“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
--年--月--日[--]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タグ:
2008年12月12日[Fri]

ヤマザキ--パンdeシュー イチゴ&ホイップ。

ヤマザキ--パンdeシュー イチゴ&ホイップ。

ヤマザキ、12月の新作の“パンdeシリーズ”ッ!
これには、流石の“黒柳徹子さん”も、夢と希望が満載になってしまうかっ。


♪喰いしんっ坊~ぉのっ、独身っ、おんなっ、
 “緑のα”~ぁに~ぃ、やって来たっ、
 この日は3割っ、特別3割っ、
 “パンde、、”の“イチゴ、、”と逢ったよ~~~ぉっ、
 3割っ、3割っ、3割~~~~ぃっ♪

あわてん坊のサンタクロース”が、うっかり、
クリスマス前に、やって来てしまうのなら(?)、
喰いしん坊の独身は、ダメもとで訪れた、“緑のスーパーα”で、いきなり、
ターゲットの“パンdeシュー イチゴ&ホイップ”と出逢ってしまうってもんですっ。

菓子パン大好き、喰いしん坊の独身には、
毎度、ひいきにしている、シリーズものの菓子パンがあります。

その中でも、初代から、連続して頂いていたのが、
ヤマザキの“パンdeシリーズ”です。

初期のころは、まだまだ、独身を大満足させてくれる実力はなかったのですが、
種類を重ねるごとに、だんだんっと、質をあげてくれています。

それゆえに、新作が登場するたびに、
今回は、どんなお味をご披露してくれるのだろうと、
うきうきっと、たのしみにしているのですが、あろうことか、
その“パンde、、”に、シカトされると云う、小事件が発生です、、。

それは、先月のこと、です、、。

先月、“パンde、、”から、
濃厚チョコ、、云々”と云う、チョコ系の新作が登場しています。

独身は、無類のチョコ好きなこともあって、
お目にかかれる日を、うずうずっと、待ちわびていたのですが、
とうとう、一度もお逢いすることなく、さっさと師走に突入です、、。

“パンde、、”は、独身の生活圏内のお店では、
あんましお見かけしないのですが、唯一、“オカンのスーパー”が、
毎度、スタンバイさせています。

そこで、“濃厚チョコ、、”をハンティングする際も、
“オカン”を訪れているのですが、10月の“プリン風味&ホイップ”はあっても、
新作の“濃厚チョコ、、”がご不在ではありませんかっ、、。

その日は、まだ、霜月初期だったこともあり、
もうしばらくすれば、きっと、“濃厚、、”が参戦するに相違ないと、
楽天的に妄想していたのですが、翌週、そのまた翌週になっても、
“パンde、、”からは、いっこうに、“プリン風味&、、”しか、
エントリーしていません、、。

そうこうしている内に、さっさと霜月は過ぎ去り、
師走へと突入してしまったわけですが、残念ながら、
いまだ、“オカン”にも、そのほかのお店にも、
“濃厚チョコ、、”が存在している気配はありません、、。

初代から、こぞって、全作とランデブーしているだけに、
1(いち)菓子パンでもシカトを喰らうと云うのは、独身にとって、
かなりのダメージとなっています、、。

ドラクエ”で云えば、痛恨の一撃を喰らって、
ヒットポイントが、要注意の黄色になるようなものです、、(?)。

もはや、回復の呪文、べホマを唱えるマジックポイントすら、
独身には、残されていません、、(??)。

そんな、弱気な独身のもとに、先週、
新たな“パンde、、”の新作が登場です。

それは、12月の新作、“イチゴ&ホイップ”です。

この“イチゴ&、、”と、お初にお目にかかったのは、
いつもの“オカン”、ではなく、“オカンのスーパー2号”です。

“オカン2号”は、もとは、別の店名だったのですが、
いつのころからか、“オカン”とおんなじ系列のお店に替わっています。

それまでは、週1で、パン3割引を開催していたこともあり、
独身も、こぞって割引に参戦しています。

ところが、これまた、いつのころからか、
むかし懐かしの菓子パンばかりで、まったくもって、
新作がスタンバイしないようになったのです。

そんなこともあり、ここ1年あまり、独身が、
“オカン2号”を利用することは、めっきりありません。

しかし、先週の独身は、別の用件で、
久々に“オカン2号”を訪れて、ついでに、
菓子パンコーナーにも、道草をしてみると、
なっ、なんとっ、そこに、“パンde、、”の新作、
イチゴ&ホイップ”がスタンバイしているではありませんかっ!

これには独身、思わず、およおよっと、動揺してしまいます。

まさか、まったくもって期待していなかった、“オカン2号”で、
独身びいきの“パンde、、”とお目にかかれるとは、ちろっとも妄想していません。

まさに、“棚からパンdeシュー”です(?)。

とは云え、その日の独身は、
菓子パン目的で“2号”を訪れているわけではないので、
その日は、泣く泣くシカトすることにして、ハンティングは、
次回に先延ばしすることにしたのです。

この独身の判断が、まさか、己の首を絞めることになろうとは、
そのときの独身は、ちろちろっとも、妄想していなかったのであります、、。

“イチゴ&ホイップ”と、お初にお目にかかってから、
ほんの数日後、いよいよ、ハンティングをしようと、
こぞって“オカン2号”へと向かいます。

その日は、パン2割引の日、と云うこともあって、
あえて、お初の日から、数日、シカトしていたわけです。

“オカン2号”は、店名を替えたとは云え、
店員さんも、まるまる替わったわけではありません。

実は、独身には、“2号”になる前から、
いささか苦手な店員さんがいます、、。

その店員さんのこともあって、ますます、
“2号”への足が遠のいていたのですが、
大好物の“パンde、、”の新作、しかも、
2割引ともなれば、そんなことを気にかけている場合ではありません。

軽く挙動不審気味で、店内に進入し、
横目で、ちろっと、苦手の店員さんを確認しつつ、
菓子パンコーナーへと、急ぎ向かいます。

そして、数日前、“イチゴ&、、”が盛られていた棚を見つめてみると、
なっ、なんとっ、そこには、別の菓子パンが居座っているではありませんかっ、、。

これは、イス取りゲームで、別の棚にでもはじかれたのかと、
他の棚を捜索してみるのですが、どこを見つめてみても、
いっこうに、“イチゴ&、、”は発見出来ません、、。

ほんの数日で、“オカン2号”の事態は一変してしまったようです、、。

久々に、“2号”で菓子パンハンティングを決行するこころ持ちでいたのですが、
またしても、“2号”で、ターゲットにシカトを喰らいます、、。

そのときは、パン2割引なこともあって、新作よりも、
旧作菓子パンばかりを用意しているのかと、いいように妄想していたのですが、
そのまた、数日後、“2号”を再訪してみても、“イチゴ&、、”は、ご不在のようです、、。

このままでは、先月の“濃厚チョコ、、”に引き続き、
2(に)菓子パン連続で、“パンde、、”にシカトされる可能性があります、、。

これには、流石の自民党だって、2代連続して、
たった1年ぽっきりで、首相がさっさと辞任してしまうってもんです(?)。

その後、独身は、“オカン”や、そのほかのお店まで、
あっちこっち、捜索の手を伸ばしてみるのですが、
まったくもって、“イチゴ&、、”と再会出来ず、
がつがつっと、地団駄を踏みまくっています、、。

このままでは、四股を踏んでしまいそうです、、(?)。

さて、この日は、真冬らしからぬ、
あたたかい小春日和です。

冷え性まっしぐらの独身でも、
暖房をすぐ近くにお供させなくても、快適に過ごすことが出来ます。

こんな快晴の日は、まさに、菓子パンハンティングにはぴったしです。

と云うわけで、別段、しかとターゲットを決めることなく、
ハンティングに出かけることにします。

まず、ご近所のスーパーから攻めていこうと考えていたのですが、
道の途中で、ふっと、“緑のスーパーα”が、この日、
パン3割引を開催していることを思い出します。

とは云え、ここ数年の“緑α”は、
あんまし菓子パンには情熱を注いでいないので、
独身が、菓子パンハンティングで利用することは、めっきりありません。

この日も、きっと、独身好みの菓子パンとは、
お目にかかれないであろうよと、妄想するのですが、
まあ、ダメもとで、訪れてみることにします。

ささっとお店に到着し、さっさと菓子パンコーナーへと向かうと、
独身めがねは、先週、お目にかかった、ある新作菓子パンをフォーカスします。

なっ、なんとっ、そこには、“オカン2号”で、さんざシカトされた、
パンdeシュー イチゴ&ホイップ”がスタンバイしているではありませんかっ!

これには独身、思わず“イチゴ&、、”にガッついてしまいますっ。

そのままの勢いで、しかとガン見してみると、
やはり、新作の“イチゴ&、、”であることが判明ですっ。

まさか、ちろっとも期待していない、“緑α”で、
ターゲット、しかも、シカトされ続けていた、“イチゴ&、、”と再会しようとは、
ちろっとも妄想していないので、独身、狂喜、どころか、思わず、あたふたっと、
軽く動揺してしまいます。

まるで、ひいきにしている役者さんの舞台で、
たった1m先に立っているご本人を目の当たりにして、動揺のあまり、
思わず、お顔を直視出来なくなってしまうようなものでしょうか(?)。
(独身、実話。)

しかも、この日は、週1の3割引と云うことで、
おひとつ、95円ぽっきりにお値段設定されていますっ。

定価が136円なので、これは、かなりのお買い得と云えますっ。

お初にお目にかかった“オカン2号”でも、毎度、
“パンdeシリーズ”をスタンバイさせていた“オカン”でも、
さんざ、シカトされ続けていただけあって、この出逢いは、
いつも以上のよろこびを感じてしまいます。

と、ここで、独身、ふっと、あることを妄想します。

それは、“緑α”に、新作の“イチゴ&、、”がある、と云うことは、
先月の“濃厚チョコ、、”も、スタンバイしていたのでは、と云うことです。

先述したように、“緑α”は、あんまし菓子パンには情熱を注いでいないこともあって、
この日、独身は、かなりお久しぶりにハンティングに訪れています。

もしかしたら、独身が“緑α”をシカトしていた先月、
ターゲットの“濃厚チョコ、、”が存在していた可能性があります。

そのことを妄想すると、なぜ、独身は、少しの可能性を信じて、
“緑α”を捜索しなかったのだろうと、己を責めてしまいます、、。

これには、流石の“山口百恵さん”だって、
♪シカトしないっ、でよ~~ぉっ、そっちの~ぉ、せいよ~~ぉっ♪
と、するどい切れ長の眼で、独身をはげしく責めてしまうってもんです(?)。

まあ、なんとか、2(に)菓子パン連続して、
“パンde、、”にシカトを喰らうハメになることだけは、避けられたようで、
ようやっと、ほっと、安堵する独身です。

失敗は成功のもと”、ではありませんが、
今回のことを教訓に、シカトされ続けてきたお店でも、
可能性が皆無では限り、捜索の手を伸ばしてみようと、
しかと、こころに決めた、独身なのであります。

ヤマザキ--パンdeシュー イチゴ&ホイップ。

シューと、2種類のクリームのおいしい組み合わせ。”

と云うわけで、ヤマザキの今月の新作、
“パンdeシュー イチゴ&ホイップ
”です。

いまのいままで“パンdeシリーズ”は、
パンdeシュー カスタード&ホイップ”、
パンdeアップル リンゴ果肉入りクリーム”、
パンdeシュー スイートポテト&ホイップ”、
パンdeピーチ 果肉入り白桃クリーム”、
パンdeシュー ショコラ&ホイップ”、
パンdeシュー 特濃ミルク&&ホイップ”、
パンdeストロベリー ジャム&ホイップ”、
パンdeシュー フルーツクリーム&ホイップ”を頂きました。
パンdeシュー プリン風味&ホイップ”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、下の生地は、
はじめは、ふっかっと、空気感があって、ソフトな食感であることがわかります。

