FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年08月28日[Tue]

ヤマザキ--ランチパック フレーク入りチョコクリーム。

ヤマザキ--ランチパック フレーク入りチョコクリーム。


ファミマ限定のランチパックの新作っ!
チョコも、“ビリーさん”も、独身も、空回りかっ、、。

♪“緑”で~ぇ、“フレンチ”特売~ぃっ、水曜~ぉ、限定特売~ぃっ、
 やくそ~く(約束)~し~た~じゃ~ぁないっ、
 独身~、買う~と云~ぃったのに~~っ、
 逢~え~ない~~ぃ、ううう~~っ♪

“沢田知可子さん”が、逢えない人と逢えずに嘆いているのなら、
この日の独身は、買うとしかと約束していた菓子パンに逢えず、
かなりのショックを受けています、、。

先週、ふと訪れた“緑のスーパー”で、
独身は、神戸屋の“りんご&ヨーグルトフランス”と遭遇しています。

“フランスシリーズ”と云えば、発見すればかならずと云っていいほど、
ハンティングしている、独身びいきの菓子パンです。

しかし、ここ最近、独身の生活圏内のスーパーでは、
めっきり姿を消してしまったこともあり、ずいぶんとご無沙汰していたのです、、。

(そう云えば、神戸屋の菓子パンを置いているお店も、
 いささか減ったような気がするなぁ、、。)
と、思っていたところ、“緑”を訪問してみると、
なっ、なんとそこには、ずっと逢いたいと願っていた“フランスシリーズ”の、
“りんご&ヨーグルト”と“カスタード”が独身を待ち受けているではありませんかっ、、!

先週の独身のハンティングは、
ことごとく狙い打ちしていたターゲットに振られたり、
期待とは裏腹の質、お味の実力に、思わず嘆いていたわけですが、
その中で、この“りんご&ヨーグルト”との出逢いは、唯一、
独身を狂喜乱舞させてくれたと云えます。

“緑”では、“りんご、、”と“カスタード”のふたつがスタンバイしていたのですが、
“1日1菓子パン”をマニフェストとしている独身は、その日は、
“りんご、、”を優先し、ハンティングしています。

実はそのとき、“りんご、、”は今月の新作だと思い込み、
優先していたのですが、のちのち、神戸屋のサイトでしかと確認してみると、
今月ではなく、先月の作品であることが判明です、、。

とは云え、久々の“フランスシリーズ”と云うことで、
よさこい大好き“広末涼子さん”も驚愕の(?)、
狂喜乱舞っぷりを発揮してくれた独身です。

“フランス、、”との唐突の出逢いに、すっかり気をよくした独身は、
“カスタード”もハンティングすることを、しかとこころに決め、
そのときがめぐってくるまで、ずっとうきうき気分で待ちわびていたのです。

さて、この日の朝、新聞のちらしをちろ見していると、
独身めがねは、あるスーパーのちらしにフォーカスします。

それは“おいものスーパー”です。

4日分ほどの特売情報がもりだくさんに掲載されているのですが、
この日の特売欄を見てみると、そこには、
“ランチパック 各種 100円”
と書かれていることに気づきます。

“おいも”と云えば、数日前も“ランチパック”の100円特売を開催していたのですが、
そのときは、独身がここ最近、ずっと逢いたいと願っている、今月の新作、
“チョコクランチ”は、残念ながら、“おいも”には参戦していませんでした、、。

“西田ひかるさん”よろしく、
♪あるあっ、るっるっるっ!“クラ~ンチ”ある”
 かな~り~、“クラ~ンチ”ある~~ぅっ♪
とうきうきしながら“おいも”へと向かったのですが、
独身の想いは空回りしたのか、おなじく新作の“チョコバナナ”すら、
存在していなかったのです、、。

これには、流石の“ビリーさん”だって、
「サ~コ~ォッ(circle)!サ~コ~ォッ!」
と、情熱的に両腕を回転させてしまうってもんです(?)。

そんなわけで、この日の“ランチパック”の100円特売も、
きっと、“チョコクランチ”はないだろうと、そのときは、
“おいも”行きはまったく考えてはいませんでした。

ところが、いざ、菓子パンハンティングへと出発しようとすると、
やはり、“おいも”の存在が気になってしまいます、、。

前回はなかったことを考えれば、今回だってない確率は高いことが妄想出来ます。

しかし、もしかしたら、“おいも”のパン担当さんがこころ変わりをして、
この日は、“チョコクランチ”を召集(?)させているのかもしれません。

しかと己のまなこで確認もせず、勝手にない、と決め付けてしまうのは、
無粋な独身おんなってもんです。

と云うわけで、この日、独身が向かうのは、“おいも”に決定されます。

もし、“チョコクランチ”が今回も空振りに終わったとしても、
独身には、代打の菓子パンがあります。

それは、神戸屋の“カスタードフランス”です。

数日前、“緑”の特売でされているところに遭遇し、
いずれ、ハンティングしようとこころに決めていた菓子パンです。

代打菓子パンを事前に決めていれば、万が一、ターゲットに逃げられたとしても、
さほど落胆度は高くはありません。

そう思うと、いささか安穏としたこころ持ちで“おいも”に向かうことが出来ます。

さっそく“おいも”に到着し、
ささっと菓子パンの特売ワゴンへと接近します。

すると、そこには、
前回とまったくおんなじ光景が繰り広げられているではありませんか、、。

つまり、ターゲットである“チョコクランチ”はない、
と云うことです、、。

まあ、こういった結果になることは、半分ほど覚悟していたので、
別段、がっくしとすることはありません。

それに、独身には、“カスタードフランス”と云う、
代打が待ち受けているのです。

と云うわけで、周辺を軽くうろうろして、
冷房でからだとこころを癒したあと、さっさと“おいも”から退散することにします。

“緑”へと移動する最中、独身のこころ内では、
“カスタードフランス”のことで満載です。

しかも、この“カスタード”は、“フランスシリーズ”の中では、
人気ナンバー1らしく、いったい、どんな人気っぷりを発揮してくれるのか、
独身の期待度も、猛暑よろしく、ぐんっぐんっと上昇しますっ。

早く再会したい想いで、愛チャリをサ~コ~ォッ(circle)!させる独身の脚も、
ハムスターよろしく、かなりのハイスピードです(?)。

つまり、独身のテンションは、愛チャリのスピードと比例するわけです。

暑さに負けず、紫外線と湿気には軽く負けつつも、
早々に“緑”に到着です。

そそくさと菓子パンコーナーへと進行し、
いざっ!“カスタードフランス”をハンティング、、。

と思いきや、そこには、なっなんとっ、、!

“ミルクフランス”と、おなじく神戸屋の“フレンチロール”の、
“練乳クリーム”がスタンバイしているではありませんかっ、、。

そこには、独身と再会を約束していた“カスタード”はありません、、。

前回訪れたときは、棚に貼られたお値段表に、しかと、
“78円 8/29(水)まで”と書かれていたにも関わらず、
そこには“カスタード”は見当たりません、、。

代わりに、おんなじ“フランスシリーズ”があると云うことで、
おそらく、“りんご&ヨーグルト”と“カスタード”と、固定されているのではなく、
“フランス”全土(?)が特売の対象となっていたのでしょう、、。

それを独身は、“りんご、、”と“カスタード”だと、
勝手に解釈し、これまた勝手にハンティングを約束していたわけです、、。

いや、この場合、独身が一方的にハンティングを決めていただけなので、
“カスタード”にしてみれば、約束した覚えはないってやつです、、。

どっかの政治家ではありませんが、まさに、
「記憶がございません。」
と云うわけです、、。

これには、流石の“マダム寿司(!!)”こと、“小池百合子さん”だって、
「大臣に就くつもりはありません。」
と、先手を打ってしまうってもんです(?)。

勝手に思い込んでいたとは云え、
“カスタード”との再会をこころ待ちにしていた独身としては、
まさかの現状に、しばし、呆然とその場に立ち尽くします、、。

“西田敏行さん”には“ピアノがない”なら、
独身には“カスタード”がありません、、。
(ネタの“テンドン”です。)

期待していた代打にも、さくっと振られてしまった独身は、
いったい、つぎのお店へと向かえばいいのか、すっかりあたまが真っ白になります、、。

軽く周囲をぐるっと周り、冷房でこころとからだを落ち着かせます。

そして、独身の脳裏に登場したのは、
ファミマ限定の“ランチパック フレーク入りチョコクリーム”です。

つい先日まで、“チョコフレーク”と、しつこく騒いでいた、
あの、“ランチパック”です。

この“フレーク、、”も、つい先日、
北東のファミマへとハンティングに向かったところ、
数日前までは、しかとスタンバイしていたのが、その日は、
“世界陸上”の宣伝がプリントされた、“ピーナッツ”のみが、
棚を一画を占領していたと云う、独身を見事、玉砕してくれた菓子パンです。

そのあと、ヤマザキの“ランチパック”もどき、
スナックウィッチ ブルーベリー&カスタード”をハンティングしているのですが、
やはり、おんなじような菓子パンとは云え、“ランチパック”の実力にかなうもどきは、
いまのところ、発見されていません。

そんなこともあり、益々“フレーク、、”と、
“チョコクランチ”に想いが募るばかりの独身です。

そこで、この日も、“フレーク、、”を捜索するため、
ファミマへと移動しようと云うわけですが、前回なかった北東も、
“おいものスーパー”よろしく、今回もないことが妄想されます。

もう、“おいも”のテツは踏みたくはありませんっ。

ネタの使い回しはしても、
おんなじ失敗は繰り返さないのが小粋な独身おんなってもんですっ。

と云うわけで、独身が向かうのは、
北のファミマです。

北と云えば、つい先日、“そのまんま宮崎フェア”の、
“スイートじゃりパン コーヒー
”をハンティングしています。

そのときも、ターゲットだった“ミルク”に逃げられているわけで、
そのことを思い起こすと、いささか不安感が盛り上がってきます、、。

しかし、独身はまい進します。

なぜ、北のファミマに行くのかと訊かれれば、
「そこに“フレーク、、”がある(だろう)から。」
と、胸を張って(?)、そう答えていることでしょう。

と云うわけで、ささっと北のファミマに到着して、
“宮崎フェア”のお菓子やらをちろ見しつつ、
菓子パンコーナーへと突入です。

すると、そこには、しかと“フレーク入りチョコクリーム”が、
ちまっと置かれているではありませんかっ!!

たったふたつっきりではありますが、“ピーナッツ”とともに、
棚のはじっこのほうに、悠然と存在しているのを発見ですっ!

ようやっと、“フレーク、、”と再会することが叶いました。

この“フレーク、、”とは、別段、
この日にハンティングすると、しかと約束したわけではありませんが、
大好物の“ランチパック”と云うことで、かならずワシづかみすると、
こころに決めていたことは確かです。

♪か~な~ら~ずっ、“クランチ”ハンティング~~ッ!♪
ってやつですっ(?)。

“愛は勝つ”かはわかりませんが、どうやら、この日の独身は、
連日の、不運なハンティングに打ち勝ったと云えるでしょう。

この“フレーク、、”との再会を機に、
いつもの、たのしいうきうきハンティングが続くことを、
ただ、ひたすら祈るばかりの独身です。

ヤマザキ--ランチパック フレーク入りチョコクリーム。


と云うわけで、ファミマ限定の“ランチパック”、
“フレーク入りチョコクリーム”です。

ランチパックと云えば、過去、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
小倉&マーガリン”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
ランチパック 黒豆ココア入りクリーム”、
ミルククリーム”、
クリーム コラーゲン入り”、
キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、
桜風味もち つぶあん”、
抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”、
アップルシナモン”、
メープル&マーガリン”、
チョコクリーム”、
渋皮マロン”、
クランチチョコ&モカホイップ”、
カスタード&ホイップ”、
チョコバナナ”を頂きました。

さて、ようやっと、この“フレーク、、”と再会を果たした独身は、
すっかり意気揚々になり、ほわほわ気分そのままに、
つぎは100円ショップへと移動します。

ちょっとした布切れを捜索するために立ち寄ってみたのですが、
そこでも、独身を狂喜乱舞させてくれる出逢いが待ち受けていたのですっ、、!

