FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年10月04日[Sat]

ヤマザキ--ランチパック メープル&シュガーマーガリン。

ヤマザキ--ランチパック メープル&シュガーマーガリン。

ヤマザキ、ファミリーマート限定の“ランチパック”ッ!
これには、流石の“さちこ”も、お砂糖も空港も、要らないと云ってしまうかっ。


♪どっくしっん(独身)さんっ、
 “、、フッランッス(フランス)”ねっらう(狙う)んっだっ、ほっんと(ほんと)っはねっ、
 っだっけっどっ、先月か~らっ、キャンペ~ンだ~と、テッレビッで云うんだねっ、
 変更ねっ!“ランチ、、”ッ♪

ほんとうは、“さちこ”と云う名前なのに、ちいさいから、
己のことを“さっちゃん”と、“さちこ”が云ってしまうのなら、
この日の独身は、ほんとうは、 神戸屋の神無月の新作、
“和栗フランス
”を狙い撃ちする、つもりが、ヤマザキのかたが、
テレビ番組で、秋のキャンペーンを宣伝しているところを観て、
ささっと、ターゲットを“ランチパック”に変更してしまうってもんです。

独身は、無類の“ランチパック”びいきのおんな、なのですが、
それに負けじと劣らず、神戸屋の“フランスシリーズ”にも、
めっきり弱い独身でもあります。

“ランチ、、”は、毎月、順調に新作を登場させているのですが、
一方の“フランス”は、数ヶ月に1回、ひょいっと登場する程度です。

そのため、どうしても、独身のこころ内は、
“ランチ、、”に独占されてしまいがちなのですが、
前回、7月の“マンゴー&ホイップフランス”から、
3ヶ月経過しているだけに、独身のハンティング欲も、
久々に、もりもりっと、盛り上がってしまうってもんですっ。

そこで、この日の独身は、“和栗フランス”を狙い撃ちしようと、
しかと、こころに決めて、ハンティングの準備にとりかかります。

と、そこで、テレビから、ふっと、
ヤマザキ製パン”と云うことばが聞こえてきます。

条件反射よろしく、ささっとテレビに視線を投げかけてみると、
そこには、あまたのヤマザキ製のパンと共に、ヤマザキの宣伝マンが登場です。

そこで、しかとテレビを見つめていると、どうやら、
先月から開催されている、秋のキャンペーンの宣伝のために参戦してきた模様です。

さらに、しばし、テレビをうかがっていると、
看板商品として、“ランチパック”が紹介されます。

すると、独身以上に、喰いしん坊に見える、女性アナウンサーさんが、
お惣菜部門の“ナポリタン”に、あんぐっと喰らいつきます。

その光景を見つめていると、独身も、
むっしょ~(無償)に、“ランチパック”を喰らいたいこころ持ちになってきます。

ほんとうなら、“和栗フランス”めがけて、猪突猛進しているところ、
なのですが、あんまりにも、女性アナウンサーさんが、満足気にもぐもぐされているのを観て、
とうとう、独身は、この日のターゲットを、“ランチパック”に変更する決意をします。

なんっとも単純な独身おんな、です、、。

さて、今月の“ランチ、、”の新作、ですが、
スイーツ部門からは、“スイートポテト&マーガリン”が参戦しています。

しかし、この“スイートポテト&、、”は、ほんとうは、
まるまる新作、と云うわけでは、ありません。

実は、昨年の神無月にも、おんなじ“スイートポテト&マーガリン”が、
すでに、登場しているのです。

独身は、いちどハンティングした菓子パンは、
めったなことがない限り、再ハンティングすることは、ありません。

この、めったなこと、と云うのは、独身のこころ内を、
ぐぐっと魅了して、さんざ誘惑してくれた菓子パンのことを意味しています。

どう云うわけか、15年も連続して、某女性誌の、
“好きなおとこランキング
”で、1位を記録した、
木村拓哉さん”並みの菓子パン(?)でなければ、独身と、
再びランデブーする菓子パンは、ありません。

しかも、昨年の“スイートポテト&、、”は、
サブ的存在のマーガリンが、主役のおいもをお邪魔していたことは、
いまだ、しかと記憶しています。

となると、ことしの“スイートポテト&、、”は、
そのまま、独身にシカトされる可能性は大、です。

とは云え、大好物の“ランチ、、”だけに、
ことしこそは、お味が改善されているかもしれないと、
期待してしまうのが、“ランチ、、”びいきの独身の本音です。

そこで、独身は、“スイートポテト&、、”を、
とりあえず、この日はシカトすることにして、
もうひとつの新作、“メープル&シュガーマーガリン”に狙いを変更します。

この“メープル&、、”は、先月から、
ファミリーマート限定として、参戦しています。

このファミマ限定“ランチ、、”も、神戸屋の“フランスシリーズ”よろしく、
数ヶ月に1度の頻度で、ひょこっと登場しています。

前回の“ホワイトクランチチョコ&ホイップ”は、
マンゴー&ホイップフランス”同様、7月に頂いています。

なぜか、ファミマ限定と云うと、セレブなお値段なのですが、
今回も、おひとつ147円と云う、セレブっぷりを発揮してくれています。

しかし、限定と云うことばに、めっきり弱々しい独身は、
147円でも、なんとか、ぐぐっと、受け入れることにします。

と云うわけで、“メープル&シュガーマーガリン”めがけて、
さっそくご近所のファミマへと出発します。

ファミマ限定“ランチ、、”も、久方ぶりなのですが、
ご近所ファミマを訪れるのも、久々になります。

ご近所は、平日は、店長さんらしき女性が、
おひとりで、お店を牛耳って(!)いらっしゃいます。

とってもご親切な店員さんなのですが、
毎度、おんなじ店員さんがスタンバイしているとなると、
いささか利用しづらいこころ持ちになってしまいます。

そこらへんも、ぐぐっと甘受することにして、
ささっと、ご近所ファミマに到着します。

そして、さっさと菓子パンコーナーへと到着すると、
早々に、“メープル&マーガリン”と初顔合わせを果たしますっ。

パッケージをちろ見すると、“ハム&たまご”に見えてしまうのですが、
独身の、この日のターゲットであることは確かです。

しかと確認したところで、さっそく、ワシづかみをして、
せっせとレジへと移動することにします。

と、レジのほうをガン見してみると、そこには、いつもの女性店員さん、
だけでなく、別の女性店員さんがスタンバイしていることに気づきます。

独身が、しばし、利用していなかった内に、
どうやら、新参さんが入られた模様です。

そこで、独身、すかさず、新参さんに精算をお願いすることにします。

数ヶ月ぶりに拝見した、某女性歌手の、お鼻に、
いささか変化があると、世間で噂になっているのなら、
ここ、ご近所ファミマにも、いささか変化があった模様です。

さて、ハンティングを無事、終えたあと、独身は、
すぐご近所の本屋さんで、雑誌をちろ見しようと、移動してみると、
そこには、お店の看板が真っ白で、入り口が、かたくシャッターで閉ざされた光景が映り込んできます。

どうやら、独身が、しばし、訪れないうちに、
本屋さんに、おおきな変化があった模様です。

さらには、ご近所のショッピングセンターの、某カフェが、いつの間にか、
小洒落たオープンカフェ風のレストランに変わっていることにも気づきます。

季節が、すっかり秋に変わったと思いきや、
独身の、あっちこっちのご近所のお店にも、変化があったようです。

せめて、この“メープル&シュガーマーガリン”だけは、
変わらず、いつもの上質っぽりを見せつけて頂きたいものです。

ヤマザキ--ランチパック メープル&シュガーマーガリン。

メープルクリームと砂糖の食感が楽しめるマーガリン入りシュガークリームを
 ふんわりパンでサンドしました
。”

と云うわけで、ファミリーマート限定の“ランチパック”の新作、
“メープル&シュガーマーガリン
”です。

いまのいままで、ランチパックと云えば、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
黒豆ココア入りクリーム”、
ミルククリーム”、
クリーム コラーゲン入り”、
キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、
桜風味もち つぶあん”、
抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”、
アップルシナモン”、
メープル&マーガリン”、
チョコクリーム”、
渋皮マロン”、
クランチチョコ&モカホイップ”、
カスタード&ホイップ”、
チョコバナナ”、
フレーク入りチョコクリーム”、
チョコクランチ”、
スイートポテト&マーガリン”、
キャラメル&コーヒー”、
プリン風味”、
いちごチョコ&ホイップ”、
クランチチョコクリーム”、
ダブルミルククリーム”、
ブルーベリー&マーガリン”、
バニラヨーグルトクリーム”、
マシュマロ&チョコ”、
カスタードクリーム”、
板チョコ&苺ジャム”、
ホワイトクランチチョコ&ホイップ”、
夕張メロンクリーム&ホイップ”、
牛乳クリーム”、
シュガーマーガリン”、
バナナチョコ&チョコホイップ”、
フルーツ牛乳クリーム”、
ハチミツレモン”、
ミックスジャム”、
マロン&マロンホイップ”、
キャラメルクリーム”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、いつものように、
むっちりみっちりと、いい弾力があることがわかります。

いい意味で、表面が、いささか、さらっと、
するっとして、そのぶん、ふんわり感も堪能することが出来ます。

“ランチパック”の生地は、たいてい、
じっとりと水分が含まれていて、生地に喰らいついた瞬間、
ぴっとんっと、口唇にぴったんこ、してくるのですが、
今回は、じっとり、ではなく、しっとり、なので、
生地がぴったんこ、してくることは、ありません。

ほどよく、水分を保っている、と云った雰囲気です。

お味のほうも、毎度よろしく、喰らいついた瞬間、
ぼふんっと、小麦のまろやかな風味が、勢いよく、お口に突進してきます。

生地自体も、しっとりとしているのですが、
小麦の風味までも、しっとりとしているように感じます。

さらには、もぐもぐしていくと、じょじょっと、
小麦が丸くなって、益々、まろやかさに勢いが増してきます。

もぐもぐすればするほど、やわらか~な小麦に変化していきます。

これには、流石の“三遊亭楽太郎師匠”だって、
数年後に、“円楽”と芸名を変えてしまうってもんです(?)。

ヤマザキ--ランチパック メープル&シュガーマーガリン。

生地の中には、メープルフラワーペーストと、
マーガリン入りシュガークリームが盛り込まれています。

まずは、メープルクリームからですが、
てろ~んっと、とろ~っんっと、はちみつよろしく、
ゆるゆるなクリームであることがわかります。

フラワーペースト、と云うと、もっと、もったんっと、
べったんっと、濃密なクリームを妄想っとするのですが、
このクリームは、まったくもって、フラワーペーストの雰囲気はありません。

かえって、これくらいの、てろてろのほうが、
ほんもののメープルシロップを妄想することが出来ます。

お味のほうは、メープルの甘香ばしい風味が、
じゅ~んっと、お口に広がって、そのあと、
シロップの甘味が、じょわ~んっと、勢いを増してきます。

どちらかと云うと、シロップのほうが、強みがあるので、
メープルシロップと云うより、ホットケーキ用シロップ、と云った印象を受けます。

ホットケーキミックスを買って、お供でついてくる、
小袋入りの、甘味ばかりが幅を利かせているシロップを妄想っとします。

いい意味で、懐かしのチープ感満載のお味です。

独身は、メープルシロップも、大好物なのですが、
実は、むかしから、よくお世話になっている、
ホットケーキ用シロップのほうが、親しみを感じてしまいます。

これは、Vシネマの帝王、“竹内力さん”より、
歌手“RIKIさん”のほうが、親しみを感じるようなものでしょうか(?)。

一方のマーガリン入りシュガーマーガリンですが、
メープルクリームよろしく、ぬる~んっと、やわやわのクリームになっています。

冷蔵庫から取り出して、小15分ほど、うっかり、
常温で放置プレイ(!)させてしまったがために、
でろでろのマーガリンになってしまった、そんな感じです。

しかし、お砂糖がごりごり参戦しているので、
お砂糖の食感で、マーガリンのぬるぬるがカモフラージュされていて、
さほど、ぬるぬるが不快に感じることは、ありません。

このお砂糖、ですが、お砂糖、と云うか、
ごりごりっと、がりがりっとしているので、
実態は、おそらく、グラニュー糖であると思われます。

そのため、お砂糖よりも、大つぶで、
しかと歯ごたえ、と云うか、食感を実感出来ます。

お味は、マーガリンのわりには、さほど油分くささはありません

これは、お砂糖入りマーガリン、ではなく、
シュガークリームに、マーガリンが参戦してきたクリーム、
と云うことで、マーガリンが全面に登場していないことが妄想されます。

