FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年06月18日[Wed]

ローソン--エスプレッソコーヒー&ホイップロール~とっておき宣言・山崎製~。

ローソン--エスプレッソコーヒー&ホイップロール~とっておき宣言・山崎製~。

ローソンの今週の新作、“イタリアンフェア”ッ!
これには、流石の“ジローラモさん”も、「トレビア~ン!」と、うなってしまわれるかっ。


♪探しものはなんですか~~ぁっ、
 “イタリアン、、”のパンですか~~ぁっ、
 看板前も、棚の上にも、探したけれど、見つからないのに、

 まだまだ捜索ですか~~ぁっ、
 それよりも、ほか、移りませんか~~ぁ、
 “イケメン”から、“新参者”、
 さっっと、行こ~うと思いませんっか~~ぁっ、

 ふふっふ~~~ぅっ、ふふっふ~~~ぅ、
 ふふっふ~~~~ぅっ、さ~ぁあ~~~っ♪

斉藤由貴さん”が、探し物よりも、夢の中へ行ってみたいと思いませんかと、
思わず、夢の世界へと引きずり込んでしまうのなら(!)、この日の独身は、
毎度、お世話になっている“イケメンローソン”よりも、ご近所の“新参ローソン”へと、
探し物のターゲットを求め、行ってみたくなってしまうってもんです。

独身のハンティング圏内には、4軒ものローソンが存在しています。

そのうち、もっともご近所に位置しているのは、
無礼ローソン”です。

不名誉にも、独身に、勝手に“無礼”と命名されてしまったローソンは、
昨年の2月、独身がハンティングで利用した際、店長と妄想される、
黒ブチめがねの男性店員が、レジで精算をお願いする独身を、
目の前で、思いっきしシカトすると云う、無礼をご披露してくれたことで、
独身のハンティングリストから、ささっと抹殺された、ローソンです。

この思いっきしっぷりには、流石の“みのさん”だって、
思わず、お嬢さんたちに、例のカードを配布してしまうってもんです(?)。

ご近所と云うことで、以降のローソンハンティングに、
かなりの支障をきたしているのですが、そこは、
一途な星の、“さそり座のおんな”よろしく(?)
そう、容易に再リスト入りをさせるわけには、いきません。

そこで、代わりとなるローソンとして、選ばれたのが、
南東ローソン”なのです。

しかし、昨年の初夏に、店員さんから“ローソンカード”の入会を勧めておきながら、
3ヶ月以上も経っても、ちっともカードが届かないと、問い合わせをする独身に、
「ほかの郵便物に混ざって、お客さまが無くされた場合もありますからね~ぇ。」
と、平然っと云い放ってくれたことで、またしても、ハンティングリストから、
ささっと抹殺されています。

どうして、こうも、ローソンばかり、
独身の怒りのツボをゴリ押ししてくれるのかと、
いささかご立腹していたところに、西のほうに、
新たにローソンがオープンします。

さっそく様子をうかがいに、ハンティングに向かってみると、
なっ、なんと、そこには、独身好みの、健全、安全(?)、
さわやか好青年の、イケメン店員さんがスタンバイされているではありませんかっ、、!

これには、流石の年増の独身も、ハンティング以外で、
久々にこころ躍らせてしまうってもんですっ。

それ以来、“西のローソン”は、“イケメンローソン”として、
独身びいきのローソンに認定されたわけですっ。

さて、今週のローソンは、“ちょいワルおやじ”でおなじみの、
ジローラモさん”もゴリ押しの(?)、
イタリアンフェア”が開催されています。

その中で、菓子パン部門から、
エスプレッソコーヒー&ホイップクリーム”と云う、
なんともイタリア~ン、トレビア~ン(?)な新作が参戦ですっ。

ローソンのサイトで、この“エスプレッソ、、”を目の当たりにした瞬間、
この日の独身のターゲットに決定されます。

そこで、さっそくローソンへとハンティングに向かうわけですが、
狙うは、もちろん、イケメン店員さん、ではなく(!)
イケメンローソン”です。

独身のお供アイテムのマイ保冷バッグに、保冷剤をふたつ、
しかと忍ばせて、ささっと“イケメンローソン”へと出発です。

やはり、これからの時期は、黒手袋と、黒ストール
そして、保冷剤を欠かすことは出来ません。

まさに、“大事マンブラザーズバンド”よろしくの(?)、
♪焼けないことっ、シミ・シワないことっ、
 パンとけないことっ、守り抜くことっ、
 保冷っ、あ~るっ、ほうがっ、いいよっ、
 それが~ぁっ、いちばんっ大事~~~ぃっ♪
ってもんです(?)。

さっそく“イケメンローソン”に到着し、
さっさと店内へと進入すると、どうやら、
この日は、イケメンさんはご不在の模様です、、。

思わずがっくしと落胆してしまいますが、
独身には、イケメンさんがいなくとも、
待ち人、ならぬ、待ちパン(?)があるってもんです。

ささっと気分をかえて、菓子パンコーナーへと移動し、
ターゲットの捜索を開始すると、なっ、なんっと、
イケメン店員さんだけでなく、ターゲットもご不在であることが判明です、、。

これには独身、思わず、
♪それが~~ぁ、いちばんっ哀しい~~~ぃっ♪
と、益々落胆してしまうってもんです、、。

実は、この日の独身には、菓子パン以外にも、
もうひとつ、ターゲットのものが存在します。

それは、独身びいきでおなじみの、
キットカット”のコンビニ限定、“マンゴー”です。

この“キットカット マンゴー”は、5月に初登場しているのですが、
なかなかコンビニを利用する機会がなく、ずっとシカトし続けています。

この日、ようやっとローソンでターゲットが登場と云うことで、
“、、マンゴー”も、ぜひとも、お供させようと、息巻いて、
まずは、菓子パンハンティングの前に、存在を確認して、
ほっと、安堵していたところなのですが、それもつかの間、
肝心な“エスプレッソ、、”がないではありませんか、、。

しかし、パンコーナーのいちばん上には、
ジローラモさん”の看板が、しかと設置されています。

それにも関わらず、いささか離れた、別の段に、
“イタリアンフェア”のパニー二が盛られています、、。

なんのための看板なのかと、いささか首を傾げてしまうところですが、
看板は存在していても、肝心のフェアのブツは、このパニーニしか、
スタンバイしていません、、。

実は、ここ“イケメンローソン”に出発する前、
独身は、あることを妄想しています。

それは、距離的には、“新参ローソン”のほうが近いので、
そちらへ向かうべきなのでは、と云うことです。

しかし、前回、“新参”にハンティングに訪れた際、
ターゲットと遭遇出来なかったこともあり、あえて、
いささか遠方の“イケメン”へと向かうことにしたのですが、
まさか、この独身の選択が間違っていたとは、このときの独身は、
ちろっとも妄想していなかったのであります、、。

それでも、“一途な星”である“さそり座のおんな”の独身は、
早々に断念することが出来ず、“地獄の果てまで、、”ではなく(?)、
いちばん下の棚まで、しかと捜索を続行します。

しかし、そんな独身の情熱もむなしく、
“エスプレッソ、、”は、どこにも存在していません、、。

やはり、“斉藤由貴さん”がお誘いするように(?)、
捜索継続するより、“新参ローソン”へと、移ったほうが、賢明のようです。

と云うわけで、かなり遠回りとなってしまいますが、
“イケメン”から、愛チャリで、およそ5分ほどの、
東北に位置する“新参”へと、さっさと移動することにします。

もし、“新参”でも、ターゲットが不在であれば、
そこから、北に13分ほど行った、“北のローソン”に行くしか、
独身には残された選択はありません、、。

そのことを妄想すると、いっそのこと、
ボックスラーメン”の神さまにでも、懇願してしまうってもんです(?)。

そんな独身の苦手分野の食べ物は、
ラーメンです(??)。
(実話。)

さて、ささっと“新参”に到着し、
さっそくハンティングを再開する、前に、
まずは、“キットカット マンゴー”の有無をしかと確認します。

コンビニ限定とは云え、すべてのコンビニでスタンバイしているとは限らないので、
毎度、捜索する際には、菓子パンのみならず、合否を確認する受験生のようなこころ持ちになります。

ここ“新参”でも、しかと“、、マンゴー”が存在していることが判明し、
ほっと安堵したところで、ようやっと菓子パンハンティングへと向かいます。

すると、いちばん上の棚には、
しかと“エスプレッソ、、”が盛られているところを発見ですっ。

そのおとなりには、中部地区限定の、
山梨県の牛乳を盛り込んだ、3種の新作
も初登場しています。

そちらのほうも、なかなか魅力的ではあるのですが、
ここは、やはり、“ジローラモさん”がゴリ押し(?)していることを信じ、
“エスプレッソ、、”をハンティングすることにします。

そして、お供の“キットカット マンゴー”も、
しかとワシづかみして、ささっとレジへと精算に向かいます。

と、ここで、独身、
あることに気づきます。

それは、ローソンカードです。

前回のローソンハンティングから、実に、
2月以上が経過していることもあって、
うっかりカードを取り出すタイミングをあやまってしまいます。

本来なら、レジに到着する前に、さっと取りさせるよう、
お財布に仕込んでおくのですが、久々と云うこともあって、
お財布のカード入れの、上から3番目あたりに、
ローソンカードが詰め込まれています。

独身が、カードの取り出しで、まごまごっとしているあいだ、
レジの店員さんは、ささっとレジにバーコードを読ませ、
手際よく、レジ袋に詰め込んでくださいます。

ようやっとカードを取り出し、
店員さんにお渡しして、精算を済ませます。

いささか遠回りをしてしまいましたが、
なんとか、“北のローソン”まで、遠征することなく、
ターゲットの“エスプレッソ、、”と“キットカット マンゴー”のハンティング成功です。

ほっと安堵して、ささっと愛チャリのもとへと向かうと、
ここで、独身、ふっと、あるうっかりに気づきます。

それは、マイ保冷バッグをお供させているにも関わらず、
レジ袋を頂いてしまった、と云うことですっ、、!

なっんてうっかりな独身なんでしょうっ、、!

ここのところの独身は、ハンティング以外のときでも、
しかとノーレジ袋宣言をしていると云うに、この日は、
ローソンカードに気を取られてしまったばっかしに、
宣言をするのを忘れてしまったのです、、。

これには、流石の“大事マンブラザーズバンドさん”だって、
♪それが~~ぁっ、いちばんっ無粋~~~ぃっ♪
と、思わず独身を批判してしまうってもんです、、(?)。

いっそのこと、“斉藤由貴さん”に誘われるがまま、
夢の中へと、現実逃避でもしてしまいたくなるってもんです、、(??)。

ローソン--エスプレッソコーヒー&ホイップロール~とっておき宣言・山崎製~。

エスプレッソコーヒーフィリングとホイップクリームをサンド。”

と云うわけで、ローソンの今週の新作、“イタリアンフェア”の、
“エスプレッソコーヒー&ホイップロール
”です。

さっそく生地から頂いてみると、
はじめは、ぐぐっと、ほどよい噛み応えがあるのですが、
しかともぐもぐすると、わりと、むっちり、みっちりと、
柔軟性があることがわかります。

ぐぐっと引き締まっていながら、完全にかっちこっちではない、
むっちりとした、やわらかさも兼ね備えています。

さらには、キメも、しとっと落ち着いているので、
もさっと感も、ぽそっと感もありません。

先日頂いた、神戸屋の“いちご好きのとろけるいちごみるくクリームパン”の生地は、
生地に喰らいついた瞬間、ぴとっと、お口に吸い付いてくるくらいの、
しっとり、じっとりとした水分を持ち合わせています。

一方で、この生地の場合は、いい意味で、必要最低限の、
乾燥してしまう、ぎりぎりまで、水分を控えめにしてみた、と云った雰囲気です。

そのため、ほどよく、しとっと落ち着いていながらも、
生地のふんわり、ほんわり感をしかと保っている、と云うわけです。

生地のお味は、ほふっと、やさしいコーヒーのお味がします。

さほど強気なコーヒーではないのですが、
ほろっと、軽やかなコーヒーの苦味も参戦しているので、
まったく弱気なコーヒー、と云うわけでは、ありません。

そのあと、しかともぐもぐすると、今度は、
お砂糖の、やわらかい甘味が登場しています。

しかし、苦味があるので、
お砂糖が過激にしゃしゃり出ている、と云うことも、ありません。

生地の質といい、お味といい、うまいこと、
それぞれの材料の量、バランスが取れているように感じます。

まさに、生地にとっては、
♪それが~~ぁっ、いちばんっ大事~~~ぃっ♪
ってやつです(?)。

ローソン--エスプレッソコーヒー&ホイップロール~とっておき宣言・山崎製~。

生地のあいだには、コーヒーゼリーと、
チーズ風味クリームがサンドされています。

まずは、コーヒーゼリーからですが、
まるで、メイプルシロップのように、
でろんっと、どろんっと、濃密~な液体になっています。

原材料には、ゼリーと書かれているので、
ぷるんっ、たるんっと、しているのかと妄想していたのですが、
実際にお口にしてみると、濃密で、べっとんっと重みのあるソースです。

