FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年08月30日[Thu]

神戸屋--フレンチロール メイプルクリーム。

神戸屋--フレンチロール メイプルクリーム。


神戸屋、初の“フレンチロールシリーズ”ッ!
流石の“ミッキーさん”も、思わず怒り憤騰かっ、、!

♪はじめて喰らうよぉ、“フレンチ”を~~ぉ、
 と~ぉってもお安い菓子パンだ~~ぁ、
 “練乳”、“コーヒー”あるけれど~~ぉ、
 これが好きだぜっ、“メイプルクリ~ィム”!!(じゃんっ)♪

“泳げ!たいやきくん”が、はじめて泳ぐ海の底に、
とってもきもちがいいもんだ、と歓喜するのなら、
この日の独身は、久々に訪れたスーパーで、
はじめてハンティングする、神戸屋の“フレンチロール”に、
こころをはずませているところです。

この日は、天気予報で雨が宣告されているだけあって、
朝から涼やかで、とっても過ごしやすい1日のはじまりです。

まさに、ラジオ体操よろしくの、
“希望の朝”ってもんですっ。

こんな日は、独身の大好きな素材が使用された、
ナイス菓子パンにでもお目にかかりたいものです。

ハンティングの出発前に、さて、今日はどこのお店から攻撃(!)を仕掛けようかと、
お店の選定から行うわけですが、まっさきに、独身の脳裏に登場するのは、
セブンイレブンの、“きなこもちもち”です。

今週の新作と云うことで、サイトで公表されてから、
独身の大好物のきなこ使用と云うことで、仮ハンティングリスト入りしている菓子パンです。

独身は、食いしん坊ゆえ、大好物があっちこっちに存在しているのですが、
きなこに関しては、プレーンヨーグルトに振りかけて、
ついでに羅漢果(中国の黒砂糖)を参加させて、毎朝頂いていたと云うほどの、
きなこ好きです。

おもちのお供にするなら、お海苔より、
だんじぇんセコム、ではなく、(断然)きなこです。

その程度のきなこ好きです。

“織田裕二さん”が世界陸上で大興奮するほどの、
きなこ好きではありません、、。

と云うわけで、この日のターゲットは、
セブンの“きなこもちもち”に決定されたと云うことで、
お天気の機嫌が悪くならないうちに、さっさとハンティングに出動します。

と、その前に、独身には、ちろっと立ち寄らなければならないお店があります。

まずは、レンタルCD屋さんに侵入して、
この日に発売されるCDを借りていこうと云う魂胆です。

ずっとたのしみにしていたCDなので、
菓子パンとおんなじくらいにうきうきしますっ。

さっそくCD屋さんに到着し、新作コーナーへとまい進すると、
棚の前には、ひとりの、かっぷくのよろしいおっちゃんが立ちはだかっています。

独身は、おっちゃんのお邪魔にならないよう、
いささか離れたところから、目的のCDの捜索を開始します。

と、目玉をきょろきょろっとさせていると、
独身の鼻腔に、なにやら奇怪な香りが侵入してくることに気づきます、、。

どうやら、おっちゃんの汗のにおいが、悪臭となって、
ふ~んっと、独身に向かって流れてきている模様です、、。

独身は、大好物の食べ物のかおりをくんくんっと嗅ぐのは大好きですが、
香水や芳香剤、正露丸、そして服に染み込んだ汗のにおいは、かなりの苦手分野です、、。

ラジオ体操よろしく、希望の朝が来たと云うに、
いきなり絶望へと叩き落されてしまったこころ持ちです、、。

そこで、いったんおっちゃんから非難して、
旧作をながめる振りをして、おっちゃんが退散するのを待ちわびます。

すると、ほんの数秒後、
おっちゃんはすすっと新作の棚から移動をします。

これで、独身に、ふたたびの希望が舞い戻ってきたようです、、。

気分も一新させ、目的のCDの捜索を再開するわけですが、
いくら、棚の上から下まで見渡してみても、IKKO、ではなく、
いっこうに、そのCDは独身の視界に突入してきてはくれません、、。

いったいどうしたものかと、
となりの棚に貼られたレンタルリリース予定表をのぞき込むと、
なっなんと、レンタル始動は、2週間後であることが判明です、、。

独身、ふたたび絶望へと軽く落とされます、、。

このアーティストのシングルCDは、毎度、決まってCD発売とともに、
レンタルがされるので、この日も、当然のごとく、
レンタルされているものだと思い込んでいました、、。

どうやら、独身のはやとちりってやつのようです、、。

希望の朝のはじまりかと思いきや、
なにやら、不穏な雰囲気が漂ってきます、、。

早々にCD屋さんから退散し、軽く落ち込みながら、
つぎのお店へと移動することにします。

もちろん、“きなこもちもち”を狙いに、
セブンイレブンへとまい進です。

独身は、ふだん、近所の南東にあるセブンを利用しているのですが、
この日は、CD屋さんに立ち寄ると云う目的もあったこともあり、
久々となる、西のセブンでハンティングすることにします。

この西は、それまでの独身の常宿、ならぬ、
常ハンティング先として登録されていたのですが、
すぐ近所の東南にもセブンが存在していることに気づいてからは、
ずいぶんとご無沙汰しています。

ささっと西に到着し、中へと進行するのですが、
東南のセブンは、入り口が手動であるのに対し、
西は、自動ドアであることを再発見です。

いかんせん、西は久々で、手動のセブンになれていることもあってか、
自動ドアに、軽く驚愕する独身です、、。

はじめて自動改札を目の当たりにしたときの驚きと酷似しています、、。

軽く田舎もんっぷりを発揮してみたところで、
さっさと菓子パンコーナーへと移動します。

すると、“今週のおすすめ!”と書かれた棚の段に、
“きなこもちもち”がこぞって勢ぞろいしているところを発見です。

さらには、店員さんの手書きで、
“きなこ味の、もちもちっとした食感で、
 ひとくちサイズで食べやすいですよ!”
などと、書かれた張り紙に気づきます。

いかに、セブンが、
この“きなこもちもち”をゴリ押ししている様子がうかがえます。

そこで、さっそくブツを手に取り、
しかと、己のまなこで、どんな菓子パンなのかを確認します。

どうやら、プチシュークリームほどの、実に小粒の生地に、
きなこクリームが、半分だけコーティングされていると云った具合の菓子パンです。

それが、カップの中に、10個ほど盛られています。

独身の妄想していたのは、ひとくちサイズとは云え、
1.5くちくらいで頂ける大きさです。

しかし、実物はと云えば、ひとくち、どころか、
0.5くちくらいの、超ミニサイズで、“ミニモニ”、
もしくは、“プッチモニ”どころの騒ぎではない、
と云ったほどの大きさです(?)。

まあ、小粒とは云え、お味にはなんら影響はないのだから、
その辺のところは黙認しようと、生地の選定作業を行おうとするのですが、
やはり、事前に妄想していたのと、実物とのギャップが、
独身のハンティング意欲を軽減させています、、。

これは、久々に訪れたディズニーランドで、
はじめて本物(?)のミッキーに遭遇し、興奮しながら写真撮影をお願いしたところ、
ミッキーが、独身の背中にまわした右手を、軽く、くいくいっとさせて、
(あれっ、ミッキーさんって、意外とエロ?)
と、ミッキーの本性を知り、いい意味で、親近感がわいて、
それまでイメージしていたミッキー像が、軽くほろっと崩れるようなものです(?)。
(実話。)

ミッキーの場合は、イメージとのギャップが、逆にいい方向へと発展したのですが、
“きなこもちもち”のほうは、あまりの小粒っぷりに、菓子パンとしての存在感が、
あまり確認出来ないのではないかと、思考がどんどんマイナス方向へと向かってしまいます、、。

大好物のきなこではありますが、やはり、もよっとしたこころ持ちのまま、
ハンティングを続行するわけにはいきません。

と云うわけで、久々の西のセブンですが、なんら捕獲することなく、
そそくさとお店をあとにします。

と、そこで、つぎのハンティング先に移動するわけですが、
この日の独身は、セブンまっしぐらだったので、予備のハンティング先までは、
考えてはいません、、。

とりあえず、西セブンの周辺に位置しているコンビニやスーパーを思い起こします。

すると、南にくだったところにファミマ、北にあがったところに、
イケメンさわやか好青年がスタンバイしているローソン、
そして、さらに北に行ったところに、むらさきのお店があります。

この3軒の中で、独身がもっとも気になるのは、
やはり、ローソンです。

やはり、と云うのは、それは、ナイス新作、と云うより、
ナイスイケメン店員さんですっ、、。

食いしん坊な独身ではありますが、それなりに(?)、
イケメンだって大好物(!)です。

とは云え、店員さんをハンティングするなんぞ、
恐れ多くて、年増の独身おんななんかに出来るわけがありませんっ、、。

ただ、ナイスイケメンっぷりを拝ませて頂ければ、それだけで、
連日、深夜まで熱中している“マリオテニス”で寝不足となっている独身の疲労も、
すすっと解消されてしまうってもんです。

そこで、ずうずうしくも、独身のお疲れを癒して頂こうと、
ローソン行きを決定します。

ローソンと云うと、なにやら、今週は、
“ワンピースフェア”なるものが開催されているようで、
菓子パン部門からも、“麦わらぼうしぱん”が参戦している模様です。

数ヶ月前だったか、地方のB級グルメを紹介する番組で、
どこかの地域では、“ぼうしパン”があっちこっちのパン屋さんで、
むかしから大人気で、地元の人のおはなしによると、ほかの地方では、
“ぼうしパン”がないことを知ったときは、かなり驚いた、と云うほど、
地域におなじみとなっているパン屋さんのパンが存在するそうです。

それ以来、“ぼうしパン”なるものが、ずっと気になっていたのですが、
今週になって、ローソンから、ブツが登場すると云うことで、
是非とも、ハンティングさせて頂こうと、しかと決定されているわけです。

この日は、セブンを優先するつもりでいましたが、
予定外の展開となったこともあり、ここらで、“ぼうしパン”を狙い撃ちしようと、
さっそくイケメンローソンへと移動することにします。

すると、道の途中に、
あるスーパーがあることに気づきます。

それは、“希望のスーパー”です。

この“希望”は、独身が菓子パンハンティングをはじめた2年前は、
ときおり訪問していたスーパーですが、菓子パンに関しては、
あまり情熱を注いでいらっしゃらないと云うことで、
ここ数年は、めっきりご無沙汰しています。

しかし、この日は、久々と云うこともあり、なんとなく、
ローソンの前に、“希望”にも寄ってみようと云うこころ持ちになります。

さっそく店内へと足を踏む込むわけですが、ここ“希望”は、
お店の入り口と出口が完全にわかれているので、出口からブッこむことは出来ません、、。

と云うわけで、最終コーナーの菓子パンからは、もっとも離れた、
お野菜コーナー側の入り口から突進です。

と、その瞬間、攻撃的な冷気が独身に襲い掛かってきます、、。

スーパーやデパート、電車などの公共では、
冷え性の独身にとって、いささか酷な場所でもあります、、。

それは、冷房が厳しいから、です、、。

ほんの数分程度ならいいのですが、数時間ともなると、
いくら長袖を着込んでいても、すっかり冷え冷えになってしまうのが独身です、、。

菓子パンハンティングにかかる時間は、長くてせいぜい5~6分なので、
別段、冷え性の独身のからだに、影響されることはありません。

しかし、ここの“希望”の冷房は、お店に入った瞬間、
秒殺です、、。

まさに、ここ最近、世間をにぎわせている、
“氷殺ジェッ●”よろしくの攻撃っぷりです、、。

冷凍庫かっ!と云うくらい、猛烈な冷気が独身のからだを刺してきます、、。

これでは、“希望のスーパー”ではなく、
“絶望のスーパー”ですよ、、。

かちんこちんに凍りつく前に、
早々にハンティングを終わらせたほうがよろしいようです、、。

と云うわけで、軽い競歩で菓子パンコーナーを目指すと、
まず、独身の視界に入ってくるのは、この日の特売の、
ヤマザキの“アーモンドカステラ”です。

この“アーモンド、、”は、実際には頂いたことはありませんが、
“おかんのスーパー”で、なんどもお目にかかっている菓子パンです。

とは云え、特売と云うことで、なっなんと、お値段、
おひとつ60円ではありませんかっ、、!

“おかん”では、たしか、
70~80円のあいだだったと記憶しています。

それを考えると、“希望”も、なかなかいい仕事をしてくれている模様です。

そこで、とりあえず、“アーモンド、、”は仮ターゲットにすることにして、
そのほかの菓子パンにも目を通すことにします。

すると、この日のもうひとつの特売として、
神戸屋の“フレンチロール”が3種、盛られているところを発見ですっ。

“フレンチロール”と云うと、神戸屋をひいきにしている、
某ドラッグストアで、“練乳クリーム”とご対面をしています。

そのときは、あまり感心がわかなかったのですが、
いま、独身の目の前には、大好物の素材が使用された、
“メイプルクリーム”が参戦しているではありませんかっ!

“練乳、、”、“コーヒークリーム”、
そして“メイプル、、”が特売と云うことで、
おひとつ、79円と云う、お買い得なお値段設定で登場ですっ。

そう云えば、先日、“緑のスーパー”で、期間限定で特売されている、
“カスタードフランス”を求め、訪れてみたところ、ほんの数日前には、
しかと“緑”に存在していたのにも関わらず、代打として横たわっているのは、
おんなじ神戸屋のおフランスとは云え、“フレンチロール 練乳クリーム”だったのです、、。

それ以来、独身の中で、“フレンチロール”は、
独身を希望から絶望に落下させてくれたことで、
あまり目の当たりにはしたくない菓子パンになっています、、。

しかし、はじめてお目にかかる“メイプルクリーム”には、
興味を惹かれずにはいられないってもんですっ。

“練乳、、”も、お味的には興味津々ですが、
やはり、メイプル大好物の独身としては、“メイプル、、”に胃を任せたいこころ持ちです。

と云うわけで、この日のターゲットは、
この“フレンチロール メイプルクリーム”に決定ですっ。

実のところは、イケメンローソンへと向かうところでしたが、
数年振りに訪れてみた“希望のスーパー”で、“フレンチロール”と云う、
ナイスな出逢いが待ち受けていようとは、流石のハレンチ(!)“ミッキー”も、
妄想すらしていなかったことでしょう(?)。

突き刺すような冷房で、すっかりからだは冷え込んでしまいましたが、
こころ内はほくほく気分で、“希望”をあとにした独身なのでありました。

神戸屋--フレンチロール メイプルクリーム。


歯切れの良いソフトフランスにメイプルクリームをサンド。”

と云うわけで、はじめて頂くシリーズ、
神戸屋の“フレンチロール メイプルクリーム”です。

スーパーと云うと、特売情報を新聞のちらしでおおっぴろげにするのですが、
今回訪れた“希望のスーパー”では、ちらしだけでは満足出来ないのか(?)、
店内にも、新聞とは別の、特売情報のちらしを用意しています。

この“メイプル、、”をハンティングして、
ささっとレジで清算を済ませたあと、出口付近にちらしが置かれた棚を発見します。

特売も大好物な独身としては、このちらしをシカトするわけにはいきません。

そこで、さっそくちらしに手を伸ばし、気づけば2枚もつかんでいたのですが、
特売情報に目を通します。

すると、“希望”で定められている、ある法則があることを発見ですっ。

独身は、週1で“緑のスーパーα”と、“オレンジのスーパー”の、
パン割引に参戦しています。

それとおんなじ曜日に、なっなんと、“希望”でも、
パンの特売を行っているではありませんかっ、、!

数年前には、この法則はなかったように記憶しています。

それが、この日、久方振りに訪れてみると、
パン割引日が設けられていることが判明ですっ。

以前までは、菓子パンにはほとんど情熱を寄せていなかった“希望”ですが、
徐々に、充実した菓子パンコーナーの希望を見せはじめてくれている模様です。

とは云え、ほかの菓子パンを見つめてみると、やはり、
種類も数も豊富と云うわけでもないし、新作がスタンバイしているわけでもありません、、。

しかし、今後の“希望”がいい方向に発展することは、
じゅうぶんに期待出来るものと思います。

と云うわけで、“希望”に希望を寄せつつ、
さっそく、はじめての“フレンチロール”を頂いてみたいと思います。

生地の端っこから頂くと、かなりがっしりとしていて、
ぐいぐいっとした強さのある食感であることがわかります。

まさに、フランスパンと云った雰囲気のかたさで、
袋に書かれているような、“ソフトフランス”っぷりは確認出来ません、、。

これは、しょっぱなから、出鼻にパンチョを喰らったか、
と思いきや、どんどん生地を食べ進んでいくと、ようやっと、
生地は本領を発揮してくれていることに気づきます。

むにむにっとした、ソフトな弾力があって、
はぐはぐっと噛み応えがあります。

それでいて、ほふほふっとした軽やかさもあります。

“歯切れが良い”と云われれば、まあ、たしかに歯切れはいいようですが、
どちらかと云うと、むにむに度のほうが強いので、
さして歯切れがいいと云うわけではないように思えます。

もっと、しゃくしゃくっとした、
はっきりくっきりとした切れのよさを発揮してくれるものと妄想していましたが、
その実態は、おなじく神戸屋の“フランスシリーズ”のような、弾力+軽やかな生地です。

“フランス”のほうは、もっとキメがぎゅぎゅっと密集しているのですが、
“フレンチ”は、いささかキメが荒っぽく見えるわりには、
ごわごわっとした荒々しさはありません。

細やかな気泡があっちこっちにあるので、
ほんわりとして、“フランス”ほどのみっちりっぷりはありません。

そのへんのところが、“フランス”と“フレンチ”の違いのようです。

さらには、“フレンチ”は、生地の表面がかっ!と焼かれているので、
コッペパン、と云うか、フランスパンのように、がしっとしたハリがあります。

まさに、“ソフトフランス”と云った雰囲気です。

お味のほうは、小麦の旨味と、
表面の香ばしさがほわっとお口に広がります。

すっきりとしたフランスパンで、“フランス”のような、
じゅわじゅわっと染み出てくるような塩気はありません。

いたって、ふつうのフランスパンと云った感じで、
これと云ったような特徴はありません、、。

と云うか、微妙~にコッペパンのような節もある生地です。

これは、“滝川クリステルさん”の日本名が“雅美さん”であることを知った途端、
急に日本人らしく見えてくるようなものでしょうか(?)。

もしくは、“曙さん”の日本名が“太郎”と云うことで、
まさに、the 日本人っ!と云った雰囲気満載のようなものでしょうか(??)。

神戸屋--フレンチロール メイプルクリーム。


生地の中には、思わずピーナッツクリームを妄想とさせるような、
淡いベージュ色のメイプルクリームがサンドされています。

このように、長い生地の菓子パンと云うと、
端っこにまでクリームが行き届いていないことが多々、あります。

独身は、生地を半分にカットして、カットした面ではなく、
端っこから頂くことを常としています。

はじめにもぐっと生地に喰らいついた瞬間、
クリームがなしの、生地オンリーがお口を占領するとなると、
やはり、落胆してしまうってもんです、、。

第一印象は大事と云いますが、菓子パンに至っても、
第一もぐもぐはたいせつです。

ところが、この“メイプル、、”の場合、生地をぱかっと開いてみると、
しかと生地の両端にまで、クリームが行き届いていることが判明ですっ。

些末なことではありますが、端っこにまで気を遣って頂いていると、
ありがたいこころ持ちで、思わず拝みたくなるってもんですっ。

軽く感謝したところで、メイプルクリームを頂くと、
数秒前までは、あれほど感服していたのが、お口にした瞬間、
一気に、どんより~とテンション低下です、、。

神戸屋--フレンチロール メイプルクリーム。


と云うのも、このクリーム、、。

ぬをぉ~んとして、かなりぬるんっとした、
不快な口あたりを発揮してくれているのです、、。

まるで、マーガリンをてんこ盛りに頂いているかのごとく、です、、。

かなりつるつるっとしていて、お口の中に、
ぬめぬめっとした油膜が残ります、、。

お口にした瞬間、思わず、
(うぇっ、きもち悪いっ、、。)
と、軽く苦悶の表情になったことは否定出来ません、、。

つるつるタイプのクリームは、菓子パンにはときおり見受けられるのですが、
ここまでマーガリンと同等のぬるぬるは、この“メイプル、、”はトップクラスと云えます、、。

まるで、真夏の暑さで、給食の牛乳が中途半端にぬるくなってしまったかのごとくの、
不快満載のぬをぉ~~ん、です、、。

もしくは、“アディダス”の模倣品なのか、
別個のブランド(?)なのかわかりませんが、
“アディマウス”のごとく、すっきりとしない、ぬをぉ~~ん、です、、(?)。

これには、流石の“ミッキーさん”だって怒り憤騰ですよっ!(??)。

神戸屋--フレンチロール メイプルクリーム。


メイプルクリームのお味ですが、どちらかと云うと、
はじめはミルクっぽい、まろやかさがするのですが、後半になると、
もの凄い勢いで、じゅわじゅわっとメープルの香ばしさと甘味が加速してきますっ。

いまのいままで、メイプル風味の菓子パンを数多頂いてきましたが、
お供のミルククリームや、マーガリンに根負けして、
本領が発揮出来ないまま、予選敗退すると云うケースがほとんどです。

ところが、この“メイプル、、”は、流石単独なだけあって、
メイプルの存在感をしかと確認することが出来ますっ。

はじめは、メイプル風味の勢いが弱いので、
ちからないメイプルクリームを妄想して、
思わず、がっくし落胆してしまうのですが、どうやら、
このメイプルは、大器晩成型よろしく、後半に向かうにしたがって、
実力を見せつけてくれるようです。

さんざ、独身を不安にさせておいて、あとあと、
満足させるなんて、希望と絶望、ならぬ、
“アメとムチ”をうまく使い分けるメイプルです。

とは云え、クリームの口あたりが不快なことは、
メイプルの風味でも、払拭させることは不可能です、、。

せっかくメイプルのお味が明確なのに、
口あたりが中途半端では、満足満載と云うわけにはいきません、、。

それでも、お値段のことを考えると、
なかなかのいい仕事っぷりを見せつけてくれています。

おんなじ神戸屋として、“フランス”もシリーズ化していますが、
独身がお気に入りとしている“フランス”と、
肩を並べるような実力に至っていない模様です。

今回、はじめてこの“フレンチロール”と対峙しましたが、
やはり、独身は“フランス”をひいきしてしまいます。

“アディダス”と“アディマウス”なら、だんじぇんセコム、ではなく、
断然、“アディダス”をひいきするってもんです(?)。

“ミッキー”と“タッキー”なら、断然“ミッキー”です(??)。


購入価格:79円/定価:98円。

栄養成分表示:
エネルギー:371kcаl
たん白質:5.6g
脂質:18.0g
炭水化物:46.6g
ナトリウム:319mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ミニストップ--ふんわりメロンクリーム~穂・敷島製~。  | home |  ヤマザキ--アップル&レーズンデニッシュ。