なかなかまろやかで、わりとクリーミーなシュガークリームです。

さらには、マーガリンの、つんつんっとした、
小意地悪な酸味がないので、クリーム自体のお味と、
メープルクリームを攻撃してくることも、ありません。

クリーミーなお味がやってきたあと、
遅れて、マーガリンのコクが深みを与え、
じゅっと、軽く酸味が参戦してくる程度です。

これが、メープルクリームと相成ると、
まず、メープルの甘味が、じゅ~っと、お口に広がって、
すかさず、マーガリンのクリーミーな甘味と、酸味が追いかけてきます。

そこに、お砂糖が、ごりごりっと、
食感と甘味を付け足ししてくるのですが、さほど、クドい甘味ではありません

メープルも、じゅうじゅう甘いので、
もっと、甘ったくなってしまうのかと妄想していたのですが、
メープルのお邪魔をすることなく、何気なく、甘味を放ってくれます。

懐かしのチープなメープルとマーガリンと云う組み合わせは、
やはり、ホットケーキでも頂いているかのように妄想してしまいます。

ヤマザキ--ランチパック メープル&シュガーマーガリン。

生地の残り半分は、冷蔵庫で、
30分ほど、おやすみして頂きます。

すると、生地が、むっちりから、
ぐぐっ引き締まって、いい噛み応えがあります。

今度は、水分がじっとりになって、
軽く口唇に、ぴったんこ、してきます。

生地のお味は、ひやっと冷えたことで、
小麦の風味が、丸から三角に引き締まっているように感じます。

中のクリームも、とろとろ、でろでろから、
いささか、かたく、と云うか、濃密になって、頂きやすくなっています。

お味も、生地同様、ひえっと冷えて
お口も冷えるので、甘味があっても、
わりと、すっきり、と云うか、すすっと涼やかになります。

今回、マーガリンが参戦していると云うことで、
冷蔵庫にお願いすることにしたのですが、やはり、
冷え冷えにしたほうが、本来のお味と質の実力を確認することが出来るように思います。

しかし、マーガリン入りシュガークリームを、
シュガーにしたところに、いささか違和感のようなものを抱いてしまいます。

別段、お味全体のお邪魔をしているわけではない、のですが、
メープルの甘味があるにも関わらず、あえて、そこに、
お砂糖の甘味を付け足しすることに、いったい、どういう意味があるのか
独身、思わず、ツッこんでしまいます。

これは、羽田と名古屋のご近所に、しかと空港があるにも関わらず、
ほとんどの県民(少なくとも独身の周囲全員は)が、むかしから、
反対しているにも関わらず、あえて、空港を作ってしまうことに、
いったい、どんなメリットがあるのか、そのへんが、いまだ、
うだうだっと問題になっている、“富士山静岡空港”(、、!)のようなもの、でしょうか(?)。

これには、流石の“さっちゃん”、こと“さちこ”だって、
♪おっさと~う(お砂糖)もっ、くっうこっう(空港)も、要っらなっい、
 ほっんとっにねっ!♪
と、呆れ顔で、云い放ってしまうってもんです(?)。

ヤマザキ
ランチパックwebサイト
ランチパック メープル&シュガーマーガリン

購入場所:ファミリーマート。
定価:147円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:169kcаl
たんぱく質:3.1g
脂質:6.3g
炭水化物:25.1g
ナトリウム:169mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)

ヤマザキの菓子パンはこちら
ランチパックの過去の情報はこちら
スポンサーサイト


タグ: ランチパック, メープル, シュガーマーガリン, マーガリン, コンビニ限定ランチパック, ファミマ限定ランチパック,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック キャラメルクリーム。  | home |  Pasco--もちっとロール きなこ黒みつ風味。