FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年04月17日[Thu]

神戸屋--ブルーベリー&ヨーグルトフランス。

神戸屋--ブルーベリー&ヨーグルトフランス。


神戸屋、4月の新作の“フランスシリーズ”ッ!
ときどき、気まぐれに参戦してくるのが、“タマ”の役割ってもんです。

(“のっぽパン”、4月26日の復活まで、あと日っ


♪広っ告~ぅ、し~んじ(信じ)ちゃぁ、いっけないっよっ!
 どっくしん(独身)~っ、こっころ(心)は~ぁ、わっくわく~っさっ!
 いっつでも~ぉ、ナ~イスなパンを喰~いっ、
 満腹なるが嬉しいさ~~ぁっ!

 嗚呼っ、今日も行く~ぅっ、
 嗚呼っ、“みっどり(緑)”行く~ぅっ、
 狙いのパンは~ぁ、神戸屋、だけな~の~ぉっ、

 嗚呼っ、こっの日だっけ~ぇっ、
 いえっ、日曜まで~ぇっ、
 神戸屋の、特売の日~~ぃっ!♪

ウブなこころの持ち主(?)、“山本リンダさん”曰く、
うさわを信じちゃいけないよ”ならば、この日の独身は、
緑のスーパー”の広告に、半信半疑のこころ持ちで、
ハンティングに向かうってもんです。

毎朝、独身は、新聞と朝の情報番組を、
交互にちろちろっとながめつつ、
朝ごはんを頂くことを習慣としています。

いささか、お行儀がよろしくないのですが、
独身にとって、朝と云うのは、朝ごはんを頂くよりも、
お顔のメンテナンス(!)に時間をかけるほうが大切なので、
どうしても、朝ごはんの時間を短縮せざるを得ないわけです。

そのために、ごはんをもぐもぐするのと同時進行で、
新聞とテレビをちろ観、しているのですが、シメ、
と云うわけでもないのですが、最後に、
広告に目を光らせるようにしています。

化粧品やら、パチンコやらの広告を、
つぎつぎに、ぺろぺろっと、めくっていくと、
独身の視界に、あるスーパーの特売情報が飛び込んできます。

それは、“緑のスーパー”の、神戸屋の菓子パン特売情報ですっ。

“緑”は、ふだん、さほど情熱的に、
神戸屋の菓子パンをスタンバイさせているわけではないのですが、
ときおり、“丹念熟成シリーズ”や、独身びいきの、
フランスシリーズ”を特売することがあります。

“フランスシリーズ”と云えば、独身が菓子パン生活に突入してから、
新作が登場するたびに、毎度、ハンティングしている、
おなじみのシリーズ菓子パンなのですが、以前ほど、
あっちこっちのお店で、姿をお見受けすることはありません。

それまでは、わりと、どこのお店でも、
“フランス、、”をスタンバイせていたのですが、
どういうわけか、気づいたら、“”と“おいものスーパー”の、
たった2軒ぽっきりが、不定期的に特売をするだけになっています。

これは、“フランス、、”びいきの独身としては、
かなりの痛手と云えます、、。

流石のおフランス好きの“イヤミ”だって、
この現状に、例のごとく、
「しぇ~~っ!」
と、驚愕してしまうってもんです(?)。

と云うわけで、ここのところの独身は、
“フランス、、”と云えば、“ナポレオン・ボナパルト”、
ではなく(?)、“緑”と“おいも”にお世話になっています。

しかし、2軒ともに、
“フランス、、”を常駐(?)させているわけではないので、
新作が登場したとしても、必ずしも、ハンティング出来る、
と云う保障はどこにもありません。

無情にも、シカトされる可能性だって、重々、考えられるのです。

いち、消費者に過ぎない独身に出来る、唯一のことと云えば、
新作が出る月は、ひんぱんに、2軒のお店を偵察することだけ、です。

と云うわけで、今月の新作、
ブルーベリー&ヨーグルト”が登場すると知った独身は、
週に2~3ほど、“緑”へ参上し、様子をうかがっていたのです。

そんな独身のもとに、この日、
なんともありがたい情報が舞い込んできますっ。

それが、この日の“緑”の広告ですっ。

半分、テレビにうつつを抜かしつつも、
ささっと広告に目を通すと、そこには、しかと、
神戸屋の菓子パンが、88円で特売されると書かれていることに気づきますっ。

しかも、じ~ぃっと見つめてみると、そこには、
“フランス、、”数種と、これまた、独身びいきの、
懐かしロールシリーズ”の写真が載っかっているではありませんかっ!

これには独身、思わず広告をワシづかみにして、
ガン見、してしまいますっ。

と、独身の視界に、まっさきに突入してくるのは、
懐かしロール 練乳シュガー”です。

この“、、練乳シュガー”は、とうのとっくに、
世に登場しているのですが、いまだ、独身は、
ランデブーするまでには至っていません。

独身が、“、、練乳、、”の存在を知ったのは、
つい先日のことで、そのときは、思わず新作だと思い込んでしまったくらいです。

しかし、独身の記憶が確かならば、神戸屋の先月の新作情報には、
“、、練乳、、”のことなど、ちろっとも載っかっていません。

と云うことは、“、、練乳、、”は、新作なんぞではなく、
以前から、菓子パン界に存在していることが妄想されます。

とは云え、独身にとっては、
はじめてお目にかかるのだから、ある意味、新作と云えます。

と云うわけで、“、、練乳、、”は、即刻、
独身のハンティングリスト入りをすることになったのですが、
いまのいままで、ずっと、ほかの新作を優先していため、
なかなかハンティングする機会に恵まれず、いまにいたっています。

今月の新作、と云うわけではないものの、
ずっと、気にかけていた“、、練乳、、”だけに、
この特売情報を、うかうかっとシカトすることは出来ません。

そこで、この日のターゲットは、
“、、練乳、、”と、ささっと決定されますっ。

と、ここで、独身、さらに、特売情報の写真をゴン見、してみると、
いちばん奥~に、新作の“ブルーベリー&ヨーグルト”が参戦していることに、
ようやっと気づきますっ。

いかんせん、独身の朝は、新聞やら、テレビやら、
朝ごはんやらで、いそいそっと忙しいので(?)、
ときおり、いずれかの行為が、注意散漫になってしまいます。

そのため、うっかり朝ごはんをこぼすと云う、
そそうをしでかすことは、半ば、日常茶飯事となっています。

しかし、肝心な菓子パンの情報だけは、シカトしないよう、
広告を見つめているときだけは、広告だけにフォーカスするようにしています。

ところが、この日は、まっさきに“、、練乳シュガー”が舞い込んできたため、
うっかり、“ブルーベリー&、、”をシカトするところでしたっ、、。

いずれも、独身のハンティングリスト入りを果たしているターゲットなだけに、
どちらか一方を選択すると云うのは、なんともこころ苦しいところです、、。

と、ここで、広告の上のほうに視線を移してみると、
そこには、なっ、なんとっ、神戸屋の特売が、
日曜まで開催されると書かれているではありませんかっ。

と云うことは、どちらかを選択したとしても、
まだまだ、残りの一方と、特売として、
再会出来るチャンスがある、と云うわけですっ。

これには独身、朝から血糖値がぐいんっと、
急上昇するようなこころ持ちになるってもんですっ。

つい先ほどは、“、、練乳シュガー”をターゲットに決めたばかりですが、
ここは、新しもの好きの独身としては、今月の新作である、
ブルーベリー&、、”を優先させることにします。

と、ここで、神戸屋の特売菓子パンの、
集合写真の下のあたりに視線を移してみると、
そこには、注意書きとして、
店舗によって取り扱う商品が異なります
と書かれていることに気づきますっ、、。

と云うことは、つまり、広告に載っかっている、
すべての菓子パンたちが、“緑”にスタンバイしている、
と云う可能性が100%、とは云えないのですっ、、。

もしかしたら、“ブルーベリー&、、”も“、、練乳、、”も、
双方ともに、欠席していることも、重々、妄想されます、、。

これには、独身、福田内閣の支持率よろしく、
血糖値が急降下するこころ持ちになります、、。

独身としては、是非とも、
“ブルーベリー&、、”とお目にかかりたいのですが、
“リンダさん”よろしく(?)、ウブなこころ持ちでなくたって、
広告をまるっと信じることは、なかなか出来ません、、。

やはり、欠席していたときに受ける哀しみのことを妄想すると、
さきほどのような、情熱的なこころ持ちには、そうそう、なれません、、。

せめてでも、“、、練乳、、”があれば、と云う期待を抱き、
さっそく“緑”へと向けて、出発する気弱な独身です。

さっそくお店に到着し、半信半疑なまま、
菓子パンコーナーへと突き進むと、いつも、
“フランス、、”が特売されている棚に、
別の菓子パンが盛られていることに気づきます、、。

さらに、その先の特売ワゴンには、“フランス、、”ではなく、
おつとめ品”の菓子パンが盛られていることに気づきます、、。

これは、“大改造!!劇的ビフォーアフター”でおなじみ、
加藤みどりさん”でなくたって、
「なんって云うことでしょう~ぉっ。」
と、思わず驚愕してしまわれるってもんです、、(?)。

朝の広告には、
“店舗によって取り扱う商品が異なります”
とは書かれていましたが、まるっきし、すべて取り扱っていない、
とは書かれていません、、。

しかし、この日の“緑”には、特売であるはずの“フランス、、”も、
“懐かしロール、、”も、まったく存在していません、、。

これには独身、思わず呆然っとしてしまいます、、。

“リンダさん”よろしく、広告を信じちゃいけないよと、
暴走しがちな己に、くぎをうったつもりでしたが、
特売自体が存在していないとなると、流石の“リンダさん”だって、
困っちゃう”、どころの騒ぎでは済まされないってもんです、、(?)。

と、ここで、“おつとめ品”のワゴンを右に曲がり、
別の菓子パンコーナーにも、捜索の手を伸ばしてみると、
コーナーの端っこのほうに、もうひとつ、ワゴンが設置されていることに気づきます。

ささっと接近してみると、そこには、しかと、
フランス、、”と“懐かしロール”が盛られているではありませんかっ、、!

いつもの“フランス、、”の特売は、
特別ワゴン、ではなく、通常の菓子パンの棚に盛られているのですが、
この日は、2種特売と云うこともあってか、別の一画にワゴンが用意されています。

さらには、菓子パンコーナーから、いささか隔離されたところに、
ぽつっと、ワゴンが置かれているので、独身、
なかなか発見することが出来ず、独り、勝手に落胆していました、、。

まさに、はやとちりってやつです、、。

いずれにせよ、無事、“ブルーベリー&、、”と、
“、、練乳シュガー”にお目にかかることがかなった独身です。

この日は、朝から広告の情報に翻弄(?)され、
ついでに、“緑”の特売ワゴンにも振り回されると云う、
リンダさん”の激しいダンスよろしく(?)、
一喜一憂激しいハンティングとなってしまいましたが、
まあ、これも、“終わりよければ”と云うことで、
ぱ~ぁっと、“ブルーベリー&、、”を狙い撃ち、する独身です。

まさに、独身のハンティングに対する貪欲っぷりは、
もう、どうにもノンストップってやつです(?)。

神戸屋--ブルーベリー&ヨーグルトフランス。


ブルーベリージャムとヨーグルトクリーム。
 2種類の味わいをお楽しみください
。”

と云うわけで、神戸屋の今月の新作、
“ブルーベリー&ヨーグルトフランス
”です。

いまのいままで、“フランスシリーズ”は、
練乳フランス”、
ホワイトチョコフランス”、
チョコフランス”、
いちご&ホイップフランス”、
ブルーベリーフランス”、
夕張メロンフランス”、
クッキクリームフランス”、
アーモンドフランス”、
宇治抹茶&ホイップフランス”、
りんご&ヨーグルトフランス”、
カスタードフランス”、
和栗&ホイップフランス”、
いちごみるくフランス”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、
はじめは、ふわっと、ほわっと、軽やかな食感が伝わってきます。

しかし、すぐさま、もぐもぐっとすると、
いつもの“フランス、、”のように、ぐぐっと云う、
噛み応えのある生地であることがわかります。

いまのいままでの生地は、わりと、終始、
ほぐほぐっと噛み応えを感じていたのですが、
この生地の場合は、強さと軽やかさの両方を秘めているようです。

そして、そのままもぐもぐを繰り返していくと、
今度は、する~っと、とろける、と云うか、
ゆるやかに消えていくことに気づきますっ。

いつのまにか、お口の中で、まるで、
生地が消滅していくように、さら~っと、とけていくのですっ。

とろける、と云うのも、適切な表現ではないのですが、
とにかく、ゆっくりと生地がなくなっていくのです。

いまのいままで、“フランス、、”の生地に、
このような現象はなかったので、独身、
思わずなんども生地をもぐもぐして、確認してしまいます。

なかなかの新食感で、ゆかいなとろけっぷりですっ。

生地の周囲は、わりと、がしっと、ぎしっと、
ヒキのような強さを感じるのですが、内側は、
わりと気泡も多めで、キメもやわらかなので、
ほふんっと、軽やかになっています。

まさに、“武蔵”よろしくの(?)、
二刀流”な食感の生地になっていますっ。

独身は、いささか“顎関節症”の節があるので、
ここのところ、フランスと名乗る菓子パンは、シカトするようにしています。

ソフトフランスであろうと、セミフランスであろうと、
フランスである限り、独身がハンティングすることはありません。

一方で、この神戸屋の“フランスシリーズ”は、
フランスと云うわりには、コッペパンに近い食感なこともあって、
独身の弱気なアゴでも、容易にもぐもぐすることが出来ます。

しかし、今回の生地は、いままでよりも、ふんわり度が増して、
さらには、ささ~っととけると云う、新食感も参戦しているので、
益々もぐもぐしやすくなっていますっ。

マスオさん”とおんなじくらい、ご親切な生地です(?)。

生地のお味は、ほふんっと、
素朴な小麦のお味がお口に広がります。

いい意味で、素っ気ない、と云うか、
あっさり、さらっとした小麦で、あれこれっと、
試行錯誤する、と云うより、最低限の材料でまい進しますよ、
と云った雰囲気のお味です。

あとから、軽やかに塩っ気が参戦してきて、
ごっくんしたあと、このお塩がお口に居残りしていることに気づきます。

メインと云うほどの、あからさまな強さはないものの、
さりげなく、やわらかく塩っ気を放っていながらも、
確実に、塩の役割を果たしている、と云った雰囲気です。

ふだんは、さほど存在感はないものの、
確実に、重要なポストを担っている、
“サザエさん家”の“タマ”のようなものです(?)。

神戸屋--ブルーベリー&ヨーグルトフランス。
(↑マウスオンで、中のジャムとクリームをガン見、出来ますよ。)

生地の中には、ブルーベリージャムと、
ヨーグルトフィリングがサンドされています。

まずは、ブルーベリージャムからですが、
わりと、じゅるっと、ゆるやかで、軽やかなとろみのあるジャムです。

しかとお口にすると、ぺっとんっと、
軽くまとまりついてくるような、水あめのねばりがあるのですが、
“地獄の果てまでついてくる、さそり座のおんな”のような(?)、
重々しいねばりではありません。

さらには、果肉、果汁度満載、と云うわけではなく、
どちらかと云うと、水あめ(お砂糖)の割り合いのほうが強気な印象です。

お味のほうも、ブルーベリーよりも、甘味のほうが幅を利かせていて、
終始、じゅわじゅわっと、軽く刺すような甘味を放ってくれます。

ジャムをしかと見つめてみると、ブルーベリーの種や皮が、
ぷつぷつっと見受けられるのですが、独身が妄想していたよりも、
ずいぶんっと弱気なブルーベリーのようです。

甘味の中に、ちょっとお邪魔しますよ、
と云った感じで、ブルーベリーが参戦してきます。

決して、“サザエさん”のバーゲンのシーンのような、
情熱的なパワーを持ち合わせたブルーベリーではありません(?)。

まさに、“マスオさん”のごとく、
さりげなく、そして、巧みに(?)、甘味の中に入り込んできます。

そうすると、ブルーベリーは、甘味をお邪魔することなく、
つんつんっと、酸味を放ってくれます。

しかし、あくまでも、甘味に遠慮しているので、
決して、己がメインを張ろうとすることはありません。

メインであすはずが、すっかり甘味におかぶを奪われている感がありますが、
これも、いい意味で、チープな甘味、と云うか、どこにでもあるような、
お手頃なブルーベリージャムと云った雰囲気なので、独身にとっては、
わりと、すんなりとなじんでしまいます。

“ミシュラン”の3つ星レストランに行くよりも、
ダシと甘味がしかと効いた、おいしいたまご焼き定食を出してくれる、
ご近所のごはん屋さんに行きたい、そんな感じでしょうか(?)。
(これを人は、強がりと云う、、。)

神戸屋--ブルーベリー&ヨーグルトフランス。


ヨーグルトフィリングは、とろ~んっと、
ゆるやかで、やわらかな口あたりになっています。

お口にすると、すぐに、てろんっと、とろけていきます。

つるつるっと、のあるクリームなので、
若干、油膜のようなものを感じるのですが、
別段、ぬるぬるっと云う油分があるわけではありません。

お味は、ヨーグルト、と云うより、
明治の“ヨーグレット”を妄想とさせる、
駄菓子のようなヨーグルト風味です。

じゅわじゅわっ、じょわじょわっと、
泡のごとく、酸味がどんどんっと強気に登場してきます。

クリーミーなお味を持ちつつも、しかと酸味もかねそなえています。

これが、ブルーベリージャムと相成ると、
ヨーグルトのじょわじょわの酸味が、
ジャムの強気な甘味を、うまいこと、緩和してくれています。

ヨーグルトフィリングにも、いい意味で、
駄菓子のような甘味があるので、ここでも、
さほどブルーベリーがメインを張る様子はありません。

毎度、集合写真は、後ろのほうに、ちまっと写っている、
と云った感じで、なんとか、お味を放っているようです。

そう云った意味では、ブルーベリー感が弱く
なんだか物足りない、と云うか、“タマ”の登場しない“サザエさん”、
と云った印象ですが(?)、駄菓子好きの独身としては、
生地のとろけるような食感と、このヨーグルトフィリングのお味がお好みなので、
別段、“波平さん”のように、激怒するほどではありません(?)。

ヨーグルトとジャムの甘味、ときどきブルーベリー
そんな感じです。

それでも、ブルーベリーと“タマ”は、
気まぐれでも、ときどき登場してくれれば、
独身としては、まるっと納得です。

神戸屋
ブルーベリー&ヨーグルトフランス

購入価格:88円/定価:105円。

栄養成分表示(1個当りのめやす):
エネルギー:373kcаl
たん白質:7.1g
脂質:14.1g
炭水化物:54.5g
ナトリウム:156g

独身評価:★★★☆☆(3.5)

(神戸屋の菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ: フランスシリーズ, ブルーベリー, ヨーグルト, ジャム,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME