FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年06月11日[Wed]

JUNOESQUE BAGEL--カルピスと日向夏みかんのベーグル。

JUNOESQUE BAGEL--カルピスと日向夏みかんのベーグル。

“JUNOESQUE BAGEL”の新作っ!
これには、流石の“ラムちゃん”も、ビビビっと感動してしまわれるかっ。


♪あんまりぎょろぎょろしないで~~ぇっ、
 独身、いつでも貪欲~~ぅっ、
 ちらしを取るのはやめてよ~~ぉっ、
 この日の狙いは“カルピス”ッ!♪

うる星やつら”の“ラムちゃん”が、
“あんましきょろきょろしないで”と、
“ダーリン”に説教(?)してしまうのなら、
この日の独身は、目の前の、数多のベーグルたちに、
思わず魅了される己を、軽くいましめてしまうってもんです。

さて、ことしの4月に、はじめて静岡に、
JUNOESQUE BAGEL”が登場して、早、1月余りが経つわけですが、
先月の限定、“抹茶カフェラテアーモンド”を頂いた独身は、
すっかり“JUNOESQUE BAGEL”の実力に感心、感服、感動させられています。

それまでベーグルと云うと、“BAGEL&BAGEL”のみをハンティングしていたのですが、
新たに“JUNOESQUE BAGEL”が、独身びいきのベーグル入りを果たしています。

そんな“JUNOESQUE BAGEL”から、今月限定の“ココナッツチョコベーグル”と共に、
新作の“カルピスと日向夏みかんのベーグル”が登場しています。

いまのいままで、ミルクや練乳、
ヨーグルトが生地に盛り込まれている菓子パンなら、
何度もお世話になっているのですが、カルピスと云うのは、
まったくもってお初となりますっ。

水無月に突入して、新作情報をチェックしようと、
“JUNOESQUE BAGEL”のサイトを開いてみると、
まっさきに独身の視界に突入してくるのは、
“カルピスと日向夏みかん、、”です。

その瞬間、“カルピス、、”と云う文字に、
聖子ちゃん”よろしく、“ビビビ”っと衝撃を喰らった独身は、
即効、今月のハンティングリストに、この“カルピスと日向夏みかん、、”を盛り込んだわけです。

そして、この日、ようやっと“カルピスと日向夏、、”と、
初顔合わせをするときがめぐってきますっ。

実は、この日は、毎度お世話になっている、
黄色のお店”の、98円特売日なのですが、
独身は、あえて、この特売をシカトして、
“JUNOESQUE BAGEL”へと向かっています。

シカト、とは云え、完全丸々シカトしたわけではなく、
一応、特売には参戦して、独身好みの菓子パンと遭遇してはいるのですが、やはり、
“カルピスと日向夏、、”が、しかと独身のこころを独占していることもあってか、
最終決定にまで、至ることなく、そのまま、さっさと“黄色”から退散しています。

いつもの独身なら、なによりも週1の特売を優先しているところですが、
流石の特売でも、カルピスの魅力には、勝つことが出来ないようです。

と云うわけで、梅雨晴れのさわやかな青空の中、
独身は、久々の“JUNOESQUE BAGEL”へと、ハンティングにまい進です。

と、その道の途中、独身は思わず、
前回のハンティングのことを思い起こします。

それは、前回、はじめて“JUNOESQUE BAGEL”を訪れたときのことです。

5月の限定の“抹茶カフェラテアーモンド”を、しかとワシづかみして、
ささっとレジへと精算に向かうと、独身の視界に、
小ぶりのカードが立てかけられていることに気づきます。

独身は、毎度、ごはん屋さんやカフェなどを利用すると、
その記念として、お店の名刺をお持ち帰りするようにしています。

近ごろのごはんやさんは、なかなか小洒落たお店が多く、
また、名刺にもひと手間加えているお店をしばしお見かけします。

ときに名刺を取り出して、お味を思い出したり、
また、お部屋に飾ることも出来るわけです。

すっかり名刺のお持ち帰りが習慣と化している独身は、
“JUNOESQUE BAGEL”でも、ステキな名刺が用意されているものと、
勝手に妄想し、そのままワシづかみをします。

