FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年09月09日[Tue]

ヤマザキ--ランチパック ハチミツレモン。

ヤマザキ--ランチパック ハチミツレモン。

ヤマザキ、“ランチパック”の地域限定シリーズッ!
これには、流石の“福田首相”も“北の湖元理事長”も、キャラがカブってしまうかっ。


♪このごろ、新作、もりもり出るっ、
 “ランチ、、”の新作、どこどこ出るっ、
 この日に喰らうは、“ハニ~”ッ!!
 だ~ぁって、“ランチ、、”はっ、だ~ぁって、ひいきなんだもんっ、

 特売~~ぃっ、特売~~ぃっ、“ハチミツ、、”ある~の~~ぉっ、
 独身~~っ、胃ぶく~ぅろ(袋)が~ぁあっ、へこへこっ、しちゃ~ぁうの~~ぉっ、

 “黄色”っ、“黄色”っ、“黄色”、偵察、いざ~~ぁっ(じゃじゃじゃっ)、
 “ハニ~”~~ッ!ハントッ!!♪

キューティーハニー”曰く、“このごろ流行りのおんなの子”が、
お尻のちいさなおんなの子ならば(?)、この日の独身は、
この日の日替わり特売菓子パンが、地域限定ランチパックだと云うことを知り、
思わず、胃袋がへこへこっと、狂喜乱舞してしまうってもんですっ。

毎度、独身びいきの“ランチパック”には、
全国、津々浦々、どこでもスタンバイしているものと、
ある特定地域のみに存在する、ご当地ものがあります。

このレア的“ランチ、、”を、あっちこっちで用意しているところが、
“ランチ、、”好きのこころを、ぐぐっと刺激してくれるわけです。

いまのいままで、独身も、ご当地“ランチ、、”と、
いくつかランデブーしてきたのですが、独身の地域は、
個性が薄いのか、静岡ならではのお味は存在していません。

静岡と云うと、お茶やみかん、いちごやメロンなど、
おいしいものがてんこ盛りなのですが、“世界のヤマザキさん”にしてみれば、
わざわざ限定にするまでのものではない、とでも思っているのでしょうか、、。

“ランチパック”のサイトで、京都限定の、抹茶の“ランチパック”を見つめるたびに、
なぜ、おんなじお茶なのに、静岡茶はシカトされているのかと、毎度、こころ苦しく感じています。

さて、サイトには、ご当地を含め、すべての“ランチ、、”が公表されています。

そのリストには、数ヶ月前から、“ハチミツレモン”も、
ご当地として参戦しているのですが、まさか、ここ、静岡が、
生息地域に盛り込まれているのは、ちろっとも妄想出来ないことですっ。

独身が、“ハチミツレモン”と遭遇したのは、
つい、先月のことです。

ちろっと“黄色のお店”を訪れると、いつもの“ランチ、、”の定位置に、
なにやら、見慣れぬ新作が盛り込まれていることに気づきます。

しかとガン見してみると、そこには、
“ハチミツレモン”と書かれていることに気づきます。

そのときの独身は、“ハチミツレモン”の存在自体は知っていたのですが、
その生息範囲までは、まったくもって認識していません。

“ハチミツレモン”なんて、小洒落たものは、
きっと、静岡なんぞにはないだろうよと、勝手に妄想していたので、
視界に突入したきた瞬間、独身、思わず、おどろきのあまり、
呆然っと、その場に立ち尽くしてしまいます。

限定と云うことばに、めっきり弱々しい独身は、
即効、ハンティングしたいこころ粋になるのですが、
いかんせん、“黄色”では、毎日、パンの日替わり特売を開催しているにも関わらず、
“ランチ、、”にいたっては、ちっとも特売入りさせようとはしない、いささか頑固者な節があるのです。

そこで、独身は、毎度、パンを1割引している、
“オカンのスーパー”に期待を寄せてみたのですが、
初対面から1ヶ月が経過しても、残念ながら、“オカン”で、
“ハチミツレモン”の姿は、お見かけすることはありません。

すでに1ヶ月も経っていると云うことで、独身としては、
ここらへんで、さっさと“ハチミツレモン”をハンティングしておきたいところです。

と云うわけで、独身は、次回の“黄色”の98円特売で、
“ハチミツ、、”を狙い撃ちする計画を立てます。

とは云え、この特売で、“ランチ、、”が参戦することは、
まず、妄想されません。

では、なぜ、独身は、あえて特売日に狙いを定めるのかと云えば、
この日は、特売だけではなく、あるポイントカードが2倍になる日だからであります。

このポイントと云うのは、レジにて、ノーレジ袋宣言をした人に押されるカードで、
全部で20個、満タンになると、100円値引きしてくれると云う、なんともナイスなシステムなのです。

