FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年08月27日[Wed]

JUNOESQUE BAGEL--オニオンチーズカレーベーグル(8月限定)。

JUNOESQUE BAGEL--オニオンチーズカレーベーグル(8月限定)。

“JUNOESQUE BAGEL”の8月の限定っ!
これには、流石の“星野JAPAN”も、戦略ミスと追及されてしまうかっ。


♪あんましどしどししないで~~ぇっ、
 試食はいつでも歓迎~~ぃっ、
 もぐもぐするのがたいへん~~っ、
 独身、“、、JAPAN”をごっくんっっ♪

うる星やつら”の“ラムちゃん”が、
いつでもそわそわしている“ダーリン”に、
よそ見をするのはやめてよと、思わずツッこんでしまうのなら(?)、
この日の独身は、“JUNOESQUE BAGEL”の店員さんに頂いた、
プレミアムJAPANベーグル”の試食を、なかなかごっくん、
することが出来ず、思わず、胃の奥~へと、突っ込んでしまいたくなるってもんです、、。

処暑を過ぎたとは云え、ここのところ、
初秋を飛び越えて、秋よろしくの、肌寒い日々が続いています。

独身は、10日ほど前から、そろそろ夏ものの電化製品がお安くなることを妄想して、
小洒落たサーキュレーターなるものをネットで捜索しているのですが、残暑、
どころか、扇風機すら不要の、寒々しいおてんきなので、結局、シカト仕舞いになりそうです。

と思っていたところ、この日は、
おてんきも一転して、すっかり残暑らしい、小暑い1日です。

それでも、吹く風がここちよく、
まさに、ハンティング日和と云えます。

こんな日は、いっそのこと、遠方までハンティングに行ってしまおうと云うことで、
葉月限定の“オニオンチーズカレーベーグル”を求めて、“JUNOESQUE BAGEL”へと向かうことにします。

本音を吐露してしまえば、ファミマの今週の新作、
“みのさん”の豆乳バナナの菓子パン
が気になるところなのですが、
この日、遠征をシカトすれば、また、明日から、おてんきが不機嫌になってしまうので、
やはり、ここは、近場のファミマにスタンバイしている(?)“みのさん”をシカトして、
“JUNOESQUE BAGEL”をお先させることにします。

先日、独身の愛チャリの前輪が、
パンッ!と勢いよく破裂してしまったこともあって、
ここのところ、段差を避けて走行するよう、こころかけています。

それでも、“JUNOESQUE BAGEL”に続く長い道には、
あっちこっちに、歩道と車道の段差がてんこ盛り状態です、、。

そこに、街路樹の葉っぱが、でろ~っと伸び伸びで、
頭を垂らす稲穂よろしく、ちょうど、人の顔の高さにまで、垂れさがっています。

いまさら街道を4車線に整備しなおす前に、
危険な街路樹をどうにかして頂きたいってもんです、、。

なんとか葉っぱに顔面をビンタされないよう、
シャドーボクシングよろしく、ささっとあたまを避けつつ、
ようやっと、“JUNOESQUE BAGEL”に到着します。

さっそく独身狙いの“オニオンチーズカレーベーグル”の捜索を開始すると、
棚のいちばん上に、オサレ~なエコバッグが吊り下げられていることに気づきます。

しばし、エコバッグを見つめていると、
独身の存在に気づいた店員さんが、すかさず独身に、
試食、いかがですか~?
 “プレミアムJAPAN”と“ブルーベリー”のベーグルです~。」
と、お声をかけてくださいます。

“JUNOESQUE BAGEL”では、たびたび試食を用意すると云う、
なんともメタボっ腹なこころ粋を見せつけてくれています。

ここは、せっかくの店員さんのご好意と云うことで、
さっそく“プレミアムJAPAN”を頂くことにします。

試食、と云うと、わりと小ぶりにカットしていることが多いのですが、
“JUNOESQUE BAGEL”の場合、ひとくちより、若干、大きめなので、
しかとお味を堪能することが出来ます。

しかし、これがかえって、独身をいささか困らせることになるのです、、。
ささっとひとくち、喰らいついて、もぐもぐしてみると、
三温糖のコクのある甘味が、じゅじゅっとお口に染み出てきます。

流石、“プレミアム、、”と名乗っているだけはあって、
シンプルながら、素材の旨味がぎゅぎゅっと詰め込まれている、
と云った雰囲気です。

すっかり“プレミアム”を堪能する独身ではありますが、
相手がベーグル、と云うことで、そう、容易には、
もぐもぐ、ごっくん、することが出来ません、、。

この日の独身には、“オニオンチーズカレーベーグル”と云うターゲットが、
しかと決定されています。

そのため、本来なら、ターゲットをワシづかみして、
ハンティングを成功させるまで、ほんの1、2分程度で済んでしまいます。

しかし、独身のお口には、いまだ、試食のベーグルが居残りしています、、。

独身のこころ内としては、ささっと、ごっくん、
してしまいたいところなのですが、やはり、生地がどっしり重厚なベーグルは、
そう、やすやすっと、ごっくんするにいたるまで、もぐもぐすることは出来ません、、。

そのあいだ、あっちこっちのベーグルを見比べて、
選択に悩んでいるフリをしてみるのですが、こころ内では、
もぐもぐに苦労して、あせあせっと焦っている己がいます、、。

なんとか強引にごっくんしてみるのですが、
独身の手中には、いまだ、残り半分の試食が居残りしています、、。

これは、五輪のソフトボールよろしく、
1日に2戦、行うようなものです、、(?)。

上野投手”にしてみれば、2戦連投することは、
覚悟していたのかもしれませんが、独身にとっては、
どっしどしの重いベーグルを、お店で、2もぐもぐ(?)と云うのは、
早くごっくん、してしまえよ、と云う、精神的なプレッシャーを己にかけてしまいます、、。

喰いしん坊の独身にしてみれば、
試食はよろこばしいことなのですが、
これがベーグルとなると、やはり、かえって困惑してしまうってもんです、、。

このまま、呆然っと立ち尽くしたまま、
お口をもぐもぐさせるのは、いささかお恥ずかしいので、
ここは、下の段のベーグルをガン見する風を装って、
ヤンキー座りよろしく、しゃがみこんでみることにします、、。

ほうれん草ベーグル”を見つめたまま、
懸命に残りのベーグルをもぐもぐ、ごっくん、させ、
ようやっと、ハンティングを再開させます。

今回の“オニオンチーズカレー、、”は、
生地の表面にチーズがまぶされているためか、
焦げっ!と、しかと焼かれているさまが見受けれます。

お焦げが大好物の独身としては、
より、焦げ焦げしい生地を選択したくなるところです。

しかし、以前、“BAGEL&BAGEL”をハンティングする際、
お焦げを選んでしまったがために、フルーツ系のはずが、
おしょうゆのような、じょっぱい風味のベーグルとランデブーすると云う、
なんとも哀しいハンティングになってしまったことは、いまだ、忘れることは出来ません。

そのことを妄想すると、
お焦げをワシづかみすることをちゅうちょ、してしまいます。

ここは、軽やかに、ほどよく焦げたものを選択することが賢明と云えます。

と云うことで、わりとお焦げがおとなしいものをワシづかみして、
ようやっと、レジへとお運びすることにします。

この日は、思いもかけず、新作ベーグルの試食にとまどってしまいましたが、
この“オニオンチーズカレーベーグル”は、あせあせっと焦ることなく、
安穏っと、お味をゆっくり堪能したいところです。

JUNOESQUE BAGEL--オニオンチーズカレーベーグル(8月限定)。

生地にカレー粉、オニオン、オニオンチャツネ、
 チェダーチーズ、ベーコンを加えてコクとまろやかさを出しました。
 食欲をそそる、カレー味はこの時期にピッタリ!!
 そのまま食べても、カレーにつけて食べてもより美味しくお召し上がりいただけます。
。”

と云うことで、“JUNOESQUE BAGEL”の8月の限定ベーグル、
“オニオンチーズカレーベーグル
”です。

さっそく生地に喰らいついてみると、
もっさりもそもそっとしていることがわかります。

乾燥している、と云うわけではなく、
意図的に水っ気を少なくして、生地の密度を濃ゆ~くした、と云った雰囲気です。

はじめは、もさっとして、軽くお口の水分を持っていかれるのですが、
しかともぐもぐを繰り返すと、やがて、しとっと、ひとつにまとまってきます。

さらには、生地に喰らいつくと、いい意味で、
ほろほろっと、軽やかに崩壊していきます。

ベーグルと云うと、ぎちぎちっと、
強気の生地のものがあるのですが、
“JUNOESQUE BAGEL”は、独身の弱気なアゴでも、
容易にもぐもぐすることが出来るほど、
ほろっと、ご親切な生地になっています。

しかし、マジでごっくん10秒前、くらいにまで、
もぐもぐしていくと、ほろほろだった生地がまとまって、
やがて、むっちむちの、やわらかな弾力になっていきます。

このあたりで、ようやっと、
ベーグルらしい噛み応えを見せつけてくるわけです。

はじめは、ほろほろの軽い生地と思わせておいて、
実は、と云うか、やはり、ぎっちり、どっしりとした、
重厚感のあるベーグルであることを実感させてくれます。

そこに、ときおり、細かくカットされたたまねぎが、
しゃりっと、アクセントを放ってくれます。

さほど、たまねぎがてんこ盛り、と云うわけではないのですが、
生地に重みがあるぶん、しゃりっと感が際立っているような気がします。

これは、運動会の応援合戦で、自分の組の色のパネルを掲げるつもりが、
うっかり、敵の色を表にしてしまい、阿呆にも、
ひとり、目立ってしまうようなものです(?)。
(独身、中学生のときの実話。)

JUNOESQUE BAGEL--オニオンチーズカレーベーグル(8月限定)。

お味のほうですが、袋をあけてみる段階で、
カレーのスパイシーなかおりと、チーズが焦げっ!と焦げた、
香ばしいかおりが、独身の鼻腔を勢いよく通過して、
早くも満腹中枢を刺激してるようですっ。

このにおいだけで、胃袋が半分くらい、埋まったような雰囲気になってきますっ。

さっそくお味を確かめてみると、
まず、カレーのまろやかな風味が、
もふんっと、軽やかにお口に広がっていきます。

カレーと云うと、もっと、ぴりっとスパイシーな辛味を妄想っとするのですが、
このカレーは、そのような刺激的な辛味はまったくなく、
実に、おだやかで、やさしい風味になっています。

独身は、カレーはもっぱら甘口派のおんなで、
中辛、さらには、中辛+甘口すら、舌べろが拒否してしまいます。

そのため、この“オニオンチーズカレー、、”を頂く前は、
そのへんの辛味具合を心配していたのですが、どうやら、
甘口専門の独身でも、なんら抵抗なく、ささっと受け入れることが出来ます。

いい意味で、カレーらしい、強気な主張のないお味になっています。

頂く前は、若干、カレーの辛味を覚悟していた節があったですが、
ここまで、おだやかなカレーだとは、まさに、これは、独身の戦略ミスと云えます。

カレーのあとは、チーズの焦げっ!と焦げた香ばしさと、
こっくりとしたコクが押し寄せてきますっ。

そのあと、たまねぎを、しかと、
そして、ゆっくりと弱火で炒めたような、
旨味満載の甘味と、三温糖のコクのある甘味が、
チーズとカレーを、くるんっと丸め込んでくれますっ。