すると、名刺のわりには、べろべろ~っと、
かなり長いサイズであることに気づきます。

そこで、しかと名刺を見つめてみると、それは、
名刺ではなく、お店のスタンプカードであることが判明ですっ、、。

こころ内で、あせあせっと焦った独身は、
顔では冷静を装い、しかし、こころ内では、
軽いパニック状態で、そのままスタンプカードを、つつ~っと元に戻します。

しかし、店員さんに冷静っぷりを見せつけておきながら、
あまりの動揺に、お会計後、商品を受け取るのを忘れ、
店員さんに呼び止められる
と云う、大うっかりを仕出かしてしまった独身です、、。

おそらく、このときの店員さんは、
(嗚呼、あの人。
 冷静なふりしてスタンプカードを元に戻したつもりでも、
 内心は、やっぱし動揺していたのね。)
と、独身のこころ内を、しかと察知されたことでしょう、、。

そんな大うっかり事件を巻き起こしたこともあり、
“JUNOESQUE BAGEL”を訪問するのは、いささかこっぱずかしいところですが、
“人のうわさも、、”ってやつで、店員さんも、おそらく、
独身のことなど、お忘れになっていると妄想します。

しかし、うっかり事件の張本人は、
そう、やすやすっと忘れることは出来ません、、。

このことを、しかと反省し、今回は、
やたらカードやちらしなど、お持ち帰りしないよう、しかと己をいましめます。

さっそくお店に到着し、この日のターゲットの、
カルピスと日向夏みかんのベーグル”と、初対面を果たしますっ。

と、その右となりをちろ見すると、そこには、
今月の限定、“ココナッツチョコベーグル”が盛られていることに気づきます。

しかと見つめてみると、生地の表面には、わっさわっさっと、
ココナッツがてんこ盛りに張り付いているではありませんかっ。

流石の“美川憲一さん”だって、
ここまで衣装にスパンコールを貼り付けやしないってもんです(?)。

“カルピス、、”をハンティングするつもりが、あまりのココナッツっぷりに、
すっかり“ココナッツチョコ、、”に魅了されてしまいます。

双方ともに、独身好みのお味と云うことで、
そう、やすやすっと決定することは出来ません。

まあ、どちらか一方を選択したとしても、
今月中には、また、再ハンティングに訪れる予定なので、別段、
この日、どちらを優先しても、しかとハンティングすることには違いありません。

と云うことで、この日は、はじめから、しかとターゲットとしていた、
“カルピス、、”をお先させることにします。

と、ここで、視線をななめ上あたりの、いちばん上の棚に移動させると、
そこには、なにやら、はがきサイズのちらしが大量に置かれていることに気づきます。

しかと見つめてみると、それは、6月現在の、
ベーグルの全メニューが書かれているようです。

これは、今後のハンティングの参考になるかと、
おもむろに手を伸ばそうとするのですが、ここで独身、
あることを思い起こします。

それは、前回の大うっかり事件です、、。

独身が、お店の名刺だと、勝手に妄想して、
スタンプカードを抜き取ってしまったと云う、
あの、大うっかりです、、。

ここでもし、ふたたびあやまちを繰り返してしまえば、
またしても、店員さんにご迷惑をかけてしまいます、、。

とは云え、ベーグルのメニュー表なのだから、
お持ち帰りしても、別段、問題はなさそうにも思えます。

そこで、思い切って、そのままワシづかみしてみようかと思うのですが、
しかと見つめてみると、若干、店員さん寄りなので、お客側からでは、
いささかつかみ辛い位置に置かれています。

と云うことは、これはやはり、
勝手にお持ち帰りするものではないことが妄想されます。

いまのいままでの独身なら、なんら迷うことなく、
無料のものは、さっさとワシづかみしているところですが、
前回の反省もあって、ここは、おとなしく、そのままシカトして、
さっさと精算に向かうことにします。

そして、そのまま、なんのうっかりも仕出かすことなく、
無事、ハンティングを成功させます。

ささっとお店から退散して、愛チャリのもとへと舞い戻る途中、
ハンティングしたばかりの“カルピス、、”のコンディションが気になるあまり、
ぐわさっ!と、袋から取り出して、しかと見つめてみることにします。

すると、袋の中に、なにやら、はがきサイズの紙が、
2枚、盛り込まれていることに気づきます。

どうやら、店員さんが、さきほど、独身がじいっと見つめていた、
ベーグルのメニュー表を入れてくださった模様です。

やはり、このメニュー表は、
勝手にお持ち帰りすべきものではなかったようですっ、、。

独身、あやうく、大うっかり事件を、
ふたたびやらかしてしまうところでしたっ、、。

これには、流石の“ラムちゃん”だって、
♪あんましぎょろぎょろしないで~~ぇっ♪
と、“高田純次さん”よろしく(?)、毎度、ハンティングで、
目をぎょろぎょろっとさせてしまう独身に、喝を入れてしまうってもんです(?)。

そんな“ラムちゃん”も、“聖子ちゃん”よろしく、
ビビビッと、思わず衝撃を喰らってしまうような、
ナイスなお味であることを期待しつつ、さっさと頂いてみたいと思います。

JUNOESQUE BAGEL--カルピスと日向夏みかんのベーグル。

みんなが大好きな「カルピス」をベーグルの中に入れてみました!
 カルピスの甘みとふんわり爽やかな酸味に日向夏みかんの清涼感と苦みが良くあう一品です。
 なんだかあの頃の夏を思い出させるような…そんな懐かしのカルピスの味のベーグルです
。”

と云うわけで、“JUNOESQUE BAGEL”の新作、
“カルピスと日向夏みかんのベーグル
”です。

さっそく生地から頂いてみると、
かなりみっしりと引き締まっていて、
んぐぐっと云う、ちから強い噛み応えを感じます。

しかし、いい意味で、ほろほろっと崩れやすい、
と云うか、歯切れのよさもあるので、強情な引き締まりっぷりではありません。

はじめは、ベーグルらしい強さを見せつけてくれるのですが、
しかともぐもぐしてみると、実は、ほろっと、
やさしい生地であることがわかります。

いい意味で、強さとはかなさを持ち合わせています。

そのためか、生地をちぎってみると、
カスがはらはらっと舞い落ちて、気づくと、
周囲が白いカスで、てんてんっとしています。

とは云え、キメがもさっと、はさっと、乾いているわけではありません。

さら~っと、すら~っと、キメ細やかで、
繊細な仕上がりなので、とってもご親切な口あたりになっています。

これには、流石の“TK”だって、
♪生~ぃ地っ、は~かないっ、
 キ~メッ、せ~んっさ~ぁい(繊細)っ、
 生地~ぃの、つよ~さ(強さ)と~~~ぉっ♪
と、“恋しさと、せつなさと、、”よろしく(?)、
いつもこの生地の食感を堪能するため、
“JUNOESQUE BAGEL”へと向かってしまうってもんです(?)。

JUNOESQUE BAGEL--カルピスと日向夏みかんのベーグル。

生地には、カルピスと、日向夏みかんの皮が盛り込まれています。

こう云った、生地にお味が練り込まれているタイプのものは、
わりと、弱気なお味であることが多いように思うのですが、
この生地に至っては、いい意味で、独身の妄想を、
ざっくりと裏切ってくれていますっ。

はじめは、やわらかな~カルピスの風味がやってくるもですが、
しかともぐもぐしていくと、どんどんっと、カルピスの甘味が勢いを増してきますっ。

ミルクでも、ヨーグルトでもない、
あの、カルピスの甘味が、しかと生地からお味を主張してくれていますっ。

ミルクと云うと、もっと重みがある、と云うか、
こくっと深いコクがあるのですが、この生地の場合は、
もっと、ふわんっとやわらかで、軽やかな甘味に感じます。

さらには、ヨーグルトと云うと、つんつんっと、
酸味があって、さっぱりとしたお味なのですが、
この生地は、とってもまろやかな酸味なので、
さほど目立つような酸味ではありません。

しかし、カルピス風味としては、
しかとお味を実感出来るほどの存在感を見せつけてくれていますっ。

まさか、ここまでカルピスが大活躍しているとは、
独身、ちろっとも妄想していなかったことですっ。

最近、自身のギネス記録を更新された、
みのさん”も驚愕の存在感っぷりですっ(?)。

一方の日向夏みかんですが、こちらは、一見したところ、
ぷつぷつっと、かなり小ぶりの皮が、控えめに盛り込まれているようです。

しかし、実際にお口にしてみると、カルピスの甘味のあとに、
お口を駆け抜けていくような、さわやか~なみかんの酸味が、
すす~っと参戦してきますっ。

ひとつぶひとぶつに、みかんの酸味とお味が、
ぎゅぎゅっと濃縮している、と云った印象です。

かなり小ぶりではありますが、
カルピスの強さに負けないくらいの、お味の強さを持ち合わせていますっ。

JUNOESQUE BAGEL--カルピスと日向夏みかんのベーグル。

生地の残り半分は、レンジで20秒
チンしてみることにします。

すると、常温では、んぐぐっとしたあと、
ほろほろっと、やさしい食感になっていたのが、
チンしたことで、しっとり感が参戦して、むにっと、
むちっと、弾力のある生地になっています。

さらには、生地がしとっと落ち着いて
常温のときのように、カスがはらはらっと舞い落ちてくることがありません。

お味のほうも、小麦のお味がまろやかになって、
カルピスも、より、甘味が強気になって、じょわじょわっと染み出てきますっ。

そこに、日向夏みかんが参戦してくるわけですが、
さきほどは、すす~っと、お口を駆け抜けていく、酸味だったのが、
チンしたことで、つつつ~っと、勢いよくお口満載に広がって
そのままお鼻に抜けていきますっ。

まさに、うさぎとかめのごとくの、スピードの違いですっ。

これには、先日、世界記録を更新した、
水泳の“北島選手”だって、このスピードには興味を示してしまうってもんです(?)。

常温では、みかんの酸味が目立っていたのですが、
チンしてみると、酸味に加え、皮のほろ苦さも、しかと感じられます。

カルピスの強気の甘味に、みかんの酸味と苦味で、
まさに、アメとムチよろしく、強弱のあるお味を見せつけてくれていますっ。

さらに、今度はトースターで1分半ほど、焼きを入れてみると(!)、
表面が、軽やかに、さくさくっとなって、内側は、ぶちっと、びちっと、
かなりの強気な噛み応えになっています。

常温、レンジでチン、トースター焼きで比べると、
トースターがもっとも生地を強気にさせてくれるように感じます。

お味は、チン同様、カルピスの甘味が、どんどんっと勢いを増して、
みかんのほうも、酸味がつんつんっとお鼻へ抜けて、そのあと、
ほろっと苦味が全体を引き締めてくれます。

どうやら、この“カルピスと日向夏みかんのベーグル”は、
初夏よろしくの情熱を加えたほうが、より、お味を堪能出来るかと思われます。

前回の“抹茶カフェラテアーモンド”よろしく、
今回の“カルピスと日向夏、、”も、それぞれの素材のお味を、しかと確かめることが出来ます。

やはり、お値段が210円と、セレブなだけはあって、
贅沢~なお味をたのしむことが出来ますっ。

これには、流石の“ラムちゃん”だって、
♪あんまりセレブは買えない~~っ、
 いつでも独身、けちけち~~っ、
 ぎょろぎょろするのは性なの~~ぉっ、
 いつでも特売大好きっ♪
と、そう、ひんぱんにセレブパンをハンティング出来ない独身を、
軽く同情してしまうってもんです(?)。

JUNOESQUE BAGEL--カルピスと日向夏みかんのベーグル。

JUNOESQUE BAGEL
カルピスと日向夏みかんのベーグル

定価:210円。

カロリー:286kcаl/100g。

独身評価:★★★★★
スポンサーサイト





タグ: べーグル, みかん, カルピス,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック カスタードクリーム。  | home |  神戸屋--いちご好きのとろけるいちごみるくクリームパン。