独身は、このカードで、“夕張メロンクリーム&ホイップクリーム”を、
定価141円のところを、たった41円ぽっきりでハンティングしていますっ。

まあ、ほかのものも、“夕張メロン、、”にお供させているので、
41円のみを精算したわけではないのですが、いずれにせよ、
かなりお得にハンティングしたことには、かわりありません。

これに味をしめた独身は(?)、“黄色”と云えば、
かならず98円特売を狙うことにしています。

さて、“ハチミツレモン”ハンティングを翌日に控えたこの日、
独身は、別件のため、“黄色”へとおもむくことにします。

“黄色”は、大型ショッピングセンターなので、
スーパーだけでなく、書店や衣服など、さまざまなお店が参戦しています。

この日は、菓子パンハンティングではなく、
ちろっとした化粧品をと、某雑貨屋さんへと向かうわけですが、
やはり、喰いしん坊な独身は、別件とは云え、“黄色”を訪れると、
ふら~っと、菓子パンコーナーへと、足が向かってしまいます。

と云うわけで、明日のハンティングに備え、
ターゲットの“ハチミツレモン”が、いまだ、
“黄色”に居残りしているか、しかと確認してみることにします。

さっそく菓子パンコーナーに向かい、“ランチ、、”の専用棚に到着すると、
そこには、今月の新作の“マロン&マロンホイップ”と、“キャラメルクリーム”が、
そのほかの“ランチ、、”に混じって、初登場していることに気づきます。

双方ともに、独身の大好物のひとつなので、
即効、喰らいたいこころ持ちになるのですが、
ここは、ぐぐっとハンティング欲を押さえ込んで、
ターゲットを捜索することにしてみると、なっ、なんとっ、
ハチミツレモン”が、ご不在であることが判明です、、。

つい数週間前まで、しかと、目の前の棚に参戦していたはずが、
この日は、さっさと“黄色”から退散しているではありませんか、、。

これには、流石の“北の湖元理事長”だって、
キューティーハニー”よろしく、イヤよ、イヤよの不本意ながら、
ようやっと、辞任を決意するってもんです(?)。

“ハチミツ、、”には、“北の湖元理事長”よろしく、
図々しく、いつまでも、“黄色”に居座って頂きたかったのですが、
このごろの“ランチパック”は、次々っと新作を登場させているので、
“黄色”としては、新作をゴリ押しさせたかったのかもしれません。

いちどお目にかかっておきながら、
ハンティングに失敗してしまうことほど、むなしいことはありません、、。

テストの回答で、いちどは正解を記入しておきながら、
終了間際で、つい、別のこたえに書き換えてしまい、
実は、当初のほうが正解だったとわかったときほど、
むなしいことはありません、、。
(実話。)

横浜中華街を訪れたとき、タクシーの運転手さんに、
オススメのお店を訊いておきながら、まちがって、
似たような店名のお店に入ってしまい、なんだ、
ぜんぜんっおいしくないじゃんと、ふっと、おとなりを見つめてみると、
実は、そこがオススメのお店だったとわかったときほど、
むなしいことはありません、、。
(これも実話。)

いまのいままでの菓子パン生活の中で、独身は、
このようなミスハンティングを、何度も経験し、
そのたびに、しかと反省しているつもりなのですが、
いかんせん、うっかり者の独身ゆえ、しばらく時が経つと、
うっかりを繰り返してしまうわけです、、。

がっくしと、なで肩を落とし、ふっと、
その先の日替わり特売のほうに視線を投げかけてみると、
なにやら、見慣れた“ランチ、、”が盛られていることに気づきます。

ささっと特売ワゴンへと移動してみると、
そこには、定番の“ピーナッツ”と、お惣菜“ランチ、、”が、
数点、てんこ盛りされていることがわかります。

と、ここで、ワゴンの真ん中あたりを見つめてみると、
そこには、なっ、なんとっ、翌日のターゲットの、
ハチミツレモン”も参戦しているではありませんかっ!

これには独身、思わず、こころ内で狂喜乱舞してしまいますっ。

しかも、今月の新作でもなく、独身狙いの、
ご当地限定“ランチ、、”と云うところに、拍手喝采してしまうってもんですっ。

それと同時に、独身の胃袋も、あまりの歓喜っぷりに、
へこへこっと、反応してしまいますっ。

いまのいままで、“黄色”では、“ランチ、、”を特売することは、
ほとんどなかったので、独身が“ランチ、、”をハンティングするのは、
毎度、“オカンのスーパー”と決められています。

そのため、まさか、この日、偵察のために訪れた“黄色”で、
偶然に“ランチ、、”の特売に遭遇するとは、ちろっとも妄想していないことですっ。

おひとつ128円と、1割引ではあるのですが、
独身は、“黄色”で定価でハンティングする決意をしていたので、
1割でも、かなり特に感じてしまいますっ。

本来なら、翌日のポイント2倍デーにと、予定していたのですが、
やはり、この日の幸運な特売をシカトするわけには、いきませんっ。

北の湖元理事長”にとって、どんな事件がおきても、
日課のサウナはシカト出来ないように、“ランチパック”びいきの独身は、
たとえ、ポイントが1つでも、大好物の特売をシカトすることは出来ません(?)。

と云うわけで、思いがけない幸運な再会に感謝し、
意気揚々っとハンティングを決行する独身なのでありました。

ヤマザキ--ランチパック ハチミツレモン。

レモンクリームをはちみつゼリーをふんわりパンでサンドしました。”

と云うわけで、“ランチパック”のご当地限定、
“ハチミツレモン
”です。

いまのいままで、ランチパックと云えば、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
黒豆ココア入りクリーム”、
ミルククリーム”、
クリーム コラーゲン入り”、
キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、
桜風味もち つぶあん”、
抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”、
アップルシナモン”、
メープル&マーガリン”、
チョコクリーム”、
渋皮マロン”、
クランチチョコ&モカホイップ”、
カスタード&ホイップ”、
チョコバナナ”、
フレーク入りチョコクリーム”、
チョコクランチ”、
スイートポテト&マーガリン”、
キャラメル&コーヒー”、
プリン風味”、
いちごチョコ&ホイップ”、
クランチチョコクリーム”、
ダブルミルククリーム”、
ブルーベリー&マーガリン”、
バニラヨーグルトクリーム”、
マシュマロ&チョコ”、
カスタードクリーム”、
板チョコ&苺ジャム”、
ホワイトクランチチョコ&ホイップ”、
夕張メロンクリーム&ホイップ”、
牛乳クリーム”、
シュガーマーガリン”、
バナナチョコ&チョコホイップ”、
フルーツ牛乳クリーム”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、
と~っても、ぷっくりっと、ふっかふかっとしていることがわかります。

つい先日は、今月の新作の“フルーツ牛乳クリーム”を頂いたのですが、
毎度、上質な生地っぷりを発揮してくれる“ランチ、、”にしては、
いささか、もさっと、キメが粗めで、がしっと硬めだったことは、いまだ、記憶に新しいことです。

その一方で、この“ハチミツレモン”は、
いつもの生地以上に、ふわふわっと、ソフトで、
なめらかな生地に仕上がっています。

これは、使用後1ヶ月と、おろしたてのタオルくらいの差があります。

生地に喰らいついてみると、ぷくっと、空気感があって、
そのあと、しかともぐっとしてみると、今度は、むっちり
みっちりと、やわ~な食感で、キメがぴちっと整っていることがわかります。

さらには、キメがしとっと落ち着いているので、
お口にすると、ぴとっとお口によくなじんでくれます。

これこそ、真の“ランチパック”の実力っ!と云った感じですっ。

お味のほうも、いつもの生地らしく、
まろやかな小麦の甘味がお口に広がります。

もぐもぐするたびに、じゅわじゅわっと甘味が染み出てきます。

中のレモンクリームのかおりが生地に染み付いているようで、
ほんのりっと、レモンの風味も感じられます。

ほんのりでも、独身の舌べろは、ドーピング検査並みに、
レモンを感知することが出来るわけです(?)。

ヤマザキ--ランチパック ハチミツレモン。

生地の中には、レモンクリームと、ハチミツゼリーが盛り込まれています。

一見すると、淡いレモン色のクリームだけなので、別個のクリームではなく、
ふたつでひとつのハチミツレモンクリームなのかと妄想してしまうのですが、
生地をべろっと開いてみると、生地の端っこのほうに、ふるっとした、
ゼリーのような物体が、片寄っていることに気づきます。

どうやら、ふたつのクリームは、“若貴兄弟”よろしく(?)、
軽く仲違いをしている模様です(?)。

まずは、レモンクリームから頂いてみると、
はじめは、ほふっと空気感があるのですが、
すぐに、お口の中で、ささ~っと、とろけていってしまいます。

ほわっと空気感があるのですが、
つるつるっとしているので、思わず、駄菓子の“ヨーグル”を妄想してしまいます。

“ヨーグル”の場合、もっと、油分満載で、
ぬめぬめ~っとしているのですが、このレモンクリームは、
さほど不快なぬるぬるでは、ありません。

ほわっとして、軽くつるんっとして、
あとは、ささ~っと、とろける、と云った試合運びです。

とろける、と云うか、ほどける、と云った雰囲気で、
舌べろの上で、いつの間にか、ささっと消えていることに気づきます。

そのへんは、いつの間にか、ささ~っとテレビから姿を消してしまった、
レイザーラモンHGさん”といい勝負です(?)。

お味のほうは、レモンのさわやかな酸味が、
つつ~っと、お口に広がって、そのまま、すす~っとお鼻へと抜けていきます。

レモンと云うと、もっと、つんつんっと意地悪い刺激があるのですが、
このクリームの場合、丸みのあるレモンなので、さほど意地悪には感じません。

ほどよく酸味を放ってくれる、と云った雰囲気です。

そのあと、ミルクのようなまろやかな甘味が、
ふわんっとレモンを丸め込んできます。

そして、お砂糖もすかさず参戦して、
クリームにじゅわっと甘味を付け足ししてきます。

このさわやかなレモンと、まろやかなミルクの風味は、
思わず、明治の“ハイレモン”を妄想してしまいます。

しかし、やはり、酸味の強いレモンと云う素材を盛り込んでいるためか、
いささかお砂糖の甘味がお邪魔している感は否めません。

これには、流石の“キューティーハニー”だって、
♪おねがい~~ぃっ、おねがい~~~ぃっ、お邪魔しない~で~~ぇっ、
 お砂糖~~ぉっ、の甘~ぁ味が~ぁあっ、じゅわじゅわっ、しちゃ~ぁうの~~ぉっ♪
と、思わず、お砂糖を、イヤよイヤよと、拒否してしまうってもんです(?)。

ヤマザキ--ランチパック ハチミツレモン。

もう一方のハチミツゼリーは、とろとろ~っと、ゆるやかなゼリーになっています。

まるで、うっかりゼラチンを沸騰させてしまったがために、
ゼリーがかたまらずに、中途半端にとろとろになってしまったゼリーと云った印象です。

ハチミツと云うと、もっと、べたべたっとしているのかと妄想するのですが、
実際にお口にしてみると、意外にも、さら~っとしていることがわかります。

そのため、あんましゼリーと云った感じは受けません。

さらには、レモンクリーム同様、ささ~っとお口に広がって、
そのまま、すす~っと、とろけていきます。

お味は、ハチミツのまったり~としたコクと、
じゅんわりとした甘味が、さわやかなレモンクリームに深みを与えてくれます。

ゼリーになっているためか、いい意味で、
やわらかい風味で、ハチミツの、どんっとした勢いは、さほどありません。

これが、レモンクリームと相成ると、
まず、レモンの酸味がお口とお鼻へと広がって、
そのあと、まったり~とハチミツがコクを放っていきます。

そして、ごっくんすると、レモンの酸味がつんつんっと居残りして、
お口の別のところで、ハチミツの甘味も居残りしていることに気づきます。

生地の中では、呉越同舟よろしく、なじむことなく、
別々に存在しているのですが、お味のほうでは、
とっても仲良しで、お互いに実力を見せ合っている、と云った雰囲気です。

しかし、ハチミツに、しかと甘味があるので、
余計に、レモンクリームのお砂糖がお邪魔に感じてしまうところです。

個々としては、なかなかの実力を持ち合わせているのですが、
甘味の面で、無駄に“カブッて”しまっています。

おんなじ最高責任者と云う共通点を持ちながら、
一方は、さっさと責任を放棄して、また一方は、
いつまでも役職にしがみついて、まったく責任を取ろうとはしない
福田首相”と、“北の湖元理事長”よろしくの甘味です(?)。

そう云った意味では、両者のキャラは“カブって”いるのかも、しれません。

ヤマザキ
ランチパックwebサイト
ランチパック ハチミツレモン

購入場所:ショッピングセンター。
販売価格:128円/定価:136円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:166kcаl
たんぱく質:2.8g
脂質:6.8g
炭水化物:23.5g
ナトリウム:140mg

独身評価:★★★★☆

ヤマザキの菓子パンはこちら
ランチパックの過去の情報はこちら
スポンサーサイト





タグ: ランチパック, はちみつ, レモン,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

JUNOESQUE BAGEL--りんごとカシスのベーグル(9月限定)。  | home |  ヤマザキ--ランチパック ミックスジャム。