FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年09月15日[Sat]

ローソン--こだわりのあんぱん~とっておき宣言・山崎製~。

ローソン--こだわりのあんぱん~とっておき宣言・山崎製~。


ローソンの今週の新作っ!
アーモンドはいらないけど、ポイントカードはいるんだよ、秋っ!

♪東南位置するロ~ソンさ~~ぁんっ、
 “ロ~ソンポイントカ~ド”~~ォ、ど~~ぉしたの~か~な~~ぁっ、

 店員勧めた申し込み~~ぃ、独身すぐさま申し込み~~ぃっ、
 だけどいまだに来~な~いっ!な~~ぁん~~でっ!

 困っち~ゃう~な~~ぁっ、、♪

“ヤマグチさんちのツトムくん”が、このごろ少し変で、
すっかり困り果てているのなら、最近の独身は、
勧められるがまま申し込んだ、“マイローソンポイント”のカードが届かず、
めっきり困り果てています、、。

あれは、5ヶ月ほど前のことだったでしょうか。

独身が、いつものように、東南にあるローソンへと、
菓子パンハンティングに訪れると、レジの店員さんが、
独身に“マイローソンポイント”の申し込みをゴリ押ししてきます。

以前から、ローソンを利用するたびに、
「ローソンパスはお持ちですか?」
と、訊ねられるので、ずっとカードの存在は気になっていました。

しかし、独身は、クレジットカードをあっちこっちで作るのは、
あまり好物(?)ではないので、申し込みはそのままシカトしていたのです。

ところが、店員さんの説明によると、“マイローソンポイント”と云うのは、
クレジット機能がないので、その場ですぐに申し込みをすれば、
1週間ほどで、カードが郵送されると云う、まさに、
独身にはぴったしのカードの模様です。

特売、割引も大好物ですが、ポイントカードも、決して嫌いではない独身は、
勧められるがまま、ささっと申し込み用紙に記入をして、
あとは、店員さんに託したのです。

これで独身も、ローソン族(?)の立派なメンバーとなるのですっ。

と云うわけで、カードが独身のもとにたどり着くまで、
しばしの辛抱で、うきうきたのしみで待ちわびていたのです。

しっしかしっ、待てど暮らせど、ポイントカードは、
郵便屋さんが運んできてくれる気配はありません、、。

1週間、1ヶ月、3ヶ月、そして、季節はかわり、
今秋になっても、いまだ、独身はローソン族の仲間にはなれていないのです、、。

これには、流石の“あみん”だって、
待ちくたびれてしまうってもんです、、(?)。

いっそのこと、“ユーミン”のごとく、
“まちぶせ”でもしたいところですが、
いったい、どこでカードをまちぶせすればいいのか、
皆目検討がつきません、、(??)。

そこで、3ヶ月ほど経ったある日のこと、ちょうど、
ローソンの新作で、独身の興味をひくような菓子パンが登場していると云うことで、
この機会に、東南ローソンへと行き、店員さんに訊いてみることにしたのです。

東南までの道の途中、独身はずっと、質問する内容を、
あたまの中でリピートしています。

(あの、すみませんっ。
 3ヶ月ほど前に、こちらでポイントカードの申し込みをしたんですが、
 1週間ほどで届くと云われたのにに、いまだ届かないんですが、、。)

これでもう、ばっちしですっ。

あとは、独身の思いの丈を、店員さんにズバッと伝え、
すっきりとした回答を頂くだけです。

軽く息巻いて、さっそく東南へと侵入し、
ターゲットの新作を捜索します。

しっしかしっ、あろうことか、肝心のターゲットが、
スタンバイしていないではありませんかっ、、!

これでは、ポイントカードの質問をする大義名分(?)がないってもんです、、。

カードもなければ、ターゲットもないで、
まさに、“シブがき隊”よろしくの、
“ナイナイシックスティーン”ですよ、、(?)。

これには、流石の“やっくん”だって、
21世紀になっても、じたばったしてしまうってもんです、、(??)。

すっかり落胆した独身は、カードのことを訊くことが出来ずに、
そそくさと東南から退陣し(?)、まったくの反対に位置する、
北西ローソンまで遠征をして、ようやっとターゲットと遭遇したわけです、、。

それからと云うもの、何度かローソンの新作をハンティングしているのですが、
北西ローソンは、東南より近くにあると云うこともあり、
独身が東南へと向かう機会は、めっきりなくなってしまったのです。

そんな中、今週のローソンの新作は、
“なめらかクリームパン”と、“こだわりのあんぱん”と云う、
菓子パンの王道中の王道が登場しています。

ここのところ、秋の味覚満載の菓子パンを連続して頂いていることもあり、
“アリス”よろしくの、
♪You're king of kings!♪
的な菓子パンで(?)、いまいちど、菓子パンの基本に還りたいこころ持ちになります。

鮭が、うまれた川に舞い戻るなら、菓子パン大好き独身さんは、
王道の菓子パンに舞い戻るってもんです(?)。

と云うわけで、これでまた、東南ローソンへと向かう大義名分が出来ました。

この日は、前日の涼やかな1日とは裏腹に、
ふたたび夏日が舞い戻ると云う、なかなか安定しないお天気です。

もうそろそろ、マイ保冷バッグも保冷剤も、
お供の役目を終えるころかと思っていたのですが、
どうやら、まだ、総理、ではなく、お勤めを続行して頂く必要があるようです。

“格さん”“助さん”よろしく(?)、バッグと保冷剤を引き連れて、
独身は、ふたたび東南へと向かい、今度こそ、
ポイントカードのことを問いただすことにします。

とは云え、前回は、大義名分であるターゲットに逃げられていることもあり、
もしかしたら、この日も、新作がスタンバイしていないことも妄想されます、、。

そうなると、またしても独身は、ターゲットだけでなく、
ローソン族になりそこねてしまうことになります、、。

これは、“梅干食べてスッパマン”で云えば、
電話ボックスで着替えている途中に、ドアを開けられるようなものです(?)。

“スッパマン”になりそこねた“スッパマン”ほど、
むなしいものはありません、、(??)。

いささか不安なこころ持ちで、さっそく東南に到着し、
菓子パンコーナーへと直行します。

すると、数多菓子パンは盛り込まれているのですが、
どれもこれも、新発売と書かれたシールは貼られてはいません、、。

と云うことは、つまり、旧作ばかりが勢ぞろいしていることを意味しているのです、、。

これは、またしても、ターゲットとカードの両方を見逃すことになるのかと、
不安度は、ぐいっと一気に上昇します、、。

と、ここで、ふと、視線を下から2段目に移すと、
そこには、しかと“こだわりのあんぱん”と、“なめらかクリームパン”が、
こそっとスタンバイしているではありませんかっ、、!

コンビニの新作と云うと、わりといちばん目立つ上部に盛られていることが多いので、
てっきり、東南では、今週も新作の出動要請をしていないものと、
はやとちりするところでした、、。

それにしても、旧作を上段に盛り込んで、
新作を下~の、目立たないところに追いやるとは、
店員さんは、クリームパンもあんぱんも、お嫌いなのでしょうか、、。

何ごとも、基本を忘れるべきではありません(?)。

したがって、菓子パンの基本であるクリームとあんぱんを邪険に扱うものは、
“ジャムおじさん”に“アンパンマン”の顔を投げつけてしまえってもんですっ(!)。

なんとか新作と遭遇出来たと云うことで、
すっかり独身も安堵し、腰をかがめて、さっそく選定作業に移ります。

独身は当初、“クリームパン”のほうを気にかけていたのですが、
一方の“あんぱん”には、なにやら、練乳とアーモンドが使用されていると云うことで、
かなりめずらし度は満載と云えます。

基本に還るつもりが、すっかりめずらしパンにこころが揺れ動いています、、。

そこで、“クリームパン”と“あんぱん”を両手につかみ、
しかと、ふたつを見比べてみることにします。

すると、“クリームパン”の内側の袋に、
なにやら、黄色い物体が軽く付着していることに気づきます。

どうやら、生地の中のクリームが、なんらかの衝撃で、
外側へと、“坂上二郎さん”よろしく(?)、飛び出てしまった模様です。

さほど目立つほどの漏れではありませんが、やはり、
なんら被害のない“あんぱん”を横にしていると、
気にならない、と云うわけにはいきません。

と云うわけで、この日の独身のターゲットは、
“こだわりのあんぱん”に決定ですっ。

さて、ここからが、この日のメインイベントのスタートです(?)。

もちろん、菓子パンハンティングもたいせつな作業ですが、
この日ばかりは、ポイントカード事件(!)を解決することが、重大と云えます。

まさに、
「事件は郵便受けで起きているじゃないっ!
 東南ローソンで起きているんだっ!」
ってもんです(?)。

果たして独身は、無事、数ヶ月に渡るこの案件を解決し、
念願の(?)ローソン族の一員となれるのでしょうか、、。

ローソン--こだわりのあんぱん~とっておき宣言・山崎製~。


卵たっぷりの生地と新感覚の粒あん。”

と云うわけで、ローソンの今週の新作、
“こだわりのあんぱん
”です。

さて、無事ターゲットを確保し、
ちろっとお菓子コーナーにうつつを抜かしながらも、
いよいよっ、店員さんと対峙するときがやってきますっ。

とその前に、レジ前の通路をモップでお掃除する店員さんに、
行く手を軽くふさがれます、、。

これは、店員さんからの先制攻撃なのでしょうか、、(?)。

軽くたじろぎつつも、ささっとモップをよけ、
レジへと到着します。

すると、お掃除にいそしんでおられた女性店員さんが、
くるっとレジに舞い戻ってきます。

今度は、独身の攻撃の番です(?)。

店員さんは、独身のターゲットを手にして、
ぽっ!と、バーコードをレジに読み込みます。

(云うのかっ!ここで、
 「ローソンパスはお持ちですか?」
 と、云うのかっ、、!)

独身、店員さんに問いただすタイミングを見計らいます。

しかし、独身の妄想とは裏腹に、店員さんは、
パスのことなど、いっさい訊ねてこようとしません、、。

またしても、独身は攻撃を喰らってしまったようです、、。

そこで、今度は独身から、
会心の一撃(?)をしかけることにします。

「あの、すみませんっ。
 5ヶ月くらい前になると思うのですが、こちらのお店で、
 ポイントカードを勧められて、申し込みをしたんですが、
 いまだに届かないんですけど、、。」

やっとっ、やっとっ、
独身は思いの丈を吐き出すことが出来ましたっ!

しかし、ここで安堵するには、まだ早いってやつです。

と、ここで、独身とのやりとりを聞いていたのか、
男性店員さんが登場です。

2:1の戦いのはじまりです(?)。

すると店員さんたちは、
男性「えっ、カード、まだ届いていないんですか?」
女性「5が月も経っているそうです。」

男性「えっ、1ヶ月っ?」
女性「いやっ、5ヶ月(手をパーにして)です。」

独身「1週間ほどで届くと云われんですが、、。」
男性「そうです、通常では1週間です。
   5ヶ月はちょっとおかしいですねぇ、、。」

ここで女性店員さんは、
「それでは、もういちど申し込み用紙に記入して頂けますか。
 申し訳ございませんっ。」
と、独身に用紙とペンを差し出してくれます。

なぜ、カードが数ヶ月も届かないのか、
独身も店員さんも、その理由はわかりません。

しかし、こうして、ふたたび申し込むことで、
今度こそ、カードは独身のもとへと、運ばれてくることでしょう。

すっきり、と云うわけではありませんが、
まあ、カードが無事届くのなら、この問題は、
ささっと左へ受け流そうってもんです。

と、独身が軽く安堵していると、ここで、男性店員さんからの、
とどめの一発が襲い掛かってきます、、。

「カードは、各店舗ではなく、会社のほうの問題ですからねぇ、、。
 それに、もしかしたら、郵便物に混ざってしまったと云うこともありますしねぇ、、。」

(、、、、。)
独身、0.8秒ほど、時が止まります、、。

(、、えっ?)
独身、ようやっと時が動き出します。

(するって~ぇと~ぉ、なにかいっ?
 ポイントカードが数ヶ月経っても届かないと云うのは、
 ローソン側の問題ではなく、独身のうっかりミスだって云うのかいっ、、!)

男性にしてみれば、事件は東南ローソンではなく、
会社、ないし、独身の郵便受けで起きている、とでも云いたいようです、、。

たしかに、申し込みは各店舗で行うものの、
実際に発行して、郵送するのは、会社のお役目です。

それは理解出来ますが、それをあえて、お客の前で云うのは、
いささか無粋ってもんではありませんか、、。

それに、郵便ポストで、ほかの郵便物と混じったところ、
それに気づかず、うっかり捨ててしまったと云う可能性も、
ないとは云い切れません。

(いままでそんなことはなかったので、まあ、ないはず、ですが、、。)

しかし、それをお客に云うのは、
いささか無礼ではありませんか、、。

いやっ、こんなことで、いちいちぽっこりお腹を立ててしまう(!)、
独身のほうが無粋なのかもしれません、、。

なっんて、こころの狭い独身おんなでしょう、、。

東南ローソンに、会心の一撃を喰らわせるつもりが、
逆に、痛恨の一撃をお見舞いされた独身です、、。

それに、すっかりカードの申し込みのことであたまが満載だったので、
レジ袋は要りません、と告げるのを忘れていました、、。

これでは、地球にやさしい独身、のはずが、
地球にも、東南にもきびしい独身です、、(?)。

せめて、この“こだわりのあんぱん”が、
独身のこころを和ませてくれることを期待したいと思います。

まずは生地からですが、わりとがっしりとしていて、
強さのある生地であることがわかります。

キメがいささか粗いので、ぶつぶつっと、
あっちこっちで空洞が見受けられます。

そのため、全体としては、がすがすっとした、
ほんわり感があるように思うのですが、生地自体は、
がつっと硬い節があるので、軽くフランスパンの要素を持った生地、
と云う印象を受けます。

キメの粗い、神戸屋の“ソフトフランス”の食感とでも云うのでしょうか。

粗いとは云え、けばけばっとして、お口の中でごそごそっとしてしまうような、
そんな荒くれ者ではありません。

空洞が多目ではありますが、まあ、しゃんっとまとまってはいます。

しかし、硬さもあってか、若干、もっさりとして、
ぱさついている感は否めません。

“卵たっぷりの生地、、”と書かれているので、
てっきり、じっとりとして、ぴっとりとお口に密着するような、
そんな生地を妄想していましたが、どうやら、独身の妄想損のようです、、。

あんぱんと云うと、まっさきに木村屋が浮かんできますが、
木村屋のような、キメがみっちりと詰まっていて、
ジューシーなしっとりを感じるような生地とは、かなり一線を画しています。

与党と野党かっ!と云った雰囲気です(?)。

お味のほうですが、生地を見つめてみると、
ほんわりと黄色くなっていることに気づきます。

これが、“卵たっぷり”である証とでも云いたげです。

しかと、そのたまごっぷりを確かめようと、
さっそく味わってみると、ふんわりと、たまごのまろやかな甘味がして、
そのあと、マーガリンのようなコクがぼふっと参戦しています。

マーガリンと云うと、昨日頂いた、“ランチパック”の新作、
“スイートポテト&マーガリン
”をつい、妄想してしまいます、、。

“ランチ、、”の場合は、直接生地のあいだにサンドされているためか、
すべてを支配していまうような、押せ押せの刺激的なマーガリンでした、、。

しかし、この生地の場合、直球ではなく、
生地練り込み型と云う、変化球(?)なので、
過激な自己主張をすることなく、うまくその他の素材とフュージョンして、
旨味となって、実力を発揮してくれています。

昨日の“スイート、、”には、思わず独身も、
「マーガリンなんて、いらね~よっ、秋っ!(?)」
と、こころ内で叫んでしまいましたが、
やはり、マーガリンは、正しい使われ方をすると、
こうして、性格が丸くなってくれるってもんです。

一方のたまご風味ですが、流石、
“たっぷり”と豪語(?)しているだけはあって、
なかなかのたまごの存在感です。

あとから、じわじわっと甘味が強くなってくるように感じます。

そこに、生地の表面の香ばしさが参戦してきて、
甘香ばしい風味へと変貌すると云った試合運びです。

これには、流石の“藤波さん”だって、
「マーガリンとたまごは、殺し合いをしているんじゃないんだっ!」
と、もごもごっと、叫ばなくて済むってもんです(?)。

ローソン--こだわりのあんぱん~とっておき宣言・山崎製~。


生地の中には、たっぷりてんこ盛りのあんこが詰まっています。

このあんこは、なにやら、ひとくせも、ふたくせもあるようで、
練乳とアーモンドがお供している模様です。

ローソンのサイトのほうの説明では、
洋酒とも書かれていたのですが、原材料を確認すると、
そこには、洋酒とも、ブランデー(?)とも、書かれていません。

これには、流石の“裕次郎さん”もがっくしってもんです(?)。

独身も、どんな洋酒っぷりを発揮してくれるものかと、
いささか期待していたのですが、別段、
本物のお酒が入っているわけではなさそうです。

軽くがっくしとしたところで、さっさとあんこを頂いてみると、
なかなかの、どっしりとした、重みのあるつぶあんであることがわかります。

かなりぼってり、ぼっぷりと生地に腰を下ろして、
濃密っぷりを見せつけてくれています。

あんこ度満載で、いい意味で、でろっとした、なめらかな節はありません。

そこに、小豆がどぶどぶっと、あっちこっちに登場してきます。

つぶあんと云うと、皮ばかりがしゃりしゃりと混じって、
ごっくんしたあと、皮が舌べろや、歯とほっぺたのあいだに居残りして、
数時間経ったころに、ふいっと再登場したりする、いささかやっかいなあんちくしょうです。

こういったつぶあんは、つぶあん、ではなく、
皮あん、です。

しかし、このつぶあんの小豆は、皮ではなく、
しかとお豆の状態を保っているので、皮が無粋にしゃりしゃり登場することはありません。

わりと軽めに煮付けられているのか、
ごりごりっと、いい食感が居残りしています。

益々、あんこ、豆度は満載ってもんですっ。

スーパーでお見かけする主婦のみなさまのほとんどが、
こぞってクロックスのサンダルを履いているようなものです(?)。

独身も、いささか気になっていたのですが、
購入する前に、夏はとっくに過ぎ去ってしまいました、、。

(そう云えば、昨年購入した“駿河下駄”も、
 ことしの夏はお供させなかったなぁ、、。)

ローソン--こだわりのあんぱん~とっておき宣言・山崎製~。


つぶあんのお味ですが、はじめ、ぼてぼてっとお口に侵入してくると、
ほふっと、アーモンドの風味が漂ってきます。

と云うか、これはアーモンド、と云うより、
軽くチョコに混じったアーモンドのような風味を妄想します。

チョコと云っても、かなりチープで、風味の抜けた、
駄菓子のチョコのようです。

そのあと、あんこの甘味がどしっとのしかかってくるのですが、
お砂糖などの、過激な甘味ではなく、しかとお豆そのままの風味と甘味が活きています。

まったくもって、自己主張をし過ぎていると云った節はありません。

練乳入りと云うことですが、
練乳風味はまったくしません、、。

もっとミルキーで、コクのあるあんこを妄想していたのですが、
どうやら、これも独身の妄想損に過ぎなかったようです、、。

まあ、お砂糖とはまた異なる、まろやかな甘味ではあるのですが、
いかんせん、あんこがどしどしっと、存在感があるので、
練乳は、風味と云うより、甘味と云う影の存在として、
お供している模様です。

これは、流石の“福田元官房長官”だって、薄ら笑いをしつつ、
「しょせんは影、ですから。」
と、云ってしまうってもんです(?)。

とは云え、影があるなら、光があるってもんで、
なかなかの、やさしい甘味を感じます。

お砂糖で甘くしたあんこは、どうも、
どかどかっと、しゃしゃり出ているように感じるのですが、
練乳長官(?)ともなると、まあるく、おだやかに、
あんこの女房役を務めているようです。

黒ごまも、なかなかの量が盛られているので、
コゲッ!とした、いい香ばしさを放ってくれています。

たしかに、“さらにおいしくなりました”と云うシールのように、
おいしく頂いているのですが、別段、“新感覚”と云った節は感じません。

と云うか、アーモンド風味は、はっきり云って、邪魔、です。

すぐに、あんこの風味がお口を占領するのですが、
はじめに、ほふっと登場する、奇怪なアーモンドが気になります。

たいして存在感はないのに、はじめに、奇怪な小技で先制攻撃をしてくる、
かなり中途半端なくせに、やっかいなあんちくしょうです、、。

それならば、アーモンドスライスを入れるとか、
粗めに刻んだアーモンドを入れるなどしたほうが、
よっぽど、ほんもののアーモンドの実力が味わえるってもんです。

どうやら、こだわり過ぎたことが、裏目に出てしまったようです。

いっそのこと、アーモンドなんて、いらね~よ、秋っ!
と云うことで、練乳つぶあんにしてしまえばいいのに、と思う独身です。

それでもまあ、お買い得の105円で、
どっしりとした、つぶあん入りのあんぱんを頂けるのなら、
「“こだわりあんぱん”なんて、喰いて~よ、秋っ!」
と云えるってもんです。

それよりも、いまの独身にしてみれば、
「ポイントカードなんて、要るんだよ、夏、も秋もっ!」
と、ローソンに思いの丈を訴えたいところです、、。


販売価格:105円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:287kcаl
たんぱく質:7.1g
脂質:9.0g
炭水化物:44.4g
ナトリウム:141mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック スイートポテト&マーガリン。  | home |  ミニストップ--チョコフランス(ベルギー産チョコ使用)~穂・山崎製~。