FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年09月03日[Mon]

ファミリーマート--ソフトフランス(塩キャラメル)~こだわりパン工房・山崎製~。

ファミリーマート--ソフトフランス(塩キャラメル)~こだわりパン工房・山崎製~。


ファミマからも塩キャラメル登場っ!
キャラメルは、いったい何をごまかしていると云うのかっ、、!

「サークルK.はやめときなっ、ファミマだよっ、ファミマッ!」

“金八先生”でおなじみの、“三原じゅん子さん”なら、
塩キャラメルの菓子パンをハンティングしようとしている独身に、
“ボディ”、ではなく、ファミマだよ、とゴリ押ししていることでしょう(?)。

ここ最近、菓子パン界では塩キャラメルが大流行なのか、
あっちこっちで塩キャラメルの菓子パンが登場しています。

キャラメルも、独身の狩猟範囲内にしかとハマりこんでいると云うことで、
独身が、それらの菓子パンを、うかうか取り逃すわけがありません。

“三原さん”が、旦那さまの“ハッピハッピーさん”を逃そうとしていても(?)、
“地獄の果てまでついていく”さそり座のおんなの独身に至っては、
どこまでも、執拗に追いかけるってもんです(!)。

そんな“一途な星”のもとに生まれた独身が、まず、狙い撃ちをしたのが、
サークルKサンクスから先週登場している、その名も、“塩キャラメルパン”です。

サークルK.は、“塩スイーツ”と云うフェアを開催している模様で、
そのほかにも、“モッチ粒あんぱん(塩豆入り)”もお供させています。

独身としては、キャラメルも、おもち入りあんぱんも、
おんなじくらい魅力的ですが、実際には、“モッチ、、”を頂いています。

と云うのも、独身は、菓子パン好きとは云え、唯一、
不得意としているものが存在します。

それは、メロンパンです。

“塩キャラメルパン”は、一見しただけでは、
メロンパン出身なのか、はっきりとはわかりません。

しかし、岩のごとく、ごつごつっとしたビス生地が、
独身には、メロンパンを妄想とさせるのです、、。

それでも、塩キャラメルに興味津々の独身は、こころの端っこで、
(いいじゃんっ、思い切って“塩キャラメルパン”を胃に任せちゃえよっ。)
と、そっとささやく声が聞こえてきます、、。

その一方で、
(“塩キャラメルパン”はやめときなっ!
 “モッチ、、”だよっ、“モッチ、、”ッ!)
と云う、“三原さん”の声も聞こえてきます、、(?)。

そんな押し問答と戦いの果て、独身が出したこたえは、
“モッチ、、”と云うわけです。

やはり、“虎穴、、”にブッこむのは、
ビビりの独身には、とても出来そうにはありません、、。

穴があいた靴下を、糸で縫い縫いして、
自宅用として、しつこく履くような独身でも、
虎穴に突入するより、つい、“独身、危うきに近寄らず”よろしく、
身の保身を第一にしてしまうってもんです、、。

と云うわけで、サークルK.には、
“モッチ、、”のほうでお世話になったわけですが、
そこは、さそり座の独身おんなです。

そう、うかうかと塩キャラメルを断念するわけがありませんっ。

「サークルK.はやめときなっ、ファミマだよっ、ファミマッ!」
と云うことで、この日、独身が向かう先は、
北西のファミマです。

もちろん、ターゲットは、先週登場している、
“ソフトフランス(塩キャラメル)”です。

と、その前に、PACALERさんが、“ランチパック”の“塩キャラメル”を、
早々に紹介されているのを目の当たりにしていることもあり、
まずは、“黄色のお店”に向かい、“ランチパック”調査を行うことにします。

“黄色”と云えば、“ランチパック”の新作が登場すると、
そそくさと仕入れてくれると云う、すばらしいスタートダッシュを披露してくれます。

そのため、今回もきっと、“塩キャラメル”をささっと用意しているに相違ない、
と独身は息巻いて、“黄色”へと参上です。

しかしっ、、。

独身のフライングなのか、残念ながら、
“ランチ、、”の“塩キャラメル”は、いまだ“黄色”にはゴールしていない模様です、、。

とは云え、
♪オレたちにゃぁ、夢がある~っ♪
なら、独身には、ファミマがあるってもんですっ。

気分を一新し、さっさとファミマへ移動すると、
そこには、しかと、“ソフトフランス(塩キャラメル)”が、
こぞって勢ぞろいしているではありませんかっ。

しかも、これまた独身の得意とする、もちもち生地と云うことで、
益々関心させられるってもんですっ。

ファミマと云えば、前回、“スイートじゃりパン コーヒー”と、
ファミマ限定の、“ランチパック チョコクリーム フレーク入り”を頂いています。

双方とも、独身を情熱的に誘惑してくれたものの、
その実態は、独身を哀しませくれるような、無粋な菓子パンだったのです、、。

そんなこともあり、ファミマと独身のあいだには、
いささか不穏な空気が漂っていたこともあり、
ここらへんで、和解をしたいところです。

と云うわけで、ターゲットは無事、
“ソフトフランス(塩キャラメル)”に決定ですっ。

“三原さん”と、“ハッピハッピーさん”とのあいだに、
いったい、どんな空気が漂っているのかはわかりかねますが、
独身としては、ファミマの菓子パンとの関係修復に努めたいところです(?)。

ファミリーマート--ソフトフランス(塩キャラメル)~こだわりパン工房・山崎製~。


もっちりとした食感のフランスパンに、
 ほんのり塩味のあるキャラメルクリームをサンドしました
。”

と云うわけで、ファミマの“ソフトフランス(塩キャラメル)”です。

サークルKサンクスが、“塩スイーツフェア”をひそかに開催しているのなら、
ファミマは、先月から、“そのまんま宮崎フェア”を続行しています。

その中で、独身は“スイートじゃりパン コーヒー”をハンティングしているのですが、
コーヒーどころの騒ぎではない、なんとも過激なお砂糖の甘味っぷりに、
独身、すっかり一発退場です、、。

おんなじお砂糖入りクリームの菓子パンと云うと、
神戸屋の“懐かしロールシリーズ”がおなじみです。

“懐かし、、”のほうは、がりがりお砂糖満載のわりには、
さほど、甘味が前面にしゃしゃり出ている、と云った様子はありません。

そのため、ファミマの“じゃりパン”も、
“懐かし、、”よろしくの、控えめなお砂糖っぷりを妄想していたわけです。

ところが、“東国原知事”よろしく、これでもかっ!と云うくらい、
お砂糖がわいわい登場しているではありませんか、、。

いくら、マラソン大好きの知事ゴリ押し(?)の“じゃりパン”とは云え、
あれほどに過剰なお砂糖は、朝からフルマラソンが走れるのでは、
と云うくらい、血糖値が急上昇するってもんです、、。

これには、一粒で300M(たしか)走れると云う“グリコ”だって、
“じゃりパン”に太刀打ちすることは不可能ですよっ、、(?)。

実は、独身は当初、“じゃりパン ミルク”のほうを狙い撃ちしていたのですが、
その日、訪れた北のファミマには、残念ながら“ミルク”が参戦していなかったこともあり、
代打として、“コーヒー”をハンティングしたわけです。

そのときは、フェア期間内に“ミルク”も確保しておこうと計画していたのですが、
“コーヒー”の結果によって、すべては白紙になってしまいました、、。

そんな独身を、軽く皮肉っているのか、それからファミマを訪れるたびに、
なぜか、“ミルク”のみが菓子パンコーナーに登場しているのです、、。

これは、独身を誘惑しているのか、それとも、
ただ単に、おちょくっているだけなのでしょうか、、。

いくら、“三原じゅん子さん”のセリフは過激でも、
これ以上、過激なお砂糖とは、ごめんくっさ~ってもんです。

と云うわけで、“ミルク”とはさくっと縁を切った独身ですが、
その代わり、なのかはわかりませんが、昨日頂いた、
Pascoの“和栗のサンドロール”は、お砂糖に加え、
ミルクの甘味までもが、独身を意地悪く攻撃してきたのです、、。

まさに、“さそり座のおんな”よろしくの、
♪地獄の果てまで、ついていく~~っ♪
ってやつです、、(?)。

これには、流石の“美川憲一さん”だって、自転車に乗りながら、
「もっと端っこ歩きなさいよ~ぉっ。」
と、お砂糖を軽くけん制していることでしょう(??)。

今回独身は、はじめて塩入りスイーツを頂くと云うことで、
お塩が、いったいどんな具合にキャラメルとフュージョンしているのか、
妄想することは困難です。

ただ、“じゃりパン”と“和栗のサンドロール”のような、
攻撃的な強さでないことを祈るばかりです、、。

と云うわけで、さっさと生地から頂いてみたいと思います。

独身は、パンを頂くときは、たいてい端っこからちぎって頂くのですが、
この生地は、かなりぎいぎいっとしていて、そう容易に引きちぎることは困難です、、。

なんとか闘魂込めて、引っ張ってみると、“勝俣さん”よろしくの、
“しゃっ!”と云う音を立てて、生地は引きちぎられます、、。

これは、頂く前から、もよっとした不穏な雰囲気が立ち込めてきます、、。

ちぎった生地を、そのままお口へと運び、
もぐっとすると、もんの凄い噛み応えがあることが判明です、、。

流石、フランスパンと云った感じで、ぎいぎいっ、ぎしぎしっと、
“小泉元総理”も驚愕の、生地からの抵抗勢力を受けます、、。

“フランス”と云うと、先日、
神戸屋の“フレンチロール メイプルクリーム”を頂きました。

この“フレンチロール”のように、表面がかっ!と焼かれた生地ですが、
生地から抵抗を受けるような、そんなハードっぷりはありません、、。

その一方で、この“ソフト、、”は、ソフトと名乗っているわりには、
まったくもって、ソフトっぷりは感じられません、、。

至ってふつうのフランスパンではありませんか、、。

とくに、端っこの生地には、過激な抵抗があって、
もぐもぐして、生地を噛み切るのには、歯だけでなく、
アゴからの情熱的な援助も必須となります、、。

それでも、中心部分へと進むにつれ、だんだんにもぐもぐしやすくなってきます。

ぎいぎいが、徐々にぐいぐいっとした弾力になって、
最後は、なんとかやわらかくまとまっていきます。

しかし、はじめに生地に喰らいつきときの抵抗勢力に打ち勝たなければ、
生地の本質をたしかめることは出来ません、、。

と云うのも、表面の焦げっ!となっている部分に厚みがあるので、
余計に、生地の強さに拍車をかけているのです、、。

これの生地の層を、なんとか突破しないと、内側への侵入は困難なわけです、、。

表面の、ぎいぎいっとした頑なっぷりの一方で、
内側の白い生地は、ぎゅぎゅっと凝縮されている、
と云うか、かなり密集していると云った雰囲気です。

やはり、これも、
流石フランスパンの実力と云った感じです、、。

いったい、この生地のどこが“ソフトフランス”なんでしょうか、、。

袋の説明には、
“もっちりとした食感、、”と書かれているのに、
ちっとも“もっちり”っぷりはないではありませんかっ!

もっちり、どころか、ぎいぎいっ、ですよっ!!

半分ほど頂いたところで、独身のアゴは、
すっかり疲労困憊よろしく、軽く悲鳴をあげています、、。

どうやら、独身の弱気なアゴでは、
自称“ソフトフランス”からの抵抗勢力に、逆に抗うことは、
まさに、骨折り作業と云えます、、。

これでは、“自民党をぶっ潰す”どころか、
独身のアゴがぶっ潰れてしまいますよっ!

生地のお味のほうですが、ぎいっと生地に喰らいついた瞬間、
ぼわっと香ばしい風味がお口に突入してきます。

流石、お焦げの層がぶ厚いだけはあって、
香ばしさ満載です。

この香ばしさが、生地の風味と相成って、
じわじわっと旨味をかもしだしています。

さらには、痛みに耐えて、頑張ってもぐもぐすると、
だんだんに、お塩のじゅっぱい風味がじゅわじゅわっと染み出てきます。

キャラメルだけでなく、生地にもお塩がもりっと練り込まれているのでしょうか。

これは、神戸屋の“フランスシリーズ”を妄想とさせる、
お塩のじゅわじゅわっぷりです。

ぎいぎいっの硬さも、“フランスシリーズ”を見習って頂きたいものです、、。

ファミリーマート--ソフトフランス(塩キャラメル)~こだわりパン工房・山崎製~。


生地の中には、塩キャラメルがサンドされています。

生地をぐわぁっと開いた瞬間、
なんとも艶やかなクリームの登場に、
軽く不穏なこころ持ちになります、、。

こういった艶々っとしているクリームは、たいてい、
油分がぬめぬめっとしていることは、独身のいままでの経験で、
軽く察知出来てしまいます、、。

実際に頂いてみると、てろ~んとした、ゆるやかなクリームで、
つるつるっとした、云わゆる、ファットスプレッドであることを実感です。

結構な量が盛り込まれていることもあって、
お口の中に、ぬをぉ~~んと、不快に侵入してきます、、。

ぬるぬるっとしているのですが、妄想していたような、
ぬめぬめっとした油分は、さほど感じません。

まったり~としていて、軽くべっとりと張り付くのですが、
そのあとは、ほろっととろけていきます。

イメージで云うと、“なまけもの”と云った感じでしょうか(?)。

ぬをぉ~んとしたゆるさが、いささかちからない、
と云うか、だらけているような印象を受けます。

かと云って、そこはファットスプレッドと云うことで、
さらさらっとした、垂れてしまうようなゆるさではありません。

ファミリーマート--ソフトフランス(塩キャラメル)~こだわりパン工房・山崎製~。


クリームのお味のほうですが、お口にした瞬間、
どかっと勢いよくキャラメル風味が突撃してきますっ。

“グリコ”のキャラメルも驚愕の、
100Mを、9.73くらいで走れそうな、
かなりのスタートダッシュっぷりですっ(?)。

そして、同時にお塩も、どかどかっとキャラメルのあとを追ってきますっ。

これは、生地のぎいぎいっなんて、
大騒ぎしている場合ではありませんっ。

とにかく、かなり濃厚なキャラメルっぷりに、
ただ、軽く圧倒されるばかりですっ、、!

と、ここで独身、いささか冷静になって、
しかと塩キャラメルのお味を確かめます。

すると、なにかが間違っているようなこころ持ちになってきます、、。

それは、
(ほんとうにこの勢いは、
 キャラメルのものなのだろうか、、。)
と云うことです。

もんの凄い情熱を持ったお味なんですが、
果たして、これはキャラメルの実力なのか、
疑いの念がふつふつっとわいてきます。

己の舌べろで、しかと味わってみると、
キャラメル自体は、かなり薄いと云うか、弱々しいように思えてきます、、。

ではなぜ、独身はキャラメルが濃厚だと思い込んだのかと云えば、
それは、お塩の仕業、です、、。

あまりにも、お塩が過激なため、それが、
すっかりキャラメルそのものだと、脳が勘違いしている模様です、、。

てんこ盛りにされたと思われるお塩が、
キャラメルのお味をごまかしているように思えます。

これは、肉じゃがを作ろうと思ったところ、
おしょう油の量がいささか不足していて、スーパーに買いに行くのも面倒なので、
お塩の量を増やして、ごまかしてしまえ、そんな感じです、、(?)。

もしくは、気になる男性に逢うと云うことで、つい、ちからが入り過ぎて、
うっかり厚化粧になってしまうようなものです(??)。

ほんとうのキャラメルは、とってもか弱くて、
ちからないお味なのに、お塩と云うパワーを得たせいで、
すっかり己の実力をごまかし、そして、独身をだましていると云うわけです、、。

これでは、袋にあるような、
“ほんのり塩味のあるキャラメルクリーム”
ではありませんよっ!

“過激に刺激に突撃してくる塩、ときどきキャラメル風味、クリーム”
ですよっ!!

ファミリーマート--ソフトフランス(塩キャラメル)~こだわりパン工房・山崎製~。


キャラメルには、ほとんどちからがないことがわかると、
益々お塩が過激に攻撃してきます、、。

これが、生地のお塩とフュージョンして、
さらに勢いは増すばかりです、、。

どうやら、キャラメルのお塩は、
フュージョンする相手を間違えている模様です、、。

これが、生地と相成ると、生地の食感はぎいぎいっと頑なで、
塩キャラメルは、対照的にぬをぉ~んとだらけているので、
最終的に、お口の中には生地のみが居残りしている状態です。

つまり、クリームは、ゆるゆるゆえ、
さっさととろけていく、と云うわけです、、。

しかし、そこは、過激なお塩なだけあって、
すべてごっくんしたあとは、じくじくっと、
舌べろにじゅっぱい風味がまとわりついています、、。

まさに、
♪地獄の果てまでついていく~~っ♪
ってやつです、、(?)。

昨日の“和栗のサンドロール”で、過激な甘味に攻撃されたばかりですが、
その翌日に、まさか、相反するじゅっぱい風味に攻撃されるとは、
妄想すらしていませんでした、、。

“アメとムチ”ならぬ、“ムチとムチ”です、、。

なんともSっ気満載な“和栗、、”と、
“ソフトフランス(塩キャラメル)”です、、。
(しかも、ハードS、です、、。)

ようやっと、“ソフトフランス、、”のすべてを喰らったあとの独身は、
生地のぎいぎいっの硬さに、アゴが悲鳴をあげ、勢いのあるクリームのお塩に、
舌べろがてんてこ舞い状態です、、。

この“ソフトフランス、、”で、ファミマとの関係修復を期待していたのですが、
どうやら、また一歩、独身とのあいだに、距離が出来てしまった模様です、、。

もしかしたら、あのとき、“三原じゅん子さん”は、
「ファミマはやめときなっ!サークルKだよっ、サークルKッ!」
と云ったのかもしれません、、(?)。


販売価格:110円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:345kcаl
たんぱく質:6.1g
脂質:16.3g
炭水化物:43.5g
ナトリウム:370mg

独身評価:★★☆☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--和栗のサンドロール。  | home |  BAGEL&BAGEL--葡萄(9月限定)。