お味のほうも、かなりぎゅぎゅっと濃厚なコーヒーで、
お口にした瞬間、あまりの苦々しさに、舌べろが、
思わず、んぐぐぐっと、縮こまってしまいます。

独身は、コーヒーが苦手分野なので、
エスプレッソも頂いたことがないのですが、
まるで、コーヒーのお粉を、同量のお水で溶いて、
それをお口にしているのかのように妄想します。

相当にこゆい~~(濃い)お味で、
苦味もかなり意地悪~で、凄みがあります。

これには、流石の“悪徳商会”のかたも、
「うう~~~っ、苦いっっ!もうひとくちっ!!」
と、凄みのあるお顔で、さらに、喰らいついてしまうってもんです(?)。

ローソン--エスプレッソコーヒー&ホイップロール~とっておき宣言・山崎製~。

一方のチーズ風味クリームですが、
濃密なコーヒーフィリングとは相反し、
いささかゆるめなクリームになっています。

お口にすると、一瞬、ほわっと、もふっと、
空気感があるのですが、舌べろに移動すると、
即効、てろ~んっと、とろ~んっと、ゆるやかにとろけていきます。

硬さとしては、6分ほど、と云ったところでしょうか。

独身としては、8分くらいの、ぼふんっと硬いクリームがお好みなのですが、
コーヒークリームが濃密で、生地がぐぐっとソフトマッチョなので、
このくらい、やわらかなクリームのほうが、全体になじみやすいと思われます。

お味のほうは、はじめ、ミルクのこっくりとしたコクが押し寄せてくるのですが、
そのあと、ぶわっと、チーズの甘味が追い上げてきますっ。

原材料を確認するまで、独身は、このクリームは、
ただのミルククリームだと思い込んでいたのですが、
実は、チーズが参戦しているようですっ。

これには、流石の“大事マンブラザーズバンドさん”も、
♪これは~~ぁっ、なかなかっ小粋~~~ぃっ♪
と、感服してしまわれるってもんですっ(?)。

ローソン--エスプレッソコーヒー&ホイップロール~とっておき宣言・山崎製~。

全体のお味は、まず、生地に喰らいつくと、
ほふんっと、やわらかなコーヒー風味がお口に広がります。

そのあと、てろんっと、ゆるやかなクリームが押し寄せてきて、
ミルクのコクと、チーズの甘味を放ってくれます。

すると、若干の遅れを取って、エスプレッソの濃厚なお味と、
凄みのある苦味
が、ぐぐっと、全体を引き締めてくれますっ。

あまりにも強気なエスプレッソと云うことで、
生地も、クリームも、抹殺してしまうのではと妄想していたのですが、
生地、クリームも、エスプレッソに根負けすることなく、
しかと、それぞれのお味を堪能することが出来ますっ。

それも、やはり、エスプレッソフィリングの量が、
わりと控えめ
で、クリームの量が、もったり、たっぷりと盛り込まれていることで、
量、お味のバランスが、うまいこと、保たれていると、勝手に妄想します。

そのため、いくら凄みがあるとは云え、
クリームは、エスプレッソに飲み込まれることなく、
しかとチーズ風味を放ってくれるわけですっ。

それどころか、チーズは、
お鼻のほうにまで風味が抜けていくのですっ。

お鼻でチーズ、舌べろでコーヒー、と云った雰囲気ですっ。

流石、イタリア~ンの“ジローラモさん”が、
「トレビア~ン!」
と、うなっただけはあるってもんですっ(?)。
(いや、それはフランス語。)

これには、流石の“斉藤由貴さん”だって、
“夢の中”ではなく、鼻の中に行ってしまいたくなるってもんです(??)。

ローソン
エスプレッソコーヒー&ホイップロール

販売価格:120円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:297kcаl
たんぱく質:7.5g
脂質:8.7g
炭水化物:47.1g
ナトリウム:274mg

独身評価:★★★★★

(ローソンの菓子パンはこちら)
スポンサーサイト


タグ: コーヒー, ホイップ, チーズ, サンドロール,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

神戸屋--いちご好きのとろけるいちごみるくクリームパン。  | home |  BAGEL&BAGEL--ラズベリーヨーグルト(6月限定)。