FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年05月24日[Sat]

JUNOESQUE BAGEL--抹茶カフェラテアーモンド(5月限定)。

JUNOESQUE BAGEL--抹茶カフェラテアーモンド(5月限定)。

独身、初の“JUNOESQUE BAGEL”ッ!
5月限定の“抹茶カフェラテアーモンド”です。

流石の“ひろみ郷”も、 “サンバ”よろしく、小踊りしてしまうかっ。


♪この~日っ、どくし~ん(独身)~さんっ、
 ベ~グルッ、ハンテ~ィン~グッ、
 はじめってぇ、“ジ~ュノ~エ~ス~ク、、”~~~ゥッ、
 しずおっか(静岡)、さ~ん~せ~ん(参戦)~だ~~ぁっ、

 こんげ~つ(今月)~のっ、げんて~い(限定)~はっ、
 抹~ぁ茶のっ、ベ~グルだっ、
 カフェラッテッ、ア~~モ~ン~ド~~~ォッ、
 お値段、200超え~~ぇっ!

 あらっ!ど~く~しん(独身)っ、お待ちな~さいっ、
 商~品っ、お忘~れ~よっ、
 うっか~り~、ど~く~し~ん(独身)~は~~~ぁっ、
 商品、受~け~取~ら~ず~~~ぅっ♪

森のくまさん”が、ふっと森に迷い込んだおじょうさんの忘れ物を、
お届けしてくれるのなら、この日の独身は、はじめてのハンティングとなる、
JUNOESQUE BAGEL”で、うっかり肝心な商品を忘れてしまうってもんです、、。

独身の生息している静岡に、
はじめて“BAGEL&BAGEL”が登場したのは、昨年の3月のことです。

元“西武百貨店”の跡地に、静岡人待望の“PARCO”が初参戦し、
その地下のスイーツ売り場に、“B&B”がやってきた、わけです。

いまのいままで、独身は、ベーグル専門店のベーグルを頂いたことがなく、
ほかのブロガーさんのサイトを、ある意味、羨望のまなざしで、ときおり、
よだれを垂らすようなこころ持ちで、拝見させて頂いたいたのです。

しかし、“B&B”が登場したと云うことは、
もう、ベーグルを妄想する必要はないのですっ。

これで、こころゆくまで、
しかとベーグルってやつを堪能することが出来るわけです。

はじめて頂くベーグルは、かなりぶいぶいっのハードな食感で、
独身の、弱々しいアゴは、すっかり疲労困憊してしまったのですが、
何度か逢瀬を重ねる(?)ことで、いまでは、なんとか、
仲良くやっている(?)、と云った感じです。

これも、云わゆる慣れってやつです。

さて、“B&B”が初登場して、早、1年が経過したわけで、
独身も、ベーグル初心者から、“芋洗坂係長”よろしく(?)、
ようやっと、中級くらいに昇進(?)です。

そうなると、“B&B”だけでなく、もっと、
そのほかのお店のベーグルにも挑戦してみたくなるのが、
喰いしん坊の独身の性ってやつです。

そんなとき、先月末に、静岡駅の東エリアの“食彩館”が、
ざざっとリニューアルオープンですっ。

もともとこのエリアには、静岡みやげや、スイーツ屋さん、
パン屋さんと、お野菜、お肉、お魚の専門店が参戦していたのですが、
どちらかと云うと、ほかの街から来たかた、ではなく、
地元の人が、帰宅ついでに利用する、と云った感じでした。

それが、今回のリニューアルで、地元の人はもちろん、
ほかから来たかたも、しかと静岡のおいしいものをたのしめるエリアに変化しています。

そこに、静岡初となる、“JUNOESQUE BAGEL”が登場と云うわけですっ。

まさに、ベーグル中級(?)の独身には、
ナイスタイミングです。

と云うわけで、この日の独身は、5月限定の、
“抹茶カフェラテアーモンド
”を狙い撃ちするため、
いざ、“食彩館”へと出発です。

つい先日、独身のハンティングのお供である愛チャリの、
後輪のタイヤが、長年の走行によって、すりすりに擦り切れて、
リタイヤ(!)することになりました。

いまのいままで、チューブのパンクは、何度かあったのですが、
今回は、タイヤ自体が疲労困憊していたわけです。

前回パンクしたとき、自転車屋さんのおっちゃんに、
「つぎ、パンクしたら、もう、タイヤ交換だね。」
と宣告されていたのですが、とうとう、その日がやって来たわけです。

1本4,000円と云う、なかなかのお値段ではありますが、
真新しいタイヤは、ぷっくりとハリがよろしいようで、
後輪が、軽く1cmほど、高くなったように感じられます。

独身は、己で云うのもナンですが、かなり、ものをたいせつ~に扱うので、
ざっと10年以上は使い込んでいるものもあったりします。

リタイヤしたタイヤも、もう、何年も独身にお供してくれたのですが、
やはり、すりすりに擦り切れた痕を目の当たりにすると、
(もっとご丁寧に乗って差し上げるべきだったなぁ、、。)
と、おサルの“太郎さん”よろしく(?)、反省する独身です。

まさに、
霊長類をなめるなっ!」
ってやつです(?)。

それ以来、ブレーキに手をかけるたびに、
タイヤのすりすりが思い出されて、いままで以上に、
慎重にブレーキをかけるよう、こころがけています。

さて、この日は、関東のほうで、ざっと夏日を記録しているようで、
独身の地元も、真夏よろしく、アスファルトから、
ぼふんっと熱気が盛り上がってくる、そんな熱々~なお天気です。

こんな日は、“ひょっとこ”覚悟で(?)、
しかと日焼け止めを塗る、のではなく、塗り込むことが肝要です。

独身は、1年中、日焼け止めにお世話になっているのですが、
やはり、3月下旬あたりからは、より、ご丁寧に日焼け対策をほどこしています。

いっそのこと、太陽と紫外線の意地悪を避けて生活したいのですが、
残念ながら、100%シカトして生活することは不可能です。

しかも、太陽の意地悪は、人だけでなく、
菓子パンにも悪さをしてくるのです。

これからの時期は、やはり、マイ保冷バッグに、
マイ保冷剤が必須です。

さて、ささっと駅に到着し、さっさと“食彩館”のほうへと向かうと、
なにやら、その手前で、電気かなにかの配線工事を行っているようです。

すると、ひとりの作業員さんが、
「なに、ぼうっとしてるんだよっ!
 さっさと、その線、繋げよっ!」
と、先輩作業員さんに叱られています。

独身は、小学生のとき、授業中、別段、ぼうっとしているわけでもないのですが、
どうやら、先生からは、ぼうっとしているように見えるようで、
「いまの、はにゃららくんの意見を、もういちど、云ってみなさい。」
と、いきなりご指名喰らった(?)ことがあります、、。

さらには、高校の生物の時間に、やはり、ぼうっとしていないのに、
いきなり名前を呼ばれ、理不尽なことを云われたことがあります、、。

作業員さんが叱られているところに遭遇し、
つい、過去の哀しい出来事をよみがえらせる、独身です、、。

軽く作業員さんに同情しつつ、独身は、
ささっと“JUNOESQUE BAGEL”へと突き進みます。

そして、ようやっと、“JUNOESQUE BAGEL”に到着ですっ。

とっても小ぶりなお店、と云うか、一画、と云った雰囲気ですが、
しかと、もりっとベーグル全種がスタンバイしていますっ。

やはり、おんなじベーグルとは云え、
“B&B”とは、一線を画しているようで、
いささかめずらしげなものも、見受けられます。

はじめての“JUNOESQUE、、”と云うことで、
高田純次さん”よろしく(?)、目玉をぎょろぎょろっとさせて、
あっちこっちのベーグルに魅せられてしまいますが、独身の狙うのは、
今月の限定、“抹茶カフェラテアーモンド”と、しかと決定されています。

しかし、そのおとなりにある、おなじく5月限定の、
バニラ”も気になるところです。

と、ここで、お値段表に視線を移してみると、“抹茶、、”が、
おひとつ、220円と書かれていることが判明ですっ、、!

(おぅっ、、!200円超えかっ、、!)

自転車のタイヤが、1本4,000円することにも驚愕しましたが、
この220円と云うお値段設定も、かなりの驚きです、、。

ここ最近、“B&B”も、147円から150円に値上がりしているのですが、
それでも、まあ、お求め安いお値段設定と云えます。

そのため、“JUNOESQUE BAGEL”も、
おんなじくらいのお値段と妄想していたのですが、
独身の妄想を、遥か~に超越し、ささっと200円超えを果たしてくれています、、。

これには、流石の“秀樹”だって、あまりの人の多さに、
渋谷でのイベントを、急遽、中止してしまうってもんです(?)。

いやっ、“秀樹”の場合、あのような事態になることは、
はじめから妄想していたようで、それをシカトして、
イベントを決行してしまうのは、いかがなものかと思われます。

その一方で、独身は、このような事態になるとは、
ちろっとも妄想していなかったので、200円超えには、
高田純次さん”よろしく(?)、目をぎょっ!と見開いてしまうってもんです、、(?)。

しかし、前日から、“JUNOESQUE、、”ハンティングをこころ待ちしていただけに、
ターゲットを目の前にして、ささっと退散するわけには、いきませんっ。

まさに、“久能山東照宮”の舞台から、飛び降りる覚悟で(?)、
220円の“抹茶カフェラテアーモンド”をワシづかみしますっ。

そして、そのままの勢いで、レジの店員さんにお渡ししますっ。

と、ふっと、レジ脇を見つめてみると、なにやら、
カードが置かれていることに気づきます。

(もしや、これは、お店のカードかっ。)

独身は、いろんなお店に行くと、その記念として、
お店の住所やら、地図やらが書かれたカードをお持ち帰りしています。

そのため、“JUNOESQUE、、”でも、
初ハンティングの記念として、1枚ほど、カードを頂くことにします。

ささっとカードにワシづかみして、
そのまま、すす~っと刺し抜くのですが、
独身の妄想と相反し、カードは、かなりロングであることが判明です。

(すいぶんっと長いカードだなぁ、、。)

ようやっと、べろんっとカードを取り出すと、
そこには、赤いハンコがぺったんこ、されていることに気づきます。

(もっ、もしやっ、これはっ、スタンプカードッ、、!)

どうやら、このカードは、お店の名刺、ではなく、
スタンプカードの模様です、、。

独身、こころ内では、あせあせっと、あせっています、、。

店員さんにしてみれば、
(おうおうっ!なに、勝手にスタンプカードを抜いているんだよっ。)
と、さぞ、ご立腹あそばされていることでしょう、、。

しかし、ここで独身が、あからさまに、
焦っていることをご披露すれば、益々羞恥心は盛り上がってしまいます。

ここは、あくまでも、冷静に、そして、
なにごともなかったかのように、すすっと、カードをもとに戻します。

店員さんも、別段、変わったご様子もなく、
すすっと、おつりを手渡してくれます。

そして、独身も、別段、変わった様を見せつけることなく、
ささっとお店から退散することにします。

と、ここで、店員さんが、
すかさず、独身にお声をかけてきますっ、、!

「お客さまっ!お品物のほう、お忘れですっ!」

(嗚呼っ、、!しまったっ、、!
 肝心な商品を受け取るのを忘れたよっ、、!)

やはり、あせあせの焦りのこころ内は、
ごまかしきれなかった模様です、、。

そうとは知らず、つい、スタンプカードを抜き取ってしまったことで、
そのうっかりを、さっさと忘れたいがために、一刻も早く、
お店から退散しようとしたのですが、そんなこころ内とは裏腹に、
益々、恥を重ねてしまったわけです、、。

これは、ごはんの上に、お海苔を乗っけて、
さらに、その上に、ごはんとお海苔を重ねるようなものです(?)。

海苔ごはんのダブルは、より、おいしい度がアップ、するのですが、
ネタ的には、この独身の、恥のダブルも、ある意味、おいしいってもんです。

しかし、ネタ的においしくても、いま、このとき、
店員さんに呼び止められる、この瞬間は、
おいしいもなにも、あったもんではありません、、。

「嗚呼っ、、!すっ、すみませんっ、、!」

つい、さきほどまで、あくまで、冷静に、
己のうっかりを、ひた隠しにしようと、努めてみたのですが、
とうとう、“ばけらった”、ではなく(?)、ばけの皮が、
べろんっとめくれ、動揺も、おおっぴろげ、です、、。

いま、思い返してみれば、しかとカードの入ったケースを見つめてみれば、
それが、名刺ではなく、スタンプカードであることは、あからさま、のように思えます、、。

さらには、カード入れは、お客から見て、
レジのすぐ手前、と云うより、いささか店員さん側に引っ込んでいます。

これらのことを、しかと考えれば、やはり、
これがお店の名刺ではないことは、すぐに察知出来るはず、です、、。

独身は、いまのいままで、己が、さほど、ぼうっとしているわけではない、
と思っていたのですが、やはり、先生の目は、節穴だったわけでないようです、、。

つい、さきほど、配線工事で、ぼうっとしていたがために、
先輩に叱られていた作業員さんに同情していたのですが、
他人さまを同情している場合ではないってもんです、、。

己の、ぼうっとっぷりが、この日、
ようやっと、判明したわけですが、このあと、
独身は、またしても、ぼうっとっぷりを発揮してくれるのです、、。

JUNOESQUE BAGEL--抹茶カフェラテアーモンド(5月限定)。

ほろ苦い抹茶がミルキーなキャラメルラテと出逢いました!!
 宇治抹茶の渋みをベースの味にして練乳、キャラメルチョコ、
 コーヒー粉末で深みを出し、アクセントにローストアーモンドで香ばしさをプラスしました
。”

と云うわけで、“JUNOESQUE BAGEL”の5月限定の、
“抹茶カフェラテアーモンド
”です。

さっそく生地に喰らいついてみると、
いささか、キメが、もそもそっと、ぽそぽそっとしていることがわかります。

表面は、つるっとして、食感は、ぶいぶいっと、
ベーグルらしい、ハリのある硬さをご披露してくれているのですが、
それに相反して、内側は、ふかっと、やわらかくなっています。

“B&B”の場合は、まあ、生地によって、
コンディションが異なっているのですが、
内側は、もっと、ぐいぐいっと、ハードになっています。

その一方で、“JUNOESQUE、、”は、
ほろほろっと、はらはらっと、噛み切りやすくなっています。

お口の中でもぐもぐすると、いい意味で、
ほどける、と云うか、ささっと崩壊していきます。

さほど噛み応えがある硬さではないので、
独身の、ガク関節症の節のある、弱気なアゴでも、
そう、苦労することなく、もぐもぐすることが出来ます。

はじめこそ、生地の表面が、ぶちっと硬めなのですが、
それさえ、突破してしまえば、あとは、ほろほろっと、
たやすく生地がほどけていきます。

最近まで、ずっと、“オレさま”っぷりを発揮していたのですが、
カンヌでのパーティでは、すっかり低姿勢の、紳士な態度をご披露してくれた、
押尾学さん”のようなものでしょうか(?)。

毎度、ゆかいな話題を提供してくれる“押尾さん”も、
この日のハンティングのような、ぼうっとっぷりを見せつけてくれる独身も、
ネタ的には、ある意味、おいしいってもんです。

JUNOESQUE BAGEL--抹茶カフェラテアーモンド(5月限定)。

生地のお味は、はじめは、軽く抹茶のまろやか~な風味が、
ふわっと登場してくるのですが、だんだんっと、ほろ苦さがあらわになってきます。

とは云え、あからさまな苦味ではなく、ほんのりと、
しかし、確実に、じくっと苦味、渋みを放って、そして、
ごっくんしたあと、ほんのりと居残りしてくれます。

キャラメルチョコチップが参戦している、と云うことですが、
アーモンドのかりかりは、小ぶりながら、しかと存在を確認出来ますが、
一方のキャラメルは、ほとんど、お味がやってきません。

アーモンドは、ときおり、かりっと香ばしさと甘味で、
アクセントを与えてくれるのですが、キャラメルは、
むしろ、コーヒー風味と一体化している、と云った雰囲気です。

抹茶のあとに、ふ~んっとコーヒー風味が広がって、
さらに、コクのあるミルク風味が、旨味となって、参戦してきます。

生地の下には、こげっとお焦げがついていて、
この部分が、まるで、お砂糖を焦がしたカラメルよろしく、
甘苦いお味を放ってくれますっ。

お焦げ好きには、まさに、ナイスなアクセントなっています。

全体的なお味は、抹茶のあとに、カフェラテが2番手として、登場し、
途中、抹茶に追いついて、わずか~に追い越してみたのですが、
結局、最後は、抹茶が勝つ、と云った試合運びです。

試合の途中、いきなりアーモンドが乱入してくるも、
抹茶とカフェラテは、決して動揺することなく、胃へとゴールインします。

そして、キャラメルチョコチップは、残念ながら、
参戦することなく、はじめから欠場しているようです、、。

昨年の“朝青龍”よろしく(?)、
モンゴルあたりで、謹慎しているのでしょうか、、(?)。

JUNOESQUE BAGEL--抹茶カフェラテアーモンド(5月限定)。

生地の半分は、レンジで25秒ほど、チンしてみることにします。

すると、常温では、がしがしっと、ハードなマッチョっぷりだったのが、
むちむちっと、ふにふにんっと、かなり柔軟になっています。

キメは、常温では、もさもさっと、けば立っていたのですが、
チンしたことで、ぴっとりとまとまっています。

生地の表面は、常温よりも、さらに、ぶちぶちっと硬くなって、
むしろ、チンしたほうが、噛み応えがあります。

お味のほうは、小麦の風味が、もふんっと立ち込めてきて、
さらには、抹茶の風味が、いささか丸くなったように感じます。

ミルクのコクも、ぐぐっと盛り上がって、
益々旨味を与えてくれています。

JUNOESQUE BAGEL--抹茶カフェラテアーモンド(5月限定)。

さて、独身は、いまのいままで、
“B&B”のベーグルを頂くときは、チンしかしていません。

しかし、今回、“JUNOESQUE BAGEL”の袋の裏には、
オーブントースターで、軽くトーストするとおいしくなる、
と書かれているので、さっそくおためししてみることにします。

ところが、独身は、またしても、ぼうっとしていたのか、
“軽くトースト、、”と云うところを、見落としてしまい、
なっ、なんとっ、3分近くもオーブンで放置プレイ(!)してしまった結果、
マジでこげこげ5秒前、状態になっていることに気づきます、、。

これには、流石の“ひろみ郷”でなくとも、生地に触れた瞬間、
♪あ~ち~ち~ぃっ、あ~ちぃっ!
 焦げてるんだぁろうか~~ぁっ!♪
と、熱さのあまり、例の“ジャケットプレイ”よろしく、
小踊りしてしまうってもんです、、(?)。

まあ、独身は、こげこげのトーストが好みなので、
別段、落胆することはありません。

さっそく喰らいついてみると、がりがりっと、
ざくざくっと、まるで、ラスクよろしくの、がりがりになっています。

これはもはや、ベーグルではなく、表面ラスク、
中フランスパン
、と云った雰囲気です、、。

やはり、3分トーストは、かなり過激だったようです、、。

これには、流石の“秀樹”だって、“ギャランドゥー”よろしく(?)、
♪くっやっしい(悔しい)けれっどぉっ、
 3分はぁ、焦げ~る~ぅ♪
と、がっくし、落胆してしまうってもんです、、(?)。

お味のほうも、焦げが目だって、抹茶もなにも、
あったもんではありません、、。

しかし、ミルクのコクだけは、しかと居残りしてくれています。

どうやら、最後に抹茶が勝つと思っていたのですが、
本当の勝者は、ミルクだったようです。

これには、流石の“ひろみ郷”だって、
♪あんわって(慌て)ないっでぇ、
 ミル~クッ、勝~者っ♪
と、“サンバ”よろしく、歓喜の舞をご披露してくれるってもんです(?)。

今回、はじめて“JUNOESQUE BAGEL”のベーグルとランデブーさせて頂きましたが、
やはり、200円超えをしているだけはあって、かなりの実力を感じます。

抹茶も、カフェラテ風味も、さらには、ミルクのコクも、
アーモンドも、それぞれ、しかと己の仕事をしてくれています。

あれこれっと、素材がもりだくさん参戦していると、
船頭多くして、船、山登る”よろしく、
お味にまとまりがなくなってしまうことがあるのですが、
この“抹茶カフェラテアーモンド”は、みんななかよくお味を主張しています。

まあ、キャラメルチョコチップの存在は、ほとんどないのですが、
そのほかのお味がしっかりしているので、別段、気にすることではありません。

実は、“ひろみ郷”のジャケットは、
“ジャケットプレイ”がしやすいように、
重く作られていることくらい、どうでもいいことです(?)。

独身も、この日、“JUNOESQUE BAGEL”のお店で、
ぼうっと、うっかりを仕出かしてしまったことを、
どうでもいいことだと、吹っ切れるくらい、楽観主義なおんなになりたいものです。

JUNOESQUE BAGEL--抹茶カフェラテアーモンド(5月限定)。

JUNOESQUE BAGEL
抹茶カフェラテアーモンド(5月限定)

定価:220円。
カロリー:295kcаl/100g。

独身評価:★★★★☆ 
スポンサーサイト


タグ: べーグル, 抹茶, ナッツ, カフェラテ,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック バニラヨーグルトクリーム。  | home |  アドレスお引越し。