FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年11月19日[Wed]

ヤマザキ--ランチパック 生チョコクリーム。

ヤマザキ--ランチパック 生チョコクリーム。

“ヤマザキ”、“デイリーヤマザキ”限定(と思われる)“ランチパック”の新作っ!
これには、流石の“近藤マッチ”だって、さりげなく、別のチョコ系の“ランチパック”を手に入れてしまうかっ。

(11/25追記:セブンイレブンでも販売されています。)


♪手に入っれろっ、“三ケ日みっかん”っ、
 静岡限定、ご当地“ラ~ン~チ”~ッ、

 チャリ漕っげよっ、街中“デ~イリ~”ッ、
 “ヨ~カド~”ないから、“デイリ~”い~ど~お(移動)~~ぉっ、

 “み~ぃか~ぁび(三ケ日)~ぃ、、”ないけど、“なっま(生)チッョコ”がっ、
 そ~ぉさ~~ぁっ、この日はっ、“生チ~ョコ”~さ~~~ぁっ♪ 

孫悟空さん”が、“ドラゴンボール”を手に入れるため、
金斗雲に乗り込んで、いまこそ、アドベンチャーに出発してしまうと云うなら、
この日の独身は、静岡限定、ご当地“ランチパック”の“三ケ日みかん”を手に入れるため、
いつもの愛チャリに乗り込んで、いまこそ、ハンティングに向かってしまうってもんです。

独身びいきの“ランチパック”には、全国津々浦々、
あっちこっちに、ご当地限定ものが点在しています。

それぞれの、地域特産のおいしいものを盛り込んだ、
まさに、ご当地色満載の、超レア的“ランチ、、”と云えます。

その土地を訪れなければ、決してお目にかかることの出来ない、
と云うところが、また、“ランチ、、”好きのこころを、
ぐぐっと、魅了してくれるわけですが、残念ながら、独身の地元、
静岡には、いまのいままで、ご当地“ランチ、、”が存在しません、、。

静岡には、生産量日本1、ないし、2、3位の、
おいしいものがてんこ盛りに存在しているのですが、
静岡と云う、いささかマイナーな土地柄、と認識されている、
からなのか、ご当地“ランチ、、”から、ずっと、シカトをされています。

しかし、そんな独身の、情熱的な想いを知ってから、知らずか、
今月から、ようやっと、“三ケ日みかん”を盛り込んだ、
その名も、“ランチパック 三ケ日みかん”が参戦すると云うではありませんかっ!

販売直前には、地元の新聞にも、こぞって情報が掲載されたほど、
この“三ケ日みかん”は、ある意味、静岡にとっても、
待ちに待った新作と云えるのかも、しれません。

さんざ、待ちぼうけを喰らっただけに、
独身としては、さっさとランデブーをしておきたいところです。

そこで、霜月に突入して、まっさきに、
独身は、“三ケ日、、”をハンティングを決行します。

しかし、そんな独身の想いとは裏腹に、
独身が、毎度お世話になっているお店には、
いまだ、そのお姿を見かけることは、ありません、、。

独身は、“ランチパック”と云うと、たいてい、
オカンのスーパー”でハンティングしているのですが、
今月は、どう云うこころ変わり、なのか、新作の“コーヒークリーム”も、
“三ケ日みかん”も、いまだ、どちらも欠席が続いています。

そのほかにも、“黄色のお店”にも、こぞって“ランチ、、”がスタンバイしているのですが、
“三ケ日、、”に至っては、いまだ、お店には初登場を果たしていないようです、、。

こうなると、“美川憲一さん”よろしく(?)、
地獄の果てまでついていく、“さそり座のおんな”の独身としては、
ハンティングしたいこころ持ちで満載になります。

そこで、独身は、連日のように、あっちこっちのお店を偵察しているのですが、
無情にも、“三ケ日、、”と初顔合わせを果たすことは、ありません、、。

これは、“朝青龍”よろしく(?)、“三ケ日、、”も、
連続欠場しているとでも云うのでしょうか、、(?)。

流石に、霜月も3週目に突入すると、
独身のこころ内も、がくっと落胆してしまいます、、。

しかし、ここで、ささっとあきらめるような、
ものわかりのよろしい独身では、ありません。

スーパーに存在していないのなら、いっそのこと、
“ヤマザキ”の菓子パンを専門にスタンバイさせている、
デイリーヤマザキを狙う撃ちするほか、ありません。

と云うわけで、この日の独身は、デイリーを訪れるため、
もわもわの小春日和の中、いつもの愛チャリに乗って、さっそく遠征へと出発します。

と、その前に、一応、ご近所の“オカンのスーパー”をお先して、
“三ケ日、、”の有無を確認しておくことにします。

いまのいままで、何度も偵察をおこなっても、
いちどもお目にかかってはいないのですが、もしかしたら、
ふっと、初登場を果たしている、と云うことも、じゅうじゅう、妄想出来ます。

何度シカトを喰らっても、また、信じたくなってしまうのも、
また、“さそり座のおんな”の性、なのかもしれません。

今度こそはっ!と云うこころ持ちで、
さっそく“オカン”を再訪してみるのですが、
この日も、“三ケ日、、”は欠席していることが判明です、、。

3週間も、ずっと欠席しているとは、
なんっとも副学級委員泣かせの“ランチ、、”ですっ。
(独身は、そのむかし、副学級委員で、クラスの出席簿を任せられていたことがあります。)

これは、もはや、不確実なスーパーを狙い撃ちするよりも、
確実に、ヤマザキの菓子パンをスタンバイさせている、
デイリーでハンティングしたほうが、賢明のようです。

そこで、さっさと“オカン”から退散して、
ささっとデイリーへと、大移動を開始します。

とは云え、デイリーは、街中に存在しているので、
ハンティング、となると、なかなかの距離を遠征しなければ、なりません。

まあ、この日は、運良く、なのか、
ほっかほっかの小春日和なので、遠征には、
ちょうどよいおてんきなのかも、しれません。

軽く脇に汗をかきつつ、ようやっと、独身がたどりつくのは、
デイリー、ではなく、イトーヨーカドー、です。

“オカン”から、そのままデイリーへと向かうつもり、
でいたのですが、その道の途中、ふっと、ヨーカドーにも、
“ランチ、、”がスタンバイしていることを思い出す独身です。

そこで、くっと、きびすを半分返して(?)、
ヨーカドーを訪れてみることにします。

さっそくお店に到着し、菓子パンコーナーへと接近すると、
その手前に、日替わり菓子パンのワゴンが設置されていることに気づきます。

しかも、そのワゴンには、“ランチパック”よろしく、
四角型の菓子パンが盛られているではありませんかっ。

さらには、その中には、みかん色のものが参戦していることがわかりますっ。

(これはっ、もしやっ、、!)
と、独身の、元ランナーの足も、ハムスターよろしく(?)、
高速回転してしまうってもんですっ。

しかし、、。

独身の視界に突入してくるのは、“ランチ、、”ではなく、
フジパンの、“ミニスナックサンド”であることが判明です、、。

おおきさ、かたちからして、ちろっと一見すると、
“ランチ、、”のようにお見受けするのですが、
しかと見つめてみると、まったくもって、別物の菓子パンではありませんか、、。

“ミニスナックサンド”も、じゅうじゅう、魅力的な菓子パンと云えるのですが、
やはり、“三ケ日みかん”をターゲットとしている独身には、
それ以上に、魅了される菓子パンは、存在しません。

こんなことならば、素直に、そのままデイリーへと向かっていれば、
よぶんな体力を消耗することもなかったのですが、まあ、これも、
いい運動だと思って、さっさとデイリーへと移動することにします。