入り口から侵入し、向かって右側に、
お菓子やら駄菓子やら、飲み物のコーナーがあります。

そこの特設ワゴンには、期間限定で、超目玉のお菓子が盛られているのですが、
ときに、おひとつ150円ほどはするであろう、セレブのお菓子まで、
105円で登場していることもあるのです。

独身は、その100均で、ときどき目玉のお菓子を獲得しているのですが、
数ヶ月前などは、キットカットの限定、“とろける贅沢”と云う、
おひとつ158円(たしか)もする割高のものが、なっなんとっ、、!

ふた箱105円でゴリ押しされていたところに遭遇したのですっ、、!!

特売大好物の独身だって、このゴリ押しっぷりには、
目玉をでっかくさせたことは云う間でもありませんっ、、。

あともう少しで、“目玉の独身”が誕生するところでした、、(?)。

ここの100均は、さほど情熱的に盛り上がっているお店ではありませんが、
ときに、このようなミラクルを起こすので、うかうかはしていられません。

と云うわけで、不定的に100均チェックも欠かせない独身ですが、
この日、別用で訪れてみると、なっ、なんとっ、またしても、
ミラクルが起きているではありませんかっ、、!!

この日の特設ワゴンには、数ヶ月前に登場していた、
“キットカット”の“星に願いを”がてんこ盛りされているのですっ、、!!

“キットカット”も得意な独身としては、毎回、新作が登場するたびに、
お安いお値段を見計らって、しかと確保しているのですが、この“星に願いを”は、
いつもの箱型ではなく、250円くらいの16枚入りの袋詰めと云うことで、
対象外となっていたのです。

独身は、チョコレートハンターでもありますが、
もりもり喰らいたい、と云うわけではなく、
どんなお味なのかを確認したいだけの、にわか(?)チョコ好きです。

そのため、ちまっとだけ頂いて、その実力を確かめることが出来れば、
それだけで満足してしまうのです。

“キットカット”の箱型と云えば、2本がガチンコしたものが、
ふた袋盛り込まれています。

独身は、1日1袋で、2日に分けて頂いているわけで、
箱型が、まさに独身にはぴったんこなのです。

それとは裏腹に、16枚も勢ぞろいしているとなると、
すべてを制覇出来ず、“宝”ならぬ、冷凍庫の持ち腐れ(?)になることは明らかです。

と云うわけで、“キットカット”の袋詰めに関しては、
独身の許容範囲外と見なされていたのですが、おひとつ105円ともなれば、
そのまま見逃すことは出来ませんっ。

これをシカトすると云うことは、授業中、
となりの席のおとこのコが、くしゃみをした勢いで、
じゅばっと鼻水を噴射させてしまったものの、
それを拭い取るティッシュやハンカチを持ち合わせていなかったので、
そのまま紺色のジャンパーで拭き拭きしてしまったのを、
そのままそっとシカトしてみるようなものです(?)。
(実話。)

この日、“フレーク、、”と再会したことで、揚々としていたのですが、
それに加え、袋詰めの“キットカット”を、わずか105円のところを発見するなんて、
まさに、“長嶋巨人終身名誉監督”よろしくの、“メイクミラクル”ってやつですっ(?)。

いや、“牧瀬里穂さん”よろしくの、
♪目とチョコ、あ~ぁったら、ミ~ラク~~ルッ♪
ってやつです(??)。

先週、ずっと不運だっただけに、1日に2幸運とめぐり逢うとなると、
いささか怖いようなこころ持ちにもなります、、。

まあ、そこのところは、“黄門さま”が云うところの、
♪じ~~んせ~い(人生)っ、らっく(楽)あ~りゃ~ぁ、
 苦~~ぅ、もぉあ~る~さ~~ぁっ♪
ってことで、運の波に、己の身を任せてみようと思います。

と云うわけで、ふたつのチョコの出逢いの興奮そのまま、
さっさと生地から頂いてみたいと思います。

生地は、いつもの“ランチパック”らしく、
むっちり、ぶいぶいっとした弾力がありますっ。

その前に、ラップで巻き巻きして、
しばし冷蔵庫でおやすみして頂いていたこともあったか、
生地にはじゅうぶん過ぎるほどの、じっとりとした水分が確認出来ます。

もぐっと喰らいつくと、軽くじゅわっとした音がしますっ。

さらには、このじっとりが、ぴっとりとお口によくなじんで、
なめらかな雰囲気を漂わせていますっ。

キメもとっても細やかで、ぎゅぎゅっと詰まっていて、
かなりお口にやさしい生地に仕上がっています。

先日は、この“フレーク、、”に、北東のファミマで振られたこともあり、
つぎに訪れた“おかんのスーパー”で、“ランチ、、”もどきの、
Pascoの“スナックウィッチ ブルーベリー&カスタード”を代打でハンティングしています。

もどきとは云え、粉雪よろしく、生地のカスがほろほろっと舞い落ちてきて、
風味に至っても、いささか劣化したような小麦っぷりに、あらためて、
“ランチ、、”の実力を思い知った独身です。

そのわずか2日後、“フレーク、、”に再会するとは思ってもいませんでしたが、
こうして、しかと己のお口でもぐもぐし、質を確認してみると、
やはり、“ランチ、、”は、この質があってこそ、“ランチ、、”だ、
と納得させられますっ。

やはり、“寿司”と云ったら、“マダム寿司”ではなく、
“スシ王子”でしょうっ(?)。

生地のお味ですが、ほぐっと喰らいついた瞬間、
ほわっと、まろやかな小麦風味がお口に広がりますっ。

そして、そのままもぐもぐしていくと、
じゅわじゅわっと、ジューシーな小麦の旨味と、
自然な甘味が染み出てきますっ。

もはや、小麦の邪魔をする、よけいなお味はありません。

ほかの材料は、小麦を引き立てるだけの、
黒子に過ぎずと云った感じで、まさに、小麦まっしぐらですっ。

ひとむかしで云えば、
“安室奈美恵 with スーパーモンキーズ”みたいなものです(?)。

当初は、“スーパーモンキーズ”だったのが、
いつの間にか“安室奈美恵 with スーパーモンキーズ”になり、
最終的には、“安室ちゃん”のみになってしまったのが、“スーパーモンキーズ”です。

この生地の場合は、まだ、
“安室奈美恵 with スーパーモンキーズ”を維持している模様です(?)。

ヤマザキ--ランチパック フレーク入りチョコクリーム。


生地の中には、フレーク入りチョコクリームがサンドされています。

まずは、ナイフで半分にカットするのですが、
しゃしゃっと生地入刀をして、ぱかっと開いてみると、
なっ、なんと、チョコが片寄っているではありませんか、、。

ここまで寄っているのは、
“ランチパック”には、あまり見かけない光景です、、。

まさに、土俵際の戦いです(?)。

そこで、もう1枚の生地にも入刀してみるのですが、
こちらも、チョコが片寄っています、、。

しかも、中央に丸く集中しているので、
生地の端っこにまで、行き届いていません、、。

先日の“スナックウィッチ ブルーベリー&カスタード”の場合、
ブルーベリーは丸くおさまっていたものの、カスタードのほうは、
しかと4つの角まで届いていました。

まあ、全体的のお味には影響はないので、
そのままシカトしてみることにします、、。

さて、チョコですが、フレーク入りと云うことで、
4mmほどのおおきさのフレークが、あっちこっちに、
もりもりと混入していますっ。

ほにゃらら入り、と聞くと、
量をケチっていることが多々、見受けられるのですが、
このチョコには、フレークがチョコを占領するかの勢いで、
てんこ盛りされていますっ。

この辺のところも、流石“ランチ、、”と云ったところです。

チョコのほうは、てろ~んとしたなめらかなチョコ、ではなく、
どちらかと云うと、ほわっとしていて、ぽてっとしたチョコです。

いや、ほわっと云うほど、空気感があるわけではありませんが、
クリームと云うより、ホイップに近い雰囲気があります。

いささか、ざらざらっとしている節があり、
口あたりは、さほどなめらか、と云うわけではありません。

さらには、軽くぬるんっとした、油分なようなものがあるのですが、
お口の中に居残りするようなぬめぬめではありません。

このチョコっぷりは、“ランチ、、”にしては、
いささか手荒いのではないでしょうか、、。

一方のフレークですが、流石、もりもりっと数多参戦しているだけあって、
お口の中で、がりがりっとした音が連弾(?)していますっ。

かなりの存在感があります。

ところが、やはり、チョコと同居していたこともあってか、
湿気ているところは、否定することは出来ません、、。

はじめは、がりがりっとするのですが、
そのあとは、ぐいぐいっとして、噛み切れないフレークになっています、、。

虫歯の詰めものよろしく、
歯の溝に、フレークが居残りします、、。

それを、舌べろで掘り掘りするわけです、、。

この作業をおこたると、のちのち、忘れたころに、
ひょこっとフレークが再登場するので、注意が必要です。

ヤマザキ--ランチパック フレーク入りチョコクリーム。


チョコのお味ですが、ミルクチョコのような、
まろやかな雰囲気のあるチョコです。

いささかピーナッツ、ないし、
アーモンドのような風味が参戦しているような気もします。

そこに、フレークの香ばしい風味も助太刀しています。

湿気ているとは云え、やはり、チョコとフレークの相性は、
まさに、“キンキン、ケロンパ”をしのぐ勢いがあると云えます(?)。

しかし、肝心のチョコのほうは、あまり意欲的な姿勢を見せてくれていません、、。

なんだか、ぬる~んとした、中途半端なチョコで、
なにかで薄めたのか、と云うくらい、あいまいなお味に留まっています、、。

ここ連日の猛暑で、すっかり体力を奪われたのか、
だるさを感じるチョコです、、。

駄菓子っぽい、と云うか、“5円チョコ”を妄想とさせるお味です。

“5円チョコ”の場合、あのぬるんっとした、弱々しいチョコだからこそ、
“5円チョコ”であって、あのチープさが、また、こころを魅了されるところです。

しかし、それが菓子パンとなって、大量に詰め込まれた場合、
いいチープさとは云えないものがあります、、。

これは、“ランチ、、”にしてみれば、
“ランチ、、”らしくない、いささか無粋なチョコではないでしょうか、、。

そう云えば、前回頂いた、おなじくファミマ限定の、
クランチチョコ&モカホイップ”も、
ぬるんっとした、あいまいなお味だったと記憶しています。

どうやら、ファミマ限定の“ランチ、、”は、
中身の気合が欠如している模様です、、。

先週の独身は、ハンティングに対する気合が、いささか空回りしたのか、
めっきりナイス菓子パンに見放されてしまいました、、。

もしかしたら、ファミマ“ランチ、、”も、ファミマ限定と云うことで、
気合が満載になり過ぎて、空回りしてしまったのでしょうか、、。

これには、流石の“ビリーさん”だって、
「サ~コ~ォッ(circle)!!サ~コ~ォッ!!」
と、チョコを鼓舞してしまうってもんです(?)。

次回、またファミマ限定が登場するようであれば、
あまりちからを入れず、気軽なこころ持ちで登場して頂きたいものです。


販売価格:135円。

栄養成分表示(1個当り)。
エネルギー:199kcаl
たんぱく質:3.4g
脂質:11.1g
炭水化物:21.5g
ナトリウム:141mg

独身評価:★★☆☆☆(2.5)
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--スナックウィッチ ブルーベリー&カスタード。  | home |  ミニストップ--ふんわりメロンクリーム~穂・敷島製~。