FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年10月10日[Fri]

Pasco--サンドロール ダブルマロン。

Pasco--サンドロール ダブルマロン。

Pasco、10月の“サンドロール”の新作っ!
3度目の、まさか、の出逢いかっ。


♪“サンド、、”ッ、×9、さがってっ、×3、さが~ぁる~~~ぅっ♪

円広志さん”が、さんざ、とんで、とんで、とんで、とんでしまったあと、
まわって、まわって、まわって、しまわれるのなら(?)、この日の独身は、
3軒目に再会した、“サンドロール”の10月の新作、“ダブルマロン”が、
値下がりしているところを、しかと、ハンティングしてしまうってもんですっ。

軽く小汗をかくような、とっても快適な秋晴れのこの日、
独身は、ひさびさっとなる、あるスーパーへと向かうため、
いつもの愛チャリに乗り込みます。

独身は、無類のチョコ好きのおんなでもあるのですが、
その中でも、もっとも、ごひいきにしているのが、“チロルチョコ”です。

毎度、“チロルチョコ”の新作が登場するたびに、
しかとハンティングしているのですが、ときに、“チロル、、”は、
コンビニや、某スーパーのみで、限定発売されるものがあります。

そのため、独身の地域には存在しないコンビニ、
スーパーなどが対象となる場合、泣く泣く、ハンティングを断念するハメになるのです。

そう云うときに限って、独身好みのお味だったりするところが、
なんっとも皮肉なことでもあります。

さて、先日6日から、またもや、全国のダイエー、イオン、
マックスバリュ限定で、“いもくりなんきん”と云う、
3種の“チロル、、”が袋つめにされたものが初登場しています。

まさに、独身の胃袋を、ぐいぐいっと刺激するような、
秋満載の新作、なのですが、まっこと(誠)、残念ながら、
独身のご近所には、限定のスーパーが存在しません、、。

いや、正確には、たった1軒ぽっきり、
マックスバリュ系のスーパーがあるのですが、ここは、
対象のお店だと云うに、毎度、限定“チロル、、”をシカトする、
なんっとも無粋っぷりを発揮してくれています。

そのため、きっと、今回の“いもくり、、”も、
毎度よろしく、シカトしているであろうよと、妄想する独身です。

しかし、ある裏情報(?)によると、どうやら、
イオン系のコンビニ、ミニストップにも、“いもくり、、”がスタンバイしているようです。

ミニストップなら、独身のハンティング圏内に、
あっちこっちに点在しています。

と云うわけで、独身は、“いもくり、、“目指して、
さっそく、ミニストップへと向かうことにします。

しかし、コンビニと云うのは、毎度、
商品を定価すえおき価格に設定しています。

独身は、特売、割引大好物のおんななので、
コンビニ限定でない限り、ターゲットのものは、
値引きしているスーパーを利用しるようにしています。

それを考えると、“いもくり、、”も、
ミニストップ、ではなく、限定スーパーで狙う撃ちしたいところです。

こうなると、毎度、限定“チロル、、”をシカトしているとは云え、
マックスバリュのお店を、しかと捜索したいこころ持ちになってきます。

そこで、やはり、今回もシカトしていることが確定されたのなら、
ささっと断念して、ミニストップを捜索することが、
特売大好物おんなのこころ粋ってもんです。

と云うわけで、予定していたミニストップ行きを、ささっと変更して、
マックスバリュまで、せっせと遠征することを、しかと決意します。

黒いカーディガンを着込んだ背中と、黒髪に、
じりじりっと、太陽の情熱を感じつつ、ようやっと、お店に到着します。

さっそく店内へと進入し、さっさとお菓子コーナーへと突き進みます。

端っこのガムコーナーから、じりじりっと、捜索を開始すると、
真ん中あたりの棚に、“チロルチョコ 88円”と書かれたお値段表が、
視界に突入してきます。

ちろっと商品の箱を見つめてみると、そこには、
毎度、秋冬おなじみの、“きなこもち”の袋つめが盛られていることに気づきます。

毎年、この季節に、“きなこもち”と再会すると、
秋がやって来たのねっと、実感するものです。

と、ここで、ちろっと視線を右となりに移してみると、
なっ、なんとっ、そこには、独身が捜索していた、
いもくりなんきん”も、しかとスタンバイしているではありませんかっ!