すると、さきほどまで、のほ~んっとした、
おだやか~なおてんきだったのが、急に、
びょい~んっと、強風が独身の行方をお邪魔してきます、、。

しかも、ヨーカドーまでは、かなりの遠回りだったようで、
愛チャリを漕いでも、漕いでも、なかなか街中にはたどりつきません、、。

そうこうするうちに、ビルが立ち並ぶ国道へと進入するのですが、
ビルのあいだから、ますます強気な風が、独身に立ち向かってきます、、。

これには、流石の元アメリカ大統領、“ビル・クリントンさん”だって、
独身がヨーカドーに寄り道したのは、“不適切”だったと、
会見を開いてしまうってもんです(?)。

ときおり、立ち漕ぎしつつ、なんっとかビルのあいだを突き進み、
ようやっと、デイリーに到着します。

もはや、独身の、元ランナーの両脚は、
へろっへろの、軽いちどり足状態です、、。

ここのデイリーは、入り口が開くと、
すぐに、3段のくだり階段があるので、
うっかりしていると、ころげ落ちてしまう恐れがあります。

踏み外さないように、しかと注意しながら、階段をおりて、
ささっと菓子パンコーナーへと突き進みます。

すると、棚のいちばん上に、
4種類ほどの“ランチ、、”がスタンバイしているところを発見です。

さっそくターゲットの“三ケ日みかん”を捜索開始する、
のですが、ヤマザキ専門のデイリーにも関わらず、ここでも、
“三ケ日、、”は、ご不在であることが判明です、、。

これには、流石の“麻生総理”だって、
ここまで、“三ケ日、、”に“頻繁”にシカトを喰らうと、
“ひんぱん”を、“はんざつ”(!)と、誤認してしまうってもんです(?)。

どうしたら、“頻繁”を“はんざつ”と読めるのか、
“下々”の独身には、めっきり理解不能なのですが、
なぜ、ヤマザキ専門のデイリーに、“三ケ日、、”がないのか、
これまた、理解不能ってもんです、、。

と、ここで、独身めがねは、きらっと輝く、
いささか風変わりの“ランチ、、”のおすがたを捕らえます。

なっ、なんとっ、そこには、いまのいままで、
独身がランデブーしたことのない、“生チョコクリーム”なる、
新参者が存在しているではありませんかっ。

独身の記憶が確かならば、“ランチ、、”の公式サイトには、
この“生チョコクリーム”の情報は、いまだ、掲載されていません。

となると、これは、むかしっからの、
おなじみの“ランチ、、”と云う可能性もあります。

しかし、この、きらっと輝く、特別感満載のパッケージには、
独身、いささか見覚えがあります。

それは、6月に登場している、デイリーヤマザキ限定の、
““板チョコ&苺ジャム””です。

“板チョコ&、、”のパッケージも、この“生チョコ、、”同様、
近藤マッチ”よろしくの(?)、ギンギラギンにさりげない、
デザインだったことは、いまだ、しかと記憶しています。

と云うことは、この“生チョコ、、”も、
デイリー限定の新作であることが、妄想されます。

これには、流石の“近藤マッチ”だって、
♪I want “ランチ、、”ッ、I need “ランチ、、”ッ、
 I get “ランチ、、”ッ、right on!!♪
と、ちっとも、さりげなく、なんかなく、
“生チョコ、、”にガッついてしまうってもんです(?)。

