FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年09月06日[Sat]

JUNOESQUE BAGEL--りんごとカシスのベーグル(9月限定)。

JUNOESQUE BAGEL--りんごとカシスのベーグル(9月限定)。

“JUNOESQUE BAGEL”の9月の限定っ!

これには、流石の柔道の“石井選手”も、
喰らいついただけで、お味のほどを悟ってしまわれるかっ。


♪たとえば~~ぁっ、生地を見るだ~~ぁ、っけでっ、
 お味を~~ぉっ、妄想する~~ぅっ、ことっ、
 りんごに~~ぃっ、カシス入りな~~ぁっ、んてっ、
 ナイスな~~ぁっ、コンビだね~~~ぇっ♪

カールスモーキー石井さん”が、君がいるだけで
こころが強くなれると云ってしまうのなら(?)、
この日の独身は、“JUNOESQUE BAGEL”の9月限定のベーグル
りんごとカシスのベーグル”の画像を見つめるだけで、
ナイスベーグルに違いないっと、妄想してしまうってもんですっ。

独身は、菓子パン大好き独身おんなとして、
いまのいままで、実に、さまざまな菓子パンたちと逢瀬(?)を重ねています。

基本的には、菓子パン専門の喰いしん坊ではあるのですが、
それに負けないくらい、ベーグルにも魅了されています。

そこに、ことし、“JUNOESQUE BAGEL”が静岡に初登場したことで、
独身のお気に入りとして、新たに、ハンティングリスト入りを果たしています。

その1年前には、“BAGEL&BAGEL”が、
初ベーグルとして、すでに、独身びいきされているのですが、わりとシンプルなベーグルに比べ、
“JUNOESQUE BAGEL”は、お値段がセレブなだけあって、素材を贅沢に盛り込んでいるのが特徴です。

とくに、先月の“オニオンチーズカレーベーグル”は、
名前からして、もりたくさんであることは妄想出来るのですが、
実は、ベーコンも参戦しているとは、実際に頂くまで、
ちろっとも気づきませんでした。

これだけ、素材てんこ盛りならば、
お値段が200円超えをしても、さっさと納得してしまうってもんです。

そんな“オニオンチーズカレーベーグル”に、つい、数日前に、
ぐぐっと魅了されたばかりなのですが、“オニオン、、”以上に、
即効、独身のこころをワシづかみしてくれるベーグルが、またしても、
今月の限定として、登場すると云うではありませんかっ。

それが、“りんごとカシスのベーグル”ですっ。

“オニオン、、”に比べ、さほど素材もりたくさん、
と云うわけではなさそうなのですが、“JUNOESQUE BAGEL”のメルマガで、
新作が“りんごとカシス、、”と見ただけで、直感的に、
(これは、かならず独身を魅了してくれるお味に相違ないっ!)
と、確信する独身ですっ。

もはや、画像を見なくとも、りんごとカシスならば、
どこかの“責任放棄の阿呆な総理大臣”と違って、
ベーグル好きを裏切ることはないと妄想されます。

これは、3試合連続でも、安心して投手を任せることが出来る、
ソフトボールの“上野由岐子選手”のようなものです(?)。

もしくは、2大会連続、2種目で金メダルを期待される、
競泳の“北島康介選手”のようなものです(??)。

いったい、どんなお味が繰り広げられるのか、
頂くまで、なかなか妄想することが出来ない、と云った点で、
先月の“オニオン、、”は、いったい、どんな迷言が飛び出るのか、
ある意味、期待をしていまう、柔道の“石井慧選手”と云えるのかもしれません、、(???)。

さて、独身がベーグルをハンティングするのは、
ひととおり、ひいきの菓子パンたちとランデブーしたあとの、
月末であることがほとんどです。

しかし、今月の“JUNOESQUE BAGEL”に至っては、
まあ、偶然、この日は、別件で遠征する予定があったこともあるのですが、
なによりも、“りんごとカシス、、”が強く独身を魅了してくれたと云うことで、
月はじめのこの日に、早々にハンティングすることにします。

さっそく別件の用事を片付けるため、遠征に出発することにします。

残念ながら、目的のものとは、お逢いすることが叶わなかったのですが、
まあ、これも運命と、己を納得させることにして、
さっさと“JUNOESQUE BAGEL”へと移動することにします。

ささっとお店に到着して、さっそくターゲットを捜索すると、
いちばん上の棚に、“りんごとカシスのベーグル”を発見ですっ。

先月訪れたときは、“プレミアムJAPAN”の試食を頂いて、思いがけず、
もぐもぐ、ごっくんに苦戦して、なかなかハンティングすることが出来なかったのですが、
どうやら、今回は、試食のカゴはスタンバイされていない模様です。

こころ内では、ほっと安堵しているのですが、
こころの奥~のほうでは、やはり、残念に思う己がいます。

若干、試食を期待していたことに気づきつつ、
“りんごとカシス、、”の選定作業にうつります。

果肉入りのパン、と云うと、かなり小ぶりサイズだったり、
存在感がない、少量だったりすることがあるのですが、
この“りんごとカシス、、”に至っては、外見からしても、
果肉満載であることが、じゅうじゅう、確認出来ますっ。

これは、益々、ナイスベーグルである確証が強くなるってもんですっ。

なるべく果肉が表に飛び出ている生地を選び出し、
ぐわぁっしっと、ワシづかみします。

4月に“JUNOESQUE BAGEL”が静岡に登場して以来、
毎度、“BAGEL&BAGEL”とは異なる魅力を見せつけてくれているのですが、
今回ほど、独身をトリコにしてやまないベーグルはありませんっ。

そう云った意味では、世間をたのしませてくれる、
柔道の“石井選手”的存在と云えるのかも、しれません(?)。

と云うわけで、どんな技っぷりを発揮しれくてるのか、
さっそく、試合を開始したいと思います。

JUNOESQUE BAGEL--りんごとカシスのベーグル(9月限定)。

一足早く秋の気配を感じさせる「りんご」をテーマにつくりました。
 生地にりんごペーストとカシスピューレを練り込んでいますので
 カシスの薄紫色が鮮やかに出ています。
 また、2種類のドライりんごを加えることにより
 シャキシャキした食感と蜜りんごの甘さも楽しめます。
 カシスの酸味とりんごの甘さがマッチした食欲をそそるベーグルです。


と云うわけで、“JUNOESQUE BAGEL”の今月の限定、
“りんごとカシスのベーグル
”です。

まず、ふくろを開封してみると、りんごの蜜の甘い香りと、
りんごのじゅっぱい酸味の香りが、てろ~っと漂ってきますっ。

さすが、りんごの果肉が生地から飛び出ているだけはあって、
ふくろの中は、りんごの香りが満載ですっ。

さっそく生地を頂いてみると、かなりがっちし、みっしりと、
“おしくらまんぢゅう”よろしく、生地がぎゅうぎゅうっと引き締まっているさまが伝わってきます。

いまのいままで、“JUNO、、”のベーグルは、
みっちりしていても、いい意味で、ほろほろっと、
軽やかに崩壊していく、ご親切な生地だったのですが、
今回の生地は、ほろほろ感はまったくなく、喰らいついた瞬間から、
もぐもぐ、ごっくんするまで、終始、がっしりを保っています。

かなりハードマッチョな噛み応えで、
「よっ!ナイス筋肉っ!」
と、ひと声かけてしまいたくなります。

流石、ベーグルなだけはあって、毎度ながら、
どしどしっと、重厚感のある生地ではあるのですが、
いまのいままでは、ほろほろしていたこともあり、
そう、重々しい生地には感じませんでした。

しかし、今回の場合、いつもの重厚感に、
がしがし、ぎゅうぎゅうの蜜~に引き締まった生地なので、
いつも以上に、どっしり感が胃と脳に伝わってきます。

キメは、先月の“オニオンチーズカレーベーグル”は、
いささか、もそもそっと、粗い節があったのですが、
この生地は、わりと、しとっと、落ち着いているように感じます。

これは、カシスピューレが生地に盛り込まれていることが影響しているのでしょうか。

握手しただけで、相手の考えが伝わってくると云う、
柔道の“石井選手”なら、きっと、喰らいついただけで、
カシスピューレと、生地との因果を悟ってしまうことでしょう(?)。