しかし、そのあと、もぐっとすると、
実は、みっちりと、キメが引き締まっていて、
んぐぐっと、マッチョな噛み応えがあることに気づきます。

一見すると、ふんわりっと、
やわらかな口あたりの生地に見えるのですが、
しかともぐもぐしてみると、しっとりとしていて、
キメも、よくまとまって、お口に、しとっと、なじんでくれます。

ふんわりと、みっちりの、ふたつの食感をたのしむことが出来ます。

上のシュー生地は、なかなかの厚みがあって、
喰らいついた瞬間から、じゃっくっ!と、いい食感がします。

実は、独身は、むかしながらのシュークリームが苦手で、
へろへろ~っと、弱々しく、たよりないシュー生地も苦手です。

しかし、“パンde、、”のシュー生地は、がつっと厚く、
いい意味で、かための食感になっているので、お味も、
生地の存在感も、しかと堪能することが出来ます。

それどころか、このシューが、生地に、
いい旨味を付け足ししてくれているわけです。

下の生地は、はじめは、ふわんっと、
まろやかな小麦風味がお口に広がって、
そのあと、ミルクのやさしい甘味がやってきます。

素朴なミルク風味のロールパン、と云った雰囲気で、
とってもご親切な味わいとなっています。

そのままもぐもぐしていくと、今度は、
じゅわじゅわっと、お砂糖のいい甘味が染み出てきます。

このお砂糖も、また、さりげなく、甘味を放っているので、
決して、小麦の風味をお邪魔することはありません。

成人式で、ともだち同士で写真を撮っていたら、
さりげなく、中学の元担任がやって来て、
「先生も映ろうじゃないかぁ。」
と、堂々っと、真ん中に進入してくるようなものです(?)。
(独身、実話。)

つまり、しかと存在感はあるものの、あくまで、
主役は小麦であることをわきまえているわけです。

生地の上のシュー生地は、じゃっくっ!と、
いい食感を放つと、今度は、たまごの黄身の風味と、
焦げっ!と、たまごが焦げた、いい香ばしい風味を見せつけてきますっ。

いい意味で、まったくもって、甘味がなく
まさに、たまご満載のシュー生地なので、
濃厚なたまごのお味と、フライパンに居残りした、
たまご焼きの、お焦げのカスを頂いているかのように妄想します。

独身は、甘甘系のたまご焼きがお好みなのですが、
ぱりっ!と焦げたカスも大好物です。

この、甘味のない、シューの濃厚なたまごと、
お焦げの香ばしい風味が、生地にコクと旨味を与えてくれますっ。

そのことで、より一層、味わいが豊かになるわけですっ。

毎度ながら、生地の質、お味ともに、
かなりの実力を持ち合わせていますっ。

ヤマザキ--パンdeシュー イチゴ&ホイップ。

生地の中には、口溶けの軽い、十勝産牛乳使用、
豊かなミルク風味のホイップクリームと、なめらかな食感で、
さわやかな酸味のある、イチゴクリームが盛り込まれています。

まずは、ミルクホイップクリームからですが、
ぼふんっと、かなりの空気を持ち合わせていることがわかります。

さらには、どふっと、わりと重みがあって、
濃密なホイップで、いい意味で、重量感があります。

“パンde、、”のホイップと云うと、水っ気があって、
しゃばっと、ゆるいクリームだったのですが、今回は、
8分立て、と云った雰囲気で、独身好みのかたさとなっています。

ふくろの説明には、“口溶けの軽い”と書かれているのですが、
もったりと濃密なので、いい意味で、しばし、
まったり~っと、お口に居残りしてくれています。

お味も、お口にした瞬間から、ミルクの濃厚な甘味が、
どんっと、勢いよく、舌べろにのしかかってきます。

わりと強めのお砂糖の甘味があるのですが、
なんだか、むかし懐かしの、甘味満載の生クリームと云った印象です。

ご近所のケーキ屋さんにありそうな、素朴で、
むかしながらのいちごショートケーキを妄想っとしていまいます。

いささかクドい甘味ではあるのですが、決して、
意地悪な甘味ではなく、懐かしさのあまり、思わず、
甘受してしまう甘味です。

ヤマザキ--パンdeシュー イチゴ&ホイップ。

一方の苺フラワーペーストは、濃密ホイップよろしく、
どっぷりっ、ぼっでりっと、かなり、重々しいクリームです。

お口にすると、どんっと、舌べろにのしかかって
そのまま、べっと~んっと、お口全体にはりついてきます。

ふくろに書かれているような、
なめらかな食感”どころのさわぎではありません。

ホイップ以上に、濃密で、ヘビー級のクリームなので、
お口の中で、なかなか、ゆるやかに、とろけていってくれません。

ときおり、いちごの種が、ぷつぷつっと、
弾けるような食感を放ってくれますが、それ以上に、
クリーム自体の存在のほうが、重苦しいので、
すぐに種も、クリームに飲み込まれてしまいます。

お味のほうは、いちごのさわやかな酸味が、
つ~んっと、お口を駆け抜けてきます。

いい意味で、若々しいいちご、と云った雰囲気で、
いちごのかおりも、しかと実感出来ます。

しかし、いちごに負けず劣らず、クリームにも、
お砂糖の甘味が、どっぷりと盛り込まれていて、
じゅじゅ~っと、酸味を追いかけてきます。

別段、酸味をお邪魔することはないのですが、
これが、ホイップの甘味と相成って、後半になると、
いささか甘クドくなってきます。

ホイップには、懐かしの甘味を感じるのですが、
イチゴクリームには、無駄な甘味のように感じます。

生地とクリームの全体、となると、まず、
ホイップが、ぼふんっと、たっぷりの空気を放って、
そのあと、間髪入れずに、イチゴクリームが、
ぼて~んっと、重々しく、のしかかってきます。

そして、ホイップの濃厚なミルクの甘味と、
イチゴの、さわやかな酸味が、つ~んっと、お口に広がります。

ホイップも、イチゴクリームも、双方ともに、
かなり強気なお味で、それぞれに、負けじと、己のお味を主張しています。

いい意味で、“トムとジェリー”よろしく(?)、
なかよくケンカしている、と云った雰囲気です。

そこに、シュー生地が、じゃっくっ!と食感を放って、
焦げっ!と、いい香ばしい風味と、若干の、たまごのいい苦味を付け足ししてきます。

このシューのお焦げが、ホイップとイチゴクリームの、
クドい甘味を、ぐぐっと、押さえ込んでくれています。

そのため、生地とクリームが一体となって、
ようやっと、甘味がちょうどよくなるわけです。

それでも、ホイップとクリームが、
たっぷり、てんこ盛りなこともあって、
いささか甘味が気になるところですが、ごっくんすると、
最後に、シューの香ばしい風味が居残りしてくれるので、
さほど気になるほどでは、ありません。

全体的に、クリームも、生地も、
どぶっと、がつっと、噛み応え、食べ応えがあって、
まるまるひとつ喰らうと、胃袋は、すっかり、満載、
満々、満タンになるほど、かなりの重量感を実感します。

黒柳徹子さん”のたまねぎに、夢と希望が満載につまっているのなら(?)、
パンdeシュー イチゴ&ホイップ”の、がっつし厚みのあるマッチョな生地には、
どっぷりヘビー級で、濃厚、かつ、甘味のあるクリームがてんこ盛りってもんです。

ヤマザキ
パンdeシュー イチゴ&ホイップ

購入価格:95円/定価:136円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:375kcаl
たんぱく質:7.8g
脂質:14.1g
炭水化物:4.2g
ナトリウム:230mg

独身評価:★★★★☆

ヤマザキの“パンdeシリーズ”はこちら
スポンサーサイト


タグ: パンdeシリーズ, シュー生地, ホイップクリーム, ミルク, いちご,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック バナナホイップ。  | home |  国立新美術館へ、“巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡”を観に行ってきました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。