独身も、レーサーの“近藤マッチ”よろしくのスピードで(?)、
勢いそのままに、“生チョコ”をワシつかみしてしまうってもんですっ。

本来のターゲットは、静岡限定“三ケ日みかん”なのですが、
ここで、偶然にお目にかかったからには、これも、ある意味、
運命的な出逢い、なのかもしれません。

と云うわけで、この日のターゲットを、急遽、
生チョコクリーム”に変更することを決意します。

と、ここで、独身のこころ内に、ふっと、
あるコンビニの存在が浮かび上がってきます。

それは、もう1軒のデイリーです。

実は、街中には、もう1軒、
別のデイリーが存在します。

しかも、愛チャリで、ほんの数分しか離れていない距離なので、
そこに、“三ケ日みかん”がスタンバイしていることも、じゅうじゅう、妄想出来ます。

とは云え、“オカンのスーパー”、ヨーカドーと、
かなりの距離を遠征して来た独身には、ここで、
もう1軒のデイリーに、運命をたくす勇気は、わいてきません。

やはり、ここは、“生チョコクリーム”をハンティングして、
“三ケ日、、”は、またの機会にすることにします。

ようやっと、この日のターゲットをハンティングしたところで、
ほっと、ひと安心する独身です。

しかし、いちど、もう1軒のデイリーを妄想してしまったからには、
しかと偵察をしなければ、気が済まないのが、菓子パンハンターの性ってやつです。

と云うわけで、ちからなく、ふらふら~っとしつつ、
おつぎのデイリーへと移動する独身ですが、またしても、
己のこの行動を、激しく後悔することになろうとは、
このときの独身は、ちろっとも妄想していなかったのであります、、。

もう1軒のデイリーは、おねえちゃん、おにいさんのお店が立ち並ぶ、
飲み屋街に存在しているので、昼間でも、いささか不穏な雰囲気を漂わせています。

とは云え、お店はほとんど準備中なので、
別段、おねえちゃん、おにいちゃんが闊歩していることはありません。

しかし、さっさと移動を果たした独身の視界に、いかにも、
と云う雰囲気を放って、デイリーの前に仁王立ちしている、
ひとりのおにいちゃんが映り込んできます、、。

これには、独身、思わず、デイリーへと接近することを、
ちゅうちょ、してしまいます、、。

しかも、おにいちゃんは、おひとり、ではなく、入り口脇の、
階段のところにも、お仲間のおねえちゃんが座り込んでいることに気づきます、、。

どうやら、もうひとりの、お仲間が、デイリーでお買い物をしているようで、
おふたりで、そのお仲間を待ち受けている模様です。

と云うことは、すぐに、入り口前から、撤退されることが妄想されます。

そこで、おにいちゃん、おねえちゃんの横を、
ささっと通り過ぎて、デイリーへと突入する決意をします。

お仲間のおにいちゃんは、レジで精算をしているようで、
おそらく、独身が捜索しているすきに、さっさと精算を終了されると思われます。

さっそく菓子パンコーナーに到着し、“三ケ日みかん”の捜索を開始、
するのですが、さきほど、独身がハンティングした、“生チョコクリーム”はある、
のですが、“三ケ日、、”は、ここでも、ご不在であることが判明です、、。

流石の“民主党”だって、ここまで欠席はしないってもんです(?)。

ヤマザキ専門のデイリー2軒でも、“三ケ日、、”がいない、
となると、独身は、いったい、どこに行けば、そのお姿を拝めると云うのでしょう、、。

これには、流石の奈良のマスコット、“セントくん”だって、
あたまからツノを出して、怒り満載になってしまうってもんです(?)。

せっかく、遠方までやって来たと云うに、
ターゲットに、連続してシカトを喰らうと、
かなしみ、を超えて、軽くご立腹してしまいます。

まあ、それでも、“生チョコクリーム”と云う、
新参者と、偶然の出逢いを果たしたのだから、
これはこれで、ハンティングが成功したと云えるのかもしれません。

この日は、このまま、ハンティングを終了させて、
さっさとお店から撤退することにします。

と、ここで、お店のそとを見つめてみると、
さきほどの、おにいちゃんと、おねえちゃんの、
ホストな仲間たち(?)が、いまだ、入り口脇で、
わいわいっと、騒いでいらっしゃるではありませんかっ、、。

これには、元ランナーの独身の足も、
きゅきゅっと、急停止してしまうってもんです、、。

別段、彼らが攻撃的な態度を見せつけているわけではないのですが、
やはり、“スーパーサイヤ人”よろしく、金髪、つんっつんっのヘアスタイルのかたが、
お店の横を占拠して、にぎやかにされているとなると、軽く、ちゅうちょしてしまいます、、。

しかし、彼らは、さきほど、お仲間が購入された、焼き鳥か、
なにかのお惣菜を、たのしそうにお話しつつ、召し上がっているようです、、。

これは、おそらく、もうしばらく、入り口脇を占拠されることが妄想されます、、。

ここは、勇気をぎゅうぎゅうっとしぼって、
お店を出なければならないようです、、。

こんなハメになるのなら、さきほどのデイリーで、
そのままハンティングを終了させていればよかったのです、、。

つい、貪欲に、もう1軒のデイリーへとやって来てしまったがために、
こんなにも、およおよっと、店内で立ち往生をすることになったのです、、。

これには、流石の“孫悟空さん”だって、
♪そっと(外)いるよっ!ド派手なホ~ストッ!♪
と、ドラゴンボールをつかむ、前に、ホストにつかまってしまうってもんです、、(?)。

と云うわけで、そそくさっとお店から撤退して、
急ぎ足で、おにんちゃん、おねえちゃんの横を通り過ぎて、
さっさと愛チャリで退散する、独身なのでありました、、。

ヤマザキ--ランチパック 生チョコクリーム。

なめらかな生チョコレートをふんわりパンでサンドしました。”

と云うわけで、デイリーヤマザキ限定(と思われる)、
ランチパック 生チョコクリーム”です。

いまのいままで、ランチパックと云えば、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
黒豆ココア入りクリーム”、
ミルククリーム”、
クリーム コラーゲン入り”、
キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、
桜風味もち つぶあん”、
抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”、
アップルシナモン”、
メープル&マーガリン”、
チョコクリーム”、
渋皮マロン”、
クランチチョコ&モカホイップ”、
カスタード&ホイップ”、
チョコバナナ”、
フレーク入りチョコクリーム”、
チョコクランチ”、
スイートポテト&マーガリン”、
キャラメル&コーヒー”、
プリン風味”、
いちごチョコ&ホイップ”、
クランチチョコクリーム”、
ダブルミルククリーム”、
ブルーベリー&マーガリン”、
バニラヨーグルトクリーム”、
マシュマロ&チョコ”、
カスタードクリーム”、
板チョコ&苺ジャム”、
ホワイトクランチチョコ&ホイップ”、
夕張メロンクリーム&ホイップ”、
牛乳クリーム”、
シュガーマーガリン”、
バナナチョコ&チョコホイップ”、
フルーツ牛乳クリーム”、
ハチミツレモン”、
ミックスジャム”、
マロン&マロンホイップ”、
キャラメルクリーム”、
メープル&シュガーマーガリン”、
コーヒークリーム”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、毎度、よろしく、
じっとり~っと、水分がじゅうじゅう含まれていることがわかります。

あまりにも、じっとじっと、しているので、
喰らいつくと、口唇に、軽くぴったんこ、してきます。

そのためか、もぐもぐすると、
むっちむっちっと、ソフトマッチョな弾力があります。

さらには、キメがぴっちりと引き締まっていて、
ぴとっと、落ち着いて、まとまっているので、このことが、
ますます、生地をむっちむっちにさせていると妄想されます。

そして、しとっと、なめらか、おだやかで、
とってもご親切な口あたりに仕上がっています。

お味のほうも、毎度ながら、
ほふんっと、小麦の、そのままの風味がお口満載に広がります。

もぐもぐすればするほど、じっとりの水分が、
小麦のまろやかな甘味となって、じゅわじゅわっと染み出てきます。

各菓子パンメーカーには、“ランチパック”のゆかいな仲間的、
サンド系の菓子パンが存在しているのですが、やはり、
“ランチパック”を圧倒するような、質、お味を持ち合わせたものはないように思えます。

