FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年05月30日[Fri]

Pasco--サンドロール アーモンドクランチチョコ。

Pasco--サンドロール アーモンドクランチチョコ。

Pasco、5月の“サンドロール”の新作っ!
これには、流石の“黄門さま”も、悪党どもを黙らせてしまわれるかっ。


♪ハ~~ンティング~、得ありゃぁ、そ~~ん(損)あるさ~~ぁっ、
 “オカン”に“ランチ、、”の“マ~~シュマロ、、”が~~~ぁっ、
 い~~ま~さ~~ら~ぁ、“オ~~カ~ン”に~、し~~かと~ぉ、あ~る~~ぅっ、
 1割、損したっ、ど~~ぉく~し~~ん(独身)~~さ~~~ぁん、、♪

かの“水戸光圀公”が、“人生、楽ありゃ、苦もあるさ”と、
云ってしまわれるのなら(?)、この日の独身は、
ハンティングには、得もありゃ、損もあると云うことを、
しかと痛感するってもんです、、。

先日、独身は、野暮用で訪れた、
神奈川県の大船駅構内の“NEWDAYS”と云うコンビニで、
ランチパックの5月の新作、“マシュマロ&チョコ”と遭遇しています。

そのときの独身は、別段、
菓子パンハンティングにまい進していたわけでは、ありません。

実は、東京限定の、“キットカット しょうゆ味”を求め、
ふっと、コンビニに立ち寄ってみたわけですが、独身の期待とは裏腹に、
“しょうゆ味”は、大船にはご不在、の模様です、、。

しかし、その代わり、なのか、“キットカット”とおんなじくらい、
独身がずっとひいきしている、“ランチパック”の新作と、
まさに、突然の出逢いを果たしたわけですっ。

独身は、すでに、おなじく新作の、
バニラヨーグルトクリーム”と、おいしくランデブーしています。

そのため、まさか、“マシュマロ&、、”と云う、
第2の新作が、世に存在していようとは、ちろっとも妄想していません。

すっかり“バニラヨーグルト、、”のみが新作だと思い込んでいた独身は、
“マシュマロ、、”の存在を、となる情報源から得ても、新作、と云うか、
関東限定の“ランチ、、”だと、これまた、勝手に思い込んでいたのです、、。

限定と云うことばに、めっきり弱腰の独身にとって、
関東限定、さらには、ひいきしている“ランチ、、”とくれば、
まさに、“鬼に金棒”、“桃太郎にきびだんご”ってやつですっ(?)。

“マシュマロ&、、”をひと目、目の当たりにした瞬間、
独身は、関東限定の“ランチ、、”と、幸運にも遭遇したことに、
阿波踊り”でおなじみの、“三田村邦彦さん”よろしく(?)、
こころ内で、狂喜乱舞、即、ハンティングに取り掛かったわけです。

しかし、そのわずか数時間後、実は、この“マシュマロ&、、”は、
関東限定も、なんでもなく、全国のあっちこっちでお目にかかることの出来る、
通常の新作であることが判明です、、。

これには独身、いささかがっくしと落胆するってもんです、、。

とは云え、独身のハンティング圏内のスーパーやコンビニには、
“マシュマロ&、、”は、どこにもスタンバイしていません

毎度、“ランチ、、”を勢ぞろいさせている、
オカンのスーパー”でも、お目にかかったことは、ありません。

となれば、大船駅構内で遭遇出来たことは、
やはり、幸運なことだったと云えます。

ところがっ、、!

この日の独身は、幸運から、一気に、
奈落の底の、1歩手前あたりまで、叩き落されることとなるのです、、。

この日は、5月のわりには、朝から冷たい雨が降っています。

独身は、冷え性のおんなゆえ、ちょっとでも気温がさがったり、
冷房全開のスーパーに入ると、ささっと冷え性モードに舞い戻ってしまいます、、。

ついこのあいだ、ようやっと暖房をおかた(片付け)したところですが、
どうやら、もう少し、スタンバイさせておいたほうがよろしかった模様です、、。

すっかり手足が冷え込んでしまった独身ですが、
ハンティングする情熱だけは、真夏の太陽よろしくってもんですっ。

しとしとの小ぶりの雨の中、独身は、ある菓子パンを狙い撃ちするため、
毎度、お世話になっている、“オカンのスーパー”へ向けて出発します。

ある菓子パンとは、これまた、独身がひいきしている、
Pascoの“サンドロール”の新作、“アーモンドクランチチョコ”です。

実は、独身は、この“アーモンド、、”とは、
すでに初顔合わせを果たしています。

数日前、おなじく“オカン”で、
ランチパック バニラヨーグルトクリーム”をハンティングしたとき、
“アーモンド、、”ともご対面をしているのです。

“サンドロール”と云えば、お買い得なお値段のわりには、
セレブ菓子パンにも負けないくらいの、かなりの実力の持ち主として、
しかと独身好みの菓子パンリストに登録されています。

ここのところ、すっかりご無沙汰しているのですが、
新作が登場すれば、しかとハンティングを果たしています。

しかし、“アーモンド、、”を発見したときには、
すでに、独身の府中、ではなく(?)、手中には、
“バニラヨーグルト、、”がしかと、おさめられています。

“ランチ、、”も“サンドロール”も、おんなじくらい、
独身好みの菓子パンシリーズなので、どちらかひとつに選択すると云うのは、
まさに、究極の選択ってやつです。

これは、
「“おすぎさん”と“ピーコさん”の、どっちが好きなのよっ!」
と、詰問されるようなものです(?)。

“おすピーさん”にしてみれば、はっきりと、
“ランチ、、と“サンド、、”の、どちらかに決めて欲しいところですが(?)、
独身にしてみれば、どちらも、おんなじくらい、魅力的な菓子パンなのです。

とくに、“ランチ、、”は、およそ3年ぶりの“バニラヨーグルト、、”の復活で、
一方の“サンド、、”は、およそ半年ぶりのハンティングとなります。

これでは、益々選択が困難となってしまいます、、。

しかし、ここはやはり、はじめから狙い撃ちを決めて、
しかとワシづかみをした、“バニラヨーグルト、、”を優先することにします。

テストの回答で、さんざ迷った結果、
終了時間ぎりぎりに、はじめに記入したAと云うこたえを消して、
Bに書き換えてしまうと、たいてい、正解はAだったりします。

そう云うときは、
(嗚呼っ、、!あのとき、ぎりぎりになって変更しなければっ、、!)
と、激しく己を責めてしまうものです。

ハンティングもまた、はじめにワシづかみしたものを、
もとの棚に戻して、新たなターゲットに変更し、それが、
無粋菓子パンだと判明したときほど、己をののしることは、ありません。

やはり、ここは、初志貫徹よろしく、
はじめのターゲットをハンティングすることが肝要です。

と云うわけで、そのときの独身は、“アーモンド、、”をシカトして、
“バニラヨーグルト、、”をハンティングすることにしたのです。

とは云え、“サンド、、”びいきの独身が、
そのままシカトしたままでいるはずがありません。

シカトする独身あれば、ワシづかみする独身あり”ってやつです(?)。

と云うわけで、この日の独身は、今度こそ、
“アーモンド、、”をハンティングするため、
ふたたび“オカン”へと参戦することにします。

さっそく“オカン”に到着し、この日の日替わりの特売を、
横目でちろっとながめつつ、菓子パンコーナーへと突き進みます。

“サンドロール”は、コーナーのいちばん奥~のほうに、
毎度、スタンバイしていることもあって、とりあえず、
手前の菓子パンたちも、ついでに目を通しておくことにします。

と、ふっと、“ランチパック”の定位置に視線をなげかけてみると、
そこには、なにやら、見覚えのある“ランチ、、”がスタンバイしていることに気づきます。

しかと見つめてみると、パッケージには、
茶色いクリームの絵がプリントされています。

そのまま視線を上に向けてみると、そこには、
ランチパック マシュマロ&チョコ”と書かれていることに気づきます。

(、、、。)
独身、しばし呆然っと、その場に立ち尽くしています、、。

そして、数秒後、ようやっと事態を把握します、、。

(、、やっちまったよぉっ、、!!)

そうです、独身は、
やっちまった、のです、、。

つい3日前、遠征先の大船駅構内のコンビニで、
幸運、な出逢いを果たした、“マシュマロ&チョコ”が、
いま、目の前に、しかと存在しているのです、、。

しかも、お値段は、定価173円から、
1割引かれた、155円、と書かれています、、。

つまり、独身は、18円も損をしたことになります、、。

これには、流石の“黄門さま”だって、
勝手な思い込みをして、勝手に損をした独身を、
成敗したくもなるってもんです、、(?)。

独身だって、己のうっかりっぷりに、
ほとほと、あきれるってもんです、、。

もし、独身が、“マシュマロ&、、”が、
関東限定などと、勝手な思い込みをしていなければ、
当然、定価のコンビニで、ハンティングすることは、ありません。

しかし、今回は、それまで、独身のハンティング圏内のお店では、
まったくお目にかかれなかったことが、不幸にも、
勝手な思い込みにつながってしまったのです、、。

大船で遭遇したときは、
(遠征ついでに、コンビニに立ち寄った甲斐があったよっ。)
と、まさに、お得感満載なこころ持ちでいたのですが、
いまの独身は、
(あのとき、わざわざコンビニに立ち寄っていなければ、、。)
と、大損モード満載なこころ持ちです、、。

これはもう、“うっかり八兵衛”どころのさわぎでは、ありません、、。

独身、この無情な現実に、その場から動けず、
しばし、呆然っと、“マシュマロ&、、”を見つめています、、。

そして、155円と、堂々っと書かれたお値段の札を、
なにも考えられず、凝視しています、、。

と、ここで、己に対する怒りの念が、
だんだんっと“オカン”に向かっていきます。

と云うのも、なぜ、5月の新作を、
月末にきて、スタンバイさせているのでしょうかっ。

おなじく新作の“バニラヨーグルト、、”は、
しかと月はじめからスタンバイさせています。

それならば、“マシュマロ&、、”に対しても、
同様の扱いをするべきなのですっ。

そうしていれば、独身は、わざわざ遠方の地で、
定価で大損を喰らうことはなかったのです。

しかも、そのときの独身は、両手に大荷物を抱えていこともあって、
“マシュマロ&、、”が、ほかの荷物で“おしくらまんぢゅう”を喰らわないよう、
細心の注意を払って、新幹線で静岡までお持ち帰りをしたのです。

その苦労も、まさに、無意味だったわけです、、。

すっかり己のうっかりを、“オカン”のせいにしている独身ですが、
この大損による衝撃は、とても独身だけのこころ内で処理することは出来ません、、。

八つ当たりってやつでもしなければ、立ち直ることも不可能です、、。

ちからなく、その場で立ち尽くしていた独身ですが、
なんとか、こころ内に“ホイミ”をかけて、この日のターゲットである、
アーモンドクランチチョコ”のもとへと向かいます。

そして、いつものハンティングの情熱よりも、
半分くらいの情熱で、しかとワシづかみをします。

やはり、ここは、この“アーモンド、、”に、
べホマ”をかけてもらわなければ、しかと復活出来そうにありません、、。

Pasco--サンドロール アーモンドクランチチョコ。

と云うわけで、Pascoの5月の新作、
“サンドロール アーモンドクランチチョコ
”です。

いまのいままで、“サンドロール”と云えば、
メープル&ネオマーガリン”、
ブルーベリー&ミルク”、
カスタードプリン”、
ダブルメロン”、
マンゴー&マンゴー”、
カフェラテ”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、毎度ながら、
かなりの質のよさを見せつけてくれていますっ。

はじめ、生地に喰らいつくと、
ふわっと、ほわっと、やわらか、と云うか、
空気感があるのですが、しかともぐもぐすると、
実は、ぴっちり、ぎっちりと、引き締まっていることがわかります。

キメが相当に細やかで、それでいて、繊細で、
さらには、さらっとなめらかで、やさしい仕上がりになっているので、
すべっと、するっと、かなりご親切な口あたりになっていますっ。

まるで、“ファーファ”あたりで、
もふもふっに洗いあがったタオルのような舌触りっぷりですっ。

思わず、ほっぺたあたりで、すりすりっとしてしまいたくなりますっ。

さらには、ふっくら感を損なわない程度の、
適度なしっとり感があって、生地をしとっと落ち着かせています。

生地のお味は、はじめは、表面のお焦げが、
もふんっと、香ばしい風味を放ってくれて、
お口満載に広がっていきます。

そのあと、すっきりとした、丸いお味の小麦風味が、
すすっと参戦してきます。

そして、そのままもぐもぐしていくと、
今度は、お砂糖のいい甘味が、さりげなく、
しかし、確実に、じゅわじゅわっと、ジューシーに染み出てきますっ。

決してお焦げと、小麦のお味をお邪魔することなく、
うまいこと、両者と打ち解けて、それが、
コクへと変化する、と云った感じですっ。

黄門さま”で云えば、8時43分あたりの戦いのシーンで、
助さん”“格さん”のお邪魔をすることなく、一段高いところで、
威厳満載で、なりゆきを見守り、無事、悪党どもを成敗したあとは、
いつもの、温和~な“黄門さま”に舞い戻る、と云った感じです(?)。

Pasco--サンドロール アーモンドクランチチョコ。

生地の中には、アーモンド入りチョコレートクリームがサンドされています。

はじめ、お口にすると、ほふんっと空気を感じるのですが、
そのまま舌べろにのっかると、つるんっと、するんっと、
とろけて、消えてきます。

とってもなめらかで、やわらかなクリームです。

若干、つるつるんっと、艶があるので、
油分かと、軽くかまえてしまうのですが、
まったくもって、油分のぬるぬるはありません。

そこに、ときおり、細やか~なお砂糖のようなしゃりしゃりと、
これまた、かなり細やかなアーモンドが、こりこりっと参戦してきます。

“アーモンドクランチ、、”と云うくらいだから、
もっと、存在感満載の、大粒なアーモンドが盛り込まれているものと、
勝手に妄想していたのですが、クリームを一見したかぎりでは、
どこにもアーモンドの粒を確認することは出来ません。

しかとお口にしてみても、すぐにはアーモンドだと気づかないほど、
かなりの細やかっぷりです。

ナッツ好きの独身としては、もっと、
堂々っと存在感を見せつけてくれるくらいの、
大物であって頂きたいものです。

Pasco--サンドロール アーモンドクランチチョコ。

お味のほうは、とってもやわらかで、ミルキーなチョコです。

先日の、“ランチパック マシュマロ&チョコ”の場合、
かなり淡いチョコで、ちからの弱さのようなものを感じたのですが、
このチョコの場合、同様に淡いチョコのお味なのですが、
決して、弱々しいと云うほどでは、ありません。

すっきりとしたミルクに、お砂糖のいい甘味と、
さらには、アーモンドの香ばしい風味がガチンコして、
チョコにコク、と云うか、旨味を付け足ししてくれています。

すっきりとしているのですが、しかとお味の存在は感じることが出来ます。

どちらかと云うと、ふだんは、“ガチャピン”ばかりが活躍して、
あまり目立つことのない“ムック”ですが、ナイスなボケっぷりと、
うっかりっぷりが、いいお味をかもし出している、
そんな“ムック”のようなチョコっぷりです(?)。

Pasco--サンドロール アーモンドクランチチョコ。

やわらか~なチョコクリームと、ぎっちり引き締まった生地と云う、
相反した食感の両者ですが、お口でガチンコすると、
生地にてろ~んっと、する~んっと、クリームが溶け込んで、
そのままなじんでいきます。

すると、チョコの甘味と、アーモンドの香ばしさが、
生地のしっとりとした生地に、益々なじんで、まるで、
生地の奥~から、チョコが染み出てくるかのごとく、
旨味がじょじょっとあふれ出てきますっ。

ぜいたくを云ってしまえば、もっと、
アーモンドのぶつぶつの存在感があれば、と云った感じですが、
お味のほうで、アーモンドをしかと感じることが出来るので、
まあ、このことは、ぐぐっと甘受しておくことにします。

決してセレブ~なお味ではないのですが、
むかしから食べ慣れた、なじみのお味と云うか、
いい意味で、どこにでもある、しかし、この味がクセになる、
と云った雰囲気ですっ。

高級レストランのお味より、オカンのバーモントカレーのほうが、
ずっと、こころが落ち着くようなものです。

とってもシンプルゆえ、変な小細工がいっさいない、
ストレートの直球で勝負してくる、それが、
“サンドロール”のやり方ってやつですっ。

これには、流石の“黄門さま”だって、
徳川の、葵の紋所ひとつで、悪党どもを黙らせてしまうってもんです(?)。


Pasco
サンドロール アーモンドクランチチョコ

購入価格:92円。

栄養成分表示(1本当り):
エネルギー:428kcаl
たんぱく質:6.8g
脂質:20.9g
炭水化物:53.1g
ナトリウム:184mg

独身評価:★★★★☆(4.5)

(Pascoの菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ: サンドロール, チョコ, ナッツ,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック マシュマロ&チョコ。  | home |  BAGEL&BAGEL--キャラメルピーカン(5月限定)。