JUNOESQUE BAGEL--りんごとカシスのベーグル(9月限定)。

生地には、りんごペーストと、乾燥りんご
さらには、三温糖カシスピューレ乾燥蜜りんごが盛り込まれています。

カット面から、生地は、ほんわりっと、カシス色していることがわかります。

はじめは、ふんっと、りんごの軽やかな甘味がお口に広がって、
しかともぐもぐしていくと、どこどこっと、三温糖の甘味があふれ出てきますっ。

かなり勢いのある三温糖なのですが、白糖のような、
甘クドい、と云った様子はなく、コクと旨味のある甘味です。

そこに、りんごの果肉が、しゃりしゃりっと参戦して、
りんごの蜜な甘味と、さわやかな酸味を付け足ししてくれますっ。

果肉は、わりと、くたんっと、やわらかく煮付けられているのですが、
しゃりしゃりの食感も、しかと居残りしています。

原材料に、“乾燥りんご”と書かれているので、ふつうのドライフルーツのように、
ぎぃっと硬めになっていると妄想していたのですが、まったくもって、ドライは雰囲気はありません。

カシスですが、りんごがもりたくさんなのと、
三温糖の甘味に勢いがあるので、ほとんど存在を感じることはありません

なんとな~く、ごっくんしたあとに、
遅れてカシスの酸味がするような気がするのですが、
確実にカシスである、と云う確証は持てません。

やはり、生地にピューレが盛り込まれているだけでは、
果肉そのものの実力には、適わないのでしょうか。

りんご同様、カシスも果肉として参戦していたら、
きっと、柔道の“石井選手”のような存在感を放ってくれたと妄想します(?)。

JUNOESQUE BAGEL--りんごとカシスのベーグル(9月限定)。

生地の半分は、レンジで20秒、チンしてみることにします。

すると、いい意味で、ふにんっと腰抜けになって、
常温より、はるかにやわらかくなって、喰らいやすくなっています。

しかし、そこは、やはり、ベーグルなだけはあって、
むっちむっち、ぶっちぶっちっと、ゴムのような弾力があります。

お味は、三温糖の甘味が、じょわじょわっと、
勢いを増して、益々、コクも旨味も盛り上がっていますっ。

その一方で、カシスは、相も変わらず、
存在感を見せつけてはくれません。

りんごの甘味も、常温より、
いささかおとなしくなっているように感じます。

これも、一種の、“二兎追うものは、、”ってやつなのでしょうか、、。

もう、残り半分は、2分半ほど、
トースターで焼き焼きしてみることにします。

すると、表面は、ラスクよろしく、
ざっくざっくで、おこげの香ばしさが生まれています。

しかし、生地の内側は、チンしたときのような、
むっちむっちの弾力があります。

食感としては、トースターのほうが、
いろいろな食感を堪能することが出来ます。

お味は、チンと同様に、三温糖のコクと旨味が勢いを増して、
もぐもぐするたびに、どこどこっと、あふれ出てきますっ。

りんごの果肉は、温まったことで、
酸味がおさまって、まろやかな甘味になっています。

そして、カシスは、焼き焼きしても、
いっこうに存在は感じられません。

ここまでくると、もはや、カシスには、日本の政治家よろしく、
なにも期待することは出来ません

しかし、カシスが不在でも、コクと旨味の三温糖と、
てんこ盛りのりんごが、かなりの実力を見せつけてくれるので、まあ、
カシスがなくとも、ナイスベーグルであることには、かわりありません。

とは云え、独身は、りんごとカシスのコンビに、
ぐぐっと、こころをワシづかみされたのであって、
りんごと三温糖では、ありません。

やはり、カシスには、独身を期待させてくれたぶん、
それなりの実力をご披露してもらいたいものです。

そう云った意味では、ぜひとも、
柔道の“石井慧選手”の迷言っぷりを見習って頂きたいです(?)。

JUNOESQUE BAGEL--りんごとカシスのベーグル(9月限定)。

JUNOESQUE BAGEL
りんごとカシスのベーグル

定価:220円。
カロリー:284kcаl/100g。

独身評価:★★★★☆

↓いままで頂いた、“JUNOESQUE BAGEL”のベーグルはこちらっ↓
JUNOESQUE BAGEL
スポンサーサイト





タグ: べーグル, リンゴ, カシス,
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック フルーツ牛乳クリーム。  | home |  ヤマザキ--ランチパック ハチミツレモン。