索することにします。

すると、ワゴンには、ずっと独身がお気にかけている、
ある蒸しパンが参戦しているところを発見ですっ。

それは、神戸屋の“もちもち工房むしぱんシリーズ”です。

2月に、“、、ミルク棒”を頂いたのですが、
生地の食感、お味ともに、かなりの実力派っぷりに、
独身、すっかり“もちもち工房、、”のトリコとなっています。

それ以前には、“たまご棒”と“キャラメル棒”が登場しているのですが、
そのときは、なんとなく気にかかってはいたのですが、
実際にハンティングするには至っていません。

しかし、“ミルク棒”が、かなりの優秀蒸しパンであることが判明した以上、
同シリーズの、“たまご棒”と“キャラメル棒”を、シカトするわけにはいきませんっ。

と云うわけで、今月の新作を、ひと通り、
ハンティングしおわったことを見計らって、
残りの“もちもち工房、、”を再捜索しようと、
しかとこころに決めていたのですが、まさか、
ここにきて、“緑”の100円特売で3種と再会しようとは、
流石の“カンチ”だって、ちろっとも妄想していなかったでしょう(?)。

カンチ”の奥さんとなった“サトミちゃん”は、
気を利かせて、“リカ”とふたりきりにしてくれましたが、
独身に至っては、“もちもち工房、、”をワシづかみさせようとさせない、
ある蒸しパンがあるのです、、。

それは、木村屋の“アーモンドメープルむしケーキ”です。

“もちもち工房、、”3種と再会したあと、独身は、
とりあえず、木村屋の専用コーナーの状況も、
しかと把握しておこうと、特売ワゴンから、
木村屋コーナーへと移動します。

するとそこには、ずっとハンティングリスト入りをしている、
“アーモンドメープル、、”が、とうとう、
おつとめ”しているではありませんかっ!

いまのいままで、ずっと独身のこころを誘惑していた“アーモンド、、”ですが、
定価すえおきだったことで、あえなく(?)シカトされ続けてきた蒸しパンです。

しかし、何度目かの再会で、ようやっと“おつとめ”と遭遇ですっ。

ところが、なんとも皮肉なことに、この日の独身には、
“もちもち工房、、”と云う、これまた、
ずっとリスト入りをしている蒸しパンと再会しています、、。

しかも、“アーモンド、、”が今月、
初登場するよりも、数ヶ月も前からです、、。

となれば、ここは、“もちもち、、”のほうを優先したくなるのですが、
ここで、またしても“アーモンド、、”をシカトすれば、
今度いつ、“おつとめ”のときにお目にかかれるか、
流石の“宮本亜門さん”だって、そんなこと知らないってもんです(?)。

特売大好物の独身としては、こんなに己好みの菓子パンに出逢えて、
“お昼やすみ”よろしく(?)、うきうきハンティング、
といきたいところですが、独身は、“1日1菓子パン”と云う、
マニフェストをしかと掲げていることもあって、ここで、
あっちこっちの蒸しパンをいちどにハンティングすることは出来ません、、。

と云うことで、“もちもち工房、、”2種と、
“アーモンドメープル、、”の中から、
どれかひとつを選択しなければなりません。

世に登場している順番から云えば、
“もちもち、、”から優先すべきで、
さっさとハンティングしなければ、廃盤になってしまうことも妄想されます。

そこで、“たまご棒”をワシづかみしてみるのですが、
いざ、決定しようとすると、今度は、
“アーモンド、、”の存在が気にかかってしまいます、、。

もし、“アーモンド、、”が“おつとめ”でなければ、
さっさと“たまご棒”に決めているのですが、これも、
一種の、運命のいたずらってやつなのでしょうか、、。

特売ワゴンと、木村屋コーナーを、さんざ、
行ったり来たりしてみた結果、最終的に、独身は、
アーモンドメープルむしケーキ”をハンティングすることに決定します。

“もちもち工房、、”も、かなり気になるところですが、
ここは、新しもの好きの独身としては、
“アーモンド、、”を優先させてみることにします。

とは云え、これも“となりの晩ご飯”、ではなく(?)、
となりの芝生、、”ってやつで、“アーモンド、、”に決めたとは云え、
やはり、“もちもち工房、、”の存在が、こころに居残りしています。

いいとも青年隊”が、“いいとも少女隊”に替わっても、
独身の優柔不断っぷりは、相も変わらずのようです、、。

それでも、“タモさん”なら、こんな独身を、
アッコさん”よろしく(?)、笑って許してくれることでしょう(?)。

木村屋--アーモンドメープルむしケーキ。


メープルのほのかな甘味とアーモンドのコクが調和した
 しっとりとした味わいのむしケーキです
。”

と云うわけで、木村屋の今月の新作、
“アーモンドメープルむしケーキ
”です。

さっそく生地に喰らいついてみると、
ふにっと、もふっと、なかなかやわらか~な食感であることがわかります。

いい意味で、腰抜けと云った雰囲気で、
ふっくらと、空気を満載に取り込んでいる生地になっています。

キメをしかと見つめてみると、ふつふつっと、
わりと気泡があっちこっちに見受けられます。

これが、ふにっと、やわらかで、
もふっと空気感を放っている要因となっていると、
勝手に妄想します。

気泡があると、キメが荒くれ者ではと、
思わず心配してしまうところですが、
この生地に至っては、まったく荒くれな節はありません。

キメがぴっとりと密着してくるような、
水分しっとりタイプの生地ではなく、
どちらかと云うと、はっさり、と云うか、
いい意味で、ぱさっと、水分が適度に抜けています。

蒸しパンの中には、じっとりと水分が満載で、
お口に吸い付かんばかりの、ぴっとりっぷりを発揮してくれるものもありますが、
この生地の場合は、ぎりぎりのところまで、よぶんな水分が抜けていて、
その分、キメ自体が、がしっと、と云うか、腰が入っているように感じます。

全体的には、気泡があるので、ふにっとやわらかになっているのですが、
しかと生地のコンディションを確認してみると、実は、
芯のある、骨太タイプ(?)であることがわかります。

そのため、はじめは、ふにっとした食感なのですが、
もぐもぐしてみると、蒸しパンのわりには、
若々しいお肌のような、はりっとハリを持ち合わせていることに気づきます。

これは、もしかしたら、この生地が、
“おつとめ品”であるがゆえ、骨太になっている可能性もあります。

しかし、この生地に限っては、
“おつとめ”であることが幸いしているのかもしれません。

それとは裏腹に、先日頂いた、“木村屋の白小豆あんぱん”は、
“おつとめ”が生地と白あんに、悪影響を与えていたこともあって、
この“アーモンド、、”を実際に頂くまで、
かなり不安なこころ持ちでいたことは、否定出来ません。

ところが、そんな独身の不安を、
この“アーモンド、、”の生地は、ささっと一蹴してくれていますっ。

これには、流石の“翼くん”だって、
独身に向けて、“ドライブシュート”を放ってくれるってもんです(?)。

木村屋--アーモンドメープルむしケーキ。


生地のお味ですが、まず、生地をお鼻に接近させると、
ぼふんっと、アーモンドの香ばしい香りが突撃してきます。

そして、そのまま生地に喰らいつくと、香りそのままの勢いで、
アーモンドの甘味と香ばしさが、お口満載に広がっていきますっ。

アーモンド、と云うか、アーモンドを、
お砂糖のシロップで煮からめてみた、と云った雰囲気です。

そこに、あとからメープルの甘味とコクが、
じゅわじゅわっと参戦してきますっ。

そして、最後に、たまごのまろやかな甘味が、
アーモンドとメープルを丸め込んで、ひとつの旨味にまとめあげてくれますっ。

どちらかと云うと、メープルよりアーモンドのほうが勢いがあって、
メープルは、お味、と云うより、甘味とコクを付け足ししているようです。

しかし、アーモンドとメープルと云う、
いずれも個性的で、お味が強い素材なので、
それがガチンコするとなると、いずれかが抹殺されてしまうのではと、
思わず妄想してしまうのですが、この生地の場合は、
いい意味で、メープルが一歩、さがっていると云った雰囲気です。

お味こそ、アーモンドほどの存在感はありませんが、
その代わり、なのか、しかと甘味とコクで、
己の存在を主張してくれています。

一方のたまごも、アーモンドとメープルと云う、
いささか、どしっとした、重い甘味とは相反する、
ほふんっと、やわらかな甘味で、両者を包み込んでいます。

そして、たまごのコクで、最後をぐっと占めてくれる、と云うわけですっ。

和泉元彌ファミリー”よろしく(?)、
なんともゆかいで、まとまりのある、アーモンドとメープルとたまごです(?)。

木村屋--アーモンドメープルむしケーキ。


生地の残りは、軽くレンジで15秒ほど、チンしてみることにします。

すると、生地は、より、ふんわり感が増して
キメの、はさっとしたハリも、ふにっと、やわらかくなっています。

蒸したての、ほわほわ感が満載なのですが、
独身的には、常温の、はりっとした食感がお好みです。

お味のほうは、アーモンドがとってもまろやかで、
丸~くなっているように感じます。

常温のときは、どんっと勢いがあったのですが、
チンしたことで、その勢いが弱々しくなっているようです。

メープルの甘味とコクも、やわらか、と云うか、
なんだかあいまいになって、はっきりとした主張が感じられません、、。

チンする前は、常温でも、重々、満足出来るお味なので、
このまま、全部、常温のまま、喰らってしまおうかと思っていたのですが、
独身は、欲張りなおんなゆえ、より、おいしく変化させてみたいと、
つい、レンジでチンで、まい進してしまいました、、。

しかし、その、変化させてみたいと云う、貪欲なこころ持ちが、
どうやら、今回は、それが裏目と出てしまった模様です、、。

これには、流石の“タモさん”でなくたって、
“いいとも”のオープニングの歌が、微妙~に変調していることに、
思わず、違和感を抱いてしまうってもんです(?)。

しかし、この“アーモンドメープルむしケーキ”が、
かなりの実力派であることと、“タモさん”の笑いには、
なんら変わりがないことは、確かなことです。

木村屋
アーモンドメープルむしケーキ

購入価格:113円/定価:126円。

栄養成分表(1個あたり):
エネルギー:387kcаl
たんぱく質:6.0g
脂質:16.6g
炭水化物:53.5g
ナトリウム:191mg

独身評価:★★★★☆(4.5)

(木村屋の菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ: 蒸しパン, アーモンド, メープル,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック ブルーベリー&マーガリン。  | home |  Pasco--宇治抹茶あんぱん。