FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年09月07日[Fri]

特別牛乳クリーム&キャラメルサレ 想いやりファームからの贈り物

Pasco--特別牛乳クリーム&キャラメルサレ 想いやりファームからの贈り物。


Pasco、今月の新作の“特別クリームシリーズ”ッ!
“安岡力也さん”は、いったいなにをなめると云うのかっ、、!

♪た~いふう(台風)今日~は~、や~ぁって来る~~っ、
 や~ぁって来るけど、ハンティング~~ッ、

 あ~い(愛)チャリを~ぉ、ス~パ~に~~、走らせた~な~ら~~っ、
 強~ぉ風~~ぅ荒れ~てる~~ぅ、傘が飛~ぶ~よ~~ぉっ、

 大雨だ~ぁってっ、強風だ~~ぁって~~っ、
 台風だ~~ぁって~~ぇっ、
 今日は今日は~~、パンが3割、特売な~ん~だ~~ぁっ♪

“僕らはみんな生きている、生きているから歌う”のなら、
独身は、菓子パンハンターだから、ハンティングに向かうってもんですっ。

この日は、台風9号が八丈島付近に接近していると云うことで、
朝から、ここ静岡も雨風がどこどこっと強まっています。

こんな荒々しい日は、いっそのこと、
菓子パンハンティングをおやすみしたいところですが、
菓子パン大好き独身さんには、そうすることの出来ない、
ある事情があるのです。

独身の菓子パンハンティングのマニフェストとして、
翌日が雨と予報されている場合、前日に翌日用の菓子パンをハンティングしておくことと、
決められています。

そうすれば、雨の中、傘さし愛チャリ運転をしなくても済むわけです。

今回の台風も、なかなか情熱的な勢力を持っていると云うことで、
数日前から、日本に向かってきていると予報されています。

前日も、このままでは関東、東海地方に到着すると云われていましたが、
独身は、しかとその情報を把握しておきながら、翌日用の菓子パンを確保することを、
あえて避けています。

それは、台風接近日が、ちょうど“緑のスーパーα”の、
パン3割引の日だからであります。

これがもし、割引日ではないのなら、事前にハンティングしているところですが、
週1の割引となれば、台風がやって来ようとも、ハンティングに向かってしまうのが、
菓子パン大好き独身ですっ。

と云うわけで、独身は台風と対峙する覚悟を決め、
いつもの愛チャリ、ではなく、サブチャリに乗り、
戦々恐々と、“緑α”へとまい進ですっ。

幸運なことに、独身が出発するころには、
雨はいささか冷静さを取り戻したようで、
どかどかっと大量の雨から、ぼっぼっ程度の、
中の下(?)くらいの雨になっています。

台風も、こんなときにもハンティングに向かっている独身を、
ある意味同情して、ご機嫌を直してくれたとでも云うのでしょうか、、。

と、ここであたりを見渡してみると、
通行人の姿はほとんどなく、いささか閑散としていることがわかります、、。

やはり、こんな天候の日に、うかうか外出する人もいない模様です、、。

しかし、この日がパン3割引なら、台風であろうとも、
情熱的に参戦するのが独身です。

とは云え、“安岡力也さん”よろしく(?)、ホタテ、
ではなく、台風をなめるなよってやつです。

いくら、雨が小康状態にあるとは云え、
どよっと暗い雲が、さささっと流れていく様子が目の当たりに出来るほど、
風は相変わらずの勢いっぷりを発揮しています、、。

ときおり、下から突き上げるような風が、
ぶうぉっと独身に襲い掛かってきます、、。

すると、右手でさしている傘が、もわっと風にあおられて、
そのまま持っていかれそうになります、、。

やはり、台風と対峙しようとは、無謀ってやつです、、。

それに加え、前日から降っている雨のために、
道路には、あっちこっちに水たまりが出来ているので、
対向車が、いつなんとき、独身に冷や水(?)を浴びせるのかと、
こころ内はひやひや状態です、、。

対向車が視界に突入してくるたびに、
(嗚呼っ、、!あそこに水たまりがあるよっ、、!)
と、水たまりを避けてくれるよう、眼力(?)で車に訴えます。

すると、なんともありがたいことに、
独身の存在に気づくと、運転手さんは、
水たまりをすすっとよけて走行してくださるではありませんかっ、、!

やはり、こんな台風の日に、傘差しサブチャリ運転している独身に、
ある意味、同情しているのでしょう、、。

運転手さんにしてみれば、なんて迷惑千万な独身おんななんだと、
いささかご立腹されているのかもしれません、、。

申し訳なさと、感謝で満載になりつつ、なんとかびしょ濡れになることなく、
“緑α”に到着です。

すると、いつもは自転車置き場にもりもりっと自転車が停められているのですが、
流石に、この日は2~3台程度しか、見受けられません、、。

ほとんどのお客は、車で参戦です、、。

さて、雨のご機嫌が、ふたたびななめにならないうちに、
さっさとハンティングを済ませなければなりません。

さっそく店内へと侵入し、菓子パンコーナーへと直行します。

すると、早々に、独身のターゲットの、
“特別牛乳クリーム&キャラメルサレ”が盛られているのを発見ですっ。

この“特別牛乳、、”とは、今回がはじめてのご対面ではありません。

数日前、“黄色のお店”の98円特売で遭遇しているのですが、
そのときは、“もちっとロール メープル”を優先していることもあり、
“特別牛乳、、”とは、一時、別居(?)していたと云うわけです。

しかし、そのときは、この“特別牛乳、、”を、
のちにハンティングすることを、しかと決めていたわけではありません。

もし、翌週も“黄色”の特売に登場していれば、
ハンティングしようかな、程度のこころ持ちです。

それではなぜ、この日、台風の中、
独身は、この“特別牛乳、、”をターゲットとして、
“緑α”へと参戦しに来ているのかと云えば、
前日に折り込まれていた、ちらしにゆえんしています。

朝食を頂きながら、新聞とちらしをながめていると、
独身の視界に、“緑α”の情報が突入してきます。

パン3割引の曜日に視線を向けると、そこには、
“この日はパン3割引”と書かれています。

ここまでは、いつものちらしとおんなじなので、
別段、関心することではありません。

と、そのまま下のほうを見ると、なっなんと、そこには、
“例として、Pasco 特別牛乳クリーム&キャラメルサレ・・・88円”
と書かれているではありませんかっ!

前回、独身が“黄色”で遭遇したときは、
おひとつ98円でした。

その一方で、3割引の“緑α”では、
10円もお安い、88円でスタンバイしているのですっ。

これは、独身がガッつかないわけがないってもんですっ。

“おんなじ菓子パンなら、1円でもお安いものを。”
と、己に課している独身にとって、10円もお安くハンティング出来るなんて、
まさに、“小池元防衛大臣”よろしく(?)、“菓子パンハンターの本懐”ですっ(?)。

とくに、昨日は、ヤマザキの“パンdeシュー スイートポテト&ホイップ”を、
“オカンのスーパー”でハンティングした、ほんの数分後、
“ミラクル100均”で、8円もお安い105円で再会すると云う、
“パンdeシュー事件2”を仕出かしています、、。

それだけに、今回の88円の“特別牛乳、、”は、
独身にとって、8円もの損を取り戻すかのごとくの勢いで、
“緑α”へと出向いていると云うわけです。

この独身の勢いは、流石の台風も根負けする、
わけはありません、、。

さっそく“特別牛乳、、”をワシづかみして、
そのほかの菓子パンにも目を光らせます。

独身は、先月から、ずっと、ある菓子パンを捜索しているのですが、
その菓子パンは、ほかのシリーズはスタンバイしていても、
ターゲットに至っては、いちど、“緑α”でご対面して以来、
ずっと別居を強いられているのです、、(?)。

長月に突入して、はじめての3割引と云うことで、
新作と共に、ふたたび“緑α”に舞い戻ってくれていると、
密かに期待していたのですが、どうやら、“緑α”のパン担当さんは、
そのシリーズには、興味をなくしてしまった模様です、、。

若々しいお肌をなくしてしも(!)、菓子パンに対する情熱だけは、
この独身、なくしたくはないってもんです。

と云うわけで、ささっと“特別牛乳、、”をレジへとお運びします。

すぐに順番がめぐってきそうな、真ん中のレジにつき、
前のお客さんの清算が終了するのを待ちわびます。

ほんの数秒後に、独身の番が来た、と思いきや、
店員さんは、レジからさくっと離脱して、
そのままお客さんと世間話の続きにうつつを抜かしているではありませんか、、。

どうやら店員さんは、独身が列についていることに気づかず、
今日は台風でお客が少ないと云うことで、いささか気をゆるめていたのでしょう、、。

独身、すっかり放っておかれて、
ひとりぽっちです、、。

思わず、己が透明人間にでもなったかのようなこころ持ちです、、。

そこで、ほかにも空いているレジはないものかと、ちろっと見渡すと、
いちばん奥~のレジがすぐに順番がめぐってきそうと云うことで、
そそくさと移動することにします、、。

ささっと独身の番になり、88円を支払い、さっさとお店をあとにします。

すると、独身が停めているサブチャリのすぐ横に、
白い大きな車が、どかっと停車されているではありませんかっ、、。

ここは、自転車置き場であって、
決して車の駐車場ではありません、、。

“緑α”は、広い駐車場がしかと設けられているので、
こんなところに大きな車が停められているのは、
明らかに不自然、と云うか、非常識です、、。

どうやら、自転車置き場には屋根がついていると云うことで、
運転手は、こんなところにまで車をブッこんだのでしょう。

(駐車場から傘をさして店内へと向かうのは面倒だし、
 ささないと濡れてしまうし、、。
 じゃあっ!いっそのこと、あそこの自転車置き場に停めてしまおうっ!)
こんな風に考えたのでしょう、、。

まったく、なっんて無粋なやからなんでしょうっ。

“安岡力也さん”にしてみれば、
「自転車なめるなよっ!」
ってもんですっ(?)。

いささかご立腹な独身ですが、台風のほうは、
相変わらず、なんとか落ち着きを保ってくれている模様です。

(おっ、これは、傘をさすほどではないかっ!)
と、サブチャリに乗り込み、そのまま台風の中へとブッこみます。

すると、独身めがねには、しかと映っていませんでしたが、
ぼぼっと、雨は降っているではありませんか、、。

やはり、台風をなめるなよってやつです、、。

それでも途中、台風は独身に、さらなる同情を寄せてくれたのか、
傘が不要な程度にまで、やさしさを取り戻してくれます。

とは云え、相変わらずの強風っぷりは、
流石、“力也さん”ではなく、台風です(?)。

と云うわけで、台風の影響は、さして受けることなく、
無事、この日のハンティングを終了です。

はたして、この“特別牛乳、、”は、
嵐を呼ぶような、荒々しい菓子パンなのか、
それとも、このときの台風のような、冷静さを持つ、
おだやかな菓子パンなのか、さっそく頂きたいと思います。

Pasco--特別牛乳クリーム&キャラメルサレ 想いやりファームからの贈り物。


キャラメルサレクリームに使用している塩は、「伯方の塩」です。
 また「キャラメルサレ」とは「塩味のキャラメル」という意味です。
 キャラメルクリームの隠し味にほんのりと塩味をきかせています
。”

と云うわけで、Pascoの今月の新作、“特別牛乳クリームシリーズ”の、
“特別牛乳クリーム&キャラメルサレ 想いやりファームからの贈り物
”です。

(→想いやりファームに関する情報。)

いままで“特別牛乳シリーズ”は、
特別牛乳クリーム&カスタード”を頂きました。

さて、この“、、キャラメルサレ”と、
98円ではじめて“黄色のお店”で出逢って、
その2日後、10円もお安い88円で再会を果たしたと云うことで、
昨日の“パンdeシュー事件2”を、なんとか払拭出来たと、
いささか嬉々としていた独身です。

菓子パンと云うのは、お店によってお値段に差額があるので、
いかに、最安値のものと出逢うことが出来るのか、
これは、菓子パンハンターの運にかかっています。

まさに、一喜一憂するのが、菓子パンハンティングですが、
この“、、キャラメルサレ”で一喜した直後、またしても独身は、
パンdeシュー スイートポテト&ホイップ”に一憂するのであります、、。

独身が、この日の台風ハンティングを終わらせ、
さっそく、“、、キャラメルサレ”を冷蔵庫にお願いしようと、
扉をばふっと開きます。

そして、空いている段はないかと、ちろっと中をのぞき見ると、
いちばん下に、なにやら、記憶に新しい菓子パンがスタンバイしていることに気づきます。

べろっとブツを軽く引っ張ると、なっなんと、その実態は、
“、、スイートポテト&ホイップ”ではありませんかっ、、!

昨日頂いたばかりの“、、スイートポテト&ホイップ”が、
独身宅の冷蔵庫に再登場ですっ、、。

(、、んな~~ぁっ、バカな~~ぁっ、、。)
独身、すっかり落胆です、、。

どうやら、独身一族が、昨日独身もハンティングした“オカンのスーパー”で、
この日、台風ハンティングしてきた模様です、、。

これを独身は、“パンdeシュー事件3”と命名することにします、、。

やはり、独身と“パンdeシリーズ”には、
お値段に関する因縁があるようです、、。

“オカン”で113円でハンティングして、その数分後、
“ミラクル100均”で105円で再会したことで、
8円も損を喰らってしまったと、昨日は嘆いていましたが、
8円どころの騒ぎではなく、113円も大損をこいてしまったことになります、、。

独身は、毎日のハンティングで、愛チャリを漕いでいますが、
そのハンティングにおいて、大損はこきたくないってもんです、、(?)。

特売、割引は大好物ですが、損はノン・メルシーです、、。

これでは、この“、、キャラメルサレ”で得したのか、しないんだか、
わからないってもんですよ、、。

菓子パンハンティングとは、なんとも難しい作業と云えます、、。

そんな独身の不運を、いっそのこと、
この日の台風が奪い去ってくれればと、祈るばかりであります、、。

流石に3度目の事件ともなると、そう容易には立ち直ることは出来ませんが、
せめて、この“、、キャラメルサレ”を頂いているときだけは、
事件の記憶を台風にあずけたいと思います、、。

と云うわけで、さっそく生地から頂いてみたいと思います。

生地は、キメがみっしりと詰まっていて、
ぐぐっと云う噛み応えがあります。

うどんで云えば、コシがあると云った具合に、
なかなかの詰まりっぷりを発揮してくれています。

それでいて、どことなく、ほわっとした空気感のようなものもあるので、
ハードマッチョ系の、がっしりとは、いささか一線を画しているようです。

生地の両端は、キメがいささか粗めで、ごわごわっとしているので、
お口の中がもそもそっとします。

しかし、内側へと進行するにしたがって、
このごわごわは改善されていきます。

やはり、菓子パンの端っこは、台風よろしく、
荒々しくなってしまう運命なのでしょうか。

生地のお味は、もふっと喰らいつくと、
ほわほわっと、香りのいいバターのような風味がお口に広がりますっ。

別段、バターが参戦しているわけではありませんが、
かなりナイスな演出をしてくれています。

それでいて、じゅわじゅわっとミルクの甘味が、
クレッシェンドのごとく、染み出てきますっ。

どうやら、生地にも“特別牛乳”が盛り込まれているようで、
この特別っぷりが、しかと甘味として発揮されていますっ。

さらには、生地の表面のお焦げが、
これまた、いい香ばしい風味を放ってくれているので、
これが“特別牛乳”とフュージョンして、旨味となっているわけですっ。

旨味、と云うか、深いコクのある味わいです。

前回頂いた“クリーム&カスタード”の生地も、
しかと“特別牛乳”っぷりが伝わってきましたが、
今回の“、、キャラメルサレ”も、変わらず深い味わいを持ち合わせている模様ですっ。

変わらないのは、この“特別シリーズ”の生地と、
“由美かおるさん”の3サイズくらいなものです(?)。

Pasco--特別牛乳クリーム&キャラメルサレ 想いやりファームからの贈り物。


生地の中には、キャラメルクリームと、
牛乳ホイップクリームがサンドされています。

まずはホイップクリームからですが、
ホイップと云うと、ほわほわっとしていて、
空気感があるように妄想します。

しかし、このクリームは、まるでファットスプレットのように、
つるつるっとしています。

それでいて、ぬるぬるっとした油分のようなものが、
軽くお口の中に残ります。

わりと硬めででっぷりとしたクリームなので、
まったくもって、ホイップらしさは感じられません。

さらには、しかとクリームを確かめていると、
いささかしゃりしゃりっとした、つぶのようなものがあることに気づきます。

これはおそらく、お砂糖が完全に溶けきれずに、
クリームに居残りしてしまったものと妄想します。

これは、スカートのファスナーを、しかと閉めたものと思っていたところ、
1/3ほどがパックンチョ、していたようなものです(?)。

お味のほうは、バターのような風味がして、
なかなかこっくりとしたコクがあることがわかります。

ミルク風味は、まあ、濃厚と云えば濃厚ですが、
それよりも、お砂糖の甘味と、コクのほうがどしっと腰をおろしているように感じます。

生地同様、クリームにも“特別牛乳”が盛り込まれているようですが、
どうやら、クリームからは、特別っぷりは、さほどあらわれていない模様です。

前回の“特別牛乳クリーム&カスタード”も、
特別と云うわりには、特別な旨味ではないクリームだったように記憶しています。

このへんは、あまり“想いやり”が贈られていないようです。

Pasco--特別牛乳クリーム&キャラメルサレ 想いやりファームからの贈り物。


一方のキャラメルサレクリームですが、
まるで、固形のキャラメルを溶かしたかのごとく、
ねっとり、べっとりとした、重いクリームになっています。

お口にした瞬間、あっちこっちにべべっとはりつく、
情熱的なねばりがあります。

先日頂いた、ファミマの“ソフトフランス(塩キャラメル)”は、
ファットスプレットと云うことで、つるつるっとして、
ぬるぬるっとしていたのですが、このキャラメルサレは、
でぷっと重く、お口の中にのしかかってきます。

お味のほうは、かなりじくっと濃厚で、
のどの奥~のほうを、じじっと軽く刺激します。

風味自体は、グリコのキャラメルっぽい印象を受けます。

キャラメルには、“神田川先生”でおなじみの、
“伯方の塩”が参戦していると云うことで、
このへんも、特別感が伝わってきます。

ファミマの“ソフトフランス(塩キャラメル)”は、
かなり攻撃性のあるお塩で、独身を軽く悶絶させてくれました。

それだけに、今回の“、、キャラメルサレ”に対して、
トラウマのようなこころ持ちでもあったのですが、
袋の説明によると、ほんのり程度のお塩と云うことで、
ここは、“想いやり”があることを信じたいと思います。

と云うわけで、その“伯方の塩”ですが、
はじめは、濃厚なキャラメルが情熱的につっぱりをしてきます。

このときは、あまりお塩の存在感がないのですが、
ごっくんしたあと、遅れてお塩が登場してきます。

まるで、同窓会に遅れて登場して、
みんなの視線を一身に受けるかのような、お塩っぷりです(?)。

ほんのり、と云うと、軽やかなお塩を妄想しますが、
このお塩は、いい意味で、あとから、じわじわっと勢いを増していきます。

とは云え、“ソフトフランス(塩キャラメル)”のような、
意地悪い攻撃的な節はありません。

ほんのり、と云うより、じんわりと云ったほうが適切かと勝手に妄想します。

これが、生地と牛乳クリームと相成ると、
濃厚なキャラメルが、生地とクリームのミルクに丸め込まれているようで、
単独での勢いが、台風の目のごとく、落ち着いてしまっています、、。

キャラメルとミルクの、双方の濃厚なお味が、
フュージョンしてコクとなっているのですが、
お味のほうは、キャラメルが前面に登場していると云うわけではありません、、。

割合で云ったら、牛乳:キャラメル=4:6と云った試合運びです。

まあ、なんとか最後にキャラメル風味が残るのですが、
キャラメル同様、ミルクもなかなかの勢力があるので、
せっかくのキャラメルが、やんわりと弱まっているように思えます、、。

キャラメルにしてみれば、
「キャラメルなめるなよっ!」
と云ったところでしょうか(?)。

さらには、牛乳クリームの甘味がわりとどっしりとしているので、
キャラメルのお塩まで丸め込まれています、、。

これでは、想いやりがあるんだか、想いやりがないんだか、
まったくもってわかりませんよっ、、。

生地からは、しかと“特別”感が伝わってきますが、
クリームには、そのような雰囲気はありません。

これには、流石の“安岡力也さん”だって、
“ホタテ”ではなく、お塩をなめてしまうってもんです、、(?)。


購入価格:88円。

栄養成分表示(1本当り):
エネルギー:435kcаl
たんぱく質:6.7g
脂質:20.6g
炭水化物:55.7g
ナトリウム:303mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--パンdeシュー スイートポテト&ホイップ。  | home |  ヤマザキ--ランチパック チョコクランチ。