いまのいままで、さんざ、限定“チロル、、”をシカトしていたので、
こうして足を運んでみても、きっと、今回もご不在であろうよっと、
こころ内では、覚悟をしていたのですが、どう云う風の吹きまわしか、
“いもくり、、”に至っては、しかと初登場しているではありませんかっ。

しかも、定価105円(おそらく)のところ、
特売価格、おひとつ88円に値下げされていますっ。

これには独身、間髪入れずに、
勢いのまま、ぐわぁっしっと、ワシづかみしてしまいますっ。

まさか、ここで初顔合わせをすることになろうとは、
ちろっとも妄想していなかったので、独身、思わず、
狂喜のあまり、こころ内で、およおよっと、動揺してしまいます。

ある意味、この出逢いは、“聖子ちゃん”よろしくの、
♪めっぐっりっ、逢えったっねっ♪
ってやつです(?)。

そこで、独身、勢いそのままに、
おひとつ、とは云わず、2袋、お持ち帰りをすることにします。

ふんふんっと、鼻息荒く、大満足の独身は、
おつぎに、菓子パンコーナーへと移動します。

やはり、別件で訪れたとは云え、コンビニ、
スーパーに足を踏み入れると、ついでに、
菓子パンの捜索もしたくなるのが、菓子パンハンターの性ってもんです。

さっさと菓子パンコーナーに到着し、ささっと捜索を開始すると、
なっ、なんとっ、またしても、“聖子ちゃん”よろしくのまさかの出逢いが待ち受けていたのですっ。

下のほうの段に視線を投げかけると、そこに、
以前から、独身のハンティングの予定表に、しかとリスト入りしている、
Pascoの10月の新作、“サンドロール ダブルマロン”が、数多、
盛られているところを発見ですっ。

しかも、お値段表を見つめてみると、
おひとつ85円と書かれているではありませんかっ。

実は、独身と“ダブルマロン”は、
これが初対面ではありません。

10月に突入して、すぐのころに、
オカンのスーパー”を訪れたとき、
すでに、お目にかかっているのですが、
“オカン”価格では、1割引の92円と設定されています。

そのときは、別のターゲットの菓子パンがあったので、
つぎの機会にと、いちどはシカトしています。

しかし、その数日後、今度は、“黄色のお店”を訪れると、
おんなじ“ダブルマロン”が、特売価格、90円のところに再会します。

“サンドロール”と云えば、毎度“オカン”でハンティングしていたので、
まさか、“黄色”のほうが、お安くなっていようとは、ちろっとも妄想していません。

そこで、独身は、ハンティングのリスト表を、
“オカン”から、“黄色”へと、さっさっと変更します。

ところが、この日、“チロルチョコ”を求めてやって来たお店に、
さらにお安い、85円まで値下がりしたところに再会ですっ。

これには、流石の“円広志さん”だって、
狂喜のあまり、とんで、とんで、とんで、
まわって、まわって、まわってしまうってもんです(?)。

こうして独身は、3軒目のお店で、
お値段がさがりにさがった“ダブルマロン”と、歓喜の再会を果たしたわけです。

さほど期待していなかったお店で、“チロルチョコ いもくりなんきん”だけでなく、
ターゲットの菓子パン、しかも、毎度、独身がひいきにしている、
“サンドロール”の新作にお目にかかろうとは、これも、ある意味、
聖子ちゃん”よろしくの、めぐり逢いってもんですっ(?)。

Pasco--サンドロール ダブルマロン。

と云うわけで、Pascoの10月の新作、
“サンドロール ダブルマロン
”です。

いまのいままで、“サンドロール”と云えば、
メープル&ネオマーガリン”、
ブルーベリー&ミルク”、
カスタードプリン”、
ダブルメロン”、
マンゴー&マンゴー”、
カフェラテ”、
アーモンドクランチチョコ”を頂きました。
マンゴーフルーツ&ミルク”、
ふじりんご&ミルク”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、
ふかっと、はふっと、ソフトであることがわかります。

いまのいままでの“サンドロール”は、
喰らいついた瞬間から、ぐぐっと、生地からの抵抗を受けるのですが、
今回は、わりと、ふかっとソフトで、軽やかな節があります。

しかし、しかともぐもぐしてみると、やはり、
“サンドロール”らしい、みっちりっぷりを感じます。

キメがびちっと引き締まっているので、
ぐぐっと、いい噛み応えがあります。

そのため、肉厚、と云うか、どすんっと重厚感もあります。

しかともぐもぐしないと、ごっくんしたときに、
胃の1歩手前の食道あたりで、んぐぐんっと、
渋滞を引き起こすおそれがありますので、要注意です。
(独身、実話。)

いつもの生地なら、キメも、しとっと落ち着いて、
よくよくまとまっているのですが、今回は、ふかっとしているせいか、
いささかキメがもさもさっとしているように感じられます。

まあ、粗くれもの、と云うわけではないので、
さほど気にすることではありません。

これもある意味、“弘法も筆のあやまり”ってやつなのかもしれません(?)。

生地のお味は、喰らいついた瞬間に、
小麦の丸くて、やわらかい風味が、ぼふんっとお口に広がります。

そのあと、しかともぐもぐしていくと、今度は、
ミルクのような、やさしい甘味が、じゅわじゅわっと参戦してきます。

やはり、今回も、いつものように、
じょじょっと染み出てくるような、甘味の勢いが感じられません。

これには、流石の“朝青龍”だって、ひじの怪我のため、
いつもの勢いなく、場所の途中で、棄権してしまうってもんです(?)。

Pasco--サンドロール ダブルマロン。

生地の中には、栗入り白あんと、マロンクリームがはさみ込まれています。

まずは、栗入り白あんからですが、わりと、
ねたっと、もたっと、やわらかなあんになっています。

軽く白あん独特の、しゃりしゃり感があるのですが、
細やかにコシてあるようで、不快な口あたりではありません。

なかなかなめらかで、重みのない白あんです。

お味は、栗の甘露煮のような、
密の甘味がしかと染み込んだ、黄色い甘味の栗風味です。

お口の中で、甘露煮が、こりこり、
ほぐほぐしているかのように妄想してしまいますっ。

いささか甘味に勢いがあるようにも感じられるのですが、
さほど栗の風味をお邪魔している、と云うわけでは、ありません。

早くも、おせちでも頂いているかのような、
見事な甘露煮っぷりをご披露してくれています。

Pasco--サンドロール ダブルマロン。

一方のマロンクリームは、ほふっと、空気感があって、
わりと、もたんっと、重みのあるクリームになっています。

7分立て、と云った雰囲気で、これくらいのかたさのほうが、
生地の存在感に根負けしないものと妄想します。

独身好みのかたさ、ではあるのですが、ほふんっとしたあと、
油分がぬるぬるんっとするのが、いささか気になるところです。

栗入り白あんが、とってもなめらかな口あたりなので、
かえって、このぬるぬるが、目立ってしまうように感じられます。

お味は、渋皮のいい渋みが利いていて、
甘栗のような、ほっくりとした栗の実の風味がします。

そこに、いささかコクの抜けたような、すかすかっとしたミルクが参戦してきます。

淡い、と云うか、気だるい雰囲気のあるミルクで、
植物性のミルク、と云った印象です。

これが、栗入り白あんとガチンコすると、
まず、白あんが、ねたっとお口に進入して、
甘露煮の密~な甘味が、じゅわんっと登場してきます。

そのあと、マロンクリームの渋皮のいい渋みが、
ほっくり~っと、甘露煮風味に渋さを付け足ししてきます。

この渋みがあることで、甘露煮の甘味が、
若干、落ち着いているように感じます。

甘味のある白あんと、渋みのあるクリームが、
互いに異なるお味を見せつけることで、より深みのある、
栗満載のお味を堪能することが出来ます。

そのため、生地がどしっと肉厚でも、
決して生地に圧倒されることなく、しかと栗のお味を見せつけてくれます。

しかし、ごっくんしたとに、
クリームのぬるぬるが居残りするのが、いささか気になるところです。

さらには、クリームの、気だるいミルクも、
だる~んっと居残りしているところも、気になります。

まさか、まったく主役ではない、マロンクリームの材料のひとつが、
最後の最後に目立ってくるとは、これには、流石の“小泉元首相”も、
このまさか、を、妄想することは不可能ってもんです(?)。

この日、“チロルチョコ いもくりなんきん”と、
この“サンドロール ダブルマロン”と、思わぬところで、
まさかの出逢いを果たした独身ですが、クリームにも、
まさかの出逢いがあったとは、これもまた、皮肉なことなのかもしれません。

Pasco
サンドロール ダブルマロン

購入価格:85円。

栄養成分表示(1本当り):
エネルギー:357kcаl
たんぱく質:7.0g
脂質:12.1g
炭水化物:55.1g
ナトリウム:174mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)

Pascoの菓子パンはこちら
サンドロールはこちら
スポンサーサイト





タグ: サンドロール, , 白あん, ホイップ,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--もちっとロール きなこ黒みつ風味。  | home |  連休中の体育の日、初秋の鎌倉で、おいしいもの競争を繰り広げてきました。