FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年05月04日[Sun]

のっぽパン--カマンベール。

のっぽパン--カマンベール。


“のっぽパン”の“カマンベール”ッ!
懐かしさで云えば、“サザエさん”といい勝負ですっ。
のっぽパン--カマンベール。


新たな“のっぽパン”の菓子パン部門には、
実に、数多のお味がスタンバイしていますが、
この“カマンベール”と云うのは、まったくの初顔合わせとなります。

どれもこれも、とっても魅力的で、すっかり選択に迷ってしまうところですが、
ここは、まだ、見知らぬ、未知の“のっぽ”とランデブーすべく、
この“カマンベール”をお持ち帰りすることに決定ですっ。

のっぽパン--カマンベール。


史上初の甘くないのっぽパン!
 チーズ味ののっぽは朝食にもピッタリ
!”

と云うわけで、
のっぽパン カマンベール”です。

(*生地の質、お味は、“クリームのっぽ”をご参照ください。)

生地をばっさっと開いてみると、中には、
カマンベールチーズクリームがはさみ込まれています。

クリームのっぽ”の場合は、ひとふで書きよろしく、
クリームが一直線に詰め込まれているのですが、
この“カマンベール”は、チーズと云うこともあってか、
りんごの皮むきの途中で、ちぎれてしまったかのごとく、
ところどころ、ぼふんっと途切れている個所が見受けられます。

このへんも、従業員さんの手作り感が、しかと、実感出来ますっ。

のっぽパン--カマンベール。


さっそくチーズフィリングに喰らいついてみると、
もったんっと、ねっとんっと、なかなか濃密~なクリームであることがわかります。

いい意味で、チーズのこてっとした重みを感じます。

お口にすると、上あごあたり、べべっとチーズがはりついてきます。

すると、チーズの塩っ気が、じょじょじょ~っと、
溢れんばかりの勢いで、味覚を刺激してきますっ。

しかし、生地ががしっと、びしっと噛み応えがあるので、
この塩っ気が、生地によって、若干、緩和されます。

塩っ気のあとは、クリーミーな、
まろやかなチーズ風味が、まったり~と登場してきます。

どこか、やわらかいミルクのような風味もありつつ、
しかとチーズのコクも感じますっ。

いい意味で、カマンベールくささがなく、
どちらかと云うと、給食のときに頂いた、
どうぶつチーズ”を妄想っとさせる、懐かしいお味です。

はじめて頂く“カマンベールのっぽ”なのに、
ふっと、懐かしさを感じます。

ほんとうは、24歳の若人なのに、むかし懐かしの、
その髪型から、ちっとも若人に見えない、
サザエさん”のようなものでしょうか(?)。

やはり、こどものころから、髪型が変わらないのが“サザエさん”なら、
新種のお味でも、こどものころから、変わらず、こころの友でいれくれるのが、
のっぽパン”ってもんですっ。

のっぽパン--カマンベール。


品名:カマンベールのっぽ。
値段:150円。

↓“チーズ系 旧のっぽ”はこちらっ↓
クリームチーズ(2005年4月 期間限定発売)
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: ご当地グルメ,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

“のっぽ”の列、“乙”になるっ、、!  | home |  のっぽパン--カスター&ホイップ。