ヤマザキ--ランチパック 生チョコクリーム。

生地のあいだには、チョコフラワーペーストがサンドされています。

と~っても、てろ~っと、とろ~んっとして、
ゆるゆる~なクリームです。

カットしたさきから、たるんっと、垂れ落ちそうな勢いです。

そのため、思わず、ずずっと、
音を立てて、吸い込んでしまいます。

垂れ落ちないように、お口に吸い込んでみると、
つやっと、艶やかで、なめらかあることもわかります。

しかし、フラワーペーストなだけはあって、
軽く、ねっとり~っと、まったり~っと、とろみも持ち合わせています。

むかし懐かしの“ソントン”の“チョコレートクリーム”を、
もっと、ゆるゆるにした、ないし、真夏にも関わらず、
冷蔵庫、ではなく、常温で保存してしまったがために、
すっかり、てろてろ~になってしまった、そんな雰囲気です。

つやっとした口あたりも、ちょうど、“ソントン”を妄想っとします。

しかし、“ソントン”ほど、
どろんっと、重々しいクリームではありません。

ずいぶんっと、ご親切で、
おだやかになった“ソントン”と云った印象を受けます。

これには、流石の喰いしん坊の“孫悟空さん”だって、
ドラゴンボール、ではなく、この“生チョコクリーム”を手に入れてしまうってもんです(?)。

ヤマザキ--ランチパック 生チョコクリーム。

クリームのお味は、ほろっと、軽い苦味がして、
そのあとは、水あめのような、でろ~っとした甘味がやって来ます。

“ソントン”よりも、若干、苦味があって、
甘味も控えめになって、甘ったるさのない甘味、と云った感じです。

たまごのような、こくっとしたコクもあって、
なかなか深み、と云うか、味わい豊かなチョコのようです。

いい意味で、むかし懐かしの、パンのお供には欠かせない、
チョコクリーム、と云った雰囲気で、食べ慣れたチョコクリームです。

“ランチパック”には、“チョコクリーム”が存在しているのですが、
はっきり云って、両者には、大差はないように思えます、、。

“生チョコクリーム”のほうが、いささか甘さがおさえ気味なのですが、
定価147円と云うお値段のわりには、さほどセレブっぷりは感じられません

さらには、“生チョコ、、”と名乗るわりには、
生チョコらしさ、と云ったものも、感じられません、、。

生チョコ、と云うと、もっと、ねっちっと、軽く歯にひっつくような、
噛み応え、があるのですが、このチョコクリームは、完全に、
てろってろ、とろっとろっの、ゆるゆるクリームです。

独身は、そのあたりの、ねっちねっちの生チョコを妄想していたので、
余計に、ゆるゆるクリームに、いささか不満、と云うか、
なんだか、腑に落ちないようなこころ持ちになってしまいます。

これらのことを妄想すると、やはり、
おんなじチョコ系ならば、“チョコクリーム”を選択したほうが、
お値段も、お腹も、満足、満タン、満々になるってもんです。

これには、流石の“近藤マッチ”だって、
お店の菓子パンコーナーの前で、さりげなく、ギンギラギンの“生チョコクリーム”、
ではなく、ちっともギンギラギンではない、“チョコクリーム”を手にしてしまうってもんです(?)。

ヤマザキ
ランチパックwebサイト
ランチパック 生チョコクリーム

購入場所:デイリーヤマザキ
購入価格:147円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:132kcаl
たんぱく質:2.5g
脂質:2.5g
炭水化物:23.5g
ナトリウム:135mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)

ヤマザキの菓子パンはこちら
ランチパックの過去の情報はこちら
スポンサーサイト





タグ: ランチパック, チョコ, コンビニ限定ランチパック,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME