FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年09月08日[Sat]

ヤマザキ--ランチパック チョコクランチ。

ヤマザキ--ランチパック チョコクランチ。


ヤマザキ、ランチパックの地域限定っ!
そこに、チョコの勇気、本気、元気はあるのかいっ、、!

♪おっもっい(思い)~~いっ、つい~た~ぁらっ、
 “ヨ~カド~”の~ぉ、み~ち(道)~を~~っ、
 いっけよ~~ぉ、どくっしん(独身)~~っ、ど根~~性~ぉ~おっ、

 かっぜ(風)~ぇがふっく(吹く)~よっ、台~風~のしる~しっ、
 ナイ~ス~なぁパン~~をつか~む~ため~~っ、
 追い~風~乗れ~よっ、向かい~はきつ~いっ!
 行け~行~け~ぇ、ど~~くしん(独身)~~っ、
 今日~も~行~~ぃけ~~ぇっ!♪

“星飛馬さん”が、巨人の星を目指すなら、
この日の独身は、台風のおみや(土産)の強風が吹き荒れる中、
いつもの菓子パンハンティングのため、“イトーヨーカドー”へとまい進しています。

前日は、台風9号が静岡県におじゃましたと云うこともあり、
雨風が攻撃的に吹き荒ぶと云う、台風の実力ってやつをしかと、
見せつけられた1日でした。

幸いなことに、ちょうど静岡にガチンコした時間帯は夜遅くだったこともあり、
独身の菓子パンハンティングには、さほど影響はありませんでした。

しかし、台風と云うのは、流石、ぐるぐるっと回転(?)しているだけあって、
もんの凄い勢いで、風が襲いかかってきます、、。

そんな中独身は、サブチャリに乗り込み、傘差し片手運転と云う、
半ば無謀な作戦(?)で、台風に挑んだのであります、、。

そんな独身を、軽く哀れにでも思ってくださったのか、
そのときの台風は、いっときの荒くれ者から一転し、
おだやかで、冷静さを取り戻してくれたようです。

台風のご機嫌が、ふたたびななめにならないうちに、
さっさとハンティングを終了させ、何事もなく、一連の作業を済ませた独身です。

しかし、台風の影響は喰らわなかったものの、
その後、独身に襲い掛かったことと云えば、
“パンde事件3”です、、。

これは、“織田裕二さん”に云わせてみれば、
「事件は台風の中おきているじゃないっ!
 冷蔵庫でおきているんだっ!」
ってもんです、、(?)。

と云うわけで、台風、ではなく、
先日頂いた“パンdeシュー スイートポテト&ホイップ”によって、
独身は、すっかりおおきな痛手を喰らってしまったと云うわけです、、。

まさに、“敵は台風にあらず、冷蔵庫にありっ!”ですよ、、(?)。

さて、すっかり台風は過ぎ去り、この日の朝は、
太陽もようやっと舞い戻って、すっかり残暑きびしい1日のはじまりのようです。

この日の独身は、久々に“イトーヨーカドー”までプチ遠征をしようと、
愛チャリをお供させ、ハンティングへと出発します。

あたりを見渡すと、あっちこっちに葉っぱやら枝が軽く散乱したり、
放置自転車が倒れていたりと、台風の威力ってもんを、改めて思い知らされます。

“ヨーカドー”までの遠征で、台風が残していったおみや(土産)を、
まざまざと見せつけられた独身ですが、まさか、台風が、
この日の独身のハンティングにまで、影響を与えてくれるとは、
妄想すらしていませんでした、、。

ようやっと“ヨーカドー”に到着し、
ささっと菓子パンコーナーへと向かいます。

その手前にある、手作り和菓子のようなコーナーをちろ見すると、
なにやら、1枚の張り紙があることに気づきます。

どうやら、台風による影響で、配送が遅れているため、
商品がいまだ、届いていない模様です。

やはり、台風が到着したのが夜遅くと云うことで、
東名が通行止めになり、配送の車が間に合わなかったのでしょう。

和菓子コーナーには、ドラ焼きが5個ほど、
さみしくスタンバイしているだけです。

(あらら、、。
 ずいぶんと和菓子は閑散としているなぁ。)
と、軽くひとごとのように、和菓子コーナーを通過します。

そして、菓子パンコーナーに踏む込むと、
そこには、さきほど見かけたものと、おんなじような張り紙があることに気づきます。

しかと読んでみると、なっなんとっ、、!

和菓子だけでなく、菓子パンも、台風の影響で、
届いていないと書かれているではありませんかっ、、!

たしかに、菓子パンコーナーのあっちこっちを見渡してみると、
空席ばかりが目立ちます、、。

てっきり、配送の遅れは和菓子だけだと思い込んでいましたが、
どうやら、お店の全体的に影響を喰らっている模様です、、。

この日は、すっかり台風も過ぎ去ったと云うことで、
いつものハンティングが出来ると思っていましたが、
まさか、このようなかたちで、おみや(土産)を頂くとは、
思いもしませんでした、、。

独身の、いままでの菓子パン生活の中でも、
このような事態ははじめてです、、。

まさに、
「事態はヨーカドーでおきているんだっ!」
ってやつです、、。

まさか、“織田裕二さん”がレインボーブリッジ、ではなく、
東名を封鎖したとでも云うのでしょうか、、。
(いや、それはない。)

それでも、なんとか配送にこぎつけた菓子パンの中から、
選定作業を行うのですが、やはり、これも遅れの影響なのか、
独身のこころを誘惑してくれるような菓子パンは見つかりません、、。

この日は、いささか遠方にある“ヨーカドー”まで、
プチ遠征にやってきたのですが、残念ながら、
ターゲットと遭遇することなく、さっさとお店をあとにします、、。

そこで、つぎのお店へと移動するわけですが、
ここでも、台風のおみや(土産)を喰らうことになるとは、
またしても妄想していませんでした、、。

台風が去ったとしても、外野の雲による強風が、
いまだ、その実力を見せつけてくれています。

行きは、追い風と云うことで、さほど気になりませんでしたが、
来た道を戻ると云うことは、追い風が向かい風になるわけです、、。

するって~と~、独身に向かって、
強風が襲い掛かってくると云うことを意味します、、。

(うぉ~~っ、、!
 もんの凄いっ、抵抗勢力だ~~ぁぁぁっ、、!)

“小泉元首相”も驚愕の(?)、攻撃的な向かい風が、
まさに、独身に突撃してきます、、。

いや、むしろ、抗っているのは、独身のほうかもしれません、、。

いくら、独身が元ランナーとは云え、
台風の風に抵抗出来るわけがありません、、。

情熱的に愛チャリのペダルを回転させようとしても、
台風のうずの回転に勝るものはありません、、(?)。

そんなの、“ビリーさん”の、
「サ~コ~ォッ(circle)!」
くらいなものですよっ(??)。
(*両腕を目の前でぐるぐる回転させるエクササイズ。)

それに加え、帰りはいささか上り坂になっているので、
益々独身の行く手は、困難なものになっています、、。

このままでは、ヒットポイントがゼロになって、
回復の呪文、ホイミすら効かなくなってしまいます、、(?)。

そこで、つぎの角をささっと曲がって、
強風からの真っ向勝負から退散することにします。

するとっ、、。

西に向かっていたところを、南に変更しただけでは、
たいして変わりはない模様です、、。

強風は、まったく変化を見せることなく、
相変わらずのちからで、独身にガチンコしてきます、、。

視線の先を見つめると、ひとりのおばあちゃんが、
自転車をふらふらにさせて、独身と同様に、風と戦っています。

おばあちゃんが必死こいていると云うに、
若輩者の独身が、根負けしてどうするよっ!
と云うことで、なんとかホイミでごまかしつつ、
つぎの目的地の“緑のスーパー”に到着します。

すっかりへとへとになり、店内へと侵入し、
ふらふらで菓子パンコーナーに到着します。

するとっ、、。

独身の目の前に広がる光景は、
さきほどの“ヨーカドー”と、さして変わりはないではありませんかっ、、!

ここでも、台風は独身のハンティングに影響を及ぼしてくれている模様です、、。

それでも、“ヨーカドー”に比べれば、
さほど空席は見当たりません。

しかし、しかと菓子パンを見つめてみると、
おつとめ品の証拠である、1割引のシールばかりが目立ちます。

おそらく、商品の到着の遅れをおぎなうため、
おつとめ品を代打として登場させたのでしょう。

独身だけでなく、お店も影響を喰らっていると云うわけです。

“ヨーカドー”に引き続き、
“緑”でも台風にターゲットを持っていかれたと云うわけで、
そそくさとお店をあとにして、つぎの“黄色のお店”へと移動します。

(大型の“ヨーカドー”が、あんなに空席を作っているのだから、
 “黄色”だって、おんなじなのかもしれない、、。)
と、独身のこころうちは、不安がふつふつっとこみあげてきます、、。

しかし、独身のこころとは裏腹に、“黄色”の菓子パンコーナーは、
いつものように、もりもりっと菓子パンがスタンバイしていますっ。

日替わりの特売を見渡しても、変わらず菓子パンが盛られています。

強風で、すっかりヒットポイントを奪われた独身ですが、
この光景を目の当たりにして、ようやっといつもの情熱が復活ですっ。

まずは、特売から捜索活動を開始するわけですが、
これっ!と云って、独身の興味を刺激してくれるような菓子パンはありません。

そこで、通常の棚のほうへと移動すると、そこには、
ここ1ヶ月ほど、独身が追い求めていた、“ランチパック”の、
“チョコクランチ”がスタンバイしているではありませんかっ、、!

思い起こせば1ヶ月前、、。

はじめてこの“チョコクランチ”と遭遇したのは、
“緑のスーパーα”の、週1の3割引きの日です。

そのとき、8月の新作である“チョコバナナ”と、
共に参戦していたのですが、独身は、まずは“チョコバナナ”を優先しています。

“チョコクランチ”も、おんなじチョコと云うことで、
ぎりぎりまで、独身を悩ませてくれるほど、魅力的な菓子パンです。

まあ、来週も、3割引はめぐってくるのだから、
双方を一緒にハンティングすること必要なないだろうと、
“チョコクランチ”には、いっときの別れを告げたわけです。

しかしっ、実際には、その“来週”は、やってはきませんでした、、。

と云うもの、8月の独身は、他県へ遠征したりしていたので、
なかなか“緑α”へ再訪することが出来なかったのです、、。

ようやっとハンティングに行けたのは、すでに8月末だったのですが、
そのとき、すでに“チョコクランチ”は、“緑α”から姿を消していたのです、、。

それからと云うもの、おなじく3割引を行っている“オレンジのスーパー”へと、
大移動を果たしたものの、そこには、“チョコクランチ”は、
スタンバイしていませんでした、、。

そのほかのお店を捜索しても、
なかなかターゲットは再登場してくれません、、。

そんな日々を過ごすこと、数週間、、。

先日の“黄色”の98円特売に参戦したときのこと、
特売からPascoの“もちっとロール メープル”を発見し、
いちおう、ほかの菓子パンにも目を光らせようと、通常の棚へと移動すると、
いつもの“ランチパック”が占領している段に、“チョコクランチ”と書かれた札を発見です。

しかし、実物はありません、、。

その代わり、なのか、今月の新作、
“スイートポテト&マーガリン”は、しかと整列しています。

そのとき独身は、確信したのです。

まだ札が残されていると云うことは、
今後、ふたたび“チョコクランチ”が再登場する可能性がある、
と云うことを。

そこでこの日、“黄色”に流れ着いてみると、
独身の妄想通り、ずっと追い掛けていた“チョコクランチ”が、
しかと独身を待ち受けてくれているではありませんかっ!

これも、台風9号のおみや(土産)とでも云うのでしょうか(?)。

およそ1ヶ月間、独身と“チョコクランチ”は離れ離れを強いられていましたが、
ようやっと、再会を果たすことが叶いましたっ、、。

しかしっ、そこには、軽い落とし穴も用意されていたのです、、。

それは、お値段が定価すえおきである、
と云うことです、、。

ここ“黄色”では、日替わりや、期間限定特売以外の菓子パンは、
定価と定められています。

“ランチパック”は、元々がセレブなお値段と云うこともあって、
なかなか特売されることはありません、、。

そこで、独身は、“緑α”や“オレンジ”の特売で、
毎度“ランチパック”をハンティングすることを決めているのですが、
この“チョコクランチ”に至っては、もはや、“黄色”以外で再会することは、
困難と妄想されます、、。

“緑α”で、3割引きで初対面しているだけに、
定価136円は、かなりの痛手と云えます、、。

まさかこの日、台風によって、ハンティングの影響を喰らい、
台風の強風によって、進路をおじゃまされ、そして、極めつけは、
“チョコクランチ”のお値段です、、。

3連続の痛手と云うのは、“ジャイアン”の歌を、
3回連続聞かされるようなものです、、(?)。

しかし、1ヶ月も仲を引き裂かれていた“チョコクランチ”と、
ようやっと再会出来たことを考えれば、定価でも致し方ないってもんです。

そう、己をなんとか説得させ、“チョコクランチ”をワシづかみして、
レジへと清算に向かい、ふたたび、台風の強風との対峙に向かう、
この日の独身なのでありました、、。

ヤマザキ--ランチパック チョコクランチ。


と、云うわけで、“ランチパック”の地域限定の、
“チョコクランチ
”です。

ランチパックと云えば、過去、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
小倉&マーガリン”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
ランチパック 黒豆ココア入りクリーム”、
ミルククリーム”、
クリーム コラーゲン入り”、
キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、
桜風味もち つぶあん”、
抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”、
アップルシナモン”、
メープル&マーガリン”、
チョコクリーム”、
渋皮マロン”、
クランチチョコ&モカホイップ”、
カスタード&ホイップ”、
チョコバナナ”、
フレーク入りチョコクリーム”を頂きました。

独身は、特売、安売りが大好物ですが、
限定と云うことばにも、めっきり弱い単純おんなです。

そんな独身が、限定と聞いて、思わずガッついてしまったのが、
ご当地キティのストラップです。

別段、キティ狂と云うわけでもないのですが、
なぜか、ご当地ストラップだけは、興味を引かれ、
数年前から、あっちこっち地方へと遠征するたびに、
買い集めています。

やはり、地域限定と云うことは、そこへとおもむかなければ、
入手することは出来ないわけで、そうなると、限定大好物の独身としては、
手を出さずにはいられなくなってくるわけです。

さて、大好物と云えば、“ランチパック”も、またしかりですが、
この“チョコクランチ”も、ヤマザキの専用サイトによると、
地域限定もののようです。

いったい、どこからどこまでで販売されているのか、
まったくもって書かれていませんが、なぜ、この“チョコクランチ”が、
地域限定として登場しているのか、いささか理解に苦しむところがあります、、。

その地域にちなんだ素材を使用しているなら、納得出来るのですが、
“チョコクランチ”は、少しもご当地っぷりを発揮してはいません、

先日、PACALERさんが紹介されていた“塩キャラメル”も、
同様に地域限定のようですが、これもまた、地域性がうかがえない1品と云えます。

入手出来る地域に住んでいるものならば、
別段、おいしければ、限定でもいいんじゃない、
と云った感じですが、それ以外に住んでいるとなると、
なぜ、“塩キャラメル”と云う魅力満載な“ランチ、、”を、
全国発進(?)させないのか、“ランチ、、”好きとしては、
思わずご立腹してしまうところです。

せっかく静岡で限定で登場させるなら、クランチではなく、
夜のお菓子こと、“うなぎパイ”でも入れてしまえよ、ホトトギス(?)、
と思う独身です。

まさに、
♪うなぎの勇気っ、本気っ、元気っ!
 うな~ぎ~ぃっ、パイパ~イパ~~ァイ~~ッ!♪
の“ランチパック”になると思うのですが、、(?)。
(*“うなぎパイ”のCMの歌です。)

と云うわけで、うなぎから勇気を頂いたところで(?)、
さっさと生地から頂いてみたいと思います。

生地は、ご当地ものとは云え、通常の“ランチ、、と、
なんら変わりはない模様です。

相変わらず、みっちりとしたキメの詰まった弾力と、
むっちりとした、お肌ぷりぷりのような、
若々しさを感じさせられます。

それでいて、赤子のお肌ようなぷっくらとした様がうかがえます。

もぐもぐっとするたびに、じっとりとした、
ジューシーな水分が染み出てきて、これが、
お口にぴっとりとなじんでくれるわけです。

とっても繊細で、かつ、なめらかで、
流石、これが“ランチパック”の実力と云ったところです。

この生地の魅力が、定価でも思わず手を出してしまう要因でもあります。

お味のほうも、これまた相変わらずで、
もぐもぐっとするたびに、まろやかな小麦の旨味と甘味が染み出てきますっ。

じわじわっと、ジューシーな旨味で、
ほかの余分な風味はしゃしゃり出て来てはいません。

まさに、小麦のひとり相撲と云ったところです(?)。

ヤマザキ--ランチパック チョコクランチ。


生地の中には、ビスケット入りチョコスプレッドが、
てんこ盛りにサンドされています。

しかとチョコを見つめてみると、なにらや、
黒いぶつぶつが、あっちこっちで確認出来ます。

これが、云わゆるビスケット、つまり、
クランチと云うわけです。

チョコは、はじめお口にすると、
もふもふっとした、軽い空気感のようなものを感じます。

(おっ、ほわほわのクリームかっ。)
と、思ったのも刹那で、つぎの瞬間、
ぬうぉ~んとした、生ぬるいような口あたりであることがわかります、、。

もったりとしていて、なかなかてっぷりとした腰のようなものがあるのですが、
いかんせん、ぬるぬるっとした油分があるので、はっきりとしたほわほわではなく、
ほわほわに、ぬるぬるが参戦して、それが、中途半端なぬうぉ~んを生み出している、
と云った試合運びです、、。

一生懸命、泡だて器でしゃかしゃかした様は伝わってくるのですが、
ぬるぬるがおじゃましていることで、空気感のほわほわが邪魔されているわけです、、。

先日頂いた、ファミマ限定の“チョコクリーム フレーク入り”も、
同様に、生ぬるさ満載のチョコっぷりを発揮してくれていました、、。

その一方で、“チョコクリーム”は、
ソントン”のチョコのように、でろ~んとした艶のあるクリームになっています。

単独のチョコか、なにかとフュージョンしているチョコか、
その違いによって、チョコは使い分けされている模様です。

お味のほうは、どちらかと云うとビターのようですが、
どこか、安っぽいミルクで薄めたと云った印象は拭えません、、。

安っぽいと云うか、コーヒーについてくる、
ちっちゃなカップに入ったクリームが薄くなったような感じ、
とでも云うのでしょうか。

ビターのような、じくっとした風味は、
あとから舌べろに登場してくるのですが、
それまでの試合内容が、あまりよろしいとは云い難いものがあります。

いい意味で、駄菓子っぽいチープさがあるのですが、
セレブ菓子パンの“ランチパック”にしてみれば、
これは、いささか脱力感のあるチョコではないか、
と云った印象を受けます。

と云うか、カカオの割合が低いと云ったほうが適切なのかもしれません、、。

まるで、ココアを飲もうと、つい、もったいない根性が働いて、
お粉をケチって、適量の半分ほどを入れてみたところ、
すっかり薄ぬる~い、中途半端なココアになってしまった、
そんな感じでしょうか、、。
(実話。)

もしくは、いささかお値段のはる化粧水を買ってみたものの、
これまた、つい、もったいない根性がわいてきて、
ケチって適量の半分ほどしか使用しなかったところ、
すっかりお肌が潤い不足におちいり、乾燥肌になってしまうようなものでしょうか(??)。
(実話。)

高級だからと云って、使いかたをあやまれば、
効果は半減してしまうわけです、、。

この“チョコクランチ”も同様に、カカオを薄めてしまえば、
チョコの本来の実力だって、半減してしまうのです。

それでもまあ、前回頂いた“フレーク入りチョコクリーム”よりかは、
チョコ度は濃いような気がします。

ヤマザキ--ランチパック チョコクランチ。


チョコに参戦しているクランチこと、ビスケットですが、
これは、中途半端なチョコとは裏腹に、かなりの存在感を放ってくれていますっ。

もんの凄いかりっかり、がりっがりで、
はっきり、くっきり、実に食感が明白ですっ。

フレーク入りチョコクリーム”の場合、
チョコの水分がフレークに影響して、まるで、
牛乳に浸して頂くフレークが、最後、牛乳の底に沈んで、
すっかりへにへに~っと、くたびれてしまった、
そんな感じのフレークでした。

かりかりのフレークが、水分でへにへにになってしまうことほど、
虚しいものはありません、、。

これは、カレールーとごはんを、別々のお皿に盛ることがあるように、
フレークも牛乳も、別居して頂くべきなのでしょうか、、(?)。

しかし、このクランチの場合、チョコに埋もれていても、
実に、新鮮そのままのがりがりっぷりを保ってくれていますっ。

まるで、“オレオ”のビスケットでも頂いているみたいですっ。

がりがりでもあり、じゃりじゃりでもあり、
お口のあっちこっちで、クランチがナイスな音楽を放っていますっ。

わりと小振りなクランチですが、硬さがあるので、
まったくちいささを感じさせません。

むしろ、チョコよりも存在感を見せつけているようでもありますっ。

お味のほうは、香ばしいと云うか、これまた“オレオ”を妄想とさせる、
いい苦味があって、これが、ぬる~いチョコクリームに、
いい喝っ!を喰らわせていますっ。

このクランチがあることで、中途半端なチョコは、
ぐぐっと風味が引き締まっているわけです。

クランチがなければ、ただの腰抜けのチョコで、
一生を終えていたところです(?)。

しかし、“うなぎの勇気、本気、元気”の静岡県に参戦しているわりには(?)、
チョコの勇気、本気、元気を感じることが出来ないのが残念です、、(?)。

先日の台風で、すっかりチョコの勇気を持っていかれたとでも云うのでしょうか(??)。

それならば、いっそのこと、“アンパンマン”にでも、
勇気100倍!をもらってきて頂きたいものです(???)。

いやっ、むしろ、“星一徹さん”にでも、
闘魂を注入して頂いたほうが懸命なのかもしれません(、、。)。

これが、独身が1ヶ月間も追い求めていた“ランチパック”かと思うと、
“アッコ姉さん”でなくたって、独身も思わず、
電柱の陰で、泣いてしまうってもんです、、(、、。)。


購入価格/定価:136円。

栄養成分表示(1個当り):
熱量:225kcаl
たんぱく質:3.7g
脂質:13.2g
炭水化物:22.7g
ナトリウム:148mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

特別牛乳クリーム&キャラメルサレ 想いやりファームからの贈り物  | home |  イトーパン--ビターチョコパン。