FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年09月06日[Thu]

ヤマザキ--パンdeシュー スイートポテト&ホイップ。

ヤマザキ--パンdeシュー スイートポテト&ホイップ。



ヤマザキ、今月の新作の“パンdeシリーズ”ッ!
果たして“船越英一郎さん”は、犯人を崖に追い込めるのかっ、、!

♪ふら~ぁっと寄~ぉったら、ミ~ラク~~ルッ♪

独身がハンティングした、ほんの数分後に、
まさか、“ミラクルの100均”で、またしてもミラクルが発生しているとは、
流石の“牧瀬里穂さん”だって、妄想すら出来ないってもんです、、。

この日の独身は、あるターゲットを目指し、
“オカンのスーパー”へとまい進しています。

それはなにかと云えば、
ヤマザキの“パンdeシュー スイートポテト&ホイップ”です。

この“パンdeシュー、、”とは、すでに長月に入ったばかりのときに、
“黄色のお店”と“オカンのスーパー”で初対面を果たしています。

そのときは、ほかの菓子パンを優先していることもあり、
いささかハンティングするのが遅れてしまいましたが、
そのほかにも、独身がハンティング出来なかった要因があります。

“パンdeシリーズ”と云えば、過去に2種が登場していますが、
そのうち、“リンゴ果肉入りクリーム”は、“黄色”で遭遇しています。

“黄色”と云うと、独身は毎度週1の特売でお世話になっているのですが、
“リンゴ果肉、、”に至っては、定価すえおきの126円でハンティングしています。

しかし、その翌日の特売で、独身は目の当たりにしてしまったのです、、。

それは、定価で確保したばかりの“リンゴ果肉、、”が、
98円特売の対象とされているところを、、。

これは、流石の“家政婦”こと、“市原悦子さん”だって、
ドアのすきまから、ちろっとのぞき見てしまうってもんです、、(?)。

“おんなじ菓子パンなら、1円でもお安いものを。”
と、己に課している独身にとって、28円もお安いところに再会すると云うのは、
かなりの痛手と云えます、、。

ベッドの角に、足の小指をガチンコさせてしまい、
しかと小指の存在を確認するのとは、はなしが別ってもんです、、(?)。

小指がっつんの場合、しばらくは悶絶しますが、
じきに、痛みは癒えていきます。

ところが、ハンティングで大損を喰らってしまったときの衝撃は、
少なくとも、数日は引きずってしまいます、、。

実際に独身は、“パンdeシュー事件”以降、
1週間ほどは“黄色”を訪れることは出来ませんでした、、。

そんなわけで、独身にとって“パンdeシリーズ”は、
あまりよろこばしい想い出はありません、、。

しかし、今回の新作の“スイートポテト、、”は、
どうやら、ほかのブロガーさんにはとっても評判がいいようで、
流石の食いしん坊の独身も、さくっと“パンdeシュー事件”のことなど端っこに追いやり、
いち早く、ハンティングするときを待ちわびていたと云うわけです。

とは云え、“リンゴ果肉、、”のテツは、
2度と踏みたくはないってもんです。

いくら、好評価の新作とは云え、“リンゴ果肉、、”よろしく、
うっかり定価に手を出してしまうような、そんな学習能力の欠如した独身ではありませんっ。

ここは、数日後の“黄色”の特売まで、
“スイートポテト、、”とは、しばしのお別れをすることが、
賢い菓子パンハンターとなるための必須条件です。

と云うわけで、独身は、ある意味、お預けを喰らったわけですが、
残念ながら、“黄色”では、“スイートポテト、、”は対象とされなかったと云うことで、
この日、“オカン”へとハンティングに向かうと云う魂胆です。

“オカン”では、特売以外の、常駐菓子パンは、
すべてが1割引されています。

98円特売と比べると、やはりいささか割高となってしまいますが、
ふたたび定価すえおきに手を出すよりは、まだマシってもんです。

さっそく“オカン”に突入し、まずはこの日の日替わり特売から、
のぞき見てみることにします。

すると、この日の特売は、主にヤマザキの菓子パンがてんこ盛りされているのですが、
これまた残念なことに、ターゲットの“スイートポテト、、”は、
対象外の模様です、、。

己のターゲットが、偶然特売されているところに遭遇するのは、
ある意味、ミラクルと云えます。

昨日の“もちっとロール メープル”の場合は、
一応、“黄色”の特売で再会しているのですが、
それは、偶然と云うより、独身が確信していたことなので、
あまりミラクルとは云いがたいものがあるように思えます。

いまのいままでの菓子パン生活の中で、
偶然の出逢いによるミラクルは、何度かありましたが、
ミラクルは、そうそう何度も発生するほど、
“牧瀬里穂さん”はお暇ではありません(?)。

と云うわけで、ここは特売をシカトすることにして、
その奥の、菓子パンの棚へと移動します。

すると、前日すでに“オカン”で出逢っている“スイートポテト、、”が、
しかとこの日も参戦している模様ですっ。

この瞬間をずっとこころ待ちしていただけに、
独身のこころ内は、うきうきウォッチング、ではなく、
うきうきショッピングですっ。

さっそく“スイートポテト、、”をワシづかみにして、
ささっとレジへと持ち込みます。

この時間帯は、まだお客がもりもり登場していないようで、
レジは、いくぶんかすっきりとしています。

これは、たったひとつの菓子パンしか手にしていない独身には、
こころの負担がずいぶんと軽減されるってもんです。

やはり、昨日の“もちっとロール メープル”のように、
長蛇の列が出来ているとなると、もりもり買い物カゴに商品を詰め込んでいるお客さんや、
いそいそとレジの対応をされている店員さんに、
たいへん申し訳のないきもちで満載になってしまいます、、。

2日連続も、長蛇に参戦するほど、
独身は“アンパンマン”よろしくの、勇気100倍!の独身おんなではありません、、。

さて、レジも空いていると云うことで、
さっさと清算が終了し、ささっと“オカン”をあとにします。

そして、つぎに独身が向かうのは、
“ミラクルの100均”です。

なぜ、“ミラクル”と独身が勝手に命名しているかと云えば、
ここの100均は、ときどき、高額のお菓子を、
たった105円ぽっきりでゴリ押しすると云う、
ミラクルをやってのけてくれるお店なのですっ。

ときに、お値段が1/3までゴリ下げ(?)していることもあるので、
なかなか目を離すことの出来ない、2時間サスペンス(?)のような100均なのです。

これには、流石の“2時間ドラマの帝王”こと、
“船越英一郎さん”も、いつもの崖で(?)、
長々と犯人と対峙してなんかいられないってもんです(?)。

と云うわけで、“ミラクルの100均”に接近するあかつきには、
ちろっとのぞき見することが、独身の使命を化しているのです。

そこで、この日も、“ミラクル”へと寄ってみようと云うことで、
うきうき気分で店内へと進行すると、どうやら、前回独身が訪れたときと、
変わりはない模様です。

軽くがっくしとしたところで、これまたついでと云うことで、
菓子パンコーナーにも目を光らせることにします。

しかしっ、まさかここで、独身は、
“パンdeシュー事件2”を起こしてくれようとは、
妄想すらしていなかったのです、、。

さくっと移動をして、まずは右端から菓子パンの捜索を開始します。

(嗚呼、ヤマザキの“ずっしりデニッシュシリーズ”かぁ。
 いつかはハンティングしたいと思っているのだけれど、
 なかなかタイミングが合わないんだよねぇ。)

と思いつつ、独身が“ずっしり、、”から視線を左に向けると、
そこには、なっ、なんとっ、、!

ほんの数分前、“オカン”でハンティングしたばかりの、
この“スイートポテト、、”がふたつ、スタンバイしているではありませんかっ、、!

(、、、。)
独身、一瞬あたまが真っ白になります、、。

そして、その3秒後、、。
(いやっ、やっちまったよ~~ぉっ、、!!)

