FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年04月28日[Mon]

新・旧“のっぽパン”の比較。

新・旧“のっぽパン”の比較。

新・旧“のっぽパン”の比較。


さて、先日の26日に、およそ9ヶ月振りのおやすみから、
無事、カムバックしてくれた、静岡県民のこころのオアシス、
のっぽ”ですが、さっそく、新、旧の“のっぽ”を、
勝手に比較させて頂きたいと思います。
まず、外見からですが、これは、ちゃっと見ただけで、
ざっと一新していることが、まざまざっとわかります、

いまのいままでは、生誕の地、沼津の工場で生まれていたこともあり、
袋がしかと、密閉された状態になっていますが、新“のっぽ”は、
生地を沼津で、クリームは、専門店で従業員さんが、ひとつ、ひとつ、
手作業でブッこんでくださっています。

つまり、“東京生まれ、ヒップホップ育ち”よろしく(?)、
沼津生まれ、静岡育ち”みたいなものです(?)。

ちなみに、25日(金)の“静岡新聞”の、
“のっぽ”の特集記事によれば、工場にあった、
クリームをブッこむ機械は、すでに廃棄してしまったそうです。

そのため、従業員さんが、闘魂込めて、
仕上げをしてくださるわけですが、30年前の誕生時は、
やはり、手作業だったので、従業員さんは、けんしょう炎になってしまったそうです。

新“のっぽ”は、30年前とおなじく、
従業員さんの愛もブッこまれていると云うわけですっ。

その、新ですが、いまのいままでのような、
工場育ちではないので、金のアルミの針金(?)のようなもので、
ぎゅぎゅっと袋口をラッピングされています。

そのあたりが、ベーカリー育ちと云った雰囲気をほうふつとしていますっ。

ふだんは、穴の開いた靴下で、平気で闊歩しているのに、
いきなりスーツでぴしっとキメられると、なんだか、
急に大人びて見える、そんな感じでしょうか(?)。

藤岡弘さん”と“藤岡弘、(←点)さん”とでは、
いささか印象が異なるように(?)、袋が一新しただけで、
いささか小洒落た“のっぽ”に見えてしまいますっ。

新・旧“のっぽパン”の比較。

新・旧“のっぽパン”の比較。


のっぽキリン”の背後を見つめてみると、
そこには、白く枠取られた、白の“のっぽキリン”が、
守護例のごとく(?)、ふぉわんっと参戦しています。

このへんも、ハイカラナウい~雰囲気をかもし出していますっ。

思わず、青山あたりでお買い物をした奥さまが、
セロリと、この新“のっぽ”が、ちろっとはみ出た紙袋を、
両手に抱えて、その横には、毛並のよろしいゴールデンレトリーバーをお供して、
さっそうっと闊歩している光景を妄想してしまいます(?)。

新・旧“のっぽパン”の比較。

新・旧“のっぽパン”の比較。


原材料を比較してみると、
“小麦、ファットスプレッド、砂糖、
 ショートニング、パン酵母、食塩、、”
と、ほとんど変わりはないようです。

製造方法が変わっても、材料は以前のまま、と云うことですっ。

新・旧“のっぽパン”の比較。

新・旧“のっぽパン”の比較。


生地の長さですが、これは、“のっぽパン”の、
もっともおおきな特長とも云えます。

新の生地を計測してみると、
32cm、あることがわかります。

やはり、長さも、太さも、ほとんど変わりはありませんっ。

26日(土)の、“テレしず通り パロパロ”のコメンテーターのかたは、
レジ袋から飛び出ていると、それが宣伝効果になる。”
と、分析されています。

なるほどっ!と云った感じですっ。

しかし、いまのいままで、独身が目の当たりにしていた光景は、
透明のレジ袋の中で、“くの字”にされて、ぎゅぎゅっとブッこまれている、
無残なお姿の“のっぽ”がほとんどです、、。

せめて、袋の奥~、ではなく、重力がかからない、
上のほうに、静かに寝かせて頂きたいと、独身、
常々、こころ内で訴えていたのですが、やはり、
お忙しい主婦のかたは、そこまでご丁寧に袋詰めしている、
時間的余裕はないのでしょう。

しかし、今回、ベーカリーでの販売となったことで、
なっ、なんとっ、オリジナルの、“のっぽ色”の袋が頂けるのですっ。

新・旧“のっぽパン”の比較。


この、鮮やか~なのっぽオレンジは、いささか度が合っていない、
独身めがねでも、ささっと“のっぽ”だと認識することが出来ますっ。

しかも、袋の底辺は、ロングな“のっぽ”のボディに、
しかと合ったサイズとなっていますっ。

さらには、かなり厚めのビニール素材となっているので、
耐久性がありそうなので、今後のハンティングの際には、
しかと袋をお供させて、なんども再利用することが出来ます。

独身は、以前から、ノーレジ袋宣言をするおんなですが、
やはり、“のっぽ”であっても、エコなおんなでありたいものです。

ノーレジ袋宣言をしたら、ポイントカードに、
“のっぽ”のはんこを押してもらえて、そのポイントがたまったら、
オリジナルの“のっぽ”グッズがもられる、なんて制度があったらステキです。

新・旧“のっぽパン”の比較。
↑独身、渾身の作の、オリジナル“消しゴムのっぽはんこ”。

さて、いまのいままでの“のっぽパン”には、
それぞれのお味に合わせて、“のっぽキリン”がコスプレをご披露してくれています。

新のほうは、菓子パン部門に加え、
デザートとサンドウィッチ部門も参戦し、
さらには、数も、もりっと増えたこともあってか、
“のっぽキリン”は、元祖の“クリーム”のものと共通となっています。

新・旧“のっぽパン”の比較。
↑旧の“クリーム”と、引退前の、最後の期間限定の“マンゴーのっぽ”。

この元祖が、むかしからの“のっぽキリン”なわけですが、
独身は、毎度、新作が登場するたびに、いったい、
どんなコスプレっぷりを見せつけれくれるものかと、
こころ待ちにしていたので、今後、それが拝めないとなると、
いささか哀しいものがありますが、“のっぽ”が無事、
静岡にプレイ、ではなく(?)、カムバックしてくれただけでも、
感謝しなければなりませんっ。

やはり、9ヶ月ぶりの再会ともなると、
いまのいままで以上に、神聖な存在に感じてしまいますっ。

金の針金を、ねじねじっと開くときも、
なんだか、そ~ぉっと、赤子に触れるかのごとく、
指先が慎重になってしまいます。

いつもなら、貪欲の勢いそのまま、
生地にガッついているところですが、
なんだか、感無量で、なかなか喰らいつくことも出来ません。

まさに、感涙にむせぶってやつですっ、、!

昨年の引退宣言のときの、哀しみのなみだとは、
つのだひろさん”と、“つのだ☆ひろさん”よろしくの、
大違いってもんですっ(?)。

“のっぽ”には、これからも、ずっと、
独身を狂喜乱舞させてくれる、無二の存在であって頂きたいです。

のっぽパン--クリーム。
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: ご当地グルメ,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

製造終了した「のっぽパン」が復活 from 白いツバサ@cocolog
「のっぽパン」はエヌビーエス(創業:昭和24年→ヌマヅベーカリーに改称:昭和29 ,,,Read More

2008年4月26日(土)~“のっぽパン”、復活の日。  | home |  新“のっぽ”の種類。