そして、すべてをごっくんすると、軽やかなカレーの風味と、
たまねぎの甘味がお口に居残りしていることに気づきます。

原材料を見つめてみると、“乾燥ベーコン”と書かれているのですが、
さほど、ベーコンの実力は感じられません

おそらく、おんなじオイル系のチーズと、
軽く一体化
して、コクを放ってくれているものと妄想します。

たまねぎとチーズとベーコンとカレーと云うことで、
陸上の4×100Mよろしく(?)、個々に特徴のある素材が勢ぞろいしているので、
思わず、お味がケンカしてしまうのではと、妄想してしまうところですが、
この“オニオンチーズカレー、、”に至っては、いい意味で、互いをゆずりあっている、
と云うか、気を遣いあっている、と云った雰囲気です。

カレーは、チーズを気遣い、
チーズはたまねぎの甘味を気遣う、そんな、ゆずり合いの精神です。

そのため、全体にまとまりがある、と云うか、
どれがひとつが抜きん出ている、と云ったことも、ありません。

みな、どの素材も、相手を抹殺することなく、
おだやかに、くすくすっと談笑している、そんな印象です。

朝の“ほ~ぉっと(放っと)けないっ!”と、怒り満載の“みのさん”、
と云うより、お昼の、お嬢さんたちに、目を細めている“みのさん”と云った感じでしょうか(?)。

JUNOESQUE BAGEL--オニオンチーズカレーベーグル(8月限定)。

生地の残り半分は、レンジで20秒ほど、チンしてみることにします。

すると、もっさもさの生地が、しっとりとまとまって、
さらには、ふに~んっと、いい意味で、腰抜け状態にまでやわらかくなっています。

しかし、実際にもぐもぐしてみると、むっち~んっと、
弾力があって、常温とは異なる、ソフトマッチョ系になっています。

お味のほうは、チーズのまろやかな香りが、
いささか強気になって、カレーは、益々やさしくなっています。

若干、薄味になった感もあるのですが、
その分、なのか、チーズのコクが際立っているようです。

さらには、残りを今度はトースターで、2分半ほど焼いてみると、
生地がざっくざくの、がりっがりになって、軽くラスクのような食感になっていますっ。

そのため、益々チーズのお焦げが香ばしくなって、
生地自体のお焦げも、香ばしさに拍車をかけていますっ。

レンジでチンのときは、カレーがおとなしくなっていたのですが、
トースターの場合は、高温の熱が刺激となったのか、
スパイシーな辛味が、ぴりっと舌べろを軽く突っついてきます。

そして、今度は、逆に、チーズがいささか弱気で、
全体的に、カレーが主役のお味になっています。

そして、最後に、チーズとたまねぎのコクが、
遅れて登場してきます。

生地の質、食感、口あたりとしては、チンかトースターがお好みなのですが、
お味で云えば、常温が、やさしくて、おだやかで、まとまりがあって、
しかと素材それぞれの旨味を感じることが出来ます。

この“オニオンチーズカレーベーグル”の実力を、
いかに、うまいこと引き出し、また、それを、どう、堪能するのか、
これは、食べ手の采配いかんによるものと妄想します(?)。

これは、流石の“星野JAPAN”だって、
全員プロ選手にも関わらず、4勝5敗の結果に、
戦略ミスと云われてしまうってもんです(??)。

この日、独身が、“プレミアムJAPAN”の試食で、
思わず、てんてこ舞状態になってしまったことは、
独身のハンティングにおいては、戦略ミス、なのでしょうか、、(???)。

JUNOESQUE BAGEL--オニオンチーズカレーベーグル(8月限定)。

JUNOESQUE BAGEL
オニオンチーズカレーベーグル

定価:220円。
カロリー:289kcаl/100g。

独身評価:★★★★☆(4.5)

↓いままで頂いた、“JUNOESQUE BAGEL”のベーグルはこちらっ↓
JUNOESQUE BAGEL
スポンサーサイト


タグ: べーグル, カレー, チーズ, たまねぎ, ベーコン,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME