FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年09月03日[Wed]

ヤマザキ--ランチパック フルーツ牛乳クリーム。

ヤマザキ--ランチパック フルーツ牛乳クリーム。

ヤマザキ、9月の“ランチパック”の新作っ!
これには、流石の牛乳も、“無責任首相”よろしく、独身に逆ギレしてしまうかっ。


♪きょ~~ぉっ(今日)も、“オカン”へっ、
 愛チャリ乗り込みっ、“ランチ、、”を狙ってっ、ハンティングッ!

 びっくりっ、今月っ、“ランチパ~~ック”ッ!
 3種も新作っ、“ランチパ~~ック”ッ!
 だけど、“オカン”は、“フル~ツ牛乳”~~~ぅっ♪

つっぱりハイスクールロックンロール”な高校生が、
今日も、しかとリーゼントをきめて、お弁当を持って登校してしまうのなら(?)、
この日の独身は、ロングな髪を、しかとひとつに束ねて、いつもの愛チャリに乗り込んで、
ランチパック”の新作をたのしみに、“オカン”へとハンティングに出かけてしまうってもんです。

独身には、菓子パン生活に突入してから、いまのいままで、
ずっとひいきにしているシリーズものの菓子パンがいくつか存在しています。

その中で、毎度、独身をたのしませてくれているひとつが、
ランチパック”です。

“ランチパック”は、スイーツ、お惣菜部門から、
それぞれ、毎月、新作を登場させているのですが、
そのほかにも、地方限定や、地方の特産物をも盛り込んだ限定ものなどをスタンバイさせています。

求めても、その地域に行かなければ遭遇することが出来ない、
そのへんの、もどかしいところが、“ランチパック”好きのこころを、
ぐぐっと、刺激してくれるってもんです。

さて、そんな魅力満載の“ランチパック”ですが、
独身は、長月に突入した、初日早々に、“オカンのスーパー”にて、
新作の“フルーツ牛乳クリーム”と初顔合わせを果たしています。

独身は、たいてい、“ランチパック”の公式サイトで、
新作情報をしかとチェックしてから、ハンティングしています。

ところが、今回は、独身が“オカン”へと出発するまでに、
サイトで情報が更新されていないこともあり、それでは、
己の目で、しかと確認することにしようと、さっさと“オカン”へと偵察に向かいます。

しかし、そのときの独身は、まさか、“ランチパック”に、
うれしい悲鳴をあげることになろうとは、ちろっとも妄想していなかったのであります。

ささっと“オカン”に到着し、うきうき気分で菓子パンコーナーへと参戦すると、
毎度、“ランチ、、”がスタンバイしている棚に、なにやら、新参者と妄想される、
ピンク色の“ランチ、、”が盛られているところを発見ですっ。

軽く中腰になって、しかと見つめてみると、
そこには、“フルーツ牛乳クリーム”と書かれていることがわかります。

どうやら、この“フルーツ牛乳、、”が、
長月の新作と妄想されますっ。

しかも、独身の目の前には、いつも以上に、
もりたくさんの“ランチ、、”が、ずらっと勢ぞろいしていることに気づきますっ。

“オカン”では、“ジョージ・W・ブッシュ”、ではなく(?)、
常時、3~4種の“ランチ、、”を、それぞれ、4~5個ほど、スタンバイさせています。

ところが、この日は、4種の“ランチ、、”を、
いつもの倍以上も盛っているではありませんかっ。

これには、流石の“朝青龍”だって、日本帰国早々、
さっさとモンゴルへと帰国して、周囲をおどろかせてしまうってもんです(?)。

独身としては、早々に“ランチ、、”の新作にお目にかかって、
さっさとハンティングしてしまいたいところなのですが、
この日は、あくまで偵察にやって来たのであって、
ハンティングが目的ではありません。

と云うわけで、ハンティングは、明日のおたのしみにして、
この日は、“福田首相”よろしく(?)、さっさと“オカン”から撤退することにします。

その晩、しかと“フルーツ牛乳クリーム”が、今月の新作なのか、
再度、“ランチ、、”のサイトで確認してみると、なっ、なんとっ、今月は、
“フルーツ牛乳、、”だけでなく、もう2種も、スイーツに新作が存在しているではありませんかっ。

これには、流石の“福田首相”だって、
無責任な突然の辞任で、世間をおどろかせてしまうってもんです(?)。

しかし、実は、この、ほんの2週間ほど前にも、
スイーツ部門から、新作が突然、参戦しているのです。

それは、“ミックスジャム”です。

新作と云うと、毎度、月はじめに初登場するものなのですが、
この“ミックスジャム”に至っては、どういうわけか、
8月の途中で、いきなり新作として、名乗り出ています。

独身は、いまだ、“ミックスジャム”にはお目にかかれていないのですが、
実は、“ミックスジャム”のほかにも、独身には、未ハンティングのものが存在しています。

それは、地域限定の“ハチミツレモン”です。

この“ハチミツレモン”は、8月早々に、
黄色のお店”でお見かけしているのですが、
そのほかの新作を優先していたので、これもまた、
いまだ、ランデブーするに至っていません。

となると、独身には、今月の3種の新作に加え、
あと、もう、2種の“ランチ、、”が待ち受けていることになります。

日本の首相よろしく、次々っと、新作が登場する“ランチ、、”に、
流石の“ランチ、、”びいきの独身も、いささかとまどってしまうところですが、
これは、うれしい悲鳴と云えることでもあります。

いずれも、独身をぐぐっと魅了してくれる新作ではあるのですが、
ここは、長月の初日早々、“オカン”で遭遇した、
“フルーツ牛乳、、”を狙い撃ちしてみることにします。

初顔合わせから1日、この日、独身は、
今日も“オカン”へと向かうため、しかと髪をひとつにしばって、
愛チャリに乗り込んで、いざ、ハンティングへと出発します。

ここのところ、すすっと涼やかなおてんきが続いていたのですが、
やはり、この日も、残暑苦しい1日のようで、いつものマイバッグと、
マイ保冷剤をシカトすることは出来ません。

さっそく“オカン”に到着し、ささっと菓子パンコーナーへと移動すると、
昨日同様、あまたの“ランチ、、”が盛られているさまが視界に突入してきますっ。

しかと“ランチ、、”をガン見してみると、どうやら、
今月も、ヤマザキでは、ナイスな商品が当選する、キャンペーンを行っている模様です。

2ヶ月ほど前までも、“ランチパック”のオリジナルタオルと、
ヤマザキのお菓子が当選する、夏のキャンペーンがあったばかりですが、
早々に、今月から、またもやキャンペーンが行われるようです。

しかし、今回は、“ランチパック”のオリジナル商品はないようなので、
独身は、今回のキャンペーンは、そのまましかとすることにします。

さて、新作の“フルーツ牛乳、、”と、ささっと再会したところで、
さっさとワシづかみして、そのままレジへと直行することにします。

この日の“オカン”は、ほかのスーパー同様、
お得な特売日と云うこともあって、あまたの買い物客が集合しています。

ここで、お菓子やらアイスやら、安穏っと偵察していると、
レジに大行列が出来上がってしまうことが妄想されます。

ここは、菓子パンハンティングにだけ、こころ持ちを集中させるため、
安倍元首相”よろしく(?)、菓子パンコーナーから、ほんの1年、
ではなく(?)、1分ほどで、さっさと退散することにします。

このあと、別件で訪れたローソンで、おなじく新作の、
マロン&マロンホイップ”と初対面して、こころをワシづかみされるものの、
この日は、“フルーツ牛乳クリーム”とのランデブーを、じゅうじゅう、堪能させて頂くことにします。

ヤマザキ--ランチパック フルーツ牛乳クリーム。

フルーツ牛乳味のなめらかなクリームをふんわりパンでサンドしました。”

と云うわけで、“ランチパック”の9月の新作、
“フルーツ牛乳クリーム
”です。

いまのいままで、ランチパックと云えば、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
黒豆ココア入りクリーム”、
ミルククリーム”、
クリーム コラーゲン入り”、
キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、
桜風味もち つぶあん”、
抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”、
アップルシナモン”、
メープル&マーガリン”、
チョコクリーム”、
渋皮マロン”、
クランチチョコ&モカホイップ”、
カスタード&ホイップ”、
チョコバナナ”、
フレーク入りチョコクリーム”、
チョコクランチ”、
スイートポテト&マーガリン”、
キャラメル&コーヒー”、
プリン風味”、
いちごチョコ&ホイップ”、
クランチチョコクリーム”、
ダブルミルククリーム”、
ブルーベリー&マーガリン”、
バニラヨーグルトクリーム”、
マシュマロ&チョコ”、
カスタードクリーム”、
板チョコ&苺ジャム”、
ホワイトクランチチョコ&ホイップ”、
夕張メロンクリーム&ホイップ”、
牛乳クリーム”、
シュガーマーガリン”、
バナナチョコ&チョコホイップ”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、いつもより、
表面が、いささか、ごわっと、粗くなっていることがわかります。

“ランチパック”の生地と云うと、たいてい、
しとっと落ち着いていて、生地に喰らいついた瞬間、
口唇が、軽くぴたんっとひっつくほど、キメ細やかで、しっとり~としています。

しかし、今回の場合、喰らいついた瞬間、
いつものぴったん、ではなく、けばっと、粗いことに気づきます。

あらくれもの、と云うほどではないのですが、
毎度、上質な生地っぷりをご披露している“ランチ、、”にしては、
どこかの“無責任首相”よろしく、いささかご乱心(?)なさまが伝わってきます。

実は、頂く前、ほんの20分ほど、冷蔵庫でおやすみさせていたのですが、
もしかしたら、冷気が影響しているのかもしれません。

これは、生地にしてみれば、民主党、ではなく(?)、
冷蔵庫でやすませた独身が悪いと、責任転嫁してしまうところですが(?)、
いまのいままで、同様に、冷蔵庫におねがいしても、“ランチ、、”の生地は、
まったく上質っぷりが衰える、と云ったことは、ありません。

と云うことは、はじめっから、生地が粗めになっていることが妄想されます。

それでも、不快なごわつき、と云うほどではなく、
軽く口唇がくすぐったくなる程度なので、別段、
号外(!)を出すことのほどではありません。

はじめは、けばっと、ふんわりっとするのですが、
しかともぐもぐしてみると、いつものように、
ぴっちり、むっちりと、キメが引き締まっていることがわかります。

いつもよりも、いささか、がしっと硬めのような感は否めないのですが、
まあ、これも、翌日の新聞一面に、どかっと非難されることではありません(?)。

生地のお味のほうは、いつものように、
小麦のやわらかい風味が、ぼふんっとお口に広がって、
そのあと、じゅわじゅわっと小麦の甘味がジューシーにあふれ出てきます。

ヤマザキ--ランチパック フルーツ牛乳クリーム。

生地の中には、フルーツミルクフラワーペーストが盛り込まれています。

やはり、フラワーペーストなだけはあって、
もったり、とっぷりと、わりと重めのクリームになっています。

喰らいついてみると、ぺった~っと、
舌べろにまとわりついてくるのですが、
さほど、重苦しいぺっとりではありません。

はじめは、軽く張り付いてくるのですが、
あとは、ささ~っと、なめらかに、ゆるやかになっていきます。

お味のほうは、はじめに、
パイナップルのような甘味が、じゅわ~っと登場してきます。

果物のパイナップルのような、ちくちくっと舌べろに刺さるような、
酵素の刺激はまったくなく、缶詰の、甘いお汁に、
じょんわりっと漬かった、懐かしい甘味のパイナップルです。

そのあと、おなじく、缶詰ピーチのような甘味が参戦してくるのですが、
どちらかと云うと、パインのような甘味のほうが強く、奥~のほうで、
パインに埋もれるように、なんとかお味を放っている、と云った雰囲気です。

フルーツの甘味が、じょわ~っとお口に広がったあとは、
牛乳が、フルーツにこっくりとコクを与えてきます。

もっと、牛乳の甘味に勢いがあるものと、勝手に妄想していたのですが、
フルーツのほうが、かなり幅を利かせているようで、牛乳は、
さりげなく、フルーツのお邪魔にならないよう、風味は抑え気味で、
コクだけ、しかと付け足ししている、そんな印象を受けます。

これは、牛乳にしてみれば、選手である“京子さん”を差し置いて、
父、“アニマル浜口さん”が、全面に登場してしまうようなものでしょうか(?)。

ヤマザキ--ランチパック フルーツ牛乳クリーム。

フルーツ牛乳と云うと、もっと、こてっと濃厚で、
バナナの甘味がどろんっと漂って、さらには、
牛乳臭さもあるイメージがあるのですが、このクリームは、
独身が感じるところ、ほんの2種ほどのフルーツしか参戦していないので、
わりとシンプルなお味に仕上がっています。

フルーツもりたくさん、ではないので、お味がごちゃごちゃっとしてなく、
ミックスジュースのように、さまざまなフルーツの甘味が徒党を組んで、
じょんわり~っと、のどの奥~を刺激してくる、と云ったこともありません。

お味がケンカしていないので、いい意味で、
あんましフルーツミックス、と云った雰囲気ではありません

と云うか、パイナップル(のような甘味)のひとり相撲状態なので、
フルーツ牛乳クリーム”、と云うより、“パイナップルに、ときどき牛乳のコク”と云った印象です。

これには、流石の“朝青龍”だって、ひとり、
勝手にモンゴルへと帰国してしまうってもんです(?)。

パインのひとり相撲のところは、独身としては、
別段、気にすることでもなく、むしろ、そのほうが、
お味にばらつきがないように感じます。

しかし、牛乳まで控えめになってしまっては、
“フルーツ牛乳クリーム”と云うには、まだまだ未完全です。

これは、“安心内閣”と豪語しておきながら、安心どころが、
不完全、不信感、不安定内閣っぷりを、まざまざっとご披露してくれた、
福田内閣”よろしくの牛乳です。

ここまでツッこむと、“福田首相”よろしく(?)、
牛乳に逆ギレされそうなので、このへんで、さっさと退陣(?)することにします。

ヤマザキ
ランチパックwebサイト
ランチパック フルーツ牛乳クリーム

購入場所:スーパー。
販売価格:113円/定価:126円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:143kcаl
たんぱく質:3.2g
脂質:5.0g
炭水化物:21.2g
ナトリウム:143mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)

ヤマザキの菓子パンはこちら
ランチパックの過去の情報はこちら
スポンサーサイト





タグ: ランチパック, フルーツ, 牛乳,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

BAGEL&BAGEL--ココナッツマンゴー(8月限定)。  | home |  JUNOESQUE BAGEL--りんごとカシスのベーグル(9月限定)。