こころ内では、絶叫です、、。

さきほど、113円で獲得した“スイートポテト、、”が、
いま、ここ“ミラクル100均”で、105円で再登場ですよ、、。

これを事件と呼ばずに、なんと云うのか、“船越さん”よぉっ(?)。

妻、“松井一代さん”だったら、例の“マツイ棒”で、
独身の過去を拭き拭きしていることでしょう、、(?)。

独身だって、出来ることなら、先に“オカン”を訪問した事実を、
消し去ってしまいたいこころ持ちで満載です、、。

しかし、いくらミラクル連発の“ミラクル100均”でも、
時空を超えることは不可能です、、。

ここ“ミラクル”は、以前から菓子パンをスタンバイさせているのですが、
ここ最近は、以前ほど菓子パンに情熱を注いでいる節がなかったので、
独身は、“ミラクル”をほとんど重要視してはいませんでした、、。

ところが、独身が“スイートポテト、、”をハンティングした直後、
こうして“ミラクル”は、プチミラクルを起こしてくれているわけです、、。

(、、なんで“ミラクル”へと、うかうかやって来てしまったのか、、。)
独身、己の行動を、いささか後悔しています、、。

ただ、この日もミラクルが起きているかどうか、
たしかめに来ただけで、別段、これと云った明白な目的はありません、、。

前回の“リンゴ果肉入りクリーム”も、定価126円でハンティングした翌日、
98円で再会しています、、。

それを独身は、“パンdeシュー事件”と呼んでいるのですが、
今回は、“パンdeシュー事件2”と命名することにします、、。

どうやら、独身と“パンdeシリーズ”には、
なにかしらの因縁がある模様です、、。

まさか、数日後もまた、よりお安いところに遭遇するのではないかと、
こころ内ではひやひやっとしている独身です、、。

いつもなら、
“おんなじ菓子パンなら、1円でもお安いものを”
と云っている独身ですが、この日ばかりは、
(たった8円の差額なんぞ、些末なことよ、、。)
と、己をなくさめつつ、すっかり意気消沈で“ミラクル”から退散です、、。

“船越さん”も、そろそろ犯人を観念させ、
崖から退散したころでしょうか、、(?)。

ヤマザキ--パンdeシュー スイートポテト&ホイップ。


シューと、2種類のクリームのおいしい組み合わせ。”

と云うわけで、ヤマザキの今月の新作、“パンdeシリーズ”の、
“スイートポテト&ホイップ
”です。

いままで“パンdeシリーズ”は、
パンdeシュー カスタード&ホイップ”、
パンdeアップル リンゴ果肉入りクリーム”を頂きました。

さて、独身と“パンdeシューシリーズ”とのあいだには、
なにかしらの因縁がある模様ですが、シリーズとして、
はじめて登場した“カスタード&ホイップ”とも、
実は、軽い事件のようなものが起きているのです、、。

シュー生地使用の菓子パンと云えば、
Pascoの“おいしいシューロールシリーズ”が、
すでに周知となっています。

そこに、ヤマザキからも、“パンde”が参戦と云うことで、
独身としては、いったい、どんな試合運びを繰り広げてくれるものかと、
うきうきショッピングでハンティングしたわけです。

しかし、その実態は、まるで水で薄めたような、
やる気のないホイップと、ホイップとカスタードの甘味が、
じくじくっと、意地悪く喉を刺激してくると云う、
“ジキルとハイド”よろしくのお味を放ってくれたのです、、。

これはある意味、プチ事件と云えます、、。

その後登場した“リンゴ果肉、、”は、
お値段の点では、独身を崖から突き落としてくれましたが(?)、
お味的には、“カスタード&ホイップ”よりも、いくぶんか進化をとげていました。

これまた、“ジキルとハイド”よろしくです、、。

と云うことは、今回の“スイートポテト&ホイップ”も、
2種の流れを受け継いでいることが妄想されます、、。

いつか、独身と“パンde”とのあいだの因縁が、
ぼふっと消え去ってくれることを祈りつつ、
さっさと生地から頂きたいと思います。

生地は、わりとがっしり系で、喰らいつくと、
ぐぐっとした噛み応えがあることがわかります。

キメがみっちりと詰まっている、と云うより、
生地自体ががっしりハードマッチョ系のような印象を受けます。

そのため、軽いヒキのようなものも感じます。

頂く前に、しばし冷蔵庫でおやすみして頂いていることみあったか、
ぐぐっとしていながら、軽くしゃっきりとした食感でもあります。

長月と云うことで、そろそろ冷蔵庫に委託しなくて済む時期ですが、
この日は、台風の影響もあってか、ぬをぉ~んとした、
湿気満載の、不快感が漂っています。

やはり、長月とは云え、まだまだ扇風機と冷蔵庫は、
独身のお供をして頂く必要があるようです。

さて、生地を冷蔵庫にお願いすると、
たまに、もっさりと乾燥してしまうことがあるのですが、
今回は、そのような影響は見受けられません。

しかし、もう少し欲を云ってしまえば、
納得出来るしっとりまで、あと2歩足りないと云った雰囲気です。

あと2円あれば、1,000円札を出すことなく、
すべて小銭で清算出来たのに、と云った感じでしょうか(?)。
(ほぼ実話。)

もしくは、あと2cmほどで、ジーパンがワンサイズ下がったのに、
と云った雰囲気でしょうか(??)。
(これは妄想。)

生地のお味ですが、とくに底の部分が焦げっと焼けているためか、
独身好みの、いい香ばしさがぼふっとお口に広がります。

それでいで、じくじくっとした、お砂糖の甘味が染み出てきます。

じくじくっと云っても、攻撃性のある甘味ではなく、
うまく生地の旨味と、底のお焦げとなじんでいると云った、
なごやかなで、丸みのあるお砂糖です。

一方のシュー生地ですが、生地の上半分に、
ぺっこりとおおわれています。

シューは、結構な厚みがあって、
ヒキのある下の生地にも負けないくらいの存在感を放ってくれています。

しゃくしゃくっと云うか、厚みのために、
じゃくじゃくとした、いささか重みのある食感となっています。

独身は、あまりシュークリームが得意ではないので、
頂くことはめったにないのですが、シュー生地は、
へこっと薄いシューのほうが、食感的にしゃきしゃきっとはっきりとして、
頂きやすいのではないかと思います。

それが、このシューのように、どどっと厚みがあるとなると、
重苦しいと云うか、厚ぼったいと云った雰囲気が漂っています、、。

これは、夏休み中の登校日に、
うっかり夏の制服をクリーニング屋さんにお任せっぷりにしていたため、
しかたなく、冬の厚ぼったい制服を着ていくようなものです(?)。
(実話。)

制服のスカートと云うのは、ひらっとなると、
軽くすかっと透けて見えるのですが、冬服は、
ぼてっとしているので、まったく透けることはありません。

そのため、はたから見ると、
「あっ、あの人っ!制服冬服だよっ!」
と、バレバレになってしまうことは、明らかです。

クリーニングは、早めに済ませておくことが肝要です、、。

シューのお味ですが、たまごがもったりと使われているのか、
どしどしっと、たまご風味が濃厚ですっ。

お粉とたまごのみのランデブーか、と云うくらい、
たまごの存在感満載です。

しかし、甘味と云ったものがまったくないので、
このたまごが、軽い苦味のようなものを放っています。

とは云え、この苦味は意地悪いと云った節はなく、
なにやら、中のクリームとのバランスを考えて、
あえて、苦々しく作られたと云った雰囲気が伝わってきます。

と、ここで、いま気づくのですが、この“パンde”の生地の質もお味も、
Pascoの“おいしいシューロールシリーズ”に酷似しているように思えます。

“おいしい、、”のほうは、シューがもっと薄くて、
軽やかな、しゃくしゃくっとした食感があります。

そう云った点においては、“おいしい、、”のほうが、
シュー使用の菓子パンの先駆者(?)として、
2歩ほどリードしているように思えます。

ヤマザキ--パンdeシュー スイートポテト&ホイップ。


生地の中には、
“口溶けの軽い 十勝産牛乳使用 ホイップクリーム”と、
紅あずま入りの スイートポテトクリーム”が盛り込まれています。

ホイップは、“なめらかな口溶け”で、
一方のスイートポテトが、“お芋の風味豊かな、なめらかなクリーム”です。

まずは、ホイップからですが、お口にすると、
もふっと空気がつぶれるような音がして、
なかなかほわほわっとしたホイップであることがわかります。

と思ったところで、ホイップは、てろっと、とろけていきます。

たしかになめらかではあるのですが、いささかべっとりとしているので、
ごっくんしたあと、上あごあたりに、軽くべべっとはりつきます。

それに加え、ぬるぬるっとした油分も少々あるので、
なめらかと云うわりには、口あたりは、あまりさっぱり、
すっきりと云うわけではありません。

さらには、なめらかと云っても、水っぽさがあって、
それがゆえんとなって、なめらかと云うか、薄くなっている気は否めません、、。

そのため、濃密なホイップではなく、
薄まったホイップになっています、、。

これは、この“パンdeシリーズ”においては、
もはや、おなじみになっている模様です、、。

とは云え、初代の“カスタード&ホイップ”のような、
あからさまな水っぽさではありません。

いくぶんか、改善されているようにも思えます。

しかし、いまだ、しかとしたホイップまでは、
10歩ほど足りないと云ったところです。

ホイップのお味ですが、なかなかミルク度が濃く、
お砂糖の甘味も、なかなかどしっとしています。

まるで、ソフトクリームを妄想とさせるミルク風味です。

いささか重い甘味ですが、風味の点では、
懐かしさのあるように思えます。

水っぽいのに、ミルクが濃厚なので、
濃いんだか、薄いんだか、あまりはっきりとしないホイップです、、。

これもある意味、“ジキルとハイド”と云うのでしょうか、、。

ヤマザキ--パンdeシュー スイートポテト&ホイップ。


一方のスイートポテトクリームですが、
水っぽいホイップと比べると、なかなかもったり、でっぷりとして、
カスタードのようなねっとり感のあるクリームです。

ほんの少しだけ、おいものざらざらっとした口当たりがあるのですが、
さほど気になることではありません。

なるほど、なめらかな節はありますが、
いい意味で、まったりとした重みがあります。

やはり、おいものクリームと云うことで、
どしっと腰をすえている雰囲気があります。

お味のほうは、かなりさつまいも度が濃厚で、
密度高いと云った印象ですっ。

蒸し器で、かなりじっくりとふかした、
おいもそのものの甘味のようで、冷めているのに、
どこか、ほくほくっとした、温かさを感じますっ。

そこに、たまごのまろやかな甘味も参戦して、
まさに、スイートポテトそのものっと云った雰囲気満載ですっ。

このスイートポテトも、なかなかの甘味があるのですが、
おいも度が高いこともあり、さほど意地悪い甘味ではありません。

ホイップとも、実に相性がよく、
スイートポテトがどしっとお口にのしかかってきて、
でっぷりと甘味を放ったあと、てろ~んと、ホイップがなめらかに参戦してきます。

でっぷりとなめらかで、両者は対照的な食感ですが、
メインのスイートポテトの邪魔をすることなく、
ささっととろけていくので、そこのところホイップは、
己の役目をしかと心得ている模様です。

しかし、両者ともに共通しているのは、
甘味が濃いと云うことです、、。

単独なら、さほど気にならないのですが、
両者がフュージョンすると、いささかクドい甘味へと変貌します、、。

そこに、黒ごまが香ばしく、かりっとアクセントを放ってくれるのですが、
全体に散りばめられているわけではないので、黒ごまが過ぎ去ってしまうと、
あとは、ふたたび甘味の波がやってくると云った試合運びです、、。

今回の“スイートポテト、、”で、“パンde”は3コ目となりますが、
やはり、5つ★の菓子パンまで、あと5歩ほど不足しているように思えます、、。

とは云え、初代の“カスタード&ホイップ”と比べると、
2種のクリームの相性はかなりいいし、全体的にも、
なかなかうまくまとまっているようです。

しかし、2種の甘味のバランスが、いささか悪い点は否定出来ません、、。

あと、厚ぼったいシュー生地も、邪魔にしゃしゃり出て来ている点も、
否めません。

やはり、“シューde”は、“ジキルとハイド”よろしくの、
アメとムチをうまく使い分ける菓子パンの模様です、、。

これには、流石の“船越英一郎さん”だって、
犯人だか、そうでないのか、しかと区別がつかず、
いつもの崖に追い込めず、2時間ドラマを閉めることが出来ないってもんです(?)。

妻“松井一代さん”だって、
うかうか“マツイ棒”でお掃除なんかしていられないってもんです(??)。

この日、独身は、なぜだかお部屋をお掃除したいこころ持ちになって、
フローリングを重曹水で拭き拭きして、カーテンレールのほこりを拭き拭きしたことは、
云う間でもありません(???)。

ちなみに、“マツイ棒”はありません。


購入価格:113円/定価:126円。

栄養成分表示(1個当り):
熱量:365kcаl
たんぱく質:7.8g
脂質:14.3g
炭水化物:51.4g
ナトリウム:200mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--もちっとロール メープル。  | home |  特別牛乳クリーム&キャラメルサレ 想いやりファームからの贈り物