FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年05月31日[Sat]

BAGEL&BAGEL--キャラメルピーカン(5月限定)。

BAGEL&BAGEL--キャラメルピーカン(5月限定)。

BAGEL&BAGEL、5月の限定ベーグルッ!
それでもやはり、“石田純一さん”は、靴下をシカトしてしまうのかっ。


♪走る~ぅっ、走る~~ぅっ、どく~し~ん(独身)っ、
 乱れ~る髪もシカト~し~てっ、
 店に~、たどり~ぃ、つい~た~らっ、
 “キャラメ~ル、、”しかとつかむ~だ~ろっ♪

爆風スランプさん”が、流れる汗もそのままに、走ってしまわれるのなら、
この日の独身は、強風で乱れる髪を気にする余裕もなく、
BAGEL&BAGEL”の5月の限定、“キャラメルピーカン”めがけて、
いつもの愛チャリを走らせてしまうってもんです。

もうそろそろ、東海地方も梅雨まっしぐらの季節に突入するせいか、
ここのところ、めっきりお天気のご機嫌がよろしくありません。

かっ!と気温が盛り上がったかと思いきや、
ざざっと大雨が降ったり、かと思えば、
すっと気温が盛り下がって、独身の冷え性がカムバックしたりと、
お天気も、なかなかの不安定っぷりをご披露してくれています。

やはり、菓子パンハンティングと云うのは、
お天気に左右されることがあるので、独身としては、
すかっと晴れて頂いたほうが、ありがたいってもんです。

この日は、前日の雨から一転、まさに、
ハンティング日和の、さわやか~なお天気です。

ハミカミ王子”といい勝負、と云った雰囲気の、
実にここちのよい1日のはじまりです。

こんな日は、いっそのこと、
遠方のお店までハンティングに出かけたくもなるってもんです。

そこで、独身の脳裏に浮かび上がってくるのは、
BAGEL&BAGEL”です。

“BAGEL&BAGEL”と云えば、毎月、限定のベーグルを登場させているのですが、
独身は、今月の限定とは、いまだにランデブーしていません。

つい先週は、まったくの初ハンティングとなる、
JUNOESQUE BAGEL”のベーグルを頂いたわけですが、
やはり、おんなじベーグルとは云え、“BAGEL&BAGEL”とは、
一線を画したお味、質を見せつけてくれました。

お値段のご親切さで云えば、断然“BAGEL&BAGEL”に軍配が上がるのですが、
お味の存在感で云えば、“JUNOESQUE BAGEL”が2歩ほど、先を行っている、
と云った印象です。

まあ、“JUNOESQUE BAGEL”のほうが、およそ50円もセレブなこともあるので、
それなりの違いと云うのは、いたしかたがないってやつなのかもしれません。

さて、お天気もよろしいと云うことで、こんな日は、
まさに、“BAGEL&BAGEL”へと遠征するには、ぴったんこです。

と云うわけで、独身は、さっそく、
しかと紫外線対策をほどこして、さっさと“B&B”へ出発します。

しばし、愛チャリを漕いでいると、ふっと、
いつもと様子が異なっていることに気づきます。

それは、明らかに、愛チャリのペダルが重い
と云うことです。

独身は、毎度、己を鍛錬する意味も込めて、
いちばん重いギアに設定しています。

流石に、漕ぎ出しのときは、ギアの重みを感じるのですが、
かれこれ、3~4年は重いギアでまい進しているので、
いまでは、すっかり慣れっこになっています。

しかし、重いギアに、益々拍車をかけてくれる、
にっくき(憎き)あんちくしょうが存在するのです、、。

それは、自然の脅威とも云うべき、強風、です、、。

“ハミカミ王子”よろしく、あまりにも、さわやかなお天気なので、
出発するときまでは、まさか、強風が吹き荒れているとは、
まったく気づいていません。

ところが、いざ、愛チャリを漕ぎはじめて、
しばらくすると、いつもの重みより、3倍は重くなっていることに気づきます、、。

はじめは、己の体調がよろしくないのかと思ったのですが、
別段、風邪を引いているわけでも、疲労感満載、と云うわけでもありません。

となれば、これは、独身の体力的な問題ではなく、
愛チャリ、もしくは、自然が影響しているものと妄想されます。

では、愛チャリの不調なのかと、考えると、
それもまた、否定されます。

と云うのも、つい最近、独身の愛チャリは、
後輪のタイヤが、長年の摩擦による擦り切れで、
とうとう引退し、新たなタイヤと世代交代をしたばかりです。

つまり、愛チャリも、
すこぶる快調と云うわけです。

となると、考えられるのは、“自民党”よろしくの(?)、
自然による抵抗勢力です。

それならば、もっと早くに気づいてもいいはずなのですが、
あまりにも、ここちのよい、涼やかな風が吹いているので、
そのことに気を取られたのか、独身、まったくもって、
強風が吹いているとは、気づかずに、そのまま愛チャリを必死に漕いでいるわけです、、。

おそらく、向かい風ではなく、横からの風なこともあって、
なかなか強風が原因だとは察知出来なかったものと妄想します。

独身が、強風の存在に、ようやっと気づくきっかけとなったのは、
己の髪、です。

どうりで、“メドゥーサ”よろしく、髪がもっさもさに乱れると思ったら、
強風のおいた(いたずら)だったわけです。

これには、流石の“ボッティチェリ”だって、
ヴィーナス”に強風を吹かせてしまうってもんです(?)。

こんな強風の日は、いっそのこと、愛チャリのギアを、
重から軽に変更してしまえばよろしいのですが、そこは、
頑固者の独身の性がゆるさないってもんです。

独身は、“初志貫徹”よろしく、いちど、
己に課した決まりごとは、ちょっとのことで、
ささっと変更することは、ありません。

欧州に潜伏(!)していたときは、1年356日、
毎日パンを喰らい続け、ときに、シェアメイトにあきれられるほど、
連日、マンゴーとヨーグルトとパンのみで、生きていたくらい、
“初志貫徹”な独身です(?)。

そんな独身が、一時の強風なんぞのために、
数年間、継続して設定している重のギアを、
軽にするわけがないってもんですっ。

と云うわけで、“BAGEL&BAGEL”に到着するまでの、
およそ13~4分のあいだ、独身は、ずっと、
強風と、ギアに抗いながら、軽く般若の形相で、愛チャリを漕ぎ続けます。

しかし、こんな日でも、独身は、見ず知らずの、
自転車に乗ったかたに、勝手に勝負を挑んでしまいます、、。

独身は、おんなじ自転車に、うしろから、
ささっと抜かれたり、前方で走っている人を目の当たりにすると、
元“ランナー”の血が、かっ!と盛り上がって、つい、
追い抜きたくなる性の持ち主です。

それが、おんなじ女性だったり、ご高齢のかただったりすると、
益々、負けたくないと云うこころ持ちで満載になります。

たとえ、どんなに疲労感満載でも、強風でも、
独身のこころ内には、完敗と云う文字は、存在、
するときも、時として、あります、、。

しかし、挑戦することなく、ささっと勝負から退散するような、
そんな弱気な独身では、ありません。

と云うわけで、さっそく、前方で、
お化粧の匂いをふんふんっとさせながら、
自転車を走らせているマダムに、勝負を挑むことにします。

マダムも、強風にも関わらず、なかなかのスピードで走られているのですが、
なんとか、お化粧のにおいだけは避けたいと云うこころ粋で、
必死にマダムに接近し、ささっと抜き去ることに成功ですっ。

と、つぎに、視界に突入してくるのは、
ママチャリに乗った、紺のスーツの会社員さんです。

ママチャリのサイズが合っていないのか、
いささか窮屈そうに漕いでいらっしゃいます。

そのためか、なかなかスピードを出すことが出来ないようで、
男性のわりには、かなりゆらりと走っています。

これならば、独身でも、容易に追い越すことが出来ます。

さきほどのマダムほど、スピードをあげることなく、
ささっと会社員さんに勝利します。

やはり、どんな勝負であれ、勝つと云うことほど、
気分そう快になることはありません。

しかも、強風と云うハンデ(?)があるにも関わらず、
独身は、男性との対峙に勝ったわけです。

まったく見知らぬかたではありますが、
独身のこころ内では、勝利によろこびで満載です。

しばし、このよろこびに浸りつつ、
愛チャリを漕ぎ続けていくと、なにやら、後方から、
どなたかが接近してくる気配を察知します。

これは、また、新たな挑戦者が登場かと、
ちろっと横目で確認してみると、なっ、なんと、
独身の右横には、さきほど、独身がささっと勝利した、
あの、会社員さんが再登場しているではありませんかっ、、!

どうやら、会社員さんは、独身に根負けしたことが、
相当、くやしかったのか、さきほどは打って変わって、
前傾姿勢で、かなりのスピードで、独身を抜き去っていきます、、。

これには独身、会社員さんの再チャレンジに受けて立つ、
体力も、精神も、湧いてこないってもんです、、。

ついさきほど、勝利をして、すっかり安穏っと愛チャリを漕いでいる独身に、
いきなりの再チャレンジを受け入れるほど、こころの余裕はありません、、。

これは、ぼうっと立っているところに、
いきなり、後方から、“ひざかっくん”されるようなものです、、。

つまり、独身は、すっかり気を抜いていたので、まさか、
会社員さんが再登場しようとは、ちろっとも妄想していなかったのです、、。

これは、まさに、“小泉元首相”が云うところの、
まさか”ってやつです、、(?)。

これには、流石の“金太郎”だって、
まさかりをかついでしまうってもんです(??)。

そんな、すっかり完敗モード満載になってしまった独身に、
さらに、拍車をかけるかのごとく、強風が、前方から独身を攻めてきます、、。

なんとか、“BAGEL&BAGEL”に到着したころには、
乱れた髪にも気をつかう余裕もなく、ただ、残された体力で、
へろへろ~っと、お店へと向かう独身なのでありました、、。

BAGEL&BAGEL--キャラメルピーカン(5月限定)。

香ばしいピーカンナッツとキャラメルチップをたっぷり混ぜ込みました。
 カリカリナッツとキャラメルの食感が楽しめます
。”

と云うわけで、“BAGEL&BAGEL”の5月の限定、
“キャラメルピーカン
”です。

さっそく生地に喰らいついてみると、
と~っても、むにんっと、むちんっと、
やわらか~な食感であることがわかります。

ベーグルと云うと、もっと、ぶちっと、がちっと、
ハードな噛み応えが特徴だったりするのですが、
今回の生地は、水分がしっとり、と云うか、
じっとりとしていることもあってか、かなりやわ~に仕上がっています。

ときに、“BAGEL&BAGEL”の生地は、
キメがもさもさっと粗めで、乾いていることがあります。

一方で、この生地は、いささか生焼けと云うか、
焼き上がって、そのまま熱を冷ますことなく、即、袋詰めをして、
そのときの蒸気で、生地がじっとりになった、と云った雰囲気です。

まあ、もさもさしているよりは、じっとりのほうが、
生地がやわらかくて、弱気な独身のアゴでも、
容易にもぐもぐすることが出来るので、
独身としては、こちらのほうが、ご親切に感じます。

それでも、やはり、ベーグルなだけあって、
しかともぐもぐしていくと、びっちり、むっちりとした、
いい噛み応えのある弾力になっていきます。

さらには、じっとり感満載なので、お口の中で、
ぴっとりとなじんでいきます。

そこに、ピーカンナッツが、こりこりっと、
アクセントを放ってくれます。

かなり細やかなナッツなので、
存在感満載、と云うほどではないのですが、
ベーグルのむっちりに根負けすることなく、
しかと、かりかりを主張しています。

学園ドラマで、教頭のうしろで、
金魚のふんのように、ぴったりと引っ付いて、
主人公を困らせるような発言ばかりをする、
学年主任のようなものでしょうか(?)。

BAGEL&BAGEL--キャラメルピーカン(5月限定)。

生地のお味は、喰らいついたときは、
ほふんっと、スパイシーな風味が漂ってきます。

はじめは、シナモンと黒こしょうがガチンコしたような風味に感じるのですが、
その正体は、ピーカンナッツの皮ではないかと、勝手に妄想します。

とっても風味豊かで、かおりもさわやかです。

そのあと、しかともぐもぐすると、今度は、
生地の奥~のほうから染み出てくるかのごとく、
小麦の甘味がじょわじょわっと、勢いよく登場してきますっ。

しかも、もぐもぐすればするほど、
この勢いは、凄みを増していきますっ。

まさに、麦の風味、甘味と云った感じで、
素材の自然なコクを感じますっ。

白米より玄米、白糖より黒糖、
Gacktさん”より“松崎しげるさん”と云った印象です(?)。

つまり、小麦の白い粒のお味、と云うより、
まわりの、茶色の皮のお味を妄想します。

先月の限定、“苺ホワイト”は、生地にいちごピューレが参戦していたこともあって、
さほど小麦の実力を感じることはなかったのですが、今月は、
練り込みタイプではないので、しかと小麦の存在を見せつけられますっ。

そこに、かりかりのピーカンナッツが、
くるみのような、軽い苦味のある、すっきりとしたお味を付け足ししてくれます。

ナッツ満載、と云うわけではないので、
小麦のようなちから強さはないのですが、
学園ドラマの、保健室の先生くらいの存在感はあります(?)。

さらには、そこに、キャラメルも参戦してくるのですが、
一応、主役のうちのひとり、なはずなのですが、
まったくと云っていいほど、お味を感じることはありません、、。

これは、先月の“苺ホワイト”のホワイトチョコにも見受けられたことです、、。

一方、先日はじめて頂いた、JUNOESQUE BAGELの“抹茶カフェラテアーモンド”場合、
主役がてんこ盛りでも、ひとつひとつが、怠慢になることなく、
しかと己のお味を主張してくれています。

ところが、いまのいままでの“B&B”の限定は、
主役が欠席しているものばかりだったように思えます、、。

今回の“キャラメルピーカン”は、またしても、
主役不在、なのですが、もうひとつのピーカンが、
キャラメルのぶんまで、務めを果たしてくれている、と云った雰囲気です。

これには、流石の“白鵬”だって、もうひとりの横綱、
朝青龍”の野蛮っぷりに、嫌気が差してしまうってもんです(?)。

BAGEL&BAGEL--キャラメルピーカン(5月限定)。

生地の残り半分は、レンジで20秒
チンしてみることにします。

すると、常温でも、むちむちんっと、じゅうぶんにやわらかかったのですが、
チンしたことで、へにへに~っと、いい意味で、腰抜け状態になっています。

さらには、じっとりの水分が、益々生地になじんで、
より、ぴっとり感がアップしています。

しかし、熱がじきに冷めてくると、生地の表面が、
いつものベーグルらしく、びっちり、ぶちんっと、
ハードに変化していくことがわかります。

チンして、いささか冷ましたほうが、
ベーグルらしい、ちから強い生地になっているように感じます。

お味のほうは、小麦がほわんっと、
温かくなって、まろやかになっています。

しかし、常温のときのような、麦の自然な凄みと云ったものが、
やわらか、と云うか、弱気になっているようです。

今回の“キャラメルピーカン”の場合は、
常温そのままで頂いたほうが、小麦のそのままの実力を堪能出来ます。

BAGEL&BAGEL--キャラメルピーカン(5月限定)。

全体的には、しかと麦の自然な甘味と風味が幅を利かせていて、
さらには、ピーカンナッツの、スパイシーなかおりと、
くるみのような、すっきりとしたお味が、より、
素材そのままの、自然な風味をかもし出しています。

武器もなにも持たずに、そのままの姿で敵と対峙する、
そんな勇ましい侍のような生地のお味ですっ。

しかし、せっかくキャラメルと云う武器があるにも関わらず、
それを駆使しない手はないってもんです、、。

まさに、“宝の持ち腐れ”ってやつです、、。

これは、“石田純一さん”がモットーとしている、
素足で革靴”のようなものでしょうか、、(?)。

つまり、しかと靴下を持っているにも関わらず、おしゃれのために、
あえて、靴下はシカトするのが“石田さん”ならば、この生地は、
しかとキャラメルが持ち合わせているにも関わらず、
あえて敵に見せつけることなく、そのままシカトするのが、
この“キャラメルピーカン”と云うわけです(?)。

これには、流石の“長谷川理恵さん”だって、
“石田さん”にも、“キャラメル、、”にも、
ほとほとっと、アイソをつかせてしまうってもんです(??)。

それでも、今日も“石田さん”は、
相も変わらず、靴下をシカトするのでしょう。


BAGEL&BAGEL 楽天店

手作りベーグル専門店イーストリートベーグルズ


BAGEL&BAGEL
キャラメルピーカン(5月限定)

販売価格:150円。
エネルギー:264kcаl/製品100g当たり。

独身評価:★★★☆☆(3.5)

↓BAGEL&BAGELのベーグルはこちらっ↓
BAGEL&BAGEL
スポンサーサイト





タグ: べーグル, キャラメル